入金不要、登録だけで$30が漏れなくプレゼント!
登録後に申請すると、すぐにアカウントへボーナス$30が反映されます。
ベラジョンカジノ運営者の好意により特別に授かった限定プロモーションです。
ノーリスクでベラジョンカジノのプレイ資金にして下さい。


仮想通貨のビットコインも利用できます。

エンパイア777カジノレビュー

 

エンパイア777カジノとは

エンパイア777カジノ(EMPIRE777カジノ)とは2014年より運営されているオンラインカジノで、フィリピン国にて認可されている、Gaming Curacaoライセンスを所持しています。完全日本語化されており、日本人カスタマーサポートも24時間中待機しています。

運営当初よりライブカジノに力を入れており、他のカジノには追随を許さないくらい、いろいろな配信会社が入っています。またそれゆえに賭け金の幅も広くどんなユーザーにも対応できるようになっています。本物のカジノを家で体験といったことをモットーとしていますが正にその通りだと思います。

そして以外にスロットの種類も多く(それだけ配信会社が入っている)、他では見かけないレアなものまでありますのでスロットユーザーにもおすすめです。またライブゲームを含めて全てのゲームが直接キャッシュバックの対象となるのは大変有り難く、恐らくここだけだと思います。

 

登録

登録をクリックすると以下のフォームが出ますので、必要事項を入力し、アカウントを開設するだけです。

 

入出金

入手金手段には以下のものがあります。

入出金手段 入金額 入金額手数料 出金額 出金額手数料
クレジットカード $30~$1000 無料
エコペイズ  $30~$5000 無料 $50~$5000 無料
アイウォレット $30~$5000 無料 $50~$5000 無料
ヴィーナスポイント $30~$5000 無料 $50~$5000 無料

2019.4.16現在

日本から利用する場合通貨は$となります。

入金は即時入金、出金は反映まで4時間ほどかかります。

エンパイア777カジノでは、よく入出金に関してメンテナンスが行われます。また2019.4.16現在クレジットカードからの入金は一時的に停止されています。開始されたらまたアナウンスがあるそうです。

 

プロモーション

エンパイア777カジノも他のオンラインカジノに比べて遜色無く様々なプロモーションが用意されています。大体キャッシュバックによるものが多く、ライブカジノ、スロット、テーブルゲームと全てのゲームが対象となるのが特徴です。定期的なものから期間限定の不定期的なものまでありますが、ここに代表的なものを紹介しておきます。

 

最大$77までの100%初回入金ボーナス

最低$30以上を初回入金した新規ユーザーに限り、最大$77までの100%初回入金ボーナスが貰えます。貰いたい方は入金後24時間以内に、プロモーションの100%初回入金ボーナスの申請するをクリックして下さい。そしてライブカジノ、スロット、テーブルゲームの中からボーナス適用のゲームを選択しますと6時間以内に進呈されます。出金条件は[(受領ボーナス額×出金条件)/カウントの割合]+入金額となります。

入金額 受領ボーナス額 ゲームの種類 出金条件 カウントの割合 最低出金条件
$77 $77 ライブカジノ/テーブルゲーム 9倍 15% 4620+77=$4697
$77 $77 スロット 30倍 100% 2310+77=$2387

ライブカジノのカジノ済州は使用できません。

ボーナス有効期限は貰ってから1ヶ月となります。

出金条件をクリアする前に他のゲームをやりますとボーナスやボーナスで得た勝利金は無効となります。

 

ウィークリーリベートボーナス

要はキャッシュバックで、初回入金を済ませ、ウィークリーリベートボーナスを申請された方に当日からカウントされます。勝ち負けに関係なくただ賭けるだけでカウンとされます。カウント率は会員レベルとゲームにより異なります。

会員レベル スロットリベート ライブカジノ/テーブルゲームリベート
VIP Diamond and Platinum 1.28% 0.7%
VIP Gold and Silver 1% 0.6%
通常プレイヤー 0.8% 0.5%

毎週火曜日の14:00にキャッシュウォレットに反映されますが、最低$5に達していなかった場合は無効となり持ち越すことはできません。

最高は$3000までです。

受け取ったボーナスの出金条件は1倍です。

10%リロードボーナスとは併用できません。(どちらかを選ぶことになる。)

 

最大$50までの10%リロードボーナス

セカンド入金から最低$30以上を入金する度に、最大$50までの10%リロードボーナスが貰えます。貰いたい方は入金後2時間以内に10%リロードボーナスを申請し、ライブカジノ、スロット、テーブルゲームの中からボーナス適用のゲームを選択し、入金ID(入出金履歴で見られる)を入力して下さい。6時間以内に進呈されます。出金条件は[(受領ボーナス額×出金条件)/カウントの割合]+入金額となります。

入金額 受領ボーナス額 ゲームの種類 出金条件 カウントの割合 最低出金条件
$500 $50 ライブカジノ/テーブルゲーム 9倍 15% 3000+500=$3500
$500 $50 スロット 30倍 100% 1500+500=$2000

100%初回入金ボーナスと大体一緒です。

ウィークリーリベートボーナスとは併用できません。(どちらかを選ぶことになる。)

ウィークリーリベートボーナスとの比較ですが、通常プレイヤーでウィークリーリベートボーナスでライブカジノを1週間で$1000プレイしたとして$5が進呈されます。一方10%リロードボーナスですと$30を入金したとして$3をボーナスとして受け取りますと、27×100/15=$180をライブカジノで1ヶ月でプレイすればいいわけです。よってあまりたくさん賭けない方は10%リロードボーナスの方がいいと思いますが、たくさん賭ける予定のある方はウィークリーリベートボーナスの方が得だと思います。

 

888Empireの2%特別リロードボーナス

スロット888Empireで、ただ賭けるだけで勝ち負けに関係なく、賭け金の2%のキャッシュバックが貰える、エンパイア777カジノらしいプロモーションです。これは申請の必要が無く、入金した者全てが対象となります。

例)総額$250を888Empireでベットすると$5がキャッシュバックされる。

毎週水曜日の14:00にキャッシュウォレットに反映されますが、最低$5に達していなかった場合は無効となり持ち越すことはできません。(つまり合計$250以上賭ける必要がある。)

最高は$3000までです。

受け取ったボーナスの出金条件は1倍です。

10%リロードボーナスとは併用できません。(どちらかを選ぶことになる。)

 

ライブゲーム

エンパイア777カジノのライブゲームは配信会社が全9社ほど入っており(2019.4.18現在)、それぞれ違う空間でバカラやブラックジャック、ルーレット等のライブゲームを楽しむことができます。他のオンラインカジノですとせいぜい1~3社くらいなのですが、如何に力を入れているかというのが分かります。

ライブカジノ 配信会社 バカラ ブラックジャック ルーレット シックボー ホールデム スマホ おすすめ度
カジノ済州 n2-LIVE MOBILE SOLUTION 3
カジノパリス Evolution Gaming 5
カジノマカオ Gameplay Interactive 3
カジノベガス Asia Gaming 4
カジノリノ Ezugi 4
カジノ東京 Gold Deluxe 3
カジノ北京 Asia Gaming 3
カジノシンガポール HoGaming 4
カジノマニラ Microgaming 4

全部試してみましたが、やはりEvolution Gamingが入っているカジノパリスが、ゲームの種類、テーブルの多さ、賭け金の幅、グラフィック、動作、スマホでの扱い易さ等全てにおいて優れている感じがしました。詳しく見たい方は様々なライブカジノの特徴と比較をご参照下さい。

 

スロット

スロットにもPlay’n GO、Yggdrasil、Pragmatic Play、Gameplay Interactive、Quickspinを始め様々な配信会社が入り込んでおり、十分過ぎるくらい種類が豊富です。

以下おすすめのスロットを3つほど紹介します。

 

The Dog House (Pragmatic Play)

ただ運が良かっただけかもしれませんが、3回目のスピンでフリースピンを当てることができ6分で$65ほど勝ちました。

 

Jazz It Up (Gameplay Interactive)

これも割りと早い段階でフリースピンを当てることができ、6分で$32ほど勝ちました。4096のペイラインという珍しいタイプのスロットです。

 

888 Empire

2%特別リロードボーナスのキャンペーンの対象となっているお陰で、常に人気スロットの上位にランク付けされています。フリースピンは無く1ラインという極めてシンプルなスロットです。テンポも早くどんどん飲まれていっていしまう感じで、キャンペーンの対象にでもしない限り誰もやらなそうです(笑)

 

テーブルゲーム

テーブルゲームはライブゲームに比べて味気ない分、非常にテンポ良くゲームが進みます。One touchやPragmatic Play、iSoftBet等が入っていました。

 

スマホ

エンパイア777カジノはスマホにも対応されています。

少し重い感じもしますが、これだけ配信会社が入っているためそれも仕方無いところでしょうか。左上のメニューアイコンよりやりたいゲームを選択できるようになっています。ゲームの動作は問題ありませんでした。

 

VIP

エンパイア777カジノにはVIPレベルというものがあり、毎月一定以上のターンオーバーをするとなれ、それぞれのレベルに応じ特典を受けることができます。カジノでいうコンプポイントです。

VIPレベル シルバー ゴールド プラチナム ダイアモンド
毎月必要最低ターンオーバー $116777 $216777 $467777 招待された方
VIPウェルカムボーナス $27 $47 $67 $167
リベートボーナス 獲得できるリベートボーナスが+5% 獲得できるリベートボーナスが+10% 獲得できるリベートボーナスが+15% 獲得できるリベートボーナスが+20%
お誕生日祝い ボーナス ボーナス+ギフト ボーナス+豪華ギフト ボーナス+豪華ギフト+ツアー

これ以外にもクレジットアドバンテージ、VIPマネージャー、出金の優先や限度額、スペシャルイベントの招待などがあります。

 

ヘルプ

分からないことがあればいつでもカスタマーサポートへチャットしてみるといいです。すぐに答えてくれます。その他にメールで問い合わせることもできます。

 

感想

ゲーム数が多く、サイトも分かりやすく非常に使いやすいサイトでした。先にも書きましたが、キャッシュバックあり全てのゲームが対象となっているところが特にいいところです。

以前はここではライブカジノばかりやっていましたが、最近はここでしかできないようなスロットもあり、スロットにはまりがちです。意外にトータル収支はプラスです。

また何か躓いてもチャットですぐに解決できつところがいいです。それがゲームに関してで回答がすぐに出ないとそれだけでやる気を阻害されてしまいますからね。

難を言えばこれだけ配信会社が入っているせいか少し重くなることがあります。

 

エンパイア777カジノ

様々なライブカジノの特徴と比較

ここでは様々なライブカジノを紹介します。オンラインカジノのライブゲームには幾つかのライブカジノ配信会社が入っていることが普通で、ここではその配信会社毎に特徴をみていきたいと思います。ここに書かれているベット額の範囲は、同じ配信会社でもカジノによって多少の違いがあります。

最初にゲーム毎の比較を書きましたが、これはあくまで私の好みであって人によって相当感じ方は異なると思います。尚★の数は普及度やテーブル数で客観的に評価しました。

ブラウザーはグーグルクロームがおすすめです。

 

 

バカラで比較

バカラはどの配信会社も力を入れており甲乙付け難いです。しかし敢えていうならカジノパリスのスピードバカラがおすすめです。$1~5000までとベット範囲が広く、テーブルの見た目もシンプルで良く、スピード感があります。ベット額は高め($80~20000)になってしまいますが、カジノ東京のBidMeバカラは座席指定で臨場感があり本当のカジノに近い感じを受けこれが次ます。カジノシンガポールはディーラーの服装や空間にセンスを感じさせて好みです。

 

1位:カジノパリスのスピードバカラ

 

2位:カジノ東京のBidMeバカラの参加ベット

 

3位:カジノシンガポール

 

ブラックジャックで比較

ブラックジャックではやはりカジノパリスのInfinite Blackjackが好きです。$1~5000まで賭け額の範囲も広く、座席指定がないため何人でもプレイでき進行も早いからです。ウィリアムヒルカジノクラブのグランドブラックジャックは賭け額($50~1000)は高いものの高級感に魅力を感じさせます。カジノマカオのブラックジャックは逆に高級感は欠くものの座席指定がなく、ベット額($1~2000)の範囲も広く、大衆的なのが好みです。

 

1位:カジノパリスのInfinite Blackjack

 

2位:ウィリアムヒルカジノクラブのグランドブラックジャック

 

3位:カジノマカオ

 

ルーレットで比較

ルーレットもやはりカジノパリスのルーレットがおすすめです。高級感があり種類も多く、ベットの範囲が広いからです。中でもオートルーレットラパルタージュやゴールドフレンチルーレットはラパルタージュルールを採用しており、イーブンベットでボールが0に入った場合は賭け金の半額が戻ってくるところがいいです。(他のルーレットでは採用していません。)カジノリノやウィリアムヒルカジノクラブのルーレットはディーラーが少し大きく映り個人的には気に入っています。

 

1位:カジノパリス

 

2位:カジノリノ

 

3位:ウィリアムヒルカジノクラブ

 

その他おすすめのゲーム

バカラ、ブラックジャック、ルーレットを除いておすすめのゲームはウィリアムヒルカジノクラブのハイローです。スナップカードが前のゲームの比較対象カードがなるため配当倍率も毎回変わって、好みに合わせてローリルクローリターンの賭けやハイリスクハイリターンの賭けができるからです。他にはマネールーレットは宝くじ感覚で規模も大きく日本人受けすると思います。個人的にはテキサスホールデムもおすすめで、ゲームの最中の選択肢も多く、最適な戦略に則れば還元率を99.47%まで上げることができるのが魅力です。

 

1位:ウィリアムヒルカジノクラブのハイロー

 

2位:カジノパリスのマネールーレット

 

3位:カジノパリスのテキサスホールデム

 

スマホでのやり易さで比較

スマホでもやはりカジノパリスがおすすめです。映像が綺麗鮮明で軽いです。カジノマニラも同じようにいいですが、ビットカジノでしかできないところが次点になってしまうところです。カジノ北京も華やかさといった点では落ちますが、映りと動作、接続性は悪くありませんでした。

 

1位:カジノパリス

 

2位:カジノマニラ

 

3位:カジノ北京

 

 

カジノ済州 ★★★

済州とは韓国領の南の島チェジュ島に位置し、外国人専用カジノがあるところです。n2-LIVE MOBILE SOLUTIONが提供し、ロビーに入りますと韓国風の音楽が流れてきます。ディーラーは韓国人だけに限らないみたいです。バカラ、ルーレット、シックボーのゲームができます。(2019.2.7現在)どのゲームも最低ベット額は$2からになります。ベットする時はチップを置いて確定をクリックして下さい。エンパイアカジノにあります。

ゲームの種類 実質最低ベット額 実質最高ベット額 スマホ動作確認
バカラ $2 $30000
ルーレット $2 $3000
シックボー $2 $5000

ルーレットとシックボーの実質最高ベット額は赤黒、大小などのイーブンベットになります。

 

