Gambling Therapyとは

オンラインカジノの公式ホームページの下によく以下のマークを見かけます。

これについて説明します。

これはGambling Therapyという団体で、ギャンブルに関して問題を抱える人、或いは他人のギャンブルに関する問題が自分に悪影響を及ぼし悩んでいる人を対象にグループセラピーやEメールアドバイス、カウンセリングを行っている慈善団体です。

ギャンブルの対象は勿論オンラインに止まりません。

GAMCARE保証とよく似ていますが、Gambling Therapyは会員制で、日本語を含めて39カ国語に対応しています。

現在は数千名が会員になっており支援を受けています。

勿論無料で登録して会員になることができます。(カウンセリングは有料。)

 

これに登録すると同じようにギャンブルに悩みを抱えている人達とチャットしたり、書き込みを見ることができるようになります。

Gambling TherapyにEメールで連絡すると、24時間以内に返答があります。

 

ギャンブルは中毒性があるために、分かっていても止められずに自己嫌悪に陥っている人は多いです。

そういったギャンブル依存症の人達はこういったところを利用してみるのもいいのではないでしょうか。

悩みを打ち明けるだけでも気が楽になると思います。

 

当サイトで紹介するGambling Therapyのシールが貼ってあるオンラインカジノはベラジョンカジノウィリアムヒルカジノインターカジノ888カジノになります。

GAMCARE保証とは

オンラインカジノの公式ホームページの下のところによく以下のマークを見かけます。

これはGAMCARE保証といいまして、ギャンブルに関して問題を抱えている人々をサポートしたり、情報やアドバイスを提供している英国の慈善団体です。

無料のカウンセリングも行っております。

 

かといってギャンブルを否定しているのかと言えばそうではなく、娯楽の一つであるギャンブルの機会を権利と認めて、侵害しようとしているわけではありません。

ようはユーザーに、ギャンブルが社会に与える悪影響や自己責任性をよく理解して貰った上で判断してもらおうということです。

サポートにはオンラインサポートと電話サポート、カウンセリングサポートがあります。

 

活動資金は政府の政策の後押しを受けて、ギャンブル産業から発生させています。

その資金の一部は、ギャンブルに関しての教育やギャンブル依存の治療に使われています。

こうした背景には英国では24歳未満のギャンブルに問題を抱えている人が推定127500人もいるという事情があります。

 

当サイトで紹介するオンラインカジノでGAMCAREへ献金しているところは、ベラジョンカジノウィリアムヒルカジノインターカジノ32レッドカジノ888カジノになります。

マーチンゲール法の実践と考察

賭け方の一種としてマーチンゲール法というのがあります。

これは配当が2倍のものに、負けたら倍々で賭けていき、最後に勝ったら収支がプラスになるという賭け方です。

$1から始めるとすれば、負けたら次は$2、また負けたら次は$4、$8、$16、・・・・・と賭けていきます。

6回目で勝つとすれば1+2+4+8+16+32=$63賭けて、最後に32×2=$64戻ってくるということで結局$1増えることになります。

負け続けても最後に勝てば、最初に賭けた$1増えるということになります。

理屈上ではベットが無限にできて無限の資金があれば増え続けることになります。

 

現実の問題としてはタネ(資金)が尽きる前に勝つことができるかということです。

例えば6回連続で負けたとすると-$63、7回連続で負けたとすると-$127、x回連続で負けたとすると-$(2x-1)という金額になります。

もし15回連続で負ければ-$32768(約-320万円)ととんでもない額になってしまいます。

16回目で勝ったとしても利益は$1だけです。

私などは17回連続で負けたら全財産が吹っ飛びます。

カジノ側から見れば、このような賭け方をする客はまずはカモとして捉えているそうです。

 

