入金不要、登録だけで$30が漏れなくプレゼント!
登録後に申請すると、すぐにアカウントへボーナス$30が反映されます。
ベラジョンカジノ運営者の好意により特別に授かった限定プロモーションです。
ノーリスクでベラジョンカジノのプレイ資金にして下さい。


仮想通貨のビットコインも利用できます。

ベラジョンカジノの勝ちやすいおすすめスロット

ベラジョンカジノの勝ちやすいお勧めのスロットを紹介します。と言いたいところなのですが、残念ながら昔比較的よく勝てたスロットが無くなってしまったのです。オンラインカジノスロットは配信会社も多く、新台がどんどん入ってきますので、古い物とどんどん入れ替わってしまったというのもあります。

しかし随分古いスロットでもまだあるものもあります。NetEntのゴンゾーズクエストやジャックアンドザビーンズトーク等です。しかしこれらのスロットは面白かったのですが、私の実戦からはお世辞にも良い結果だったとは言えません。

比較的よく勝てたのがYggdrasilのスーパーヒーローズ、レプトイドズ、ビシクレタ、プレイテックのハロウィンフォーチュンⅡ、Gameplay Interactiveのジャズィトゥアップ、Pragmatic Playのザドッグハウス、BetsoftのSpinfinity Manでした。面白味というよりも結果だけで言っています。これらのスロットに共通しているのはフリースピンが当たりやすいか、小ボーナスが頻繁に出るといった特徴がありました。





しかし今見てみたらザドッグハウスとハロウィンフォーチュンⅡを除いて無くなっていました。それだけ勝ちやすいスロットはカジノ側にとってはあまり嬉しいことではないので、入れ替えの対象になりやすいのかもしれません。ボーナス消化におあつらえ向きなので残念でした。

ちなみに最近流行りのハワイアンドリームや花魁ドリームといったパチスロ系は全然ダメです。

 

今回はハロウィンの時期では無いので、ザドッグハウスを再び回してみることにしました。

可愛いスロットですが威力は絶大です。

 

では実戦です。サウンドが流れて懐かしいと思いました。このスロットはよくボーナスが当たりやすかったと記憶しています。

 

$0.2賭けですが、$10投資したところでフリースピンが当たりました。悪くないですね。

 

獲得したフリースピンの回数は15回でした。これも悪くありません。

 

フリースピンはワイルドが出ると張り付いて固定され、マルチプライヤーとなります。

 

フリースピンで獲得した金額は$6.54でした。フリースピンを得るまでに投資した金額は回収できませんでしたが、まずまずの感触でした。昔はこれの10倍出したのです。

 

フリースピンが当たりやすく、フリースピンボーナスも爆発しやすいというのがこのスロットの特徴です。まだやっていないなら是非試してみて下さい。

 

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノで大負けした、勝てない理由

今日こんなニュースがありました。山口県阿武町が誤って全世帯分の4630万円を一人の男性(24)に振り込んでしまった件で、返還して貰えず、「金をネットカジノで全部使った」と説明を受けたようです。いくらネットカジノと言えど、これぐらいまとまった金を使い切るのは簡単ではありませんが、確かにできなくはありません。

 

 

実際にベラジョンカジノで大負けしてしまった人も多く、ベラジョンカジノは勝てないと言っている人もいます。

例えばこれはクレイジータイムの勝利金ですが、一撃で$88,667(11,540,000円)も当てている人がいました。一見大勝とも取れますが、逆の見方をすれば同じくらいの金額を投資しているとも言えます。クレイジータイムのMaxベットは$100で、クレイジータイムが当たる確率は1/54です。$100のベットで50回回して、一回も当たらなかった場合は$5000(647,300円)負けです。結構な負け額で「大負けした。」とぼやいても無理はありません。

カジノゲームは全てに控除率があり、カジノ側が少し有利なようにできています。例えばルーレットの/ベットで当たる確率は1/2に見えますが、実際は緑(0)があるため当たる確率は18/37で、1/2以下です。しかし配当は1:1ですので、還元率は(18/37)×(2)=36/37=0.973となり97.3%で、2.7%は控除率となります。こんなわけで主なカジノゲームの控除率は以下のようになります。