バカラ

これがバカラのロビーですが、ディーラーの顔写真やネーム、それまでのゲームの進行状況、現在のベット総額とベットしている人の総人数等の状況が分かります。ベットリミットは1~3K、10~20K、5~6K、50~30Kとあります。

 

これがプレイ画面となります。ベットする時はチップを置いて確定をクリックして下さい。ベットする時間は20秒ほどあります。これを見ても分かりますようにチップは2が一番最小です。よって実際は$2からのベットになります。引き分けは1:9となっていますがこれは間違いで1:8です。ルールはノーコミッションバカラですがバンカーが6で勝った時の配当は1:0.5となります。

 

ルーレット

これがルーレットのロビーです。バカラに対して随分小規模です。ベットリミットは1~3Kとあります。ディーラーの顔写真やネームの他ラスト15の出目、ラスト200の良く出た目ベスト5(橙)、ワースト5(青)等の情報が分かります。

 

プレイ画面はこんな感じです。チップはやはり2からとなります。よって実際の賭け額は$2からとなります。画面でルーレットが回っている間に結果だけは早く分かってしまいますので何か変な感じがします。

ラスト10回の出目、指定ラウンド数の良く出た目ベスト5(橙)、ワースト5(青)が分かります。これはルーレットの偏りから目を推測しようと思うなら大事な情報になります。

 

ベットタイプ 実質最低ベット額 実質最高ベット額
ストレートベット $2 $85
スプリットベット $2 $150
ストリートベット $2 $250
コーナーベット $2 $300
ラインベット $2 $500
カラム・ダズン $2 $1000
赤黒・偶奇・前後 $2 $2000

 

シックボー

シックボーのロビーではディーラーの顔写真、ネームの他、ラスト15回の出目と合計が分かります。ベットリミットは1~1K、10~5Kとあります。

 

プレイ画面はこんな感じです。偶数・奇数とありますが、これはビッグ・スモールと同じく、合計3、18は配当になりません。その他3個のダイスの合計は端の目に寄れば寄るほど配当は確率に比して悪くなっていく感じです。チップはやはり2からで、最低ベット額は$2からとなります。ベット時間は30秒間あります。

ラスト10回の出目と合計、ラスト20回の出目の傾向等の情報を見ることができます。

 

スマホ

スマホでも動作は確認済みですが、接続できないことも多く、接続不良でディーラーが映らないこともありました。ブラウザーはクローム推奨です。Casino Jejuから入ればロビーへいきます。

 

カジノパリス ★★★★★

Evolution Gamingが提供し、バカラ、ブラックジャック、ルーレットの他、トップカード、カジノホールデム、テキサスホールデム、マネールーレット、ドラゴンタイガーがあり種類が豊富テーブル数も多いです。(2019.2.8現在)非常に動作軽くて、豪華な印象があります。チップを置いただけでベットとなります。またディーラーと1対1でできる超VIPテーブルSalon Priveがあるのも特徴です。エンパイアカジノ、ベラジョンカジノ、ラッキーニッキーカジノ、ビットカジノ、ワンダリーノカジノ、ウィリアムヒルカジノ、888カジノ等ここで紹介している全てのオンラインカジノに入っています。

 

バカラ

バカラのロビーはこんな感じで、ディーラーの顔、ベットの範囲、テーブルのプレイヤー数などの情報が分かります。VIPテーブル(Salon Prive)もありディーラーと1:1の勝負ができます。VIPテーブルは最低持込額が$6000で、最低ベット額は$1000からになります。バカラの種類に関しましてはバカラの種類と賭け方をご参照下さい。

 

プレイ画面ではそのシューティングのそれまでの出目が分かります。ノーコミッションバカラではプレイヤーかバンカーに賭けて引き分けた場合は賭け金は返金されず没収されます。おすすめはスピードバカラで、展開が速いので人気があります。

 

ゲームの種類 実質最低ベット額 実質最高ベット額 スマホ動作確認
バカラA、B $1 $5000
スピードバカラA、B $1 $5000
ノーコミッションバカラ $1 $5000
バカラスクイーズ $5 $5000
バカラコントロールスクイーズ $5 $5000
プントバンコ $1 $2500
Salon Prive バカラ $1000 $15000 ?

 

ルーレット

ルーレットのロビーではディーラーの顔の他、ルーレットの種類、ラスト10回の出目、ベット範囲、テーブルのプレイヤー数等が分かります。ルーレットの種類はスクロールするほど豊富です。

オーソドックスなルーレットに対してスピードルーレットは10数秒くらい展開が早い感じです。VIPルーレットは最低賭け額が$2になっているだけです。ライトニングルーレットはかなり特殊で、ストレートベットに対して任意の数字の配当が最大499まで上がります。(その代わりそれ以外のストレートベットの配当が29to1)VIPルーレットはディーラーと1対1でできますが、最低持込金額は$10000からです。

オートルーレットはディーラーが無人のルーレットです。オートルーレットラパルタージュとゴールドフレンチルーレットはアンプリゾン(ラパルタージュ)ルールが採用されており、イーブンベットで0が出た場合、賭け額の半分が戻ってきます。イマーシブルーレットはディーラーがより近い位置から見れる他、判定がスロービデオで再現されます。ドラゴナラールーレット、グランドカジノルーレット、カジノマルタルーレットはディーラーの顔が見れません。他には2つのボールを使うダブルボールルーレットなんていうのもあります。

 

プレイ画面ですが、ルーレット台もピカピカです。チップは置くだけでベットとなります。

統計ではラスト500回で良く出た目(赤)、出なかった目(青)が分かります。

 

ルーレットの種類による賭けの範囲

ベットタイプ ルーレット スピードルーレット ライトニングルーレット VIPルーレット オートルーレット オートルーレットVIP
ストレートベット $1~100 $0.5~200 $0.2~100 $2~100 $0.1~50 $0.2~100
スプリットベット $1~200 $0.5~400 $0.2~200 $2~200 $0.1~100 $0.2~200
ストリートベット $1~300 $0.5~600 $0.2~300 $2~300 $0.1~150 $0.2~300
コーナーベット $1~400 $0.5~800 $0.2~400 $2~400 $0.1~200 $0.2~400
ラインベット $1~600 $0.5~1200 $0.2~600 $2~600 $0.1~300 $0.2~600
カラム・ダズン $1~1200 $0.5~2400 $0.2~1200 $2~1200 $0.1~600 $0.2~1200
赤黒・偶奇・前後 $1~2000 $0.5~4000 $0.2~2000 $2~2000 $0.1~1000 $0.2~2000

 

ベットタイプ オートルーレットラパルタージュ ゴールドフレンチルーレット イマーシブルーレット ドラゴナラルーレット グランドカジノルーレット カジノマルタルーレット
ストレートベット $0.1~100 $2~100 $1~200 $1~200 $1~200 $1~200
スプリットベット $0.1~200 $2~200 $1~400 $1~400 $1~400 $1~400
ストリートベット $0.1~300 $2~300 $1~600 $1~600 $1~600 $1~600
コーナーベット $0.1~400 $2~400 $1~800 $1~800 $1~800 $1~800
ラインベット $0.1~600 $2~600 $1~1200 $1~1200 $1~1200 $1~1200
カラム・ダズン $0.1~1200 $2~1200 $1~2400 $1~2400 $1~2400 $1~2400
赤黒・偶奇・前後 $0.1~2000 $2~2000 $1~4000 $1~4000 $1~4000 $1~4000

 

人気のあるルーレットはオーソドックスなルーレット、オートルーレット、の他ライトニングルーレット、イマーシブルーレット辺りで、テーブルのプレイヤー数が多いです。ライトニングルーレットはストレートベットの配当の特殊性(ギャンブル性)が受けるのではないかと思います。またイマーシブルーレットが受けるのは、ディーラーとの距離感が近く感じるからではないでしょうか。

 

ライトニングルーレットのストレートベットの配当アップ番号と配当が決定したところです。

 

ブラックジャック

ブラックジャックのロビーではディーラーの姿の他、賭け金の範囲、テーブルの空き情報が見られます。Infinite やSalonを除いてブラックジャックのテーブルは7人制で、緑に光っている所が空いている席になります。バカラと違いテーブルに人数制限があるためテーブル数が多いですが、基本的には全て同じ操作になります。

Infinite Blackjackだけは特別で同じカードでディーラーと何人も同時に対戦することができます。そのため賭け金も$1からできます。

 

これがテーブル画面で、着卓してチップを置いて配られたカードにスタンドやヒットの選択をするだけです。

 

ブラックジャックの種類 実質最低ベット額 実質最高ベット額 スマホ動作確認
Deluxe Blackjack 1、2、4 $10 $2000
Deluxe Blackjack 3、5 $5 $1000
Deluxe Blackjack 6 $20 $2000
Infinite Blackjack $1 $5000
ブラックジャックパーティ $5 $5000
ブラックジャックホワイト1 $10 $2500
ブラックジャックホワイト2 $15 $2500
ブラックジャックホワイト3 $20 $2500
ブラックジャックA $5 $1000
ブラックジャックB $10 $2500
ブラックジャックC $15 $2500
ブラックジャックD $20 $2500
ブラックジャックE、F、G、H $25 $2500
ブラックジャックI、J $35 $2500
ブラックジャックK、L、M $50 $2500
ブラックジャックシルバー1、2、3、4、5 $50 $5000
ブラックジャックVIPA、B、J、K、L $50 $5000
ブラックジャックVIPC、D、E $100 $5000
ブラックジャックプラチナVIP $250 $5000
ブラックジャックフォーチュンVIP $250 $5000
ブラックジャックグランドVIP $500 $5000
Salon Prive Bluckjack1 $1000 $10000
Salon Prive Bluckjack2 $1500 $10000
Salon Prive Bluckjack3 $2000 $10000

最低ベット額が少ないテーブルは早く満席になる傾向があります。Salonは最低持込金額が$6000からになります。

 

カジノホールデム

テーブルは1つしかなく、ディーラーとの対戦になります。52枚1デッキ使用です。賭けの範囲(Ante)は$0.5~$5000ですが、フロップでそれ以降戦う(Call)するにはAnteの倍が必要ですので、ショーダウン勝負に持ち込むためにはワンゲーム実質$1.5~$15000となります。

ディーラーは最低4のペア以上を持たねば資格なしで無条件でプレイヤーの勝ちとなります。その場合プレイヤーはAnte分の配当を受け取ることになります。(AnteとCallの分は戻ってくる。)ディーラーが4のペア以上でプレイヤーが勝った場合はCall分の配当と役に応じたAnte分の配当を受け取ることができます。(AnteとCallの分は戻ってくる。)

Ante分の配当
ロイヤルストレートフラッッシュ 1:100
ストレートフラッシュ 1:20
フォーカード 1:10
フルハウス 1:3
フラッシュ 1:2
ストレート以下 1:1

ディーラーとプレイヤーの1:1の対戦ゆえ、普通にやってもプレイヤーに1/2の勝率がありどの辺が控除率の対象になっているのか少し見えにくいですが、恐らくディーラーの資格なしの時のプレイヤーへの配当の低さ辺りだと思われます。理論上の還元率は97.84%とあります。

プレイヤー数は114名とあり意外に人気のあるゲームです。

 

テキサスホールデム

テーブルは1つしかありませんでした。オンラインポーカーと違い、ディーラー対プレイヤーの対戦になります。52枚1デッキ使用です。賭け額の範囲は$0.5~$500ですが、賭け額(Ante)と同じ参加料(Blind)を払わなければなりません。プリフロップ(Anteの×4、×3、チェック)、フロップ(Anteの×2、チェック)、リバー(Anteのチェック×1、フォールド)の3ラウンドでどれか一つアクション(Play)を取らなければフォールドすることになるため、リバーでチェックしたとしてショーダウン勝負に持ち込むには、ワンゲーム実質$1.5~$1500となります。

ディーラーは最低ワンペアなければ資格無しとなります。

結果 Ante Blind Play
ディーラー資格無し、プレイヤー勝ち 戻し 勝ち 1:1
ディーラー資格無し、プレイヤー負け 戻し 負け 負け
ディーラー資格有り、プレイヤー勝ち 1:1 勝ち 1:1
ディーラー資格有り、プレイヤー負け 負け 負け 負け
ディーラー資格有り、引き分け 戻し 戻し 戻し
プレイヤーフォールド 負け 負け

 

Blindの勝ち配当
ロイヤルストレートフラッッシュ 1:500
ストレートフラッシュ 1:50
フォーカード 1:10
フルハウス 1:3
フラッシュ 1:1.5
ストレート 1:1
他のハンド 戻し

これも普通にやっても1/2の勝率があるため、どこら辺が控除率の対象になっているのか見えにくいゲームです。恐らくディーラー資格無しのプレイヤーが勝った時のAnteの戻し辺りだと思われます。合計メインベットの理論上の還元率は99.47%とあります。

プレイヤー数はロビーで見ることができますが、16名ほどしかいませんでした。

 

トップカード

テーブルは1つしかなくサッカースタジアムの解説席みたいな所で行われます。8デッキのカードから2枚を取り出しホームかアウェイかどちらが大きいか或いは引き分けかに賭ける大小ゲームです。カードは強さの順にK,Q,J・・・・2,Aとなります。(Aが一番弱い)$1~$5000まで賭けれます。

結果 配当
ホーム勝ち 1:1
アウェイ勝ち 1:1
引き分け 1:11

ホーム・アウェイに賭けて引き分けた場合は半額返金されます。

本質的にはドラゴン・タイガーと一緒です。

ルーレットのイーブンベットよりかはスピード感があっていいです。単純なゲームな割りには意外に人気が高くプレイヤー数は102人もいました。

 

マネールーレット(ドリームキャッチャー)

ドリームジャンボ宝くじを演出したようなゲームです。ルールは非常に単純でペイアウトに賭けるだけです。あとは54個に区画されたルーレットの出目の結果次第です。×2、×7の目が出た場合は再抽選でペイアウトが乗数倍されます。賭け額は$0.1~$2500です。

ルーレットの数字(ペイアウト) 区画数
1 23
2 15
3 7
10 4
20 2
40 1
×2 1
×7 1

理論上の還元率は96.58%とありますが、プレイヤー数は353人とかなりの人気ゲームです。この楽しそうな演出が受けるのかもしれません。

 

ドラゴンタイガー

テーブルは1つしかなく、バカラのようなテーブルでプレイします。ドラゴン・タイガー或いはタイのいずれかに賭け、2枚のカードを取り出し、どちらのカードが強いかを競います。8デッキ使用で、強さの順にK,Q・・・・3,2,Aとなります。賭け額は$1~$5000となります。

結果 配当
ドラゴン 1:1
タイガー 1:1
タイ 1:11

ドラゴン・タイガーに賭けてタイが出た場合は半額返金されます。

プレイヤー数は49人でした。

 

スマホ

スマホでも動作は確認済みです。接続性、軽さ、映りともの問題ありませんでした。ブラウザーはクローム推奨です。Casino Parisから入ればロビーでどのゲームへもいきます。

