入金不要、登録だけで$30が漏れなくプレゼント!
登録後に申請すると、すぐにアカウントへボーナス$30が反映されます。
ベラジョンカジノ運営者の好意により特別に授かった限定プロモーションです。
ノーリスクでベラジョンカジノのプレイ資金にして下さい。


仮想通貨のビットコインも利用できます。

サイドベットシティーのルールと還元率と実戦結果

サイドベットシティー(Side bet city)とはEvolution Gamingのライブゲームにあり、52枚のカード1デッキを使ったポーカーの一形態で、最近できたゲームです。1ゲームは30秒ほどで終了します。3 Card Hand、5 Card Hand、7 Card Hand、All Loseのいずれかに賭けるだけで後は結果を待つだけなので選択の余地が無いシンプルなポーカーゲームです。今回はこのゲームのルールを説明し、実戦してみて傾向や特徴をまとめてみようと思います。

 

ルール

プレイヤーは最初に3 Card Hand、5 Card Hand、7 Card Hand、All Loseのいずれかにベットします。3 Card Handは最初の3枚のカード、5 Card Handは2枚のカードを追加し5枚のカード、7 Card Handは更に2枚のカードを追加し7枚のカードでポーカーし、役ができれば配当となります。All Loseの場合はいずれでも役ができなかった場合勝ちとなります。

 

配当

役と配当
3 Card Hand 5 Card Hand 7 Card Hand
 ロイヤルフラッシュ 100:1 1000:1 500:1
ストレートフラッシュ 40:1 250:1 100:1
フォーカード 100:1 50:1
フルハウス 50:1 7:1
フラッシュ 4:1 40:1 5:1
ストレート 5:1 25:1 4:1
スリーカード 35:1 7:1 3:1
ツーペア 4:1
ペア(JJ~AA) 1:1
エニーペア 1:1

All Loseは0.7:1の配当となります。3 Card Handは、スリーカードポーカーのサイドベットのPair Plusと同じです。但しスリーカードの配当はPair Plus(30:1)よりいいです。7 Card Handはツーペアでも役にりません。

 

例1)

7 Card Handに$0.5ベットしました。結果は7のスリーカードで3:1の配当より$2のリターンとなりました。

例2)

3 Card Handに$0.5ベットしました。結果は6のワンペアで1:1の配当より$2のリターンとなりました。

例3)

All Loseに$0.5ベットしました。結果はAll Loseで0.7:1の配当より$0.85のリターンとなりました。

例4)

3 Card Handに$0.5ベットしました。結果はフラッシュで4:1の配当より$2.5のリターンとなりました。

例5)

7 Card Handに$0.5ベットしました。結果はフラッシュで5:1の配当より$3のリターンとなりました。

例6)

5 Card Handに$0.5ベットしました。結果はツーペアで4:1の配当より$2.5のリターンとなりました。

 

還元率

理論上の還元率は以下のようになっています。

ベットタイプ 還元率
3 Card Hand 96.69%
5 Card Hand 95.21%
7 Card Hand 94.34%
All Lose 96.29%

意外に勝ちにくそうな3 Card Handが一番還元率が高いです。スリーカードポーカーのPair Plusの還元率は95.51%ですが、先に述べたように3 Card Handの方がスリーカードの配当がいいからです。

 

人気具合

ポーカーのテーブルの中ではそれほど人気のあるものでもないです。

 

実戦と結果

性質を知るため、3 Card Hand5 Card Hand7 Card HandAll Loseに交互に25回ずつ計100回ベットしました。1回のベット額は$0.5です。勝った場合は配当を書きました。

