バカラでは本当に5%のコミッション分バンカーが有利なのか?

バカラを始めてみた時、なぜこのゲームはバンカーが勝った時だけ5%のコミッションが取られるのか?

5%のコミッションを取られるくらいバンカーが本当に有利なのか?

と誰しもが疑問を持つと思います。ここではその疑問を考えてみました。

まずは以下の表を作って考察してみました。

 

 

バンカーのアクションはどちらに有利に働くか考察

以下の表はバンカーの3枚目カードを引くかどうかのアクションが、どちらに利があるかを色分けしたものです。升目の数字はプレイヤーの最初の2枚の合計点数です。

プレイヤー有利がブルー系、バンカー有利がグリーン系となります。

白抜きはバンカーが3枚目のカードを引く前が同点で、3枚目のカードを引くアクションがどちらに利か不明なので白抜きとしました。

例えばプレイヤーの2枚の合計点数が5点(升目)で、バンカーの2枚の合計点数が4点(縦軸)、プレイヤーの3枚目のカードが6(横軸)だったとします。これですとバンカーは3枚目のカードを引く(ドロー)することになります。プレイヤー1点対バンカー5点で、このままバンカーが3枚目を引かな(スタンド)ければバンカーが勝ちのため、ドローすることはバンカー不利でプレイヤーに有利です。(スタンドだと逆転の目がないため。)よってネイビーブルーで表示されます。

もう一例挙げますとプレイヤーの2枚の合計点数が2点、バンカーの2枚の合計点数が5点、プレイヤーの3枚目のカードが2だったとします。これですとバンカーはスタンドすることになります。プレイヤー4点対バンカー5点なので、このスタンドはバンカーに利があることになります。(ドローだとプレイヤーに逆転の目が生じるため。)よってグリーンで表示されます。

 

バンカーのアクションはどちらに有利に働くか
プレイヤーの3枚目のカード
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 なし
バンカーの合計点 0点
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
6
7
1点
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
6
7
2点
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
6
7
3点
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
6
7
4点
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
6
7
5点
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
6
7
6点
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
6
7
7点
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
0 1 2
3 4 5
6
7

Dバンカー有利 Dプレイヤー有利:ドロー(カードを引く)

Sバンカー有利 Sプレイヤー有利:スタンド(カードを引かない)

 

こうしてみますと緑の方が青よりも多く、バンカーの3枚目のカードを引くかどうかのアクションは、バンカーに利が多い感じがします。5%のコミッション額というのが妥当かどうかは分かりませんが、バンカーの2枚の合計点数とプレイヤーの3枚目のカードでバンカーがアクションを決めるというのは、この数字に近似させるためと考えられそうです。

 

実際のライブカジノの出目から考察

実際には場合分けが多すぎて、どちらがどれだけ有利か計算できませんので、実際のサンプルの結果から考えてみます。以下ランダムな7ラウンドの出目のサンプルです。

1)

2)

3)

4)

5)

6)

7)

 

これから分かることは、大体どのラウンドも70ハンド前後で終了(カットカードが出てくるまで)し、バンカーが多く勝つラウンド(1、3、6、7)もあれば、プレイヤーが多く勝つラウンド(2、4、5)もあるということです。

7ラウンド(476ハンド)のバンカー勝利数の合計は、34+30+32+23+28+35+36=218ハンド、プレイヤー勝利数の合計は、29+31+26+38+38+29+32=223ハンド、タイの合計は、3+5+8+6+3+6+4=35ハンドです。

意外にもバンカー勝利数よりもプレイヤー勝利数の方が多く、7ラウンド(476ハンド)くらいでは確率通りに収束しないことが分かります。

タイベットは賭け金1に対して8の配当になりますが、それですと控除率を考慮しなければ1/9≒0.1111の当たる確率にならなければなりません。しかしこの例では35/476≒0.0735と大分小さく、タイベットは控除率が大きくて損なのではという感じがします。