 

カジノマカオ ★★★

中国特別行政区のマカオと言えばやはり真っ先にイメージするのがカジノです。Gameplay Interactive社の提供で、ここはやはりアジア系のディーラーがほとんどで、美人ディーラーも多いです。クラブGPIプレミア、クラブGPIグランデ、クラブGPIゴールドと3種類のカジノが設置されており、それぞれテーブルや内装が違います。(床で見分けがつきます。)しかしルールやベットの仕方は全く同じです。主にバカラ、ルーレット、シックボーがあります。ベットする時はチップを置いて確定して下さい。ブラウザーはやはりクロームが推奨でファイヤーフォックスですとバカラスクイーズがバグりました。エンパイアカジノででき、スマホではできませんでした。

 

クラブGPIグランデ

 

クラブGPIプレミア

 

クラブGPIゴールド

 

バカラ

ゲームの種類 実質最低ベット額 実質最高ベット額 カジノ
バカラ(手数料あり) $1 $2000 グランデ
バカラ(手数料なし) $5 $1000 グランデ
バカラシアター(手数料あり) $1 $2000 グランデ
バカラシアター(手数料なし) $1 $2000 グランデ
バカラ(手数料なし) $5 $1000 グランデ
ファビュラス4バカラ $1 $2000 グランデ
バカラスクイーズ(手数料あり) $1 $2000 グランデ
バカラスクイーズ(手数料なし) $5 $1000 グランデ
バーチャルラッキーバカラ $1 $2000 プレミア
バーチャルスクイーズバカラ(手数料あり) $1 $2000 プレミア
バーチャルスクイーズバカラ(手数料なし) $5 $1000 プレミア
バーチャルバカラ(手数料あり) $1 $2000 プレミア
バカラ(手数料あり) $1 $2000 プレミア
バカラ(手数料なし) $5 $1000 プレミア
バカラスクイーズ(手数料あり) $1 $2000 プレミア
バカラスクイーズ(手数料なし) $5 $1000 プレミア
ファビュラス4バカラ $1 $2000 プレミア
スーパー98バカラ(手数料なし) $1 $2000 プレミア
スーパー3ピクチャーズ $1 $1000 プレミア
ラッキーバカラ $1 $2000 ゴールド
バカラ(手数料あり) $1 $2000 ゴールド
バカラ(手数料なし) $5 $1000 ゴールド
ファビュラス4バカラ $1 $2000 ゴールド
スーパー98バカラ(手数料なし) $1 $2000 ゴールド

手数料ありバカラは通常のバカラと同じで、バンカーに賭けバンカーが勝った場合は、1に対して0.95の配当となります。一方手数料なしバカラは、バンカーに賭けバンカーが6で勝った場合1に対して0.5の配当となり、それ以外は1に対して1の配当となります。バカラシアターとはバカラと何ら変わりませんが、カードを絞ったり斜めの角度から映したりといった多少の演出があります。ファビュラス4バカラやスーパー98バカラは配当が少し特殊です。そほ他にもドラゴン・タイガーがあります。

 

ルーレット

ベットタイプ グランデ ゴールド
ストレートベット $5~100 $1~50
スプリットベット $5~200 $1~100
ストリートベット $5~300 $1~150
コーナーベット $5~400 $1~200
ラインベット $5~600 $1~300
カラム・ダズン $5~2000 $1~100
赤黒・偶奇・前後 $5~2000 $1~1000

ルーレットはグランデとゴールドにあり、前者の方が賭け額が少し大きいです。

 

シックボー

シックボーはグランデ、プレミア、ゴールドにあり、いずれも$1から賭けれます。

 

ブラックジャック

ブラックジャックはプレミアのみにあり、$1~2000まで賭けれます。こんな感じで無制限人数型のタイプで好きな席に着いて賭けれます。

 

カジノベガス ★★★★

Asia Gamingの提供するカジノベガスです。Asia Gamingはマルタのライセンスを取得しています。ゲームは主にバカラ、シックボー、ルーレットがあります。中にはAGIN、AGQ、EURO、VIP、MultiPlayがありますが通常は前三者の中から遊ぶことになります。それぞれ内装やテーブルが異なりますが、ルールや賭け金は同じようです。いずれも最低賭け金は$5からで高級感が伺えます。チップを置いて確定をクリックすればベットが確定します。VIPではバカラを楽しむことができますが、最低$4000ないと入れません。MultiPlayではAGINのバカラの4つのテーブルを同時にプレイできます。エンパイアカジノとビットカジノに入っています。

 

AGIN

 

AGQ

 

EURO

 

バカラ

コミッション制のバカラでバンカー勝ちの配当が1に対して0.95となります。賭け金の範囲は$5~$1000となります。

 

ルーレット

ベットタイプ 賭け金
ストレートベット $5~150
スプリットベット $5~150
ストリートベット $5~150
コーナーベット $5~150
ラインベット $5~150
カラム $5~800
ダズン $5~1000
赤黒・偶奇・前後 $5~1000

 

シックボー

シックボーはAGIN、AGQにあり、最低賭け金は$5になります。

 

スマホ

スマホ動作も確認済みです。映りに関しては少し解像度が落ちる時がありました。やはりクロームが推奨です。Casino Vegasのバカラから入りますと少し重たいので、ドラゴンタイガーから入るといいです。バカラはAGIN、AGQ、EURO、MultiPlayでできますが、シックボーやルーレットはAGINのみになります。

 

カジノリノ ★★★★

アメリカのネバダ州の西側に位置し、同州のラスベガスに継ぐ産業都市です。Ezugiが提供しており、バカラ、ドラゴンタイガー、ルーレット、カジノホールデム、ブラックジャックが楽しめます。チップを置いて時間が来れば確定します。但し時間前にClear allで取り消すこともできます。エンパイアカジノ、ビットカジノに入っています。

 

バカラ

バカラにはいくつか種類がありますが皆コミッション制(バンカー勝ちの場合1:0.95の配当)になります。これはバカラ1になります。他のは賭け金の範囲が違うか、サイドベットが付加されているかの違いになります。

 

これはクイーンカジノバカラです。床の柄からしても他のバカラテーブルとはルームが違うようです。アングルが斜め上からで、顔が見れないのが残念です。

 

ゲームの種類 実質最低ベット額 実質最高ベット額 スマホ動作確認
バカラ1 $0.5 $5000
バカラゴールド1 $1 $1000
バカラノックアウト $1 $1000
バカラスーパー6 $1 $1000
クイーンカジノバカラ1 $0.5 $1000
クイーンカジノバカラ2 $0.5 $5000
クイーンカジノバカラ3 $1 $1000
クイーンカジノバカラ4 $1 $5000

 

ドラゴンタイガー

賭け金は$0.5~$1000となります。カードは弱い順にA、2、3、・・・・J、Q、Kとなります。(Aは一番弱いです。)尚ドラゴンかタイガーのベットはタイなら半額返金されます。

 

ルーレット

いくつものタイプがありますがディーラーとテーブルが違うだけで本質は一緒です。無人のルーレットもあります。尚アンプリゾンルールを採用しているルーレットはありませんでした。

 

ルーレットゴールド2

 

ルーレットゴールド1

 

ルーレットゴールド3

 

ルーレット1

 

オートルーレット

 

ベットタイプ ルーレットゴールド1 ルーレットゴールド2 ルーレットゴールド3 ルーレット1 オートルーレット プレイスカジノルーレット
ストレートベット $0.5~150 $0.1~50 $0.5~150 $0.2~100 $0.1~50 $0.2~100
スプリットベット $0.5~300 $0.1~100 $0.5~300 $0.2~200 $0.1~100 $0.2~200
ストリートベット $0.5~400 $0.1~150 $0.5~400 $0.2~300 $0.1~150 $0.2~300
コーナーベット $0.5~600 $0.1~200 $0.5~600 $0.2~400 $0.1~200 $0.2~400
ラインベット $0.5~900 $0.1~300 $0.5~900 $0.2~600 $0.1~300 $0.2~600
カラム・ダズン $5~1800 $1~600 $5~1800 $2~1200 $1~600 $2~1200
赤黒・偶奇・前後 $5~3000 $1~1000 $5~3000 $2~2000 $1~1000 $2~2000

 

ベットタイプ ポートマソカジノルーレット オラクルカジノルーレット
ストレートベット $0.2~100 $0.1~50
スプリットベット $0.2~200 $0.1~100
ストリートベット $0.2~300 $0.1~150
コーナーベット $0.2~400 $0.1~200
ラインベット $0.2~600 $0.1~300
カラム・ダズン $2~1200 $1~600
赤黒・偶奇・前後 $2~2000 $1~1000

 

カジノホールデム

先に紹介したカジノホールデムと一緒です。賭け金(アンティ)は$0.5~$500ですが、コールには倍必要ですので実質$1.5~1500になります。

 

ブラックジャック

これはブラックジャックのロビーですが、それぞれのテーブルの賭け金の範囲、ディーラーの顔、空いている席(緑)、プレイヤー数などが分かります。Unlimited Blackjackは何人でも着席してプレイできるようになっています。

 

アンリミテッドブラックジャック

 

ブラックジャックプラチナム1

 

ブラックジャック2

 

ブラックジャック6

 

ブラックジャックの種類 実質最低ベット額 実質最高ベット額 スマホ動作確認
アンリミテッドブラックジャック $0.5 $500
ブラックジャックゴールド5 $50 $5000
ブラックジャックプラチナム1 $50 $5000
ブラックジャック2 $10 $1000
ブラックジャック7 $10 $1000
ブラックジャック6 $10 $1000

 

スマホ

スマホの動作も確認済みですが、ロビーへ入場するまでにやや重く、4~5回やり直しました。またブラックジャックやルーレット、カジノホールデムではスマホを横にしてタップして下さい。

 

カジノ東京 ★★★

カジノ東京と言っても当然東京で行われているわけではなく、Gold Deluxeが提供するライブディーラーになります。バカラ、ルーレット、シックボーが楽しめます。このライブカジノのいいところは、ゲームの履歴が分かりやすく、プレイの再生が見られることです。また非常に軽くて立ち上がりが早いです。バカラの最大賭け金が$20000と桁違いに高いのも特徴です。ベットする時はチップを置いて確定をクリックして下さい。エンパイアカジノで遊べます。

 

バカラ

バカラにはBidMeバカラと通常のバカラがあります。BidMeバカラには参加ベットとサイドベットがあって、参加ベットは賭け金は高くなるものの着席してプレイすることができます。サイドベットは普通のバカラと大差ありません。

 

BidMeバカラ

 

バカラ

 

ゲームの種類 実質最低ベット額 実質最高ベット額 スマホ動作確認
BidMeバカラ参加ベット $80 $20000
BidMeバカラサイドベット $1 $5000
バカラ $1 $5000
ハイスピードバカラ $1 $5000

 

ルーレット

テーブルは一つしかありませんでした。賭け金の範囲は2種類の中から選べます。

 

ベットタイプ $1~4000 $5~10000
ストレートベット $1~10 $5~50
スプリットベット $1~20 $5~100
ストリートベット $1~30 $5~150
コーナーベット $1~40 $5~200
ラインベット $1~600 $5~300
カラム・ダズン $10~1000 $10~10000
赤黒・偶奇・前後 $10~4000 $10~10000

 

シックボー

テーブルは一つしかなく最低賭け金は$5になります。

 

再生機能と履歴

ロビーの右上のリプレイのアイコンをクリックすればゲーム履歴を見ることができ、さらにリプレイ動画も見れます。賭け金が高い場合は結構大事な機能だと思います。

 

スマホ

スマホ動作も確認済みです。入場までやや重いです。また映りに関して解像度は大分落ちると感じました。スマホではバカラとルーレットができます。

 

カジノ北京 ★★★

カジノ北京とありますが、当然北京にカジノは無く単に名前だけです。Vivo Gamingが提供するライブカジノで、ルーレット、ブラックジャック、バカラが遊べるようですが、ブラックジャックはPCではなぜかテーブルに入れませんでした。「This table ID is invalid」と出てきてしまうのです。(スマホでは入れた。)チップは置くだけで確定します。エンパイアカジノに入っています。

 

バカラ

バカラにはテーブルが3つあります。いずれもコミッション制のバカラになります。テーブル毎に2種類のレートがあり選択できます。

 

テーブル1

 

テーブル2

 

テーブル3

 

ゲームの種類 実質最低ベット額 実質最高ベット額 スマホ動作確認
テーブル1 $5 $2500
テーブル2 $1 $2500
テーブル3 $1 $2500

 

ルーレット

ルーレットはテーブルが4つありましたが、1つは稼動していませんでした。それぞれのテーブルで2種類のレートが選べます。

 

テーブル1

 

テーブル3

 

テーブル4

 

ベットタイプ $1~250 $5~750
ストレートベット $1~10 $5~50
スプリットベット $1~20 $5~75
ストリートベット $1~30 $5~100
コーナーベット $1~40 $5~125
ラインベット $1~50 $5~150
カラム・ダズン $5~100 $10~250
赤黒・偶奇・前後 $10~250 $25~750

 

スマホ

スマホは少し重く中々入れない時がありますが、入ってしまえば軽さ、映りは問題ありませんでした。しかしブラックジャックのテーブルには入れました。

 

カジノシンガポール ★★★★

シンガポールのカジノと言えば、マリナー・ベイサンズとリゾート・ワールド・セントーサの2施設です。どちらも観光客を目当てにした総合型のカジノで治安もよくアジアの中で成功したカジノです。このオンラインカジノではHoGamingの提供で、中にはグランドモードとクラシックモードがありますが、前者は派手で後者は地味な印象があります。ベット額もやや高く高級感があります。バカラ、ブラックジャック、ルーレット、シックボー、ドラゴンタイガーと多種のゲームをプレイできます。チップを置いて確定をクリックすればベットが確定します。ブラウザーはクローム推奨で、ファイヤーフォックスではなぜかチップが出てきませんでした。スマホでできるのはベラジョンカジノで、エンパイアカジノは対応していません。エンパイアカジノ、ベラジョンカジノに入っています。

 

 

バカラ

グランドモード、クラシックモード共にテーブル内で、コミッションバカラとノーコミッションバカラが選べます。ノーコミッションバカラはバンカーに賭けバンカーが合計6で勝った場合の配当は1:0.5となります。全部で10テーブルほどあり、マルチテーブルでは3つのグランドモードのテーブルを同時にプレイできます。カードが分かる結果とディーラーが実際にカードを開ける時間に誤差があり、その差はグランドモードでより顕著な感じです。

 

グランドモードのバカラ

 

クラシックモードのバカラ

 

クラシックモードのバカラ

 

グランドモードのマルチテーブルバカラ

 

ゲームの種類 モード ベット範囲
バカラ(B1~B5) グランドモード $1~100、10~1000
バカラ(A1~A3) クラシックモード $1~100、10~1000
プレミアムバカラA4 クラシックモード $40~4000、$80~8000
VIPバカラA5 クラシックモード $1~100、10~1000