またオンラインカジノでは賭けれる上限というものがあります。

例えば昨日紹介したインターカジノのヨーロピアンルーレットでは最高額が$10000までとなっています。

つまり13回連続で負けてしまえば-$8191となり、次は最高ベット額を越えてしまうのでこの時点で負けとなります。

ヨーロピアンルーレットで赤か黒かに賭けた場合は13回も連続で負けるとは考えにくいですが、確率的には緑が無かったとして8192回回せば起こりえる事象です。

実際には緑があるためにもっと少ない回転数で起こり得ることになります。

しかもそれがいつ起こるか分かりません。

最初に起こるかもしれませんし、1000回目に起こるかもしれませんし、8192回目で起こるかもしれません。

 

私は以前この方法をベラジョンカジノで試みたことがりますが、結果は惨憺たるものでした。

途中までは勝っていたのですが、「全て赤か黒に賭けても同じだろう。」と考え途中から赤だけにしか賭けませんでした。

しかし上の画像の如く、黒、黒、黒、、黒、黒、黒、黒と続いて一日で5万円以上擂ってしまったことがあります。

こんなこともあるんだなと思い、その日からこの方法は試していません。

 

マーチンゲール法を試された方のサイトもいろいろと調べてみましたが、最終的には勝ってもやはり途中でハラハラした場面があったそうです。

中でも興味を引いたのがココの最後の人のコメントです。

以下引用します。

 

「私が試してみた場合ですが、100円スタートで20万回以上試行し、最高で連続15回負け、その時の賭金は300万円以上となりましたが、最終的な儲けは1千万円でした。もちろんこれ以上負けが続けば、賭金が数千万~数億円となるリスクもありますが、ある程度の額を賭け続けられる資金と時間があれば、ほぼ勝てる方法と言えるのではないでしょうか。」

 

やはり実際に試された方の意見というのは面白いものです。

賭け金は最高300万円以上になったけど最終的には1千万円の利益が出たというのはすこぶる興味をそそりました。

この方の勇気と行動力には敬意を払います。

 

 

それではこのマーチンゲール法に挑戦してみます。

挑戦するのはインターカジノのヨーロピアンルーレットです。

今残高が$128ですが、$100増やすことができるかどうか検証してみます。

 

前回試した時は全て赤に賭けてしまいましたが、今回は出た色と同じ色に賭けるという独自のルールにしてみます。

 

開始します。

 

$127から$138へ増えました。

 

これが最後のベットで$156に増えました。

 

黒○、黒○、黒○、●、○、○、○、黒●、黒○、●、○、黒●、●、○、黒●、黒○、●、○、○、黒●、黒○、●、○、黒●、黒○、黒●、●、○、黒●、●、○、○、黒●、●、○、黒●、●、黒●、●、●、

 

こんな結果になりましたが、当初の$100を増やすという目標は捨てここで辞めました。

理由は最後に●が5回続き危機を感じ、このまま続けてるといつかは負けると思ったからです。

私の結論ではマーチンゲール法というのは確かに面白いですが、いいずれは負けてしまう賭け方だと思いました。

倍々で賭けるというのはリスクが大きすぎて長くやる賭けではないです。

問題はどこで辞めるるかがポイントになります。

この方法で1千万円も稼いだ人というのは、辞め時が良かったというのが私の持論です。

インターカジノ(InterCasino)の登録 リニューアル版

インターカジノ(InterCasino)がリニューアルされてブラウザー型のオンラインカジノになりました。(2013.7.23現在最新版)

クリプトロジック(Cryptologic)が提供するインターカジノは1996年にスタートし、10年以上の経歴を持つオンラインカジノで、ギャンブリングオンラインマガジンによって2003年、2004年、2005年、2006年、2007年とベストオンラインカジノに選ばれた実績があります。

今回この移行に伴って大きく変わったところは、ソフトウェアをダウンロードする必要がなくなったことからMacやスマートフォンでも遊べるようになったところです。

感じとしてはベラジョンカジノに近いです。

インターカジノは完全日本語対応のオンラインカジノで、マルタのライセンスを取得しています。

日本人に馴染み深いストリートファイターⅡのスロットがあるのも面白いところです。

無料ゲームは登録なしでも遊べますので試してみて下さい。

 