次に連勝記録を見てみます。

連勝数 プレイヤー連勝記録 バンカー連勝記録 両者の合計
3連勝 10回 12回 22回
4連勝 7回 5回 12回
5連勝 2回 5回 7回
6連勝 4回 2回 6回
7連勝 1回 0回 1回

この連勝記録はタイは考えないものとします。

この結果は予想通り、連勝数が伸びるほど、その起こる回数は減っていきます。特に7連勝となると中々起こりにくいというのが分かります。

 

まとめ

今回はバカラのバンカー側の5%のコミッションは妥当なのか考えてみました。

バンカーの3枚目のアクションは、どうもバンカーに利がある感じを作成表から得ました。

しかし実際には計算ができないため、ライブカジノの実際の結果から統計的に考えてみました。

7ラウンド(476ハンド)とサンプル数は多くありませんが、プレイヤー勝ち数の方がバンカー勝ち数より大きかったのは少し意外でした。

仮にバンカー側が5%のコミッション分有利だったとしても、これくらいのハンド数では全然収束しないのが分かりました。逆に言うとバンカーに賭けるのは5%のコミッションが取られる分損な感じがします。

どちらか迷ったらコミッションの取られないプレイヤーに賭ける方が良さそうです。

スロットで20倍と30倍のボーナス消化に挑戦してみて

 

ボーナス条件

どこのオンラインカジノにも入金ボーナスをはじめとしたボーナスがあるのですが、それを引き出すためにはボーナス消化というものをしなければなりません。

ボーナス消化は以前でしたら、(入金額+ボーナス額)×40倍をプレイするといったものが多く、除外ゲームや禁止ゲームも多数あり正直分かりにくかったのですが、最近はコンパクトになってきた感じがします。

除外ゲームや禁止ゲームに相当するゲームがロックされたり、除外ゲームや禁止ゲーム自体が無くなったり、ボーナス消化のバロメーターが出てきてどれくらい消化したのか一目で分かるようになってきたといったところです。また賭け金条件もボーナス額の20~40倍といったものが多くなってきました。

3~4年前に比べるとユーザーが有利になってきたのですが、その背景にはオンラインカジノサイトが増えてきたというのがあります。限られた客の奪い合いが激化しているといったところでしょうか。

しかしユーザーからしてみますといくらボーナス条件が緩和されたとはいえ、その条件というものがどれくらいのハードルなのか疑問が残ると思います。

そこで今回はビットカジノのスロット専用のリロードボーナスの30倍、ベラジョンカジノのボーナス額の20倍に挑戦してみました。

前回はベラジョンカジノのSuper Heroesであっさり消化してしまったのですが、こんなに簡単に消化できるものなのかな?と疑念が残り、今回はどうなるのか私自身も楽しみでした。

 

ビットカジノの30倍のボーナス消化に挑戦

ビットカジノにはスロット専用のリロードボーナスというものがあります。これはスロットを専用でやる代わりに入金額に対して25%のボーナスが貰えるというものです。出金条件はボーナス額の30倍をスロットで賭けることで、有効期限は30日間です。

今回はこれに挑戦してみました。

少し前にVikings Go Berzerkで消化してこんな状態になっています。5m฿の入金に対して1.25m฿のボーナスが付き、6.25m฿から始めましたが、6%を消化した代わりに1.93m฿も使ってしまった状態です。

 

2018.5.1最初に始めてみたのがNetEnt社のスロット、Starburstです。

当たるとこんな感じではじけて、のりのいいスロットです。まさにStarburstっていった感じです。

 

スターが出ますとそのリールがワイルドとなって1回のフリースピンが貰えます。通常のスロットと違い、絵柄が右から揃っても配当になるところが斬新でした。

中々見栄えのいいスロットなのですが、フリースピンの裏面といったものがないのが少し物足りなさを感じていました。

 

じわじわと削られていき、30分弱やったところで、こんなになってしまいました。

次にスロットを変えてみました。

 

やはりNetEnt社のGonzo’s Questです。

このスロットは回転式ではなく、このように石版の絵柄が上から落ちてくるのが面白いところです。

 