 

ルーレット

ルーレットもグランドモードとクラシックモードの2つのテーブルがありそれぞれ2種類のレートがあります。いずれも中々の高額です。グランドモードに関しては、結果と実際の映像に時間差があります。(ルーレットはまだ回っているのに結果が出てしまう。)

 

グランドモード

 

クラシックモード

 

ベットタイプ $5~2000 $10~5000
ストレートベット $5~60 $10~150
スプリットベット $5~120 $10~300
ストリートベット $5~180 $10~450
コーナーベット $5~250 $10~600
ラインベット $5~400 $10~1000
カラム・ダズン $20~1000 $50~2500
赤黒・偶奇・前後 $20~2000 $50~5000

 

ブラックジャック

ブラックジャックは5テーブルほどあり、全部座席指定となっています。ロビーで席の状況を確認できますが、ほとんどは埋まっています。

 

グランドモード

 

クラシックモード

 

ゲームの種類 モード ベット範囲
BJ1ブラックジャック グランドモード $25~2500
BJ2、BJ3、BJ4ブラックジャック クラシックモード $25~2500
BJ5VIPブラックジャック クラシックモード $25~2500

 

シックボー

シックボーはクラシックモードの1テーブルのみで、$5~2000、$10~5000の2種類のレートがあります。

 

 

ドラゴンタイガー

ドラゴンタイガーもやはりクラシックモードの1テーブルのみで、$1~100、$10~1000の2種類のレートがあります。Kが一番強くAが一番弱いです。これも大分結果と画像に時間差があり、新しいゲームの結果が出ているのにディーラーは前のゲームのカードをめくっている感じです。

 

 

スマホ

スマホも動作確認済みです。映像が滑らかでない時や解像度が落ちる時がありました。

 

カジノマニラ ★★★★

マニラはフィリッピンの首都で治安の悪い印象がありますが、今はリゾート建設が進み安全に遊べる都市になっています。勿論カジノもあります。このオンラインカジノはMicrogamingの提供で、バカラ、ルーレット、シックボーが楽しめます。赤のテーブルに金色の床といった煌びやかな印象があります。ベットする時はチップを置いて確定をクリックして下さい。エンパイアカジノとビットカジノにありますが、テーブルのレイアウトが異なります。尚エンパイアカジノにはスマホバージョンはありませんでした。

 

バカラ

バカラは全部で12テーブルほどあり、それぞれボーナスバカラと通常バカラで3種類のレート($1~100、$50~2500、$100~5000)で遊べます。

 

通常バカラのレイアウトです。

 

バニーガールのディーラーもいます。

 

ボーナスバカラのレイアウトです。ボーナスバカラでは通常のバカラの他にドラゴンタイガーやカードの合計枚数の大小(4or5、6)等のサイドベットが豊富です。

 

ルーレット

ルーレットは2テーブルほどあり、それぞれ3種類のレートで遊べます。

 

 

ベットタイプ $0.5~25 $1~50 $5~250
ストレートベット $1~25 $1~50 $5~250
スプリットベット $1~50 $1~100 $5~500
ストリートベット $1~75 $1~150 $5~750
コーナーベット $1~100 $1~200 $5~1000
ラインベット $1~150 $1~300 $1~1500
カラム・ダズン $1~250 $1~500 $1~2500
赤黒・偶奇・前後 $1~500 $1~1000 $1~5000

チップは$1からしか用意されていませんでした。

 

シックボー

シックボーのテーブルは1つしかなく、3種類のレート($0.5~72、$2~180、$5~360)から遊べます。

 

スマホ

これがスマホバージョンです。接続性、軽さ、映りともに問題ありませんでした。スマホはビットカジノでできます。

 

カジノコスモポリタン ★★★

NetEntが提供するライブカジノです。ブラックジャックとルーレットが楽しめます。チップを置いただけで時間がくれば確定します。時間がくる前でしたら取り消すこともできます。比較的良心的で低額のベットもすることができます。ベラジョンカジノ、ラッキーニッキーカジノに入っています。

 

 

ルーレット

テーブルは5つあり(オートマティックルーレットテーブルは2つある)、ディーラーが玉を入れるタイプのものとオートタイプのものがあります。ラピッドルーレットとオートマティックルーレットはテーブルをフレンチタイプのものに替えることもできます。

 

ラピッドルーレット

 

オートマティックルーレット

 

VIPライブルーレット

 

ライブルーレットプロ

 

ベットタイプ ラピッドルーレット オートマティックルーレット VIPライブルーレット ライブルーレットプロ
ストレートベット $0.5~50 $0.25~25 $5~250 $5~250
スプリットベット $0.5~100 $0.25~50 $5~500 $5~500
ストリートベット $0.5~150 $0.25~75 $5~750 $5~750
コーナーベット $0.5~100 $0.25~100 $5~1000 $5~1000
ラインベット $0.5~300 $0.25~150 $5~1500 $5~1500
カラム・ダズン $0.5~600 $0.25~300 $5~3000 $5~3000
赤黒・偶奇・前後 $0.5~900 $0.25~450 $5~4500 $5~4500

 

ブラックジャック

全部で6つのテーブルがあります。座席指定のものとそうでないものがり、座席してのものはあと何人席に着けるかロビーで分かります。

 

ライブブラックジャック

 

ゲームの種類 座席 ベット範囲
VIPライブブラックジャック 7人 $10~5000
ライブブラックジャック 未指定 $1~1000
ライブブラックジャック 7人 $5~2000
ブラックジャックプロ 7人 $10~5000
ライブブラックジャック 7人 $5~2000
VIPライブブラックジャック 未指定 $5~2000

座席が未指定のものは何人でもプレイできます。座席は大体空いていることの方が多く座れます。

 

スマホ

スマホの動作も確認済みです。接続性、軽さ、映りともに問題ありませんでした。少し暗い感じなのが個人的には残念なところです。

 

ウィリアムヒルカジノクラブ ★★★

ウィリアムヒルカジノクラブのライブカジノはPlaytechの提供するカジノでルーレット、ブラックジャック、バカラ等様々なゲームをプレイすることができます。様々なライブカジノの会社が混在している感じです。PCですとソフトウェアからもブラウザーからでも遊べます。(スマホはブラウザーのみ)チップは置いただけで確定します。

 

バカラ

バカラはコミッションタイプのものとノーコミッションタイプのものがありますが、後者はバンカーに賭けてバンカーが6で勝った場合の配当は1に対して0.5の配当となります。

 

グランドバカラ

 

ミニバカラ

 

Sohoバカラ

 

ゲームの種類 ベット額の範囲 スマホ動作確認
グランドバカラ $2~300
グランドバカラノーコミッション $1~100
ミニバカラ $2~300
ミニバカラノーコミッション $1~100
ミニバカラ朱雀 $1~100
サファイアルームミニバカラ $1~100
タイガーバカラ虎 $1~100
バカララウンジ $2~10
バカララウンジノーコミッション $2~10
ゴールデンバカラ $1~100
Sohoバカラ $2~300
トパーズスピードバカラノーコミッション $5~100
トパーズスピードバカラ $2~100
スクイーズバカラ $1~100

 

ルーレット

ルーレットもたくさんのテーブルがあります。賭け金の範囲はテーブルによってまちまちです。以下一部を紹介します。

 

ライブフットボールルーレット

 

Age of the gods ルーレット

 

Prestige ルーレット

 

ベットタイプ ライブフットボールルーレット Age of the gods ルーレット Prestige ルーレット スピードルーレット ラウンジルーレット Prime slingshot ルーレット
ストレートベット $0.5~1000 $1~500 $1~1000 $0.5~500 $0.5~500 $0.5~1000
スプリットベット $0.5~2000 $1~1000 $1~2000 $0.5~1000 $0.5~1000 $0.5~2000
ストリートベット $0.5~3000 $1~1500 $1~3000 $0.5~1500 $0.5~1500 $0.5~3000
コーナーベット $0.5~4000 $1~2000 $1~4000 $0.5~2000 $0.5~2000 $0.5~4000
ラインベット $0.5~6000 $1~3000 $1~6000 $0.5~3000 $0.5~3000 $0.5~6000
カラム・ダズン $0.5~12000 $1~6000 $1~12000 $0.5~6000 $0.5~6000 $0.5~12000
赤黒・偶奇・前後 $0.5~20000 $1~10000 $1~20000 $0.5~10000 $0.5~10000 $0.5~20000

 

ベットタイプ ダイアモンドルーレットフレンチ パールルーレット サファイアルーム ルーレット フェニックスルーレット triumphルーレット
ストレートベット $1~50 $1~50 $1~50 $1~50 $0.5~1000
スプリットベット $1~100 $1~100 $1~100 $1~100 $0.5~2000
ストリートベット $1~150 $1~150 $1~150 $1~150 $0.5~3000
コーナーベット $1~200 $1~200 $1~200 $1~200 $0.5~4000
ラインベット $1~300 $1~300 $1~300 $1~300 $0.5~6000
カラム・ダズン $1~50 $1~50 $1~50 $1~50 $0.5~12000
赤黒・偶奇・前後 $1~50 $1~50 $1~50 $1~50 $0.5~20000

 

ブラックジャック

ブラックジャックは全部7人制のテーブルになり、座席指定です。座席がどれくらい埋まっているかはロビーで分かります。低レートのテーブルほど埋まりやすいです。

 

グランドブラックジャック

 

ロイヤルブラックジャック

 

Sohoブラックジャック

 

ゲームの種類 座席 ベット範囲
グランドブラックジャック 7人 $50~1000
ロイヤルブラックジャック1 7人 $10~1000
ロイヤルブラックジャック3 7人 $25~1000
ロイヤルブラックジャック5 7人 $25~1000
Sohoブラックジャック 7人 $10~1000
ブラックジャックVIPラウンジ1 7人 $25~1000
ブラックジャックラウンジ1 7人 $5~1000
ブラックジャックラウンジ2 7人 $10~1000
ブラックジャックラウンジ3 7人 $10~1000
アレキサンドライトブラックジャック 7人 $15~1000
サファイアルームコーラルブラックジャック 7人 $10~1000
トランシルヴァニアブラックジャック 7人 $5~1000

 

スピンアウィン

カジノパリスのマネールーレットと同じです。賭け金は$0.1~5000になります。

 

 

ポーカー

ウィリアムヒルカジノクラブのライブポーカーにはカジノホールデム、3 Card Brag、Sohoカジノホールデムの3テーブルがあります。

 

カジノホールデム

カジノパリスのカジノホールデムと同じです。アンティベットの賭け金の範囲は$0.5~5000になりますので、コール(アンティの2倍必要)を含めますと実質$1.5~15000になります。

 

3 Card Brag

3カードポーカーです。プレイヤー3枚タイディーラー3枚でカード交換等はなく役の高さを競います。アンティにチップを置くと、プレイヤーに3枚表向きにカードが配られ、ディーラーに3枚裏向きにカードが配られます。そこでプレイを続けるかを選択し続けるならプレーにアンティと同額を置かなければなりません。プレイを続けるならディーラーの3枚のカードがひっくり返されてどちらが強いかを判定します。ディーラーは最低Qを持たねばならず、Q以下の場合は資格無しとしてアンティの同額は配当となり、プレーの分は返金されます。資格ありの場合はプレイヤーが負ければアンティプレー共没収されますが、勝てば両方の配当が付きます。引き分けの場合は両方共プッシュとなり返金されます。

またサイドベットもありアンティボーナスはアンティに置くだけ(ゲームに参加するだけ)で自動付与されます。ペアプラスはディーラーのカードは関係無しでプレイヤーの3枚のカードだけでの判定となります。ポーカープラスはアンティに置いたもののみの権利で、ここにベットすればプレイヤー、ディーラーのカードのうち最強の5枚のカードで判定されます。

 

ハンドランク 説明
プライアル(スリーカード) スリーカードで333が最強以下AAA、KKKと続きます。
ランニングフラッシュ 同じスーツの連続するカードでA23が最強以下QKA、JQKと続きます。
ラン 異なるスーツの連続するカード。
フラッシュ 同じスーツの連続するカードで両者ともフラッシュならハイカード適用。
ペア ワンペアでAAが最強、以下KK、QQと続きます。
ハイカード Aが最強で以下K、Qと続きます。ハイカードが同じなら次のカードがキッカーとなります。

 

 

アンティボーナス
ハンド 配当
プライアル(スリーカード) 1:5
ランニングフラッシュ 1:4
ラン 1:1
フラッシュ
ペア
ハイカード

 

ペアプラス
ハンド 配当
プライアル(スリーカード) 1:40
ランニングフラッシュ 1:30
ラン 1:6
フラッシュ 1:4
ペア 1:1
ハイカード

 

ポーカープラス
ハンド 配当
ロイヤルフラッシュ 1:1000
ランニングフラッシュ 1:200
フォーカード 1:100
フルハウス 1:20
フラッシュ 1:15
ラン 1:10
プライアル 1:7

 

Sohoカジノホールデム

カジノホールデムと一緒ですが賭け金は$1~200、コールを含めますと$3~600必要です。

 

ハイロー

6デッキ使用でスナップカードよりハイローかを決めます。スナップカードは前のゲームの比較対象カードがなるためその数によってハイローの配当倍率も異なってきます。ゲームの進行も速く、ハイリスクハイリターン、ローリスクローリターンを選べるのがいいところです。

 

スマホ

スマホも動作確認済みです。接続性は問題ありませんでしたが、映像が乱れる時があります。

ウィリアムヒルスポーツカジノレビュー

 

ウィリアムヒルとは

ウィリアムヒルとは1934年に設立された老舗のブックメーカーで、オンラインが普及する以前からイギリスの賭け屋として登場しました。初期の頃は実店舗は無く、賭けは直接買うか、電話や手紙などで受け付けていました。当時は法整備もなく賭けた金が返ってくる保証もなく世間からはどことなく怪しまれる存在でした。

1961年に漸くギャンブルが合法化されウィリアムヒルは実店舗を構えるようになりました。しかし当時はまだ一般的ではなくブラックなイメージでした。1994年になってから宝くじの普及と共にスポーツベッティングが受け入れられるようになり、大衆文化となってきました。

やがてオンラインが普及するにつれ世界中でベッティングが行われるようになり、会社もロンドン証券取引所(London Stock Exchange)で上場するまでに至り、信頼と実績を勝ち得るようになり、現在に至っているというわけです。2002年の日韓主催のワールドカップではウィリアムヒル内で1000億円もの資金が動いたと言われています。

ウィリアムヒルはジブラルタルに登記され、登記番号は99191です。

現在はサイトも日本語化され日本人限定のプロモーションなどもあり、日本人ユーザーからも多大な支持を集めています。

 

登録

今すぐ参加をクリックし以下の登録フォームに入力するだけです。

プロモーションコードはJP100とご記入下さい。フリーベット特典が与えられます。

 