実戦と結果
出たカード 結果 勝敗
例1 ♦6♠8♥3 ♠J♠Q ♣T♥J All Lose 負け
例2 ♥2♣8♥A ♠5♥5 ♣3♦7 All Lose 負け
例3 ♦7♣7♣K ♦3♦9 ♠7♣Q エニーペアスリーカード 3:1
例4 ♠4♥4♣J ♦8♦2 ♣8♥7 エニーペア 負け
例5 ♣3♦6♠6 ♥Q♦J ♦T♠8 エニーペア 1:1
例6 ♠T♦3♣4 ♥A♥6 ♣A♠A スリーカード 負け
例7 ♥Q♣2♦A ♥7♠2 ♠5♣8 All Lose 負け
例8 ♦6♣6♦4 ♠J♦K ♥2♠6 エニーペアスリーカード 負け
例9 ♥9♠3♠8 ♦A♠Q ♦Q♣7 All Lose 負け
例10 ♦9♦5♠A ♠8♠7 ♣J♠6 All Lose 負け
例11 ♥7♣T♥J ♥K♠6 ♠T♦6 All Lose 負け
例12 ♥6♦8♥2 ♣A♣7 ♣3♥Q All Lose 0.7:1
例13 ♣6♥Q♣2 ♥3♠K ♦J♣T All Lose 負け
例14 ♣4♦8♣2 ♦3♠4 ♣J♠T All Lose 負け
例15 ♥2♠A♣8 ♥J♦4 ♠2♣3 All Lose 負け
例16 ♠4♠J♠3 ♣Q♣3 ♣A♥5 フラッシュ 負け
例17 ♥8♦9♠J ♥2♠7 ♣8♥4 All Lose 負け
例18 ♣3♦3♣Q ♦9♥8 ♠K♣5 エニーペア 負け
例19 ♠3♥J♠7 ♣9♥A ♥7♣T All Lose 負け
例20 ♥7♥A♥5 ♣7♠A ♣A♦K フラッシュツーペアフルハウス 負け
例21 ♦2♦K♣4 ♣T♣9 ♦4♦Q All Lose 負け
例22 ♠7♥K♣6 ♠K♥5 ♣5♣T ペア(JJ~AA) 1:1
例23 ♥2♦4♣6 ♦K♠4 ♥J♥9 All Lose 負け
例24 ♥A♦3♣8 ♣6♠K ♥7♥K All Lose 0.7:1
例25 ♣5♣6♣J ♦J♣Q ♠A♥3 フラッシュペア(JJ~AA) 4:1
例26 ♦6♥8♦2 ♥T♦7 ♣9♣6 All Lose 負け
例27 ♥K♣7♠2 ♥7♠K ♥8♥4 ツーペア 負け
例28 ♥4♥9♦9 ♥J♣4 ♦7♣2 エニーペアツーペア 負け
例29 ♥8♥T♥J ♥5♠7 ♣7♦K フラッシュ 4:1
例30 ♥T♠9♦9 ♦3♥2 ♠K♣8 エニーペア 負け
例31 ♣3♦2♠5 ♠4♣T ♠8♦4 All Lose 負け
例32 ♠4♦3♥J ♦Q♦7 ♣5♠J All Lose 0.7:1
例33 ♠4♦5♦A ♣K♣4 ♣3♥5 All Lose 負け
例34 ♠2♦J♥4 ♥2♠7 ♠T♣3 All Lose 負け
例35 ♠T♥4♦K ♦Q♦8 ♦4♦2 フラッシュ 5:1
例36 ♥9♣8♦A ♣Q♥Q ♦2♠3 ペア(JJ~AA) 負け
例37 ♦3♥7♥T ♦5♥Q ♠4♥K All Lose 負け
例38 ♥5♦3♥9 ♥K♣J ♥A♠T All Lose 負け
例39 ♣8♣3♠8 ♠T♦7 ♠Q♠2 エニーペア 負け
例40 ♥A♠9♥7 ♣Q♠7 ♠J♥9 All Lose 0.7:1
例41 ♦4♥4♦7 ♦5♦A ♠2♣J エニーペア 1:1
例42 ♠4♦4♥3 ♦5♥J ♣9♥7 エニーペア 負け
例43 ♠A♣4♦8 ♣J♠8 ♦K♦2 All Lose 負け
例44 ♣5♦2♠8 ♣2♠Q ♠5♠6 All Lose 0.7:1
例45 ♥A♥6♦2 ♥T♠3 ♥K♣7 All Lose 負け
例46 ♦T♥2♠A ♦4♥7 ♣J♥J All Lose 負け
例47 ♥7♦6♥J ♥T♦9 ♦K♣Q ストレート 4:1
例48 ♥T♦K♠J ♠6♣5 ♦3♠2 All Lose 0.7:1
例49 ♠2♣9♦3 ♠4♠K ♠3♥6 All Lose 負け
例50 ♦Q♠A♠J ♦8♥A ♠K♥4 ペア(JJ~AA) 1:1
例51 ♣Q♠K♦Q ♠5♥Q ♦4♠9 エニーペアスリーカードスリーカード 3:1
例52 ♥4♣Q♣6 ♥9♠8 ♥3♣T All Lose 0.7:1
例53 ♣7♣J♥3 ♣8♣4 ♣T♥2 フラッシュ 負け
例54 ♦T♥T♠K ♣6♦6 ♣9♣Q ツーペア 4:1
例55 ♥4♠A♦6 ♥Q♠Q ♣6♣A ペア(JJ~AA) 負け
例56 ♥7♣2♥6 ♦4♠5 ♦Q♣J All Lose 0.7:1
例57 ♥K♥6♣A ♥4J ♦5♣J All Lose 負け
例58 ♣6♣Q♥2 ♥8♠6 ♠9♦7 All Lose 負け
例59 ♣5♦J♥7 ♥Q♠8 ♦2♠Q All Lose 負け
例60 ♣J♣6♥3 ♣T♣8 ♦8♥4 All Lose 0.7:1
例61 ♦K♣9♠6 ♠J♦2 ♦A♠5 All Lose 負け
例62 ♦2♠4♦7 ♥4♠9 ♠T♦9 All Lose 負け
例63 ♠9♥6♣A ♣8♦K ♠T♦A All Lose 負け
例64 ♠2♦5♣J ♦4♠4 ♠7♦7 All Lose 0.7:1
例65 ♣J♦5♣Q ♥K♦3 ♠2♣4 All Lose 負け
例66 ♥2♦6♣2 ♦A♠J ♣3♠K エニーペア 負け
例67 ♠6♥2♠3 ♥T♥J ♣J♥4 All Lose 負け
例68 ♦2♥7♦K ♠2♠T ♠3♠A All Lose 0.7:1
例69 ♥8♠5♦6 ♣9♠A ♠7♠3 All Lose 負け
例70 ♦K♠5♠J ♦2♦4 ♦7♥6 All Lose 負け
例71 ♥7♠7♥2 ♣T♥4 ♦2♦6 All Lose 負け
例72 ♦K♣J♥4 ♣T♥J ♦A♠7 ペア(JJ~AA) 負け
例73 ♦3♥9♦Q ♦J♦2 ♦7♥7 フラッシュ 負け
例74 ♣J♥K♥9 ♥J♣A ♦K♠7 ペア(JJ~AA) 1:1
例75 ♥A♦6♣8 ♠J♠K ♦2♣7 All Lose 負け
例76 ♦Q♥7♦A ♣6♣A ♣T♥4 ペア(JJ~AA) 負け
例77 ♠7♣5♦5 ♥7♣A ♣9♦A エニーペアツーペア 1:1
例78 ♠K♥4♥J ♦Q♦3 ♣6♦J All Lose 負け
例79 ♥7♠3♣2 ♣5♥T ♦2♣6 All Lose 負け
例80 ♠7♥9♥2 ♠4♣Q ♦T♣2 All Lose 0.7:1
例81 ♥J♦2♠8 ♠K♥A ♣T♦9 All Lose 負け
例82 ♦Q♥8♠3 ♦6♦2 ♦A♦8 フラッシュ 負け
例83 ♣6♠K♥6 ♦6♥T ♥7♥A スリーカードスリーカード 3:1
例84 ♠9♦3♣4 ♦5♥Q ♥2♥3 All Lose 0.7:1
例85 ♥A♥Q♦5 ♦K♠9 ♦6♦9 All Lose 負け
例86 ♠A♠2♥6 ♦8♥5 ♦4♣4 All Lose 負け
例87 ♠4♠7♦Q ♣9♠J ♣2♠5 All Lose 負け
例88 ♣J♦8♥3 ♣4♥6 ♦J♥9 All Lose 0.7:1
例89 ♥3♠9♦3 ♦4♠A ♣4♥7 エニーペア 1:1
例90 ♣5♥54 ♠A♠9 ♥6♣6 エニーペア 負け
例91 ♦8♣T♠6 ♠5♥5 ♥6♥A All Lose 負け
例92 ♥J♥6♣5 ♣3♥Q ♣T♣2 All Lose 0.7:1
例93 ♥6♣A♣4 ♠K♣8 ♦K♣6 All Lose 負け
例94 ♦8♣J3 ♠A♦Q ♠K♣A All Lose 負け
例95 ♥6♠T♣3 ♠8♥T ♣5♥7 All Lose 負け
例96 ♠4♣9♦3 ♣K♥3 ♣Q♦4 All Lose 0.7:1
例97 ♠6♥A♦A ♥T♠A ♦7♣7 エニーペアスリーカードフルハウス 1:1
例98 ♠3♥4♣T ♣6♠A ♠T♠Q All Lose 負け
例99 ♠3♣7♣5 ♠J♦T ♦9♣T All Lose 負け
例100 ♣5♥Q♥T ♠T♦6 ♣A♦K All Lose 0.7:1