 

登録

インターカジノで遊ぶためにはアカウントを登録する必要があります。

まずはインターカジノの公式ホームページにいきます。

以下別ウィンドウにてインターカジノの公式ホームページが開きますので、以下当サイトと見比べながら手順通りに進めて下さい。

 

最初に右上のいますぐ登録をクリックします。

 

必要事項を入力し、規約条件にチェックを入れ登録をクリックします。

Eメールとパスワードはログインの際に必要となりますので控えておいて下さい。

簡単ですが登録はこれだけとなります。

 

 

画面の見方

これがログインした後のインターカジノの管理画面になります。

ログインする前ですと無料ゲームになりますが、ログインすると有料ゲームになります。

上部に日本の国旗が見えますが、ここで言語を選択することになります。

入金が入出金するところになります。

後はやりたいゲームを選択するだけです。

尚インターカジノのリニューアルバージョンはオンラインポーカー(人対人)も用意されており、カジノと連動(同じアカウントとパスワード)しています。

左上のポーカーよりダウンロードする画面にいきます。

しかし2013.7.23現在は新設されたばかりなのか人が少ないです。

 

 

入出金

インターカジノではEコマースソフトウェアの1つである ECash Direct (以下Eキャッシュ)の決済システムを導入しており、お客様の資金を安全且つ確実に管理しています。

インターカジノの入出金手段はSkrill、ネッテラー、クレジットカード、Entropay、I-Banqになります。

入金と出金の手段は同じになります。

クレジットカードで入金された場合は出金はできませんので、結局のところ他のカードで一度入金するか、もしくは小切手で引き落とすことになります。

しかし現実的にはクレジットカードは通らないものがほとんどです。

SkrillI-Banqは便利なのですが、楽天銀行などの口座へ移す際に手数料が高かったり、使用できるオンラインカジノが限られていることからおすすめはネッテラーになります。

ネッテラーは口座の開設が少し面倒ですが、他に比べて為替手数料等が大分安い上にほとんど全てのオンラインカジノやオンラインポーカー、ブックメーカーで利用できるのが便利なところです。

 

 

ボーナス

インターカジノも他のオンラインカジノと同様に初回入金ボーナスが貰えます。

インターカジノの初回入金ボーナスは$500上限の100%マッチボーナスです。

これは入金した後にマイアカウントのボーナスより獲得できます。

獲得する時はロックする額(ボーナス対象にする額)を自分で決めます。

ボーナスを獲得した後の出金条件は、(ボーナス対象額+ボーナス額)×20のプレースルーをクリアすることです。

ゲームにより反映率も異なります。

またボーナス開始日から30日以内に賭け金要件を満たす必要があり、これを満たせなかった場合はボーナス額は没収となります。

 

 

プロモーション

インターカジノでは初回入金ボーナスの他にもアクティブユーザー対象のマイボーナス4ライフやキャッシュバックに相当するローヤリティポイントといったプロモーションが用意されています。

詳しくは公式ホームページのプロモーションを御覧下さい。

 

 

退会

インターカジノの退会法は簡単です。

サポートよりEメールにて「インターカジノを退会したいのでアカウントを凍結して下さい。」と申請して下さい。

すぐに処理してくれます。

 

 

リニューアルされたインターカジノをお楽しみ下さい。

オンラインカジノ初回入金ボーナス比較

オンラインカジノは大体どこも初回入金ボーナスというプロモーションを用意しています。

これはオンラインカジノ側としても新規顧客を開拓するために最も力を注いでいるところです。

大体は初回入金額と同額のボーナスを与えられて、出金までにはその何倍分かをプレイするのが条件になっています。

中には登録しただけでボーナスが貰えるというオンラインカジノもあります。

我々としてはこれを利用しない手はありません。

今回はいくつかのオンラインカジノを対象に新規登録ボーナス、初回入金ボーナスとその引き出し条件を比較してみたいと思います。

 