入出金

入出金手段は2019.1.5現在はエコペイズしかありません。

エントロペイは日本在住者は使えなくなりましたし、クレジットカードは使えるものもあるかもしれませんが、私が三井住友VISAでやってみた時は拒否されました。

入金はエコアカウントと入金額を入力し以下誘導に従って入金するだけです。手数料0で即時反映です。

出金も同様ですが初めて出金する場合は本人確認書類(運転免許かパスポート)と住所確認書類(住所と氏名ほ入った公共料金の明細書等)が必要となります。手数料は0ですが反映には数日を要します。

 

プロモーション

JP100フリーベットボーナス

登録時のプロモーションコードにJP100と入力した者に限って、初回入金してオッズ1.5以上のマーケットに最初に$20~$100ベットした者は、そのベット金額分4回に分けてフリーベットが与えられます。(例:$100をベットすれば$25×4回分のフリーベットが与えられる。)これは最初のベットの結果が出た時点で反映されます。

このフリーベットを使って勝った場合はフリーベット額を差し引いた勝利金額のみがお客様のものとなります。(例:$20のフリーベットで5倍のものにベットし$100勝った場合、$100-$20=$80が勝利金額となり反映します。)この勝利金額に対しては賭け金条件は無くすぐに引き出すこともできます。

 

毎週最大$15のキャッシュバック

前回の出金から$500以上をスポーツベット、或いは$15000以上をカジノやライブカジノやベガス等でプレイしているプレイヤーがエコペイズで出金申請した場合、出金額に応じて最大$15のキャッシュバックを行っています。これは一人一週間に一回限りで毎週金曜日に進呈されます。当然進呈されたキャッシュバックに対して賭け金条件はありません。

出金額($) 進呈額($)
0~149 0
150~200 5
201~400 10
401 15

 

マーケットの特徴

ウィリアムヒルのマーケットはとにかく豊富です。ヨーロッパサッカーやMLBは勿論のこと日本のプロ野球やJリーグも含まれています。眼目なのが海外競馬にも対応されており凱旋門賞にも賭けれるのが魅力です。但しオッズは他のブックメーカーと比べて全体的に若干低い傾向があります。またキャッシュイン(ベットのキャンセル)機能もあるものとないものがあります。

 

テニス

これはテニスのライブの画像ですが、エース(こちらのサーブに対して相手がレシーブできずにポイントを取れた数)、ダブルフォルト(セカンドサーブの失敗数)、獲得ブレークポイント(ブレークした数/ブレークのチャンス数)、獲得サービスポイント(サービスの時ポイントが取れている割合)、試合の状況などの情報が分かります。

 

ベットの仕方は至って簡単で、賭けたいマーケットのオッズをクリックして金額を入力し、ベットを行うをクリックするだだけです。ワンクリックで確定します。ベットは試合が終了次第精算されます。

 

ウィリアムヒルカジノ

ウィリアムヒルにはスポーツベットの他にカジノが併設されています。キャッシュ(資金)はスポーツと一緒です。ウィリアムヒルカジノクラブと同様やはりプレイテックのゲームです。ソフトウェアをダウンロードすることも、ブラウザーで遊ぶこともできます。

またウィリアムヒルカジノはスポーツとは別にボーナスが用意されており、$300を上限に初回入金の100%ボーナスを貰うことができます。賭け金条件はボーナス額の40倍で7日間で消化しなければいけません。キャッシュとボーナスは別々に反映されます。この辺もウィリアムヒルカジノクラブと同様です。尚ボーナス消化期間中もキャッシュが残っている限りはスポーツベットもすることができます。

ライブゲームを楽しむこともできます。私が席についた時、ディーラーは欠伸をしてて眠そうでした。

 

その他のゲームやライブカジノ

ウィリアムヒルカジノとは別にゲームやライブカジノというカテゴリーもありましたが、ここではEvolution Gaming等プレイテック以外のゲームがあります。尚ベガスはプレイすることもできますが日本語には対応されていません。

StarburstやGonzo’s Questなど見覚えのあるものばかりです。

 

モバイル

ウィリアムヒルはモバイルにも対応されています。ただ画面が小さくタップミスもありますので気をつけてやって下さい。どのゲームも立ち上がるまで少し時間が掛ります。

私は普段PCでやていますので慣れていなく、スロットはうまくベット額を調節できませんでした。ライブカジノはEvolution Gamingが入っていました。試しにブラックジャックをやっていましたが、スタンドかドローか選択することができず、そのままスタンドしてしまう始末でした。PCなら難なくこなせているのですが、スマホは操作するところがはっきりしない感じした。慣れの問題もあるとは思いますが。尚ウィリアムヒルカジノのプレイテックの方はライブはディーラーが映りませんでした。

 

サポート

問い合わせはメールかチャットになります。チャットは私が利用した時は日本人担当がいませんでした。メールは24時間以内に返信がありました。

 

感想

いち早く日本語に対応されたブックメーカーで、サイトがコンパクトで見やすく、やり方も簡単です。若干オッズは他のブックメーカーに劣るものの、ボーナスやイベント事のプロモーションがあったり、また増強オッズ(特定のマーケットにオッズが増強されている)やブースト(ワールドカップなどの時自分の賭けたいオッズを増強できる)など、ユーザーを手放さない工夫が凝らされているのが伺えます。私は2012年より使っていますが、主に凱旋門賞やグランドスラム、ワールドカップ等で賭けることが多いです。標準的で最初にやるにはおすすめのブックメーカーだと思います。

 

ウィリアムヒル

ヴィーナスポイント(Venus Point)の使い方ガイド

 

ヴィーナスポイントとは

ヴィーナスポイント(Venus Point)とはオンラインカジノ等の出金専用サービス提供業者であり、2016年より英ヴァージン諸島の法的管轄下で運営されています。

加盟店からドルを受け取り1ドルを1ポイントとして管理します。加盟店へ送金する際には1ポイントを1ドルとして換金します。国内銀行へ送金する際には1ポイントを1ドル相当の円に換金します。加盟店とはほとんどがオンラインカジノやブックメーカーなどのオンラインギャンブルサイトになります。

最近はクレジットカードで入金できるオンラインカジノも増えましたが、これで入金しますと出金の際に不都合が生じてしまうのです。これを解消すべく立ち上がったのがヴィーナスポイントです。2016年にそれまでほとんどのオンラインギャンブル専用口座であったネッテラーが日本を撤退してから、それに替わる手段としてエコペイズなどが出てきましたが、ヴィーナスポイントもその一つです。

 

ヴィーナスポイントの特徴

1、国内銀行或いはクレジットカードからヴィーナスポイントへ資金を送ること(ポイントを買うこと)はできない。

つまり一方通行でオンラインカジノの出金専用ツールとなるわけです。

 

2、手数料が安い。

加盟店からのポイントの受け渡しは無料で、銀行へ換金する時に900ポイントにつき1.3ポイント(当日と翌日が平日の場合)か2.9ポイント(当日と翌日が土日祝の場合)取られます。また換金レートは日本国内都市銀行のアメリカドルの現金売却レートと同水準のリアルタイムレートとなります。

 

3、加盟店へ100ドル送る毎に0.5ポイントのバックがある。

国内銀行へ換金したことのある方のみが対象ですが、加盟店へ100ポイント送る度に0.5ポイントが翌月の10日にポイントバックされます。(最大1000ポイント/月)

 

登録方法

新規登録でメールアドレスを入力しますと口座開設案内のメールが届きますので、仮登録ぺージURLをクリックし本登録へ進みます。本登録は以下のフォームです。

必要事項を入力します。尚メールアドレスとパスワードはログインの際に必要となります。

 

これがログイン後の画面となります。非常にシンプルです。

 

加盟店とヴィーナスポイント間の送金

加盟店とヴィーナスポイント間の送金は加盟店の指示に従って下さい。ヴィーナスポイントのIDとパスワードが必要となります。

これはDORA麻雀のVenus Pointからの入金ページですがこんな感じになります。

 

換金と手数料

換金は国内銀行送金という形になります。はじめに銀行口座を登録し、そこへ換金するポイントを指定するだけです。この時1ポイントを1ドルと計算して、日本国内都市銀行のアメリカドルの現金売却レートにて円にて換金されます。銀行へ換金する時は900ポイントにつき1.3ポイント(当日と翌日が平日の場合)か2.9ポイント(当日と翌日が土日祝の場合)が手数料として取られます。

 

これは換金した時の画面です。100ポイントを換金しました。

 

この時の手数料は一律900ポイントにつき1.8ポイントだったのです。900ポイント以下でも1.8ポイント取られますので98.2ポイントが換金の対象となりました。

 

これがその時のXEレートになります。

当日のPM4:08に申請完了し、翌日のAM11:10に換金処理完了のメールが着ました。(24時間以内の処理)

 

銀行口座にログインしてみましたら確かに10425円振込まれていました。

私の銀行の通貨変換手数料は$1につき0.5円とありました。実際の換金時間との誤差はあるものの、申請日時のXEレートで計算してみますと入金額は以下のようになるはずです。

98.2×109.434-98.2×0.5=10697.3188
≒10697円

実際の入金額は少し少なめでしたが、まあ誤差の範囲でいいのではないでしょうか。

 

ポイントバック

換金したことのある方は、ヴィーナスポイントから加盟店へ100ポイント送金する毎に0.5ポイントのキャッシュバックが受けれます。

ポイントバックは月締めとなり、最大1000ポイント/月となります。

但しポイントバックには以下の利用規約がありますので注意して下さい。

不適正利用の禁止

下記のような利用を、不適正使用として禁止します。

・ポイントバックを利用して利益を上げるために、加盟店へのポイント送付と加盟店からのポイント受取を繰り返すような取引きを行うこと

当社は不適正利用と判断した場合、このような対処をいつでも行えることとします。

1. ユーザーへ当社の決める時期以降ポイントバックを提供しないこと

2. ユーザーに付与したポイントバック額と同等額を、ユーザーの口座から差し引くこと

3. 当サービスの利用停止

つまりポイントバックはあくまでおまけみたいなものと考えておいた方がいいです。

 

ヴィーナスポイントの使えるオンラインカジノ

ベラジョンカジノ

ワンダリーノカジノ

ラッキーニッキーカジノ

DORA麻雀

 

感想

エコペイズ等の口座が無く、クレジットカード入金でオンラインカジノを遊ばれる方には大変便利なツールだと思います。安価な手数料で質問にも当日返信があり、口座休眠手数料等も無く、安心して使える出金ツールだと思いました。私の場合はエコペイズでまとめて出金するため今は2次的なものとなっていますが、もしエコペイズが無かったらこれでメインの出金手段にしていると思います。

アイウォレット(iWallet)の使い方ガイド

 

アイウォレットとは

アイウォレット(iWallet)とはロンドンと香港に拠点を置き、ヨーロッパと東南アジアを中心に世界中にオンライン決済等の資金運営管理システムのサービスを提供している会社です。サイトは日本語にも対応されています。

ライセンス Money Service Operator (MSO) 14-03-01380

このサービスの魅力的なところは、法人と個人間で手数料無料で資金を移管できるところです。口座維持手数料というのもかかりません。これはオンラインカジノへの入出金が無料でできることを意味します。個人間でも送金できますがその場合は手数料が0.5%ほどかかります。

通貨はJPY/USD/EUR/GBP/SGD/HKD/CNY/PHP/IDRの9種類(増加中)に対応しており、即時外貨両替も可能となっています。

流れとしてはiWallet口座へ国際銀行振込か国内銀行振込などで入金して、出金する時は国際銀行振込か収納代行サービス(国内銀行送金)という形になります。

以前はVISA INTERNATIONAL PREPAID CARDというVISAブランドのプリペイドカードを発行しており、そこへチャージすることで世界中でショッピングしたり、ATMで引き出したりすることもできたのですが、現在日本ではできなくなってしまいました。

またiWalletは個人の他にビジネス用でもアカウントを持つことができ、簡便で手数料を大幅に抑えた無限の活用法を秘めています。

日本で注目を集めるようになったのは2016.9にオンラインギャンブル決済を一手に引き受けていたNetellerというサービスが日本を撤退してからです。

iWalletは一部のオンラインカジノやブックメーカーとも提携されており、入出金が迅速かつ容易に無料で行えるとのことで、日本で注目を集めるようになってきました。実際にエコペイズとほとんど機能は一緒だと思います。しかし加盟店が必ずしも重複しているわけではないので、iWalletの日本の市民権は今後確実に増えてくるものと予想されます。

サポートも日本語対応され翌日には返信がありますので安心して使えます。

 

登録方法

口座は一人につき一口座までとなっています。

登録は新規口座開設、メール認証、情報入力、内容の確認、送信されたメールでのURL確認といった手順になります。

これが登録フォームです。ログインの際にはメールアドレス、パスワードが必要となります。

 

これがログイン後の画面となります。

これにて入金すれば、アイウォレット加盟店や他人のアイウォレット口座へ送金することができますが、出金制限がありますので続けてアップグレードします。

 

アップグレード

アップグレードにはユーザー基本情報設定とKYC書類認証になります。

 

ユーザー基本情報設定

ここで住所や電話番号などの個人情報を入力します。

 

KYC書類認証

KYC書類認証とはご本人確認書類(パスポート、運転免許、住基カードから一つ)とご住所確認書類(氏名、住所の入った3ヶ月以内の公共料金の明細書等)をアップロードすることです。

ここにも書かれていますようにパスポートと運転免許のセットが審査がスムーズです。審査は数日を要します。

 

アイウォレットへの入金方法

アイウォレットへの入金方法には国内銀行振込、Visa/Mastercardでの入金、Japan Remit Finance(ローカルバンクトランスファー)での入金、バウチャー(クーポン)があります。

日本国内から利用するのであれば国内銀行振込が一番無難そうですが、手数料が2.3%(10万円を入金するなら2300円)と、まとまった金額を入金するなら結構高くなってしまいます。

Visa/Mastercardは、自分名義の銀行口座へ出金は禁止されておりますと出てきますので、これでは出金できないため意味がありません。

Japan Remit Finance(ローカルバンクトランスファー)はJRF社へアイウォレット口座を紐付けすることにより入金可能ですが、JRF社へ登録して書類を通さねばならなく、また手数料も1件4000円かかりますが、20万円以上のまとまった金額を入金するのであればこれは悪くはありません。

バウチャー(クーポン)は購入した金額を銀行振込で決済するのですが手数料が5%と高いです。

私は手数料の観点から少し面倒ではありますが、国際銀行振込を推奨します。この場合は指定の海外口座へ振込みます。

これが指定の口座でした。※変わっているかもしれないので注意して下さい。

私の場合はSMBC信託銀行を使いましたが、事前に海外送金登録申込書を提出しなければなりませんでした。申込書の備考の覧に「IWL iWalletのあなたの口座番号」を書けばよいかと思います。

手数料には2000円ほどかかり4日ほどかかって反映されました。

200ユーロほど送金したのに、実際に着金したのは196.09ユーロだったのですが、3.81ユーロの分は送金段階で発生した銀行手数料とのことでした。恐らく振込先の銀行の手数料だと思います。

iWallet自体の入金手数料は無料でした。

 