結果は$50分賭けて-$9.05となりました。

 

考察

結論から言いますと闇雲に賭けていてはやはり勝てないゲームです。3 Card Handはエニーペアの勝ちが比較的多いものの配当が1:1ですので話になりません。5 Card Handと7 Card Handは当たる頻度が低い感じです。一方All Loseはかなり良くでます。仮にこの4タイプのベットを上の100ハンドで100回ずつベットしたら収支がどうなったのか、実戦上の還元率はどうなったのか見てみます。

 

3 Card Hand

エニーペアの勝ち16回より0.5×1×16=+$8 フラッシュの勝ち4回より0.5×4×4=+$8 負けベット80回より0.5×80=-$40

収支-$24 実戦上の還元率は26/50=0.52より52%

 

5 Card Hand

ペア(JJ~AA)の勝ち8回より0.5×1×8=+$4 ツーペアの勝ち5回より0.5×4×5=+$10 スリーカードの勝ち3回より0.5×7×3=+$10.5 負けベット84回より0.5×84=-$42

収支-$17.5 実戦上の還元率は32.5/50=0.65より65%

 

7 Card Hand

スリーカードの勝ち5回より0.5×3×5=+$7.5 ストレートの勝ち1回より0.5×4×1=+$2 フラッシュの勝ち4回より0.5×5×4=+$10 フルハウスの勝ち2回より0.5×7×2=+$7 負けベット88回より0.5×88=-$44

収支-$17.5 実戦上の還元率は32.5/50=0.65より65%

 

All Lose

All Loseの勝ち64回より0.5×0.7×64=+$22.4 負けベット36回より0.5×36=-$18

収支+$4.4 実戦上の還元率は54.4/50=108.8%

 

3 Card Hand、5 Card Hand、7 Card Handの還元率が理論上の還元率よりかけ離れて悪いのは、配当の高い役ができなかったためと思われます。要は100ハンドでは全然収束しないということです。一方All Loseは何と利益が出てしまいました。役に関係無く当たるか外れるかだけですので、100ハンドぐらいでも理論上の還元率96.29%に近くなっていくようです。

このゲームはただベットするだけなのでやっていて飽きます。そして長期的には控除率分負けることが予想されます。私的にはテキサスホールデムの方が賭け方に戦略を立てれて面白いです。

 

サイドベットシティーができるオンラインカジノ

Evolution Gamingのライブディーラーでできます。それ以外はありませんでした。

サイドベットシティーをプレイできるオンラインカジノ
配信会社 ゲーム名 賭け金(アンティ額) 対応カジノ
Evolution Gaming サイドベットシティー $0.5~50 ベラジョン、エンパイア、ラッキーニッキー、ワンダリーノ、ビットカジノ、888カジノ、カジノシークレット、ピナクルスポーツ

シックボーのルールと還元率と考察

3つのダイスとダイスボックスを使った、3つのダイスの出目を予測するシックボー(Sic BO)というカジノゲームがあり、大小(タイサイ)とも言われています。比較的マカオ、韓国、フィリッピン、オーストラリアに人気があり中国で生まれたゲームです。オンラインカジノですとライブゲームにも取り入れられています。今回はこのシックボーのルールと配当について説明し、実戦してみてどのような特徴があったのかまとめてみたいと思います。

 

ルールと配当

3つのダイスが振られる前にプレイヤーはベットします。ダイスの振られた後に結果に従って配当されます。非常にスピード感があり1ゲームは30秒ほどで終了します。

ベットタイプ ルール 配当
小(4~10)/大(11~17) 3つのダイスの合計が小(4~10)か大(11~17)に賭けます。トリプルは負けです。 1:1
奇数/偶数 3つのダイスの合計が奇数か偶数に賭けます。トリプルは負けです。 1:1
トータル 3つのダイスの合計が4~17のいずれかに賭けます。
シングル 1~6のいずれかに賭け、賭けた目が1つ以上出れば配当となります。 目が1つ1:1、目が2つ2:1、目が3つ3:1
ダブル 1~6のゾロ目に賭け、その目が2つ以上出れば配当となります。 8:1
トリプル 1~6のゾロ目に賭け、その目が3つ出れば配当となります。 150:1
エニートリプル トリプルに賭け、3つのゾロ目が出れば配当となります。 30:1
コンビネーション 3つのダイスの中2つのダイスが賭けた組み合わせになっていれば配当となります。組み合わせは15通りあり、その中から1つを賭けることになります。 5:1

トータルの配当は賭けた数によって異なり以下となります。

合計数 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
配当 50:1 20:1 15:1 12:1 8:1 6:1 6:1 6:1 6:1 8:1 12:1 15:1 20:1 50:1

尚これはEvolution Gamingのスーパーシックボーです。ゲームによって配当が多少異なりますので、始める前に確認して下さい。実際のカジノでもマカオとオーストラリアでは配当が異なります。(オーストラリアの方がずっと良い。)

 

当たる確率と還元率

3つのダイスの目の出方
合計数 3つのダイスの目の出方 計216通り
3 (1,1,1) 1通り
4 (1,1,2)×3 3通り
5 (1,1,3)×3 (1,2,2)×3 6通り
6 (2,2,2) (1,1,4)×3 (1,2,3)×6 10通り
7 (1,1,5)×3 (1,3,3)×3 (2,2,3)×3 (1,2,4)×6 15通り
8 (1,1,6)×3 (2,2,4)×3 (2,3,3)×3 (1,2,5)×6 (1,3,4)×6 21通り
9 (3,3,3) (1,4,4)×3 (2,2,5)×3 (1,2,6)×6 (1,3,5)×6 (2,3,4)×6 25通り
10 (2,2,6)×3 (2,4,4)×3 (3,3,4)×3 (1,3,6)×6 (1,4,5)×6 (2,3,5)×6 27通り
11 (1,5,5)×3 (3,3,5)×3 (3,4,4)×3 (1,4,6)×6 (2,3,6)×6 (2,4,5)×6 27通り
12 (4,4,4) (2,5,5)×3 (3,3,6)×3 (1,5,6)×6 (2,4,6)×6 (3,4,5)×6 25通り
13 (1,6,6)×3 (3,5,5)×3 (4,4,5)×3 (2,5,6)×6 (3,4,6)×6 21通り
14 (2,6,6)×3 (4,4,6)×3 (4,5,5)×3 (3,5,6)×6 15通り
15 (5,5,5) (3,6,6)×3 (4,5,6)×6 10通り
16 (4,6,6)×3 (5,5,6)×3 6通り
17 (5,6,6)×3 3通り
18 (6,6,6) 1通り

3つの目が同じ6種6通り、2つの目が同じ30種90通り、全ての目が違う20種120通り。

 