 

ワイルドジャングルカジノ

新規登録ボーナス:$30

申請方法:「新規登録したので$30を下さい。」とオンラインサポートかメールにて申請。

引き出し条件:計$300以上を除外ゲーム以外のゲームでベットすること、30回以上を除外ゲーム以外でベットすること、 $30以上を入金し初回入金ボーナスを獲得しその条件をクリアすることです。

除外ゲームとはライブを含むすべてのルーレット、バカラ、クラップス、シックボ、 ブラックジャックスイッチ、ビデオポーカー・スロットのダブルアップになります。

 

初回入金ボーナス:初回入金額に応じて最高で$800までのボーナス

申請方法:入金した後にオンラインサポートかメールにて申請。

引き出し条件:(入金額+ボーナス額)×18を消化しなければなければならない。

ライブを含むすべてのルーレット・バカラ・シックボ、クラップス、ブラックジャックスイッチ、ブラックジャックサレンダーは、禁止ゲーム。

ポンツーン、カジノウォー、サレンダーとスイッチを除くすべてのブラックジャックは賭け金額が50%として計算。

ダブルアップは対象外。

 

 

ベラジョンカジノ

新規登録ボーナス:$15

申請方法:アカウントを登録すると自動的に反映。

引き出し条件:ボーナス額の40倍($600)をベットする必要がある。

ゲーム種類 パーセンテージ
スロット/ビデオスロット 100%
オアシスポーカー 40%
ポンツーン 40%
プントバンコ 40%
カリビアンポーカー 40%
ビデオポーカー(全てのタイプ) 15%
ブラックジャック(全てのタイプ) 15%
ルーレット(全てのタイプ) 15%
バカラ(全てのタイプ) 15%
インスタントゲーム 15%
ライブカジノ 対象外

ボーナスを受け取ってから30日が有効期限。

 

初回入金ボーナス:最高$100までの100%マッチボーナス。

申請方法:入金する時、入金ボーナスを希望するにチェックを入れると自動的に反映。

引き出し条件:同上。

 

 

ウィリアムヒルカジノ

初回入金ボーナス:最高$300までの150%マッチボーナス。

申請方法:最初のアカウント設定でボーナスをお受け取りをクリックする。

引き出し条件:(入金額+ボーナス額)×12を消化しなければなければならない。

 

 

ジパングカジノ

初回入金ボーナス:最高$300までの100%マッチボーナス。

申請方法:自動的に反映。いらない場合は入金前に断わらなければならない。

引き出し条件:(入金額+ボーナス額)×18を消化しなければなければならない。

ブラックジャックスイッチとブラックジャックサレンダーを除く全てのブラックジャック、全てのビデオポーカーおよび、カジノウォー、スピンアウィン、パイゴウポーカー、カリビアンスタッドポーカー、カジノホールデムは1/2の計算。

ライブを含むすべての、ルーレット、バカラ、クラップス、シックボ、ブラックジャックスイッチ、ビデオポーカーでのダブルアップ、スロットマシーンでのギャンブル、ポンツーン、ブラックジャックサレンダーは除外ゲーム。

ライブルーレット、ライブバカラ、ライブシックボは禁止ゲーム。

 

 

ジャックポットシティカジノ

初回入金ボーナス:最高$200までの100%マッチボーナス。

申請方法:初回入金を済ませた後、Contact usよりチャットかメールで「I apply sign up bonus.」と申請。

引き出し条件:受け取ったボーナス額の50倍を消化しなければなければならない。

全てのスロット、キノ 及びスクラッチカードゲーム 100%

全てのAll aces ビデオ ポーカーを除くビデオポーカー 、クラシックブラックジャックを除くブラックジャック 10%

クラシックブラックジャック、All aces ビデオポーカー 2%

全ての ルーレット、シックボー、クラップス、バカラ、 テーブルポーカー、Casino War、レッドドッグ 0%

 