アイウォレットからの出金方法

アイウォレットからの出金方法には収納代行サービス、国際銀行振込があります。

収納代行サービスというのは言わば国内銀行振込で出金額の0.5%が徴収されます。

国際銀行振込もやはり出金額の0.5%が徴収されます。

 

複数通貨

アイウォレットでは一つのアカウントでJPY/USD/EUR/GBP/SGD/HKD/CNY/PHP/IDRの9つの通貨を持つことができ、それぞれ両替することができます。以前EUR→USDでやってみましたがXEレートで大体2.6%の為替手数料が取られていました。

 

手数料一覧

アカウント作成費 無料
入金手数料 海外送金なら2000円ほど、ローカルバンクトランスファーは4000円、国内銀行振込は入金額の2.3%
出金手数料 国内銀行振込、国際銀行振込共に出金額の0.5%
個人間送金手数料 送金額の0.5%が受取側に請求
法人個人間送金手数料 無料(オンラインカジノへの入出金はこれが該当します)
通貨両替手数料 指定レートとありますが、経験では2.6%取られました
180日間口座を利用しなかった場合のアカウント維持管理料 $20/180日

※180日間口座を利用しなかった場合のアカウント維持管理料は、メール連絡もなしに突然$20ほど引かれてしまいますので気をつけて下さい。

 

アイウォレットの使えるオンラインカジノ

ベラジョンカジノ

エンパイアカジノ

ワンダリーノカジノ

DORA麻雀

 

感想

エコペイズに比べますと手数料が割りと取引額に比例するため、取引額が大きくなれば差が顕著に出て損です。例えばエコペイズで100万円を国際銀行振込で送金する場合10ユーロの手数料で済みますが、アイウォレットですと5000円も取られてしまいます。また180日間利用しなければ連絡もなく勝手に$20も引かれてしまうのは少し強引だと思いました。実際に経験済みです。アイウォレットが利用できるところは大体DORA麻雀を除いてエコペイズも利用できますのでそちらの方がおすすめです。

仮想通貨ビットコインの使い方ガイド

 

ビットコインとは

ビットコインとはインターネットでサトシ・ナカモトと名乗る人物の論文に基づき、2009年頃から運用が開始された仮想通貨です。2009年1月にビットコイン理論を実現するソフトウェアがオープンソースで公開されすぐに取引が行われ、2010年2月に初のビットコイン両替所が誕生し、5月に始めてビットコインを使った決済が行われました。現在ではビックカメラなど大手で使えるリアル店舗も増え続けています。

仮想通貨というのは通貨でありながら紙幣のように実体がありません。また銀行や国のように管理する中央集権体制がなく、ただ記録により管理される匿名性の高い通貨です。そして当然のように地域限定ではなく、国境を跨いで世界各国で使われています。

単位はBTCで表され、普通の通貨と同じく相場が変動します。2018年11月12日現在1BTCは726,697円となっています。

ビットコインはウォレットという、銀行で言う口座に相当するもので管理され、ビットコインを持つならこのウォレットIDを作らなければなりません。

2017年はビットコイン元年とも言われた年で2017年12月には1BTCが230万円を超えましたが、それ以降は急落し今の相場に落ち着いているようです。

 

ビットコインの仕組みブロックチェーンとマイニング(採掘)

ビットコインはコンピューターのネットワークにより管理されています。複数のコンピューターによって一つの大きな取引台帳が成り立っているという感じです。しかもこれらは可視化されており通貨の偽造や二重払いを防止することができます。一つの取引にも複数のコンピューターが整合性を取りながら記録していきます。この仕組みをブロックチェーンといいます。

またこれらの記録をしていくのは有志のコンピューターで、その人達には一定の報酬がビットコインとして支払われます。彼等の作業をマイニング(採掘)といいます。マイニングによって生み出されるビットコインも無限にあるわけではなく、ビットコインの発行総量は2140年までに2100万BTCとされていて、それ以降は新規に発行されることがありません。

 

ビットコインを使うメリット

ビットコインを使う最大のメリットは何と言っても手数料が破格に安いことです。これが中央集権体制がないメリットなのです。今までは個人間送金でも銀行に手数料を払ったり、別の通貨で支払う時などは通貨換算手数料が取られてしまいましたが、これが無いのが従来の概念を覆した決済法なのです。

 

ビットコインのデメリット

ビットコインの取引には当然相手もビットコインウォレットを持っていなくてはいけません。また新しい通貨ですので現段階ではお世辞にも流通性がいいとは言えず、値動きは非常に荒いです。投資家には魅力的な通貨に見えるかもしれませんが、一般市民が資産を全額ビットコインに換えて保管し、半年経ったら価値が半値になってしまったなんていうことになってしまったらたまりません。勿論その逆のケースもありますが。

 

ビットコインの使い方と手数料

ビットコインを使う流れ

ビットコインを使うためには、最初にビットコイン取り扱い業者に登録して、個人のアカウントを作らなければなりません。そこへ銀行から入金して、ビットコインを購入するという形になります。使う時はアカウントにあるビットコインを送付先のアドレスへ送金するだけです。当然ビットコインは円にも両替でき、出金する時は円で銀行へ送金する形になります。

 

ビットコイン取り扱い業者に登録

ビットフライヤー、BITPOINT、GMOコイン、DMM Bitcoin等が大手の業者になります。そこへメールアドレス、氏名、住所、電話番号などの個人情報を入力し、アカウントを作成します。これでウォレットIDができます。次に運転免許かパスポートのスキャンを提出し本人確認をします。そして銀行口座情報を入力すれば完了です。数日後に本人確認ハガキが届きますのでそうすれば自由に取引をすることができます。ここまでは無料でできます。

これはビットフライヤーの画面ですがこんな感じになります。

以下ビットフライヤーにて説明します。

 

ビットコイン取り扱い業者へ入金

登録した銀行口座からビットコイン取り扱い業者へ入金します。入金手数料は入金額によらず300円程度取られます。

 

ビットコインを購入(売却)

ビットコインを購入する場合、ビットコイン取り扱い業者から買う方法とユーザー間で売買する方法があります。ビットコイン取り扱い業者から買うにはビットコイン販売所で数量を指定し購入します。この場合は買値と売値の乖離(スプレッド)が大きくそれが業者の利益になりますので手数料はかかりません。一方ユーザー間で売買するにはビットコイン取引所にて数量を指定し購入します。この場合は時価相場に極めて近い値で取引できますが、手数料が0.01 ~0.15%ほど掛ります。どちらも最小単位は0.01BTCになります。

 

これが2018.11.13、pm15:30の販売所の価格です。日本円参考総額というのが大体本来の相場です。購入価格は1BTCにつき日本円参考総額よりも8685円ほど高く、売却価格は日本円参考総額よりも8686円も安いのが分かります。

 

これは取引所ですが、ここでは時価相場を元に自由に買値(売値)を決めることができます。了承する相手が見つかり次第売買されることになります。この場合1BTC(718245円相当)の取引だったとしても手数料が0.0015BTC(約1077円)ですので、取引量に対して手数料が相当安いのが分かります。

 

ビットコインの送付

ビットコイン送付先のビットコインアドレスをコピーして、ビットコイン取り扱い業者へ送付先アドレスを登録して、数量を指定して送付するだけです。バーコードリーダーで読み取らせることもできます。手数料は数量によらず0.0004BTCほどかかります。ほとんど何十万円の取引に対して手数料は数百円ですのでかなり安いです。

 

 

ブロックチェーンは大体3回ほどありますが、1回でも確認されると認められるところも多いため、1分以内に送金は完了されました。

ここで注意がありますが、送付先のアドレスはなぜか毎回変わりますのでその都度書き換えて下さい。

 

ビットコイン取り扱い業者から銀行へ出金

ビットコインを販売所か取引所で換金すれば、円として登録先の銀行に出金することができます。この場合も数百円ほどの手数料がかかりますが、額が大きくなっても手数料は変わらないのが素晴らしいところです。

 

ビットコインFX

ビットコインではFXのように投資目的のレバレッジを使った取引ができます。ビットコイン取り扱い業者でそのままできます。

スプレッドも極めて小さくほぼ時価相場で取引できます。最小取引額が0.01BTCで、最大15倍のレバレッジまでかけることができます。1BTCが100万円なら、およそ1000円で、15倍のレバレッジをきかすなら67円の預入証拠金から取引可能です。

随分美味い事ばかりに聞こえますが、1回の取引につき0.01~0.15%の手数料が発生してしまいます。またスワップポイントがあり、これはどちらにポジションを持っていても1日につき建玉金額の絶対値の0.04%がポジション維持費として徴収されてしまいます。(1年ポジションを保有したら建玉金額の14.6%が徴収。)

私はFXはドル/円でやり、長期ポジション保有で年間数万円ほどは利益を出しているのですが、ほとんどは買ポジションによるプラスのスワップポイントからなるものです。ビットコインFXの場合どちらのポジションを取ってもマイナスのスワップポイントがつくという時点で長期保有には適さず私はやっていません。

先にも述べたようにビットコインは非常に値動きの荒い通貨ですので、投資家にとっては興味の対象かもしれませんが、言い換えるとそれだけギャンブル性が高いということです。ビットコインFXはドル/円などに比べて短期勝負のハイリスクハイリターンになりやすいです。

 

アルトコイン

ビットコイン以外にもあらゆる仮想通貨があり、海外の販売所には日本でも知られていない仮想通貨まであります。新しくできた通貨もあればハードフォーク(強制分裂)により派生した通貨もあり、その種類は2500以上とも言われています。これらを総称してアルトコインと言います。要はビットコイン以外の仮想通貨のことです。全てはビットコイン以後にできたものであり、原理のブロックチェーンは皆一緒ですが、記録のされ方などが異なります。またどの仮想通貨も皆一緒の値動きをする傾向にあります。代表的なものをここにいくつか紹介します。

アルトコイン 開始時期 2018.11.16の相場 説明

イーサリアム
2015年8月6日 20298 ETH/JPY スマートコントラクト機能を備えた分散型アプリケーションプラットフォームの総称で、そこで使われる通貨をEther(イーサ)と言います。

イーサリアムクラシック
2016年7月23日 862.5 ETC/JPY イーサリアムから分裂したアルトコインで、スマートコントラクト等基本的にはイーサリアムと大差はありません。

ライトコイン
2013年04月28日 4778.0 LTC/JPY ビットコインの問題点を改善した通貨で送金やマイニングアルゴリズムなどはよりスピーディーになっています。

ビットコインキャッシュ
2017年7月23日 40963 BCH/JPY ビットコインから分裂したアルトコインで、ブロックサイズやマイニングにおける難易度調整がされています。

モナコイン
2013年12月31日 129.5 MONA/JPY 2chで公開されたアルトコインで、掲示板でユーザーがお互いにチップをあげるなど、コミュティ目的に使われています。

リスク
2016年04月06日 239.83 LTC/JPY スマートコントラクトが実装の他、JavaScriptで開発ができる、サイドチェーンの存在など非常に優れた仮想通貨です。

 

ビットコインの保管

ビットコインは仮想通貨取り扱い業者に預けておくだけでなく、自分でコールドウォレットを持って保管しておく方法もあります。このメリットは業者がハッキングに遭って預けている仮想通貨が流出する心配がないことです。私の場合はそれほど多い数量でもないのでそのまま預けています。

 

ビットコインに関する出来事

2018年1月26日 コインチェックより580億円相当のアルトコインNEMが流出しました。これはセキュウリティに問題があったようで仮想通貨をホットウォレットで管理していたようです。ホットウォレットとは言わばインターネットで繋がる状態のコンピューターで管理していたということで、当然ハッキングに遭う可能性があります。通常はコールドウォレットで管理して外部とは遮断した状態で保管しておくのですが、杜撰な管理体制だったというよりありません。この580億円もの損害額を自己資産から捻出して保障に当てたということも驚きでした。流出したNEMはダークウェブで他の仮想通貨に替えられ分散されて分からなくなってしまったそうです。

 

2018年11月14日 ビットコインキャッシュのハードフォークを受けて、どの仮想通貨も暴落しました。ビットコインは1BTCが72万円ほどだったのが62万を切る事態になっています。

今回のハードフォークはビットコインABCとビットコインSVという団体が別々のアップデートをすることから起こりました。これによりブロックチェーンが旧仕様とは互換性のない新仕様に移行することになります。どちらかのチェーンしか存続させないのであればともかく、両方のチェーンを存続させるのであれば新通貨が発生します。ビットコインキャッシュは2017年に7月23日にビットコインから分裂したばかりの通貨で、またこのようなことが起こり投資家の不安を煽ったと言えます。

 

用語

ハードフォーク

フォークとはブロックチェーンのアップデートのことですが、ソフトフォークとハードフォークがあります。ソフトフォークとは旧体制のものもアップデートさせ新しいものに作り変えてしまうことですが、ハードフォークとは旧体制のものも残した上で新しいものを作り、事実上分裂でそれぞれ互換性はありません。

 

ハッシュパワー

マイニングを行うのに必要な処理能力

エコペイズ(ecopayz)の使い方ガイド

 

エコペイズとは

エコペイズ(ecopayz)とは安全に取引できるe-walletシステムで、加盟店やエコアカウント間で自由に資金を即時送金することができます。PSI-Pay Ltdが提供しているブランドで2000年より運営されています。イングランドに本社を置きFinancial Conduct Authorityによって認可と規制を受けています。(FCA 登録番号900011)

 

加盟店には様々なオンラインカジノやブックメーカーも含まれており、日本ではネッテラーにとって変わった新手のオンライン決済ツールといっても過言ではありません。日本ではこのようにギャンブルサイトへの決済ツールとして主に利用されています。複数通貨に対応しているのもいいところです。

少し前まではプリペイドカードも発行しておりATMから引き出すこともできましたが、今は使えなくなってしまいました。日本からは国内銀行或いはビットコインによる入金がメインで、そこからカジノやブックメーカーへ資金を移動させ、出金する時は国際銀行送金或いは国内銀行振込が主な経路となります。

                      2018.11.9現在

 

登録方法

エコペイズの公式ホームページへいきエコアカウントを作成します。

パスワードは8文字以上で、大文字と数字を少なくとも1字以上含まなくてはなりません。

メインの通貨を決めますが、後で複数通貨にすることができます。

戸建ての方は半角ハイフンを入れて下さい。

市外局番の最初の0は入れません。例)09012345678でしたら、9012345678となります。尚+81というのは日本国番になります。

ニックネームとパスワードは控えておいて下さい。ログインの際に必要となります。

最後に同意するにチャックを入れ、アカウントの作成をクリックしますと完了となります。

これがログイン後の画面となります。

 

アップグレード

最初はクラシックアカウントですのでシルバーアカウントへアップグレードして下さい。これによって上限額が上がり、複数通貨対応の口座となります。私の場合以前にやりましたが、セキュリティの質問を設定、Eメールアドレスの確認、身分証明書と住所証明書のアップロードが必要でした。無料で行えます。