還元率
ベットタイプ 当たる確率 配当 還元率
小(4~10)/大(11~17) 105/216 1:1 (105/216)×2=210/216≒0.9722 97.22%
奇数/偶数 105/216 1:1 (105/216)×2=210/216≒0.9722 97.22%
トータル(4と17) 3/216 50:1 (3/216)×51=153/216≒0.7083 70.83%
トータル(5と16) 6/216 20:1 (6/216)×21=126/216≒0.5833 58.33%
トータル(6と15) 10/216 15:1 (10/216)×16=160/216≒0.7407 74.07%
トータル(7と14) 15/216 12:1 (15/216)×13=195/216≒0.9028 90.28%
トータル(8と13) 21/216 8:1 (21/216)×9=189/216=0.875 87.5%
トータル(9と12) 25/216 6:1 (25/216)×7=175/216≒0.8102 81.02%
トータル(10と11) 27/216 6:1 (27/216)×7=189/216≒0.875 87.5%
シングル 91/216 目が1つ1:1、目が2つ2:1、目が3つ3:1 (75/216)×2+(15/216)×3+(1/216)×4=199/216≒0.9213 92.13%
ダブル 16/216 8:1 (16/216)×9=144/216≒0.6667 66.67%
トリプル 1/216 150:1 (1/216)×151=151/216≒0.6991 69.91%
エニートリプル 6/216 30:1 (6/216)×31=186/216≒0.8611 86.11%
コンビネーション 30/216 5:1 (30/216)×6=180/216≒0.8333 83.33%

これを見て分かることはベットタイプによって還元率が異なるということです。一番還元率が高い(控除率が低い)のは小/大、奇数/偶数の97.22%で、一番還元率が低い(控除率が高い)のはトータル(5と16)の58.33%です。特にトータル(5と16)に関しては宝くじ並みの還元率の低さです。

 

ゲームの種類 最高の控除率 最低の控除率
アメリカンルーレット 7.89%(ファイブナンバーベット) 5.26%(ファイブナンバーベット以外)
ヨーロピアンルーレット 2.7%(全てのベット) 2.7%(全てのベット)
バカラ 14.2%(バンカーサイドベット) 1.17%(タイベット)
クラップス 16.67%(エニーセブンベット) 1.41%(パスラインベット)
シックボー 41.66%(トータル5と16) 2.77%(小/大、奇数/偶数)

シックボーの控除率(ハウスエッジ)を他のゲームと比較すると大分高いのが分かります。つまりシックボーはお世辞にもプレイヤーにとっていいゲームとは言えません。もしシックボーで勝負をしたいなら小/大、奇数/偶数以外には賭けないことです。尚控除率は100から還元率を引いた値です。

そしてこれを見ても分かるように必勝法や攻略法といったものは存在しません。どんな賭け方をしようとも、一時的に勝つことはあっても長期的には還元率を免れることはありません。

 

様々なシックボーのテーブルとその特徴

スーパーシックボー(Evolution Gaming)

おすすめ度◎

スーパーシックボーが他のシックボーと違うところはダイスが振られている時、特定のベットタイプの配当が上方修正(マルチプライヤー適用)されることです。よって配当に幅があり、これによって還元率を95.02~97.22%まで上げて、他のカジノゲームと遜色無い還元率にしています。1テーブルしかありませんが、スピードバカラ並みに人気のあるテーブルです。

これでしたらどこに賭けても還元率は公平そうで悪くないと思います。

ベット額と配当
ベットタイプ 最小ベット額 最大ベット額 配当 最低還元率
小(4~10)/大(11~17) $0.2 $2500 1:1 97.22%
奇数/偶数 $0.2 $2500 1:1 97.22%
トータル(4と17) $0.2 $50 50~499:1 70.83%
トータル(5と16) $0.2 $100 20~249:1 58.33%
トータル(6と15) $0.2 $250 15~87:1 74.07%
トータル(7と14) $0.2 $500 12~29:1 90.28%
トータル(8と13) $0.2 $500 8~24:1 87.5%
トータル(9と12) $0.2 $500 6~49:1 81.02%
トータル(10と11) $0.2 $500 6~24:1 87.5%
シングル $0.2 $250 1~87:1 92.13%
ダブル $0.2 $250 8~87:1 66.67%
トリプル $0.2 $250 150~999:1 69.91%
エニートリプル $0.2 $250 30~87:1 86.11%
コンビネーション $0.2 $500 5~24:1 83.33%

カジノシークレット参照(2020.12.16)

他ベラジョンカジノ、エンパイアカジノ、ビットカジノ、ラッキーニッキーカジノ、888カジノ、ウィリアムヒル(ライブカジノ)

 

シックボー(Gameplay Interactive)

おすすめ度×

スーパーシックボーよりも配当は悪い上、マルチプライヤーも無くおすすめできません。ゲーム進行速度も他と比べてもたつく感じです。小/大、奇数/偶数はどれぐらいベットされているのかが分かります。ベットするのはチップを置いて確定する必要があります。

ベット額と配当
ベットタイプ 最小ベット額 最大ベット額 配当 還元率
小(4~10)/大(11~17) $1 $250 1:1 97.22%
奇数/偶数 $1 $250 1:1 97.22%
トータル(4と17) $1 $31 50:1 70.83%
トータル(5と16) $1 $31 18:1 52.78%
トータル(6と15) $1 $31 14:1 69.44%
トータル(7と14) $1 $31 12:1 90.28%
トータル(8と13) $1 $63 8:1 87.5%
トータル(9と12) $1 $63 6:1 81.02%
トータル(10と11) $1 $63 6:1 87.5%
シングル $1 $83 1~3:1 92.13%
ダブル $1 $63 8:1 66.67%
トリプル $1 $3 150:1 69.91%
エニートリプル $1 $10 24:1 69.44%
コンビネーション $1 $83 5:1 83.33%

赤字はスーパーシックボーに比べて配当が大分悪いです。

ベラジョンカジノ参照(2020.12.17)

他エンパイアカジノ

 

メガシックボー(Pragmatic Play)

おすすめ度◎

これもスーパーシックボーと同じくマルチプライヤーが適用され、還元率が97.22%まで上げられています。サクサク進みおすすめです。

ベット額と配当
ベットタイプ 最小ベット額 最大ベット額 配当 最低還元率
小(4~10)/大(11~17) $0.5 $2500 1:1 97.22%
奇数/偶数 $0.5 $2500 1:1 97.22%
トータル(4と17) $0.5 $50 50~499:1 70.83%
トータル(5と16) $0.5 $100 20~249:1 58.33%
トータル(6と15) $0.5 $250 15~149:1 74.07%
トータル(7と14) $0.5 $500 12~29:1 90.28%
トータル(8と13) $0.5 $500 8~24:1 87.5%
トータル(9と12) $0.5 $500 6~24:1 81.02%
トータル(10と11) $0.5 $500 6~24:1 87.5%
シングル $0.5 $250 1~87:1 92.13%
ダブル $0.5 $250 8~87:1 66.67%
トリプル $0.5 $25 150~999:1 69.91%
エニートリプル $0.5 $250 30~87:1 86.11%
コンビネーション $0.5 $500 5~24:1 83.33%