 

初回入金ボーナスで見たならば、アカウントを登録しただけで貰えるワイルドジャングルカジノとベラジョンカジノはおすすめです。

またボーナス額が同じなら、引き出し条件が緩い方をランキングの上位としました。

クリプトロジック(Cryptologic)とは

クリプトロジック(Cryptologic)とは1995年に創業して以来、米ナスダックやトロント市場にも上場しており、世界をリードしてオンラインゲーミングのソフトウェアを取り扱ってきた会社です。

多言語対応、複数通貨の使用、24時間サポートは今でこそ当たり前ですが当時は斬新的でした。

ギャンブリングオンラインマガジン(Gamblingonlinemagazine)からは2007年、2008年とベストカジノソフトウェア賞(Best Casino Software award)を受賞しています。

 

ソフトウェアの特徴としましては、グラフィックがとても鮮やかでカジノの重厚なイメージをそのまま映し出している感じです。

アメリカンコミックヒーローのマーベルのスパイダーマンやアイアンマンなどのスロットもあります。

ライブゲームのディーラーも美人揃いです。

 

クリプトロジック系のカジノのキャッシャーはすべてECash Direct社が処理しており、迅速で安心して入出金ができるのも特徴です。

 

近年ではプレイテックやマイクロゲーミングに大分追い上げられてしまいましたが、世界中にはクリプトロジックの根強いファンはまだ多いです。

日本語対応されたクリプトロジックのソフトウェアを使用しているオンラインカジノはインターカジノだけになります。

プレイテックやマイクロゲーミングとは一味違った大人の雰囲気のオンラインカジノをお楽しみ下さい。

オンラインカジノは勝てない負ける

オンラインカジノで本気で勝て稼いでやろうと考え、逆に失敗して大金を飲み込まれてしまう例はよくあります。

こういうパターンは大体途中まではむしろ勝っており、徐々に負け越して熱くなっていくケースがほとんどです。

このページに辿り着いた人の中には心当たりがある人もいるのではないでしょうか?

 

以前オンラインカジノでは稼げないということを記事にしました。

私自身もオンラインカジノを試しましたがハッキリ言って赤字です。

勿論勝ている人もいると思いますが、憶測で大体全体の1.5割くらいなのではないでしょうか?

 

オンラインカジノ側も商売ですので普通に勝たれていたら潰れてしまいます。

かといってあまりにも勝てないとユーザーに離れられてしまいます。

結局ユーザーを楽しませながら利益が出るラインはこんなところだと思います。

 

オンラインカジノをプレイしていますと勝ったり負けたりを繰り返しますが、勝ってるところで止めてしまうのが一番いいです。

勿論私もそういうタイミングはありました。

しかし勝つとどうしてもまたやりたくなってしまうのが人間の性なのですね^^;

 

オンラインカジノは稼げません。

長くやっていると必ず負けますよ。

 

オンラインカジノに関わらず、パチンコや競馬などのギャンブル業界は本当にうまい人間の心理状態に付け込んでいると思います。

 

大体一つの目安としては$1600です。

最初に$800負けて次に$800を入金し$1000勝ったことがあります。

しかしそれから続けてしまったのがまずかったです。

$1600を投下して負けてしまったらもう取り返すのは難しいと考えた方が良さそうです。

 

余談ですが私はパチンコで一週間で80万円勝ったことがあります。

しかしそれ以上は明らかにつぎ込んでいます。

 

オンラインカジノはパチンコよりかは還元率がいいと思いますが、稼ぐ手段と捉えるよりも娯楽と捉える方がいいいかと思います。

ジャックポットシティカジノの評価と登録方法

ジャックポットシティカジノ(Jackpotcitycasino)をレビューします。(2013.7.17現在最新版)