 

ゲーム 還元率 控除率
ブラックジャック 99.29% 0.71%
バカラ 98.94% 1.06%
ルーレット 97.3% 2.7%
スロット 96~97% 3~4%
クラップス(パスラインベット、カムベット) 98.59% 1.41%

 

還元率は全てのゲームに記載があります。?のアイコン(ルール説明)から見ることができます。やる前にどれぐらいの還元率なのか見ておくといいです。

 

つまり長く遊んでいれば大数の法則が働き、誰も勝てないようにできているのです。トランプの数字の出方が予測不能なのと同じように、ゲームを繰り返すうちに行きつ戻りつしながら勝ちの方向へ揺らいでいくことがあるが、逆に行きつ戻りつしながら最終的には負けの方向へ揺らいでしまう「揺らぎの法則」に誰もあがらえないのです。

ではなぜそんなゲームにどっぷりハマってしまうのかといいますと、そこには刺激性があるからです。人間の三大快楽に飲む、打つ、買うというものがありますが、打つというのがギャンブルに相当します。これをやる刺激性が控除率(ギャンブルにおいてプレイヤーに不利な要素)を上回ってしまうのですね。

ただ一時は勝つこともありますので、ベラジョンカジノはあくまで遊ぶ感覚で、勝てればラッキーくらいに思ってやるのが丁度いいと思います。かく言う私もトータルでは相当負けています。

機械(ゲーミングマシーン)を相手にするオンラインカジノ系はハッキリ言って勝てません。ライブカジノは一見人を相手にしているようですが、実際はディーラーに選択の余地は無く、ただ機械的な作業をこないしているだけ、ゲーミングマシーンに変わるところはありません。しかし逆に言えば人を相手にするギャンブルなら勝てる要素は十分にあります。これはスキル介入要素があり、スキルが控除率を上回ると利益が出るからです。DORA麻雀ポーカースターズがそれに当たります。最初は負けると思いますが、努力次第では勝てるゲームです。

 

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノのアンバサダーにラファエルが就任

2022.3下旬、ベラジョンカジノのアンバサダーにラファエルが就任しました。

アンバサダーとは代理人ということですが、ユーチューブのチャンネル登録者数が185万人を超えるので、宣伝大使としてベラジョンカジノを普及してもらおうということだと思います。都合がいいのがまた白い仮面を被って、素顔を曝していないということで、グレーゾーンに当たるオンラインカジノの宣伝にはうてつけだと思います。

 

 

ムーンプリンセスに挑戦して$10賭けで$2000以上勝っていました。気前がいいですね。私もこのムーンプリンセスは試してみたのですが、当たりにくい印象を受けました。勿論負けました。ラファエルはやはり持てるなという感じがしました。

私の場合なるべく損しないようにと願って賭けるのですが、ラファエルはあまり資金の事は気にせず、楽しんでやってる感じがしました。こういう人に勝利の女神は微笑むのだろうなと思いました。オンラインカジノに関しては初心者で、ルールの説明を受けながらやっていましたが、今後どのゲームでどんな賭け方をしてくれるのか楽しみです。

しかしラファエルと一般市民では資金力が違いすぎますので、参考にするのは危険ですね。

 

そしてベラジョンカジノは最近このようなサイトの形式になりました。これはスマホで見た時を優先にしたものです。ベラジョンカジノに関わらず、カジノシークレットやエンパイアカジノ等もスマホ形式に変えていました。これはつまりPCよりもスマホのユーザーの方が圧倒的に多く、これからはスマホでやることを前提にしていこうということだと思います。先程のラファエルもやはりスマホでやっていました。

 

少し前はこんな感じでした。

 

初期の頃(2012年頃)はこんな感じでした。この頃はまだPC全盛だったのですが、時代の流れを感じますね。

 

ベラジョンカジノ