ベラジョンカジノ参照(2020.12.17)

他エンパイアカジノ、ラッキーニッキーカジノ、

 

シックボー(OneTouch)

おすすめ度×

Gameplay Interactiveと配当は同じで、おすすめできません。奇数/偶数はありません。テーブルゲームですので、ゲーム進行速度が速すぎてどんどん飲まれていきます。ダイスが振られている時はカバーが掛かります。

ベット額と配当
ベットタイプ 最小ベット額 最大ベット額 配当 還元率
小(4~10)/大(11~17) $0.5 $1000 1:1 97.22%
トータル(4と17) $0.5 $1000 50:1 70.83%
トータル(5と16) $0.5 $1000 18:1 52.78%
トータル(6と15) $0.5 $1000 14:1 69.44%
トータル(7と14) $0.5 $1000 12:1 90.28%
トータル(8と13) $0.5 $1000 8:1 87.5%
トータル(9と12) $0.5 $1000 6:1 81.02%
トータル(10と11) $0.5 $1000 6:1 87.5%
シングル $0.5 $1000 1~3:1 92.13%
ダブル $0.5 $1000 8:1 66.67%
トリプル $0.5 $1000 150:1 69.91%
エニートリプル $0.5 $1000 24:1 69.44%
コンビネーション $0.5 $1000 5:1 83.33%

赤字はスーパーシックボーに比べて配当が大分悪いです。

ベラジョンカジノ参照(2020.12.17)

他ビットカジノ、エンパイアカジノ

 

シックボー(Asia Gaming)

おすすめ度〇

マルチプライヤー適用は無いものの、ベットタイプの一部の配当がスーパーシックボーよりも良く、Gameplay Interactiveよりかはいいです。ベットするにはチップを置いて確定する必要があります。最低ベット額が$5と少し高めです。

ベット額と配当
ベットタイプ 最小ベット額 最大ベット額 配当 還元率
小(4~10)/大(11~17) $5 $1000 1:1 97.22%
奇数/偶数 $5 $1000 1:1 97.22%
トータル(4と17) $5 $150 60:1 84.72%
トータル(5と16) $5 $150 30:1 86.11%
トータル(6と15) $5 $150 18:1 87.96%
トータル(7と14) $5 $150 12:1 90.28%
トータル(8と13) $5 $150 8:1 87.5%
トータル(9と12) $5 $150 6:1 81.02%
トータル(10と11) $5 $150 6:1 87.5%
シングル $5 $1000 1~3:1 92.13%
ダブル $5 $1000 10:1 66.67%
トリプル $5 $150 180:1 83.8%
エニートリプル $5 $150 30:1 86.11%
コンビネーション $5 $700 5:1 83.33%

青字はスーパーシックボーに比べて配当が良いです。

エンパイアカジノ参照(2020.12.18)

他ビットカジノ

 

シックボー(n2-LIVE MOBILE SOLUTION)

おすすめ度×

一部のベットタイプがスーパーシックボーよりも配当が悪く、マルチプライヤーも無いためおすすめできません。

ベット額と配当
ベットタイプ 最小ベット額 最大ベット額 配当 還元率
小(4~10)/大(11~17) $1 $1000 1:1 97.22%
奇数/偶数 $1 $1000 1:1 97.22%
トータル(4と17) $1 $20 50:1 70.83%
トータル(5と16) $1 $55 18:1 52.78%
トータル(6と15) $1 $70 14:1 69.44%
トータル(7と14) $1 $83 12:1 90.28%
トータル(8と13) $1 $125 8:1 87.5%
トータル(9と12) $1 $166 6:1 81.02%
トータル(10と11) $1 $166 6:1 87.5%
シングル $1 $333 1~3:1 92.13%
ダブル $1 $125 8:1 66.67%
トリプル $1 $6 150:1 69.91%
エニートリプル $1 $41 24:1 69.44%
コンビネーション $1 $200 5:1 83.33%

赤字はスーパーシックボーに比べて配当が悪いです。

エンパイアカジノ参照(2020.12.18)

 

シックボー(Ezugi)

おすすめ度◎

マルチプライヤーは無いものの、スーパーシックボーよりも一部のベットタイプの配当が良く、還元率が95.02~97.22%とスーパーシックボー並みになっています。サクサク進みおすすめです。新しく入ったばかりなのか新規ユーザーが少なかったです。

ベット額と配当
ベットタイプ 最小ベット額 最大ベット額 配当 還元率
小(4~10)/大(11~17) $0.25 $2500 1:1 97.22%
トータル(4と17) $0.25 $50 62:1 87.5%
トータル(5と16) $0.25 $100 31:1 88.89%
トータル(6と15) $0.25 $250 18:1 87.96%
トータル(7と14) $0.25 $500 12:1 90.28%
トータル(8と13) $0.25 $500 8:1 87.5%
トータル(9と12) $0.25 $500 7:1 92.59%
トータル(10と11) $0.25 $500 6:1 87.5%
シングル $0.25 $300 1~12:1 96.3%
ダブル $0.25 $250 11:1 88.89%
トリプル $0.25 $50 180:1 83.8%
エニートリプル $0.25 $250 30:1 86.11%
コンビネーション $0.25 $500 5:1 83.33%

(75/216)×2+(15/216)×3+(1/216)×13=208/216≒0.963より96.3%

青字はスーパーシックボーに比べて配当が良いです。

エンパイアカジノ参照(2020.12.21)

他ベラジョンカジノ、ビットカジノ、ラッキーニッキーカジノ、

 

シックボー(eBET)

おすすめ度×

還元率はGameplay Interactiveと同じです。二つの同じ数、三つの異なった数というベットタイプが加えられていますが、やはり還元率は悪いです。進行速度も遅めです。ベットするにはチップを置いて確定する必要があります。