絵柄が揃うとその部分が爆発して、上の石版がずれ落ちてきます。そして爆発したリールには新たな石版が落ちてきます。

これがフリースピンで、爆発する毎に配当が2倍、3倍、5倍となっていきますが、今回は3倍が最高でした。

 

この真中の絵柄が3つ揃うと10回のフリースピンが与えられるそうです。そしてフリースピンモードでは最初から3倍で、絵柄が揃って爆発する毎に配当が6、9、15倍となっていくのが凄いところです。

残念ながら今回は10回のフリースピンは貰えませんでした。

 

15分弱やってみたところで、こんな感じになってしまいました。

今日一日で20%を消化できたのですが、残り2.03m฿はきついですね。

 

2018.5.2に挑戦してみたのはKoi princess。やはりNetEetのスロットで、こうなったらとことんNetEetで勝負してやろうという気になりました。

Koi princessは萌え系のスロットです。

 

3つ揃うとこんな表情になります。

 

4つ揃うとこんな感じの表情になります。

 

このスロットはランダムフィーチャーというのがあり、通常スピン中に貰える特別な1フリースピンです。

しかし最後までボーナスフィーチャーを引くことは無く資金が溶けてしまいました。

 

選ぶスロットや運にもよると思いますが、ボーナス額の30倍の消化って結構きついですね。

今回は41%までしか消化できませんでした。

 

 

ジャックと豆の木で20倍のボーナス消化に挑戦

2018.4.30ベラジョンカジノで$3のスピンクレジットを購入し、NetEnt社のスロットJack and the Beanstalkでボーナス消化に挑戦してみることにしました。

実は前に$2.69ほどボーナスで負けているのですが、このスロットは面白いと感じてリベンジしてみまいた。

 

このスロットはイギリスの童話ジャックと豆の木がモチーフになっています。

 

ワイルドの絵柄が出るとフリースピンが貰え、1スピンする毎にそのワイルド絵柄が左に移動し、見えなくなるまでフリースピンが続きます。

フリースピンはワイルドを通過して当たったものは3倍の配当となるのがおいしいところです。

フリースピン中の愉快なBGMや小鳥や蝶が飛んでくる演出などはしゃれています。

 

このように宝箱が3つ出ますとフリースピンの裏面へ行きます。

 

フリースピンの面ではジャックは雲の上に連れてこられこんな感じになります。

右のリールに鍵が現れると、宝物の鍵を解除してくれます。

最初の3個の解除で金貨、次の3個で金の卵を産む鶏、次の3個でハープがワイルドの絵柄になります。

金貨は2個連、鶏は3個連となってリールが回ることになります。ハープは1個ですが、出ますと上下に伸びそのリールがワイルドとなります。

 

このフリースピンのお陰で$3.06を$17.14にすることができました。

オーガが二つ首なのが印象的でした。(確か童話ではそのような特徴は無かったと思います。)

 

その日のボーナス消化は5%でした。

 

2018.5.1この日は中々当たらず$10を切って諦めていましたが、ワイルドが3枚出るという高額配当があり、最後に勝つことができました。

これだけで、3×3+200×3+4×3+10×3+4×3=663の配当となります。

ジャックのワイルド通しの4枚続き200×3の配当が大きいのです。

 

結果は$2.29勝ち

 

その日のボーナス消化で25%の消化となりました。

 

2018.5.2この日は一回もフリースピンを当てることができずに45分ほど回して資金を全て溶かしてしまいました。

75%まではいったものの及びませんでした。

 

まとめ

30倍にしろ20倍にしろボーナス消化は決してたやすいものではありませんでした。フリースピンを2~3回は獲得しないと厳しい感じです。

最もそう簡単にボーナス条件を消化されてしまったのでは、オンラインカジノもたまったものではありませんからね。

スロットは基本的にはフリースピンを獲得しないと勝つのは難しいのですが、それでも比較的緩やかに資金が減っていく投機性の小さいスロットの方がボーナス消化には向いているのではないかという気がしました。