更にゴールド、プラチナ、VIPとクラスがあり、上がれば上がるほど限度額が上がり、通貨換算手数料等が下がります。

詳しくは公式ホームページのコチラを御確認下さい。

 

エコペイズへの入金方法

入金するアカウント(通貨)を選択し、ローカル入金方法を選択します。

Wire Payというのが国内銀行振込です。手数料は5%取られますが30分後には反映されていました。

Alternative Paymentsというのがビットコインによる振り込みになります。入金額を指定しますと振り込み先のビットコインアドレスが出てきますのでそこへ振込むことになります。手数料は掛かりませんが送付先のビットコイン業者の手数料が僅かに掛ります。ビットコインのブロックチェーンの性質上即時というわけにはいきませんが、それでも5分以内には反映されました。

使い慣れているのであれば手数料の安いビットコインの方が断然お得です。

尚クレジットカードの入金はギャンブル関連の目的なら受け付けてくれなくなりました。

 

エコペイズからの出金方法

エコペイズからの出金方法は国際銀行送金と国内銀行振込があります。

国際銀行送金の場合は出金タイプを国際銀行にし、送金先の銀行口座の情報を追加します。受取銀行、SWIFTcode、中継銀行の情報などが必要でした。国際銀行送金ですと金額によらず手数料は€10となります。

一方国内銀行振込は出金タイプを高速ローカル出金にし、以下同様にやります。これは国際銀行送金では受け付けてくれない銀行があり、それに対応したものだと思われます。国内銀行振込ですと金額によらず手数料は約2000円ほど掛ります。

 

複数通貨

エコペイズは複数通貨に対応しており、通貨アカウントを追加することにより、別の通貨のアカウントを作ることができます。それぞれの通貨アカウントにはそれぞれのアカウント番号が割り振られます。

 

個人間、アカウント間の資金の送金

エコペイズでは個人間、アカウント間(通貨間)で資金を送金することができます。手数料は以下の通りです。

クラシック シルバー ゴールド プラチナ VIP
個人のアカウント間送金 × 無料 無料 無料 無料
他人のアカウントへ送金 × 1.5%(最低€1.5) 無料 無料 無料
通貨換算手数料 2.99% 2.99% 1.49% 1.49% 1.25%

 

手数料一覧

アカウント作成費 無料
入金手数料 国内銀行振込なら入金額の5%、ビットコインなら無料
出金手数料 金額によらず国際銀行送金なら€10、国内銀行振込なら2000円
1年休眠後のアカウント維持管理料 月€1.5

 

感想

ネッテラーが2016年の8月に日本を撤退した時はどうなることかと思いましたが、それにとって替わるツールで今はメインで利用しています。以前はクレジットカード入金やプリペイドカードからのATM出金もできましたが今はいろいろと規制が入ってしまったみたいです。現在日本でプリペイドカードで出金できるツールはありません。私の場合は今はエコペイズへビットコインで入金して(たまに国内銀行振込も使う)、国際銀行送金で出金しています。

日本のクレジットカード会社や銀行はギャンブル関連の金を受け付けてくれないところがありますが、その点エコペイズも頑張って国内銀行振込にも対応してくれて安心して使えています。

エコペイズ

DORA麻雀レビュー

記事編集日 2019.5.9

 

DORA麻雀とは

DORA麻雀とはお金を賭けれるオンライン麻雀サイトで、分類的にはオンラインカジノに属します。DORA麻雀はMahjong Logic Limited(Mahjong Logic, 2nd Floor Atlantic House, 4-8 Circular Road, Douglas, Isle of Man, IM1 1AG)により2011年から運営されており、マン島のライセンスを取得しております。

通常オンラインカジノのゲームはハウス(カジノ側のソフト)対プレイヤーという構図でハウスが若干有利(これがカジノの控除率となる)になっていますが、DORA麻雀の場合はユーザー間同士の対戦で、ユーザー間でお金が動き、ハウスはその一部を手数料としてとることで利益を上げています。言うなればオンラインフリー雀荘といったところでしょうか。

ユーザー間同士の対戦ということで、当然麻雀のスキルが大きく結果を左右します。私も麻雀に関しては天鳳七段の実力があり、DORA麻雀もよく遊んでいます。

 

ソフトウェア

ソフトウェアはMacにも対応しておりダウンロードすることもできますが、ブラウザーでプレイすることも可能です。私はソフトウェアでやっています。

 

スマホ

2019年1月よりスマホでもプレイできるようになりました。

グラフィックはソフトウェアより綺麗な感じがしますし、牌も大きくタップミスはありませんでした。しかし慣れていないせいか見にくくてヌルイ放銃をしてしまい、私はPCのソフトウェでやることにしています。

 

登録

DORA麻雀公式ホームページのゲームプレイはコチラをクリックしますと以下の登録フォームが出てきますので必要事項を入力します。

入力後にソフトウェアをダウンロードします。

 

グラフィックや仕様

グラフィックははっきり言ってとても綺麗とは言い難いです。慣れれば問題はありませんが、同じオンライン麻雀の天鳳に比べたら大分落ちます。

持ち時間も1打5秒くらいで、比較的早打ちです。難しい局面で時間に追われることも度々で、個人的には天鳳みたいに1局毎に5+10秒くらいの時間はあってもいいと思います。

そして欠陥的なのが手出しツモ切りがよく分からないのです。麻雀においてこの情報は重要なので、何とかして欲しいところです。

またこのパックマンのような目立つラグは相手にも見え、鳴き所でも発生してしまうため、ラグ読みもかなりできます。鳴き無しの設定もできますが、一瞬出てしまうのです。ですので七対子などはすぐに分かってしまいます。こういった麻雀以外の要素の部分で情報が分かってしまうのもいかがなものかと思いますが、そういう仕様だということを抑えておいて下さい。

他には牌譜再生機能もありますが、やはり天鳳に比べると落ちます。

たまに接続不良を起こすこともありますが、その時はツモ切りになってしまいます。以前に比べるとこの現象は少なくなってきたのですが、今でも時たま起こります。

またDORA麻雀は着卓性で、言うなれば相手を選ぶこともできます。

 

ルール

四人麻雀と三人麻雀があり、それぞれ東南・東風戦、赤有・無を選ぶことができます。赤有ですと五萬に1枚、五索に1枚、五筒に2枚の計4枚が赤ドラとして入ることになります。

アリアリ(喰いタン、後付け有)、テンパイ連荘、九種九牌なし、流し満貫なし、人和なし、フリテン有、形テン有、親の上がり止めなし、喰い換え有、ダブロンなし(頭ハネ)が共通ルールとなります。喰い換え有というのはかなり特殊なルールなので、形テンやドラを喰い換えたりとか有効に使って下さい。

三人麻雀は二~八萬を抜き、北抜き有(抜くとドラ扱い)、ツモ損ルールとなっています。ツモ損ルールというのは例えば子が満貫を上がった場合、ロンですと8000点貰えますが、ツモ上がった時は親4000点、子2000点の計6000点しか貰えないルールです。

他の細かいルールは公式ホームページを参照下さい。

 

レートと場代

DORA麻雀のレートは特殊な仕様になっており、賭け金というのがそれです。左側の金額が素点によって動く部分で、右側の金額が保留金額で、右側と左側の差の金額が順位ウマ(ラスからトップへ動く分で、四人麻雀の場合その半額が3着から2着へ動く分)になります。ハコ下精算や祝儀といったものはありません。つまり保留金額以上は無くなりません。最小で$0.5/$1、最大で$384/$576(デカピン級)の卓があります。

場代は東風戦の場合は勝者の利益から10%、東南戦は15%徴収されます。

 

入出金手段

クレジットカード入金(E-Proによる)、ヴィーナスポイント入出金、アイウォレット入出金、ビットコイン入出金、Hi-Banq(日本で唯一オンラインゲーミングに対応している銀行振込対応)による入出金が可能です。

私の場合はクレジットカードで入金し、ヴィーナスポイントで出金することが多いです。たまにアイウォレットも使います。

 

プロモーション

初回入金ボーナス

$100を上限に初回入金額と同額貰う権利が与えられます。初回入金の際にボーナスコードにDORAと入力して下さい。以後DORA麻雀へ場代を$1支払う毎に1プレイヤーポイントが付与され、100プレイヤーポイント毎に$10が自動で振込まれます。要は場代の1/10のキャッシュバックとお考え下さい。この権利は初回入金から90日で消失してしまいます。

プレイヤーポイントはアカウント明細から見ることができ、これが貯まれば超高額のトーナメントに無料で招待されることもあります。

 

トーナメント

DORA麻雀には通常プレイの他にトーナメントというものがあり、親連なしの完全4局のみの東風戦で、上位者が次のラウンドへ進出し、上位者に賞金を分配するというものがあります。トーナメントには有料と無料のものがあり、有料のものは参加者が少なく賞金額も高く、逆に無料のものは参加者が多く賞金は少ない傾向にあります。

無料のものもノーリスクで悪くはないのですが、有料のものもDORA麻雀が相当負担しており、期待値は無料のもの以上に高いので、有料のトーナメントがおすすめです。

トーナメントはDORA麻雀の客寄せ、或いは客止めのためにやるような、赤字覚悟のイベントなので是非積極的に参加してみるといいと思います。

無料の月間オンリートーナメントは月始めの月曜日PM9:00から開催され、優勝すると$200も貰えますので時間がある時はテツで参加して下さい。

その他にも何かありますと、賞金が高額な無料のゲリラトーナメントも開催されますので、トーナメント情報は常にチャックしておくといいと思います。

 

速攻役満キャンペーン

毎月速攻役満キャンペーンというものが実施されており、キャンペーン期間中に$8/$16以上の卓で役満(国士無双、大三元、四暗刻、数え役満)を上がると、保留金の25%が賞金として貰えます。それ以外の難度の高い役満ですと保留金の300%も貰えます。予算総額は大体$2000~$3000くらいで、それに達するとキャンペーンは終了します。

三人麻雀の赤有は北抜きもあるため、比較的数え役満が出やすいですので狙い目です。

 

DORA麻雀の現状

これは2018年10月30日pm10:00のログイン画面ですが、大体20卓くらい立っています。ほとんどが三人麻雀東風なのが分かります。レートは$4~$8が一番多い感じです。

私はDORA麻雀が日本へ上陸した最初の2011年からやっており、多分一番の古株だと思います。昔はアカギツネやオメガパンサーなどの高レート卓もよく立っていましたが、最近は無難なレートで遊ぶ客層に落ち着いた感じです。大体半数以上は常連客で占めています。

以前はチャットなどもできましたが、数年前に禁止されました。

 

Q&A

DORA麻雀のレベルはどうなのか

はっき言って総じて高いです。天鳳七段の私ですら2018年5月~10月まで、$4~$8の三人麻雀東風を450局ほど打ち、$100くらい溶けました。

 

フリー雀荘と比べてどうなのか

DORA麻雀の場合四人麻雀ですと2着でも確実にプラスになりますので、また場代比率もいいですので(フリー雀荘の場合動く金額の2~2.5割くらい徴収される)、フリーよりかは金を残せ易いです。とは言ってもやはり腕がものをいいますので腕が無ければ食われてしまいます。

またツモや打牌がクリックですのでリアル麻雀よりも楽で進行も早いです。

 

不正はないのか

ありません。DORA麻雀は勝者の利益から10~15%徴収という形で運営しておりますので、ただプレイして貰えるだけで自動的に利益が発生するのです。またコンビ打ちの例もありますが、DORA麻雀はそれほどユーザー数も多くなくすぐに発覚しやすいです。以前に発覚した例ではすべての残金が没収されアカウントは永久停止となっています。これはやられたと思ったらハンドIDと共にDORA麻雀運営へ連絡すれば精査してもらえます。

 

回線落ちに対する処置は

DORA麻雀は海外にサーバーがあるため、国内のオンライン麻雀に比べて落ちやすいです。今は改善がみられたのか減りましたが、以前はひどかったです。回線落ちしますと、落ちている間はノータイムでツモ切りとなってしまいます。落ちて暫くして回復することもありますが、10秒以上待っても再開されなければ、一回離卓して再着卓してみて下さい。それでもだめなら一回ログアウトして再ログインしてみて下さい。

サバ落ちがDORA麻雀側に原因があれば賭け金は返金されます。ユーザー側に問題があった場合は返金の対象となりません。回線が落ちて損害を被った場合はハンドIDとともにDORA麻雀運営へ連絡してみて下さい。

 

感想

私は結構麻雀が好きでフリー雀荘にもよく行き、四人麻雀は天鳳、三人麻雀はDORA麻雀と使い分けています。天鳳はptを賭けるのですが、DORA麻雀はお金を賭けます。どちらも負けるのは嫌ですが、天鳳で負けるとがっくりきて(天鳳はラスペナが大きい)、DORA麻雀で負けるとむかつきます。勝った時の嬉しさはそんなに大差ないのですが、負けた時の感情の種類が違うのは面白いところです。

牛歩されたりタメロン、タメツモされたりして不快という意見もありますが、私のやっている限りではそのようなユーザーの方が稀です。たまにいますが、それまで負けていたのが悔しいといった感じが伝わってきます。基本的には自分の貴重な時間をつまらない事に費やそうとは思う人は少ないので、麻雀をスムーズに楽しみたい方がほとんどだと思います。

麻雀やポーカーは完全な運ではなく、半分はスキルといった上達の要素があるゲームなので、長く遊ぶには飽きさせないゲームです。この麻雀ゲームでお金が賭けれて遊べるのは大変有り難く貴重なサイトだと思います。

麻雀に自信のある方はDORA麻雀でお金が残せるかに挑戦してみて下さい。

 

DORA麻雀

ウィリアムヒルカジノクラブレビュー

記事編集日 2018.10.25 記事作成日 2018.10.9

 

ウィリアムヒルカジノクラブとは

ウィリアムヒルカジノクラブについて説明します。

ウィリアムヒルは元々はスポーツベットを対象としたスポーツベッティング会社として1934年に設立された会社ですが、20世紀になってオンラインが普及するにつれ、オンラインカジノやオンラインポーカーのサービスも提供するようになり、ロンドン証券取引所(London Stock Exchange)で上場するまでに至りました。老舗のオンカジノです。

ジブラルタルのライセンスを持ち(登録認可番号034 & 042)、サービスを提供しています。

ソフトウェアはプレイテックでPCでダウンロードすることができます。またスマホが普及してから2015年にブラウザータイプのものが出てきて、これはダウンロード不要でPCからでもスマホからでもログインして遊ぶことができます。

完全日本語対応ということもあり、スマホで遊べるようになってから一時は日本人ユーザーが急増しました。最近はいろいろなオンラインカジノが出てきて以前ほどの伸びは無いものの、運営期間が長くて信頼されており、一定のユーザーには常に支持されています。

私もこのカジノとの付き合いは長いのですが、昔は非常にギャンブル性の高い台が多く、最低賭け金も高く、またサービスも破格でハイローラー向けといった感じでした。しかし近年になってからは低ベットユーザーが増え、それに伴って落ち着いた台が増えてきた感じです。