ベット額と配当
ベットタイプ 最小ベット額 最大ベット額 配当 還元率
小(4~10)/大(11~17) 100μ฿ 500000μ฿ 1:1 97.22%
奇数/偶数 100μ฿ 500000μ฿ 1:1 97.22%
トータル(4と17) 100μ฿ 10000μ฿ 50:1 70.83%
トータル(5と16) 100μ฿ 25000μ฿ 18:1 52.78%
トータル(6と15) 100μ฿ 500000μ฿ 14:1 69.44%
トータル(7と14) 100μ฿ 500000μ฿ 12:1 90.28%
トータル(8と13) 100μ฿ 500000μ฿ 8:1 87.5%
トータル(9と12) 100μ฿ 500000μ฿ 6:1 81.02%
トータル(10と11) 100μ฿ 500000μ฿ 6:1 87.5%
シングル 100μ฿ 150000μ฿ 1~3:1 92.13%
ダブル 100μ฿ 60000μ฿ 8:1 66.67%
トリプル 100μ฿ 10000μ฿ 150:1 69.91%
エニートリプル 100μ฿ 25000μ฿ 24:1 69.44%
コンビネーション 100μ฿ 100000μ฿ 5:1 83.33%
二つの同じ数 100μ฿ 10000μ฿ 60:1 84.72%
三つの異なった数 100μ฿ 10000μ฿ 30:1 96.11%

100μ฿は$1と考えて下さい。

赤字はスーパーシックボーに比べて配当が悪いです。

ビットカジノ参照(2020.12.21)

 

シックボーデラックス(Playtech)

おすすめ度◎

マルチプライヤータイプです。スーパーシックボーに比べてベットタイプによるマルチプライヤー乗数は若干異なりますが、還元率は95.09~97.22%と同じです。偶数/奇数はありません。進行速度は若干遅めです。

ベット額と配当
ベットタイプ 最小ベット額 最大ベット額 配当 最低還元率
小(4~10)/大(11~17) $0.2 $10000 1:1 97.22%
トータル(4と17) $0.2 $100 50~499:1 70.83%
トータル(5と16) $0.2 $100 20~299:1 58.33%
トータル(6と15) $0.2 $100 15~99:1 74.07%
トータル(7と14) $0.2 $100 12~39:1 90.28%
トータル(8と13) $0.2 $100 8~34:1 87.5%
トータル(9と12) $0.2 $100 6~29:1 81.02%
トータル(10と11) $0.2 $100 6~24:1 87.5%
シングル $0.2 $500 1~87:1 92.13%
ダブル $0.2 $500 8~87:1 66.67%
トリプル $0.2 $50 150~999:1 69.91%
エニートリプル $0.2 $500 30~87:1 86.11%
コンビネーション $0.2 $1750 5~24:1 83.33%

赤字はスーパーシックボーに比べて乗数が悪く青字は良いです。

ジパングカジノ参照(2020.12.22)

他ウィリアムヒル(カジノのライブディーラー)

 

こうしてみますと同じシックボーでも配信会社によって還元率が異なるのが分かります。勿論高い方が良く、シックボーをやるならスーパーシックボー(Evolution Gaming)、メガシックボー(Pragmatic Play)、シックボー(Ezugi)、シックボーデラックス(Playtech)、この辺りがおすすめです。それ以外でやる場合はトータル(5と16)、トータル(6と15)、エニートリプルは還元率が悪いのでベットは避けて下さい。

またシックボーのできる同じ配信会社が入っていてもカジノによってはできないところもありました。恐らくカジノ側とプロバイダー(配信会社)の契約がそれぞれ違うと思われます。また以前はシックボーを取が入っていたのに、現在は取り扱っていない配信会社もありました。

個人的にはマルチプライヤータイプのものがおすすめです。

 

シックボーをやってみて

テーブルゲームは中々大勝できないというイメージがありますが、今回はマルチプライヤーを狙ってスーパーシックボー(Evolution Gaming)のトータルベットに挑戦してみました。しかしマルチプライヤーは引けないどころか、そもそもトータルが中々当たらないものでした。あまりにも当たらないので2か所賭けしましたがそれでも当たらず、当たった時は勝金はとっくにそれまでの投資額を上回っていました。

このゲームは戦略と言ったものは無く、運だけのゲームですので正直あきます。ただベットするだけで選択の要素が無いですからね。今回は$1賭けで60ゲーム少々プレイして$35ほどしか回収できませんでした。そして意外にも一回も3つゾロ目は出ませんでした。体感的にはルーレットの0より出ない感じでした。エニートリプルが出る確率は1/36、ルーレットで0が出る確率は1/37で、前者の方が若干高いですがもっとプレイしないとこの差は出ず、体感となると相当時間かけないと無理だということですね。

今回はお世辞にもたくさん実戦したとは言えませんが、長くやっていれば賭けた金額の控除率分減っていくことが体感的にも容易に想像つきます。何か面白い賭け方があればいいのですが、今回は思いつきませんでした。

新型コロナ第3波の特徴と政府の対応

記事編集日 2021.1.8

日本ではここ数日新型コロナの新規感染者が2500人を超える日が出てきています。現在感染者数は22000人を超え、第3波に入ってから第2波のピークをあっという間に超えてしまいました。200人規模のクラスター感染も報告され、医療が逼迫してきています。今回は新型コロナ第3波の特徴と政府の対応を中心にまとめておきます。

 

新型コロナ感染の国内の現状

これは11月26日現在の感染者数の現状ですが10月半ば頃より横ばいから増加に転じ、ここ数日で第2波のピークを超えました。明らかに第3波と言えます。29日には感染者が2043人確認され、4日連続で2000人を超えました。西村担当相はこの3週間が勝負でステージ4の地域になると緊急事態宣言が視野に入ってくると言っています。ステージ3相当は現在札幌、東京23区、名古屋市、大阪市と考えられています。

ステージ1:感染者の散発的発生

ステージ2:感染者の漸増

ステージ3:感染者の急増(最大確保病床数の占有率が25%以上、10万人あたりの療養者数が15人以上、1週間の10万人あたりの新規感染者数が15人以上)

ステージ4:爆発的な感染拡大(最大確保病床数の占有率が50%以上、10万人あたりの療養者数が25人以上、1週間の10万人あたりの新規感染者数が25人以上)

第3波の特徴としましては高齢者の感染者数が増えてきており、重症者が増えていることです。全国の重症者の数は29日から10人増えて472人となり、過去最多で2週間前と比べて倍近く増えています。第2波でしたら活発な若者が感染するケースが多く要因も割とはっきりしていましたが、買い物ぐらいしか出歩かない高齢者の感染が相次いでいることから、市中に感染者が蔓延していることが考えられます。また病院や学校などでクラスターが相次いでおり医療機関を逼迫しています。

 

Go Toキャンペーン

これだけ感染者を急拡大させたのは7月22日から始められたGo Toトラベルを始めとした政府が推進する観光支援事業(Go Toキャンペーン)だと言われており、これが直接の原因になっている証拠は無いものの人々の活発化を後押ししているのは明らかです。地方観光業者にとって事業の継続期待は根強く、4000万人も利用していることから経済をある程度回しているのは確かです。