この投機性の大小というのもやってみないと分からないのですが、要はよくフリースピンの当たる台のことです。

今までやったスロットの中で、Super HeroesJack and the BeanstalkStarburstなどはボーナス条件の消化に向くような体感はありました。(フリースピンを何度か当てたり、資金が緩やかに減っていったもの。)

一方、Gonzo’s QuestKoi princessは少し重いなと感じました。

しかしこれらでも一撃出れば一気にそんな印象も吹っ飛んでしまいますので、スロットはやはり自分が一番面白いと感じたものでやるのが一番いいのではないでしょうか。それで当たればラッキーくらいに思っていた方が楽しめるし、肩の力が抜けて、返っていい結果が出るような気がします。

オンラインカジノの様々なスロット紹介

実際に試してみたスロットで、新しくやったもの順になっています。(以前のものほど下)

 

Koi Princess

配信会社:NETENT 5リール、20ライン 理論上の還元率:96%

2018.5.2試行 ビットカジノ コインバリュー0.01 試行時間40分弱 結果-€15.42

萌え系スロットです。当たった時このキャラがいろいろな女性らしい素振りを見せてくれるのが楽しませてくれるところです。

このスロットにはランダムフィーチャーというものがあり、回している時突然やってきます。3匹の鯉の中から選び、4種類のランダムフィーチャーのうち一つが当たります。それぞれの恩恵を受けて1回のフリースピンが貰えます。

例えば5-HITは以下のように1レーンを抽選で同種の絵柄に変えてくれます。

絵柄が決まったらそのレーンは固定で1回のフリースピンが貰えます。

感想:少し凝った感じのスロットですが、楽しむ前に資金が尽きてしまいました。5-HITとRandom Wilds、Wild Reelsのランダムフィーチャーは受けましたが、もう一つのBonusとボーナスフィーチャーのフリースピンにはあやかれませんでした。

以下プレイ動画です。

 

Gonzo’s Quest

配信会社:NETENT 5リール、20ライン 理論上の還元率:96%

2018.5.1試行 ビットカジノ コインバリュー0.01 試行時間15分弱 結果-€11.86

回転するのではなく、上から石版が落ちてくるのが面白いところです。少し笑えます。揃うとそこが爆発して一段下がり上から新たな石版が補充されます。揃って爆発する毎に配当が1倍、2倍、3倍、5倍となっていきます。Free Fallの石版が3つ揃うと10回のフリースピンが貰え、そこでの配当は3、6、9、15倍となります。残念ながら未だフリースピンの経験はありません。

感想:割とハイリスク、ハイリターン系のスロットのような感じですが、一度フリースピンモードを見てみたい感じです。

以下プレイ動画です。

 

Starburst

配信会社:NETENT 5リール、10ライン 理論上の還元率:96.1%

2018.5.1試行 ビットカジノ コインバリュー0.01 試行時間30分弱 結果-€5.67

Starburstとは、銀河どうしの衝突などで星のもととなる星間ガスが短期間に大量にできることで、一度に大量の星が形成される現象のことです。

フリースピンの裏面といったモードはないのですが、2、3、4リールにStarが出る可能性があり、それが出るとそのリールがワイルドとなって1回のフリースピンがもらえます。左右どちらから揃っても配当となるのが面白いところです。

感想:非常にシンプルなスロットですが、当たった時はスターがはじけて、なるほどStarburstねということになります。

以下プレイ動画です。

 

Jack and the Beanstalk

配信会社:NETENT 5リール、20ライン

2018.5.1試行 ベラジョンカジノ コインバリュー0.01 試行時間15分弱 結果+$2.29

2018.4.30試行 ベラジョンカジノ コインバリュー0.01 試行時間10分弱 結果+$14.08

2018.4.30試行 ベラジョンカジノ コインバリュー0.01 試行時間40分弱 結果-$19.39

あの有名なイギリスの児童文学ジャックと豆の木をモチーフにしたスロットです。

ワイルドの絵柄が出ると、愉快なBGMと共にワイルドの絵柄が1スピン毎に左へ移動し、見えなくなるまでフリースピンが続きます。しかもしかもワイルドを通過する当たりは3倍の配当になります。フリースピン中にワイルドがまた出ることもあり、BIG WINになることもあります。

