プレイテック(Playtech)とは

プレイテック(Playtech)とはオンラインゲーミングのソフトウェアを提供する会社で1999年に設立されました。

2006年にはロンドン証券取引所に上場を果し、現在では2000人を越える従業員を抱えています。

プレイテックのソフトウェアの特徴としましては、何と言ってもグラフィックがとても鮮やかでリアルなサウンド、新機能満載なゲームといったものが挙げられます。

とてもハイクオリティです。

 

グラフィックを見ても最新のソフトウェアといった感じがします。

等ブログが紹介するプレイテックのソフトウェアを使っているオンラインカジノは、
ウィリアムヒルカジノワイルドジャングルカジノジパングカジノオムニカジノになります。

eCOGRAとは

eCOGRAとはe-Commerce and Online Gaming Regulation and Assuranceの略で2003年より設立されたオンラインゲーミングに対する独立監査機関になります。

目に見えないオンラインゲーミングの公平性を保証することを目的として設立されました。

eCOGRAの審査を通過するには多岐に渡るチェック項目に通過する必要があり、審査に通りますと以下の認定シールを受けます。

つまりこのシールの貼られたオンラインゲーミングサイトは、ある一定以上の信頼のおけることを保証されたものと見なすことができます。

等ブログで紹介しているオンラインカジノでeCOGRAの認定を受けているのは32Redカジノジャックポットシティカジノになります。

両方ともマイクロゲーミング社のソフトウェアです。

公式ホームページの下を見ると、このシールが貼ってあるのが分かるかと思います。

これらのカジノで何か問題が発生しまして、どうしてもカジノ側と協議しても問題が解決しない場合はeCOGRAのDispute Formよりできるだけ詳しく内容を英語で記載して下さい。

eCOGRAが解決を試みてくれます。

 

eCOGRAは万全かと言えばそうでもなく、マイクロゲーミングを始めとする一部のソフトウェアしか監査の対象になっていません。

プレイテックやクリプトロジックのソフトウェアは取り扱っていません。

eCOGRAのSafe&FairよりeCOGRAの認定を受けたオンラインカジノを御確認下さい。

 

eCOGRAは信頼できるのかと言えば信頼できると言えますが、必ずしもeCOGRAの認定を受けたオンラインカジノだけが優秀なオンラインカジノというわけでもありません。

信頼の目安の一つに考えるくらいがいいかと思います。

ウィリアムヒルカジノのJack or Betterで日本人プレーヤー1万ドル超!

ウィリアムヒル・カジノクラブのジャックポット情報です。

2月16日の夕方、10ラインJack or betterにて遊んでプレイヤーさんが、$12,344のジャックポットを見事に落としました。

賭け金は1.25ドル(0.25×5)です。

画像は都合により掲載できませんが、見事にロイヤルストレートフラッシュを揃えられていました。

 

$12,344を日本円に換算しますと115万5000円です。

たった117円の投資金が、一瞬にして電光石火の如く115万5000円もの大金になってしまうのです。

そこがオンラインカジノの恐ろしいところでもあり、また面白いところでもあります。

ビデオポーカーはオンラインカジノの中ではブラックジャックに次いで還元率が高いゲームです。

ウィリアムヒルカジノのJack or Better試してみて下さい。

 

またウィリアムヒルカジノはモバイルにも対応しています。

ここのところ急増中のモバイルユーザーは1年間で12倍も増えました。

モバイルは日本語ではなく英語ですが、PCで慣れている方にとってはそれほど難しいことはないと思います。

何か分からないことがありましたらサポートをお使い下さい。

サポートは日本語で大丈夫です。

 

ウィリアムヒルカジノは最近日本人の高額獲得者が増えてきていますがこれはユーザー数の増加によるものと考えられます。