しかしここまでくるとブレーキをかけざるを得なく、政府は11月24日Go To Eat食事券の新規発行停止の要請、札幌市と大阪市を目的地とするGo Toトラベルの停止を決定しました。こうなると宿泊のキャンセルも相次ぎ、営業していても固定費の負担で赤字になってしまうため、札幌のホテルでは12月から臨時休業するホテルが出始めています。

またこれを悪用した不正も出ています。Go To Eatで店側が客を装って自店を予約し、架空の実績でポイントを得ようとしたケース等です。こういうのは必ず抜け道がありますので、こういう苦しい時期にこのような悪用をした場合は厳罰を与えてほしいものです。

政府は6月末までGo Toトラベルを延長する方針を明らかにしました。コロナ対策を徹底した上で観光需要の回復を狙うそうです。Go To Eatについても延長する方針だそうです。経済を優先するということですね。人間がウイルスを運ぶのは歴史上から見ても明らかなのに無謀な政策としか思えません。

 

完全失業率の上昇

総務省によると10月の完全失業率は3.1%の215万人となり、9ヵ月連続増となりました。10月の失業者の内22万人が勤め先による都合、11万人が自己都合でした。業種別では、宿泊・飲食サービス業が43万人、農業・林業が12万人、サービス業が10万人減りました。

 

自殺者の増加

年前半は著しく低い水準で推移してきた自殺者数が10月は一転して増え、前年同月比39.9%増の2153人となりました。コロナが増え始めた当初は一律10万円の特別給付金や中小事業者を対象とした雇用調整助成金等の支援がありましたが、こうした支援策はいつまでもできるものではなく、長期的な景気の見通しの悪さから雇用環境は悪化し生活が困窮してきていることが考えられます。また子供の自殺者も増え、休校等で生活環境が変わって精神的な負担を大きくしていることが挙げられます。

 

大阪の医療の現状

大阪では病床は86.7%とほぼ埋まり、対応の遅れを浮き彫りにしました。Go Toキャンペーン等で回復基調にあった経済状況に冷や水を浴びさせる時短や休業要請は簡単にできないとのことでした。しかし21日からの3連休で415人、490人と過去最多の更新が続き、時短要請に乗りきらざるを得ないようになりました。最大の切り札は大阪コロナ重症センターですが設備は整うものの、医療従事者の数が足りていないようです。

 

ワクチン

世界では新型コロナウイルス用のワクチンが次々と完成に向かっています。独ビオンテックと共同で開発した米ファイザーはワクチンに緊急使用許可を申請し、英グラクソ・スミスクラインと仏サノフィンは互いの技術を組み合わせると合意しました。感染症は突然変異や不意の収束によって研究開発や設備投資が無駄になる恐れがあるため、世界の製薬大手では新しい感染症を対象にした案件は1%しかありませんでしたが、ここにきて鳴きどころとなってしまった感じです。

 

増えるプラごみ

レジ袋の有料化が全国で義務付けられてから5ヵ月になりますが、プラごみの総量に占めるレジ袋の割合は小さく、コロナ下で弁当や総菜の購入が増えたことからプラごみ自体は前年に比べて8%ほど増えています。

 

政府が呼びかける感染リスクの高まる5つの場面

飲酒を伴う懇親会、大人数や長時間に及ぶ飲食、マスク無しでの会話、狭い空間での共同生活、仕事場と更衣室などの切り替わり、加藤勝信官房長官はこれらの場面に注意するよう呼び掛けています。前三者は意識次第で何とかならなくもないですが、後二者はどうしようもない感じですね。

 

コロナで伸びてる業界

巣ごもり消費から話題性の高い「鬼滅の刃」がコミックで1億部を突破し、劇場版の興行収入は275億円を超え日本歴代2位となりました。他Zoom等のオンラインツールやパソコン、液晶ディスプレー、密集を避けながら楽しめるキャンプやゴルフなどのアウトドア用品、電気調理鍋やホームベーカリー等の調理家電も伸びています。

 

コロナで停滞する業界

就労する2割が外国人技能実習生にあたる鉄筋業界が、入国停滞により人手不足に陥りかねないようです。在宅勤務の広がりでオフィス周辺のコンビニや自販機の利用が減少していることから伊藤園の純益が前期比26%減の58億円になりそうだとしています。

 

東京五輪

政府は来年の東京五輪とパラリンピックで、新型コロナ対策を取りながら大規模な外国人客を受け入れ、交通機関の利用にも制限をかけない方針を明らかにしました。替わりに日本側にウイルス陰性の証明書を提出して、2つのアプリをインストールして貰い、感染者でないことの証明や行動履歴の保存に使うようです。

尚五輪の追加経費は3000億円に上り、そのうち1000億円はコロナ対策費にかかるようです。これによって開催経費1兆3500億円に3000億円を加えることになります。しかし国内外の感染状況は悪化しておりこの経費は増える可能性もあります。これらを賄う収益の8割はチケット販売とスポンサーからの協賛金ですが、チケットが売れる見通しは立っていません。

 

給付金詐欺と偽造在留カードの密売横行

新型コロナウイルス対策で国が個人事業主や中小企業に支給する、持続化給付金100万円をだまし取る詐欺やそれに伴う逮捕者が後を絶ちません。大体不正を指南するリーダー格がいて、一件につき数1000万~1億円に及びます。

また新型コロナの影響で職を失った、外国人労働者を相手にした偽造在留カードの密売も横行しています。転職先が決まらず在留期限が過ぎれば強制撤去を迫られる可能性のある外国人労働者に、国内外の犯罪組織が目をつけています。カードには通常ICチップが搭載されていますが、流通する偽造カードの多くには内臓されていません。これは簡単に見抜けますが偽造を知りつつ雇う企業も少なくありません。不法在留者が他の犯罪に染めるケースは多いため治安の悪化を懸念しています。

 

コロナ関連ニュース

12月4日

〇旭川厚生病院クラスターによる感染が200人を超え、国内最大級の規模となりました。

12月5日

〇東京都で584人感染し過去最多となりました。

12月11日

〇東京都で新規感染者が600人台となりました。

12月13日

〇新規感染者が国内初の3000人超えとなりました。

〇米FDAはファイザー開発のワクチンの緊急使用を許可しました。

12月22日

〇イギリスで感染が拡大している変異種が、デンマークやオーストラリア、アイスランド、イタリア、オランダの5カ国で報告されました。変異種は9月に確認されてから12月9日時点でイギリスで感染者全体の62%に広がり、各国はイギリスからの入国を制限する動きが広がっています。

1月7日

〇菅首相は7日東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県を対象に緊急事態宣言を発令しまた。期間は一ヵ月です。

 