ジャックポットシティカジノは1998年より運営されている老舗のオンラインカジノで、ソフトウェアはmicrogamingのものを扱っており、eCOGRAの認定を受けベルロック・エンターテイメントに所属しているオンラインカジノです。

ライセンスはマルタで、日本語対応(但しサポートは英語対応)しておりスマートフォンやアンドロイド等のモバイルにも対応しています。

Macには対応していません。

グラフィックが鮮やかなプレイテックのソフトウェアに対して、ジャックポットシティカジノを始めとするマイクロゲーミングのソフトウェアはカジノらしい雰囲気をかもし出しています。

その名の通りジャックポットの高額当選が多いカジノで、ビデオスロット「MadHatters」で57万2280円($7530)、ビデオスロット「Break da BankAgain」で169万5864円($22314)、過去高額賞金には、1億9580万円、1億3400万円、1億1500万円といったものがあります。

まさに一攫千金を夢見る人達のために作られたオンラインカジノという感じです。

 

 

ダウンロードと登録

ジャックポットシティカジノでプレイするためには、まずソフトウェアをダウンロード(インストール)してアカウントを登録する必要があります。

まずはジャックポットシティカジノの公式ホームページにいきます。

以下別ウィンドウにてジャックポットシティカジノの公式ホームページが開きますので、以下当サイトと見比べながら手順通りに進めて下さい。

 

まずLANGUAGEより言語を日本語にします。

 

今すぐプレイをクリックします。

 

ソフトウェアをセットアップするためファイルを保存をクリックします。

 

保存したファイルをクリックします。

 

カジノをインストールするをクリックします。

 

ダウンロードが済みましたらまずは練習プレイで試してみて下さい。

 

電子メールは必須の登録になります。

 

プラクティスをクリックすると練習モードを楽しむことができます。

 

次に有料プレイのアカウントを作成します。

まずは立ち上げ画面にてリアルマネーをクリックします。

 

必要事項を入力し、使用条件に同意するにチェックしアカウントの作成をクリックします。

パスワードは控えておいて下さい。

 

これにてアカウントの作成は完了となります。

マイクロゲーミングのソフトウェアは開きにくいことがありますうが、その場合はパソコンを一度シャットダウンしてから再立ち上げを試みてください。

 

 

画面の見方

これがジャックポットシティカジノの管理画面になります。

右上のContact usよりチャットかメールサポートを受けることができます。

サポートは英語のみになります。

下のゲームでやりたいゲームを選び、バンクにて入出金ができます。

 

 

入出金

ジャックポットシティカジノの入出金手段どしましては、I-Banq、ネッテラー、skrill(MoneyBookers)、Entropay、ClKICK2PAY等がありますが、おすすめはネッテラーです。

I-Banqは口座の開設が簡単ですが使えるオンラインカジノが少ないのが欠点で、skrill(MoneyBookers)は銀行振り込みの際に手数料が少し高いのが欠点です。

ネッテラーは為替手数料含めて一番手数料が安く、郵貯のATMで引き出せるのが便利な所です。

ネッテラーはほとんど全てのオンラインカジノやオンラインポーカー、ブックメーカーで使用できてオンラインゲーミングをするには一番打て付けの口座です。

 

 

ボーナス

ジャックポットシティカジノには新規登録ボーナスというのがあり、最大$200までの初回入金100%マッチボーナス、最大$300までのセカンド入金100%マッチボーナスを貰うことができます。

これは新規アカウントを開設してから7日間までが有効期限となります。

これを過ぎますとこの権利が消失します。

初回入金を済ませた後、Contact usよりチャットかメールで「I apply sign up bonus.」と申請して下さい。

24時間以内に反映されます。

またボーナスを受け取ると出金条件が発生します。

受け取ったボーナス額の50倍の額のプレースルーを消化する必要があります。

 