途中でさり気に出てくる小鳥や蝶の演出はしゃれています。

宝箱が3つ揃うとフリースピンの面に行きます。

フリースピンの面では右のリールに鍵が出ると宝物の鍵を解除してくれます。

3つの解除で金貨袋、6つの解除で金の卵を産む鶏、9つの解除で黄金のハープがワイルドの絵柄になります。

金貨袋は2個連、金の卵を産む鶏は3個連、黄金のハープは1個だけど出ると縦長に伸びそのリールがワイルドとなります。

以下プレイ動画です。

 

Super Heroes

配信会社:Yggdrasil 5リール、20ライン (ベラジョンカジノ)

2018.4.8更新 トータル結果$+66.6

絵柄が揃う揃わないに関わらず、突然ヒーロー達が出てきて、それぞれ機能を発揮してくれるのが面白いところです。

ヒーローにも4段階のレベルがあり、それに応じて機能の威力が上がってくれるのですが、通常モードではヒーローの種類、レベルともにランダムです。

フリースピンの間は、1スピンにつき左右にヒーローが現れて機能を発揮してくれます。

同じヒーローが出るたびにそのヒーローのレベルは上がっていきます。

これがヒーロー達です。特にKnoxの合計賞金を2~5倍にするというのはかなりおいしいです。

以下動画です。最後にフリースピンが当たりました。

このスロットに関してはベラジョンカジノのボーナス消化に利用して、引き出した経験がありますので、ベラジョンカジノのSuper Heroesでボーナス消化に挑戦もご参照下さい。

 

Second Strike

配信会社:QUICK SPIN 5リール、10ライン (ベラジョンカジノ)

2018.4.15更新 トータル結果$+0.5

絵柄が揃うとセカンドストライクフィーチャーが誘発されます。

スターが3つ、ぶどうが4つ揃ったところですが、外側のセカンドストライクフィーチャーが誘発され、ルーレットの抽選を受けているところです。

ルーレットはぶどうに止まりました。ペイラインが4個なので、絵柄が8個追加されました。(ペイラインが3個なら6個、4個なら8個、5個なら10個追加。)このようにしてペイラインが増え、高額配当を受けることになります。

1ライン$0.1、1スピンの合計ベット額$1の時の配当です。

感想:セカンドストライクフィーチャーのルーレットが適度に当たる感じ(体感では10回に1回くらい)なので、ルーレットが回っている時は適度に期待を持たせてくれるところがいいです。

以下動画です。最後に紫の果物の4つ揃いのセカンドストライクが当たりました。

 

Vikings Go Berzerk

配信会社:Yggdrasil 5リール、25ライン (ビットカジノ)

2018.4.9更新 トータル結果€-11.2

通常モード

フリースピンが3つ出ました

フリースピンモード

 

フリースピンの絵柄が3つ以上出るとフリースピンが誘発されます。絵柄3つフリースピン7回、絵柄4つフリースピン14回、絵柄5つフリースピン21回。

フリースピンはバイキングの絵柄が出た所はセイレーンと戦うことになり、バイキングが勝利しますとそこがワイルドとなって、以下フリースピン中はずっとそこがワイルドとなります。よてフリースピンの最後の方は結構な高額配当となります。

5番目のリールには金の宝箱が現れることがあり、これが現れますと5種類の中から一つ選べるサプライズ(賞金やフリースピン)が貰えます。

他にバイキングの絵柄が揃う毎にそのバイキングの怒りのゲージが溜まり、Maxになりますと7回のフリースピンが貰えます。このフリースピンはバイキングが常にバーサークモードとなるらしく、常にセイレーンに勝利するそうです。

感想:バイキング対セイレーンって不思議な感じですが、怒りのゲージは中々貯まりませんでした。フリースピンをどれだけ引けるかが勝負の分かれ道になりそうです。

以下通常モードとフリースピンモードの動画です。