REDDOG

今回はものすごく簡単なゲームREDDOGを紹介したいと思います。

カードはジョーカーを除く52枚を使用し2~Aの順に大きい数として扱われます。

最初にプレイヤー2枚のカードが配られ、このカードによって以下の流れになります。

 

1、隣り合う数字

プッシュで引き分けとなり、賭けた金額が払い戻されます。

 

2、同じ数字

もう1枚カードを引きそれも同じ数字だったら配当が12倍となります。

異なる数字だったら引き分けとなり、賭けた金額が払い戻されます。

 

3、間隔の開く数字

もう1枚カードを引くことになります。

その時にレイズ(ベット金額と同額)するかどうかの選択肢が与えられます。

引いたカードの数字が最初の2枚のカードの数字の間だったらプレイヤーの勝ちとなります。

 

配当は最初の2枚のカードの数字がどれくらい開いているかによって決まります。

これをスプレッドと呼び、例えば2,6だった場合は3,4,5が間の数になるためスプレッド3となります。

スプレッドが1なら配当は6倍、2なら5倍、3なら3倍、それ以外は2倍となります。

 

この場合はスプレッドが1だから配当が6倍になります。

 

非常にシンプルなゲームですが、スプレッドが大きくても以外に当たらないものでした。

個人的には5段階評価で2です。