ルーレット、シックボー、クラップス、バカラ、テーブルポーカー、CasinoWar、レッドドッグを除くゲームでプレーされた場合は、プレースルー消化へ換算されます。

ゲームの種類ごとの換算率は下記を参照ください。

全てのスロット、キノ 及びスクラッチカードゲーム 100%

全てのAll aces ビデオ ポーカーを除くビデオポーカー 、クラシックブラックジャックを除くブラックジャック 10%

クラシックブラックジャック、All aces ビデオポーカー 2%

全ての ルーレット、シックボー、クラップス、バカラ、 テーブルポーカー、Casino War、レッドドッグ 0%

プログレッシブゲームはそれぞれのゲームのタイプによって上記パーセンテージに沿います。

全てのトーナメントやダブルアップでは換算されません。

 

この条件をクリアした時点で引き出しが可能となります。

 

 

プロモーション

ジャックポットシティカジノには新規アカウントボーナスの他に、特典付きプロモーションやポイントサービス、VIP特典などのプロモーションが開催されていますので、公式ホームページのオンラインカジノプロモーションで確認しておいて下さい。

 

 

退会

ジャックポットシティカジノの退会方法は簡単です。

退会する前に残高を0にした後に、Contact usより「I would like to secede from jackpotcitycasino. Please freeze my account.」と申請して下さい。

速やかに処理してくれます。

 

 

ジャックポットシティカジノをお楽しみ下さい。

オンラインカジノの税金と確定申告

今回はオンラインカジノの税金と確定申告について説明します。

このブログも運営して一年以上になり、アクセスも大分集まるようになってきましたが、このテーマに関してはもっと早く取り扱うべきだったと思います。

 

オンラインカジノで勝った場合の金額に関しましては2通りの解釈がありますが、いずれも税金は発生するものということを念頭に入れておいて下さい。

 

1つ目は一時所得として捉えるという考え方でこれが一般的になります。

競馬やパチンコで勝った場合は一時所得の対象になりますが、それらと一緒です。

この場合は勝った時に使った金額のみ経費として計算することができますが、負けた時に使った金額は経費として計算することはできません。

 

2つ目は雑所得として捉えるという考え方です。

この場合はオンラインカジノを投資として捉えるという考え方で、長期に渡ってプラスの収益にするという目的の元に実践した場合はこれに該当します。

例えばブラックジャックでベーシックストラテジーという攻略法がありますが、これは一攫千金を狙ったものではなく長期的な利益を狙っています。

この場合は負けた分も経費として計上できます。

 

オンラインカジノを宝くじのようなギャンブルとして捉えるのか、長期的な目線で投資としてお金を増やす手段として捉えるのかによって経費が大分変わってきます。

 

実際にはオンラインカジノでどれぐらい勝ったか国税庁が把握しているとは思えませんが、オンラインカジノ側には記録が残りますので大勝ちした場合はやはり確定申告をするのが無難だと思います。

でなければ脱税ということになりますからね。

マン島(Isle of man)とは

マン島(Isle of man)のライセンスについて説明します。

 

マン島はグレートブリテン島とアイルランドに囲まれた572km²の島で、首都はダグラス、人口8万人程度の自治権を持ったイギリス王室属領という法的地位にあたります。

 

マン島政府はギャンブルやオンラインゲーミング産業の促進を認めており、それらを管轄するのがマン島のGambling Supervision Commissionになります。

 

住所:Ground Floor St. George‟s Court Myrtle Street Douglas Isle of Man IM1 1ED

電話番号:+44 (0)1624 694331

ファックス番号:+44 (0)1624 694344

E-mail:gaming@gov.im

Website:www.gov.im/gambling

 

1962年に設立され、2001年に世界初のギャンブルやオンラインゲーミングの登録所になりました。

マン島のライセンスはジブラルタルマルタと並んで最も信用度の高いヨーロッパのライセンスと言われています。

 

当サイトで紹介するオンラインカジノにはマン島ライセンス取得のものはありませんが、DORA麻雀ポーカースターズがそれらにあたります。