プレイテックはグラフィックも最先端のものを追求しており、ゲーム性も比較的安定していますので、そのよさを味わってみて下さい。最近のブラウザータイプのものにはないスムーズさで、大いに満足いただけると思います。

 

ダウンロード型のソフトウェアとブラウザータイプのもの

スマホでやる場合はブラウザータイプのものしかできませんが、PCでやられる方はどちらかといいますとダウンロード型のソフトウェアを使う方をおすすめします。ライブゲームの場合はそれほど差が無い感じですが、スロットをやる場合はダウンロード型のソフトウェアの方が回転がスムーズでストレスがありません。またページの切り替えも瞬時です。最もアカウントは一つでどちらでも遊べますし、資金も一緒です。

 

アカウントの作成

アカウント作成の必要事項はこんな感じになります。電話番号の市外局番の最初の0は取って下さい。プロモコードは後でも入れられますのでここでは無視していいです。

 

カジノゲーム

これはソフトウェアでログインした時の画面ですが、昔とあまり変わらない感じです。左の欄がカテゴリーになっていますので、やりたいゲームを選ぶだけです。

 

スロット

これがプレイテックのスロットです。後にリリースされたものほどグラフィックのタッチが繊細になっていきます。また一昔前のものはライン数を調整することもできます。スピンする前にライン数と1ラインのベット額を決めて下さい。

 

スロットには最大賞金とライン数が表示されますが、最大賞金は低いものほど、ライン数は25くらいのものが比較的当たりやすく狙い目です。

 

ライブディーラー

これがプレイテックのライブゲームの画面です。癖が無くて悪くありません。ブラックジャックは$5、バカラは$2、ルーレットは$1から賭けれます。但しブラックジャックの$5の席は満席が多く、$10の席は空いていました。

 

モバイル

モバイルではこんな感じになります。スロットやテーブルゲームは繋がりますが、ライブゲームは繋がりませんでした。

 

入出金

ウィリアムヒルカジノクラブへの入出金法は現在エコペイズのみです。(2018.10.4現在)

エントロペイは日本在住者には使えなくなってしまいましたし、クレジットカード決済も通りません。

エコペイズは入金は迅速反映ですが、出金には数日を要します。また出金の際には本人確認書類の提示も必要です。

 

プロモーション

初回入金ボーナスと条件

ウィリアムヒルカジノクラブでは新規プレイヤーを対象に最大$150までの150%初回入金ボーナスを受け取ることができます。つまり$100入金すると$150分のボーナスが余計に貰え、合わせて$250分プレイできるということです。貰い方は簡単で、アカウントを開設しますと「入金と参加ボーナス」というのが出てきますので、ここをクリックし参加規約に同意するだけです。初回入金の際にプロモーションコードにFDBと表示されますので、後は入金すれば自動的に残高にリアルマネーとボーナスの合計が表示されます。残高をクリックしますとリアルマネーとボーナスの内訳を見ることができます。

ボーナス履歴では賭けの進行状況や有効期限を見ることができます。

 

この他に初回入金には50回のフリースピンが貰えます。このフリースピンはウィンドウの下部にフリースピンアイコンが表示されるスロットで利用できます。この勝ち金はボーナスとして反映されます。

出金条件は共にボーナス額の40倍を7日間で賭けるというものです。これはかなり厳しい条件ですが、賭け金に上限が無いというのはせめてもの救いです。また条件をクリアできなくてもリアルマネー残高はそのまま残りますので気楽に参加できます。

禁止ゲームは無く、全てのゲームが賭け貢献率の対象となりますが、ゲームの種類によって貢献率は異ります。スロットが100%、ライブも含め全てのバカラやブラックジャックは20%とあます。詳しくはプロモーションのさらなる詳細を御確認下さい。

リアルマネー残高とボーナスではリアルマネー残高が優先的に使われ、7日以内に消化できない場合ボーナスの権利は消失してしまいますが、その場合リアルマネーは残ります。例)$100入金し$150のボーナスを貰うとします。7日以内に$100以上使ってしまうと残高は0になり、$50使ってしまいますと残高は$50となります。トータルで$20勝った場合は残高は$120となります。

私は5年前に初回入金ボーナスを受け取りましたが、その時は最大で$300まで受け取ることができ、(入金額+ボーナス額)×12倍というのが出金条件でした。それに比べると大分おとなしくなった感はあります。

 

その他

Medusa & Monstersで$20プレイするだけで、10回のボーナススピンをゲットできます。ボーナス出金条件は30倍ですが、24時間以内に消化する必要があります。このプロモーションは毎日開催されています。(2018.10.4現在)

 

これは無料で貰えるボーナスで、申請しますと$0.5のチップを5枚貰えます。これは以下のテーブルゲームで利用できます。

私はプレミアムブラックジャックで試してみましたが、こんな感じでできました。尚1回しか勝てずに、その勝金の$0.5しかボーナス獲得できませんでした。ダブルする場合はリアルマネーで賭けることになります。(2018.10.6現在)

 

コンプポイントとVIP

ウィリアムヒルカジノクラブにはコンプポイントというものがあり、$10賭ける毎に1コンプポイントが貰えます。貯まりますと100ポイントを$1に換金することもできます。

またVIP特典というものがあり、コンプポイントを貯めますと特別なキャンペーンやプロモーション、高いベット率、早い引き出し、イベントへの招待、高いコンプポイントの換金率などのサービスを受けることができます。

 

ヘルプ

ウィリアムヒルカジノに関して何か分からないことがあれば、チャットでもメールでも即答してくれます。私はチャットを使ってみましたが、丁寧に教えてくれました。

 

感想

スマホが普及した現在ほとんどのオンラインカジノはブラウザータイプのものになってしまいましたが、それでもPCでやる場合は直接ソフトウェアをダウンロードしてやる方がゲームの立ち上げや切り替え、スロットの回転などがスムーズでやはりいいです。プレイテックは他のカジノでは遊べない掘り出し物のスロットなどもたくさん眠っていますので、私の場合はベラジョンカジノと並んでよく遊ぶことが多いです。ボーナス消化期間が7日なのはいただけませんが、ゴールデンチップなどの無料のボーナスの他、コンプを貯めますと換金もできますので長く遊ぶ分にはおすすめだと思います。

 

退会

ウィリアムヒルカジノクラブを退会するのは簡単です。

ただメールで「退会したいのでアカウントを凍結して下さい。」という旨を申し出るだけです。

support.jp@williamhillcasino.com

あとはウィリアムヒルカジノクラブ側が手続きをしてくれます。退会前には残高を0にして下さい。

 

ウィリアムヒルカジノクラブをお楽しみ下さい。

セブンラックカジノ ミレニアム ソウル ヒルトン店での初のカジノ体験

2018年9月10日~9月13日までソウルへ旅行する機会があり、11日(火)に2時間ほどではありますが、初のカジノを体験する機会がありました。今回はその体験記を書きたいと思います。

 

セブンラックカジノ ミレニアム ソウル ヒルトン店

場所はソウル駅或いは会賢駅の側にある、セブンラックカジノ ミレニアム ソウル ヒルトン店です。ここは外国人専用カジノで、在外韓国人以外の韓国人は入れません。近くの江南店へのシャトルバスも出ています。ここへ知人と二人で行ってみました。服装は普段着です。

 

地図上の紫の建物がそうで、ヒルトンホテルに併設されています。私達は会賢駅で降りて、南大門の方を回ってから行きました。

 

会賢駅からソウル駅の方へ向かって、徒歩10数分くらいのところの左手にセブンラックカジノは見えてきます。ここは裏口なのか入り口が見当たらず、駐車場の入り口からエレベーターで入ることになりました。

 

エレベーターの前のフロアー案内ですが、カジノは7階にありました。

 

カジノの中と最小賭け金

以下撮影禁止ですのでご容赦下さい。

7階で降りますとすぐにカジノの入り口があり、入る前にパスポートを確認されます。19歳以上でなければ入れません。

中に入りますと土着の韓国人っぽい人達でごった返しており、まあまあの広さでした。ディーラーをはじめ係員は勿論制服を着ていますが、客はオシャレとは程遠い格好をしていました。どちらかというと小汚いという印象を持ちました。後で聞いた話によりますとこの人達は中国人か台湾人、中には日本人みたいです。先にも書きましたように現地の韓国人は入れませんからね。

 

目の前にブラックジャックのテーブル台があり、そこでチップに両替します。初めてなので恐る恐る5万W(5千円くらい)ほど渡すと、1万Wのチップ5枚を差し出してくれました。

右手にテーブルゲームがあり、ブラックジャック、バカラ、ルーレットのテーブルが7台ずつほどあり、どれも人で埋め尽くされていました。更に右手にはVIPルームの入り口があります。また喫煙所や飲食所もあります。左手にはスロット台がたくさん設置されていました。

中を一周してみたところ、一番低い賭け金のテーブルでブラックジャックの最低ベット額は3万W、バカラの最小ベット額は1万W、ルーレットの最小ベット額は5千Wというのが分かりました。

 

ルーム内にはゲームのパンフもあり、日本語表記のものもありルールを確認することができます。しかしルールを全く分からなければ、最初にやるにはハードルはかなり高いと思います。

ガイド本には日本語の分かるスタッフもいて、分からなければやり方を教えてくれると書かれていましたが、実際にはスタッフはかなり忙しそうでそのような人は見当たりませんでした。

 

最初にブラックジャックを試してみたかったのですが、ローステークスはどこも席が埋まって、席に着くことはできませんでした。

 

バカラ

次にバカラのローステークスのテーブルに行きました。ここもやはり席は埋まっていましたが、バカラは後ろからでも賭けれますので、ここで最初のゲームを試してみることにしました。

10分くらい見していますと、比較的プレイヤーとバンカーが交互に出る横ヅラというパターンでした。バカラの場合私は、一方の出目が続いた時に賭けるのが好みなので、どちらかが3連勝した時に賭けようと思っていました。

やがてバンカーが3連勝をした後で、私はバンカーへ1万Wのチップを1枚置きました。他の人も賭けるため、一人分の区画に置かなければなりません。これは見ていれば分かりますが、最初は気づかず、チップをまたいだように置いてしまったのを他のプレイヤーが少しずらしてくれました。

結果はプレイヤー勝ちで最初のベットは負けでした。負けチップは何事も無かったかのようにディーラーに回収されてしまいました。ここに限らずディーラー達は無表情でややつまらなそうな顔をして淡々と機械的に決められた作業をこなしていました。

次のベットはプレイヤーが3連勝した後でした。やはり私はプレイヤーに1万Wのチップを置きました。これは勝ちました。ディーラーは私の置いたチップに1万Wのチップを足してくれました。私はこれを回収しました。次も間髪入れずに今度は1万Wのチップを2枚プレイヤーに置きました。これも勝ちでした。

ここで止めてしまいましたが、プレイヤー側はタイを1回挟み8連勝もしていました。

そうそうこれがバカラなんだよな、なんて思って見ていました。

尚タイが出た場合は、プレイヤーかバンカーに賭けた人達は自分のチップを回収していました。

 

ルーレット

次はルーレットのテーブルへ行ってみました。ルーレットはやはり0と00のあるアメリカンルーレットでした。

そしてルーレットもやはり満席でした。問題は後ろから賭けれるのかなということですが、多分ダメだろうというのが最初の推測でした。といいますのは、ルーレットでは席(プレイヤー)毎に使われているチップが色分けされており、ルーレット専用のチップだったからです。

後ろからプレイを見ていましたが、ほとんど全てのプレイヤーはストレートベットばかりしており、一人一人色分けされたチップを様々な数字の升々に置いていました。置く升が他のプレイヤーと被ることもあるため、これは確かに個人毎に色分けされていないと分からなくなるなと思いました。

席に着いている小柄なおじさんが、席を立って行ったり来たりしながらチップを色々な所に置いているのが印象的でした。

ディーラーが玉を転がしても「ノーモアーベット。」と言うまで賭けることができます。結果が出るとディーラーは負けベットのチップを回収してから勝ちベットに配当のチップを足します。

暫く見ていると突然後ろの人が10万Wチップを黒に置きました。結局外れてディーラーに回収されてしまったのですが、外野も賭けれるのだと思いました。

私もやってみようと思いましたが、出目の流れが分からないため、適当なタイミングで赤に1万Wチップを1枚置きました。カラーベットを含めたイーブンベットなどやっているのは私だけでした。結果は赤が出てディーラーが1万Wチップを足してくれました。それを私は回収します。今回はこの一回で終了しました。

多分ですが席に着いてディーラーに言えばルーレット専用の個人チップに換えて貰えるのだと思います。

 

換金

最後にスロットも見てみました。スロットはクラシックスロットもビデオスロットもありましたが、専用のカードを挿入してやるみたいですので結局やりませんでした。

8枚になったチップを換金所で現金に換えてもらい、8万Wを受け取りました。等価交換です。一回も賭けなくてもそのまま換金することもできます。

 

そしてそのまま知人とカジノを後にしました。左の大きな建物がヒルトンホテルです。

 

感想

予想していたよりも人が多くて、服装はドレスアップとはほど遠い普通の格好でした。中のプレイヤーはほとんどそこら辺にいるおっさんという感じで、どうしても土着の韓国人に思えてしまうのです。活気はありませんでした。ディーラーの目も死んでいました。賭場というのは古今東西こんなもんなのかなという感じでした。ジュースはタダですが、あまり美味しくはなかったです。

驚いたのがプレイヤーの賭け方で、ストレートベットやサイドベットなども目立ち、ほとんど確率に則った控除率などを計算していない、ギャンブル好きの無知なプレイヤーばかりなんだと思いました。これではカジノは儲かるはずだと思いました。

日本にカジノができたらやはりこんな感じになり、ほとんどが中国人客で埋め尽くされてしまうんだろうと思いました。

少なくとも健全な感じでは無かったです。

 

カジノの利益の仕組み

後で最後までカジノゲームをやらなかった知人が、「カジノゲームは絶対裏で操作している。ルーレットなどは磁気で操作できるようになっている。でなければ利益など上げられない。」と言ってきましたが、これは大きな間違いです。なぜならカジノゲームは全て、自然確率に基づいてカジノ側が有利なようにできているからです。例えばルーレットで38枚のチップを1回づつ赤か黒にベットすれば、確率的に18回勝って20回負け(0、00の緑があるため2回多い)、トータル的に36枚となって戻ってくる計算になります。このカジノ側の有利差がハウス代なのです。

仮にもしカジノ側が裏で操作できるとしたら、絶対にディーラーとプレイヤーが組むケースが出てきて、カジノ側が大打撃を受けてしまいます。ディーラーとプレイヤーが組むことをカジノ側は最も警戒しています。こんなことをやらなくてもただルールに則って淡々と勝負しているだけで、自然確率の収束によりカジノ側が勝てる、つまり利益を上げることができるようになっているのです。

そして長期的にはこの自然確率の収束からは誰も逃れられない運命です。