一週間毎の状況の時系列

2020.12.4

国別感染者数と死者数
感染者 死者
アメリカ 14122913人 275550人
ブラジル 6487084人 174515人
インド 9534964人 138648人
ロシア 2354934人 41173人
イギリス 1678418人 60210人
スペイン 1675902人 46038人
イタリア 1664829人 58038人
イラン 1003494人 49348人
ドイツ 1128742人 17861人
トルコ 733261人 14316人
フランス 2310271人 54230人
中国 86579人 4634人
日本 155928人 2174人
韓国 35703人 529人

中国は何だかんだいって立派です。一方日本は感染症に無知な老人が集まってGo Toキャンペーンの延長等経済の方を優先している感じです。

 

2020.12.11

国別感染者数と死者数
感染者 死者
アメリカ 15550786人 291754人
ブラジル 6781799人 179765人
インド 9767371人 141772人
ロシア 2546113人 44769人
イギリス 1792605人 63179人
スペイン 1720056人 47344人
イタリア 1787147人 62626人
イラン 1083023人 51496人
ドイツ 1270432人 20737人
トルコ 955766人 15751人
フランス 2391519人 57044人
中国 86673人 4634人
日本 172376人 2392人
韓国 40098人 564人

東京では11日新規感染者が初の600人台となりました。政府は世論を受けてGo Toの一時停止の検討に踏み切っています。アメリカではファイザーの開発したワクチンがFDAが許可すれば投与できるところまできています。

 

2020.12.18

国別感染者数と死者数
感染者 死者
アメリカ 17163944人 310095人
ブラジル 7040608人 183735人
インド 9956557人 144451人
ロシア 2736727人 48568人
イギリス 1954268人 66150人
スペイン 1785421人 48777人
イタリア 1906377人 67220人
イラン 1138530人 53095人
ドイツ 1438438人 24611人
トルコ 1955680人 17364人
フランス 2483524人 59733人
中国 86777人 4634人
日本 190913人 2661人
韓国 46453人 634人

日本では17日には新規感染者が3210人と過去最高となりました。京都の医療現場は逼迫してきていると声明を出しています。

 

2020.12.25

国別感染者数と死者数
感染者 死者
アメリカ 18633352人 328838人
ブラジル 7423945人 189982人
インド 10123778人 146756人
ロシア 2934695人 52434人
イギリス 2195121人 69731人
スペイン 1854951人 49824人
イタリア 2009317人 70900人
イラン 1183182人 54308人
ドイツ 1614336人 29085人
トルコ 2100712人 19115人
フランス 2584249人 62388人
中国 86899人 4634人
日本 210743人 2967人
韓国 53533人 756人

イギリス、南アフリカに引き続きナイジェリアでも新たな変異種が確認されています。

 

2021.1.1

国別感染者数と死者数
感染者 死者
アメリカ 19944307人 345316人
ブラジル 7675973人 194949人
インド 10266674人 148738人
ロシア 3127347人 56271人
イギリス 2496214人 73622人
スペイン 1928265人 50837人
イタリア 2107166人 74159人
イラン 1225142人 55223人
ドイツ 1745636人 33495人
トルコ 2208652人 20881人
フランス 2677666人 64759人
中国 87052人 4634人
日本 235791人 3279人
韓国 60740人 900人

31日の大晦日は国内新規感染者が4515人と過去最高になり歯止めがかからない状況です。

 

2021.1.8

国別感染者数と死者数
感染者 死者
アメリカ 21503004人 364218人
ブラジル 7873830人 198974人
インド 10395278人 150336人
ロシア 3297833人 59628人
イギリス 2897904人 78632人
スペイン 2024904人 51675人
イタリア 2220361人 77291人
イラン 1268263人 55933人
ドイツ 1869262人 38304人
トルコ 2296102人 22264人
フランス 2763306人 66700人
中国 87279人 4634人
日本 267065人 3674人
韓国 66686人 1046人

連日最多新規感染者数が更新している中、菅首相は7日東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県を対象に緊急事態宣言を発令しまた。期間は8日から2月7日までの1ヵ月間です。これによって飲食店等は午後8:00までの時短を要求されました。午後8:00以降の外出自粛も要求されました。一斉休校は要請せず、大学入試等は実施するようです。

XMTradingの口座開設

口座開設だけど$30(3000円)がボーナスとして進呈され、それで利益が出れば引き出せます。ノーリスクですので試してみて下さい。

 

XMとは

XMTrading(XM)とはTradexfin Limitedが運営する海外のブローカーで、FX、CFD商品(商品、株式指数、貴金属、原油)を扱っています。MT4かMT5のプラットフォーム上で取引するのが特徴です。Tradexfin Limitedは証券ディーラーライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁(FSA)により規制されていますが、日本金融庁の監視下にはありません。海外ブローカーは信用第一ですが、XMは悪い評判をほとんど聞かず、日本人が利用する海外ブローカーの中ではNo1です。

海外ブローカーを利用する最大のメリットはレバレッジの大きさで、XMは最大で888倍のレバレッジをかけることができます。追証もありません。国内業者ですと2011年8月より25倍に制限されました。25倍でも十分利益を上げれますが、それでも物足りない方が主に利用しています。また登録ボーナスや入金ボーナスもありますので、ノーリスクや低額投資からでも始められます。一方国内業者と比べてスプレッドが広く、スワップポイントも良くないのがデメリットになります。

XMは複数口座を持つことも可能です。またスマホにも対応していますので、いつでも取引することができます。

 

登録と口座の有効化

クリックすると拡大します。

+81というのは日本国番で、電話番号は最初の0は取って下さい。プラットフォームは特にこだわりがなければMT5にして下さい。口座タイプはスタンダード(1lot=100000)、マイクロ(1lot=1000)、XMTrading Zero(1lot=100000)がありますが、一番利用者が多いのがスタンダードです。

次のページでは個人情報、住所、取引口座詳細、投資家情報、口座パスワードを入力します。口座の基本通貨はUSD、EUR、JPYの中から選べます。口座ボーナスは受け取って下さい。オンラインカジノのような引き出し条件は特にありません。

 

口座が開設されますとこんな画面が開きます。以降は口座番号とパスワードでログインすることになります。最初に口座を有効化します。マイナンバー、身分証明書(パスポートや運転免許証)、住所確認書類(住所の記載された6カ月以内の公共料金の請求書)が必要です。書類をアップロードしたら24時間以内には口座有効化のお知らせがメールで届きます。

 

ボーナスを貰おう

口座を有効化しますと$30(3000円)のボーナスを受け取ることができます。ボーナスを請求しますとメールに認証コードが届きますので、それを入力すると反映されます。

 

 

プラットフォームをダウンロードして取引してみよう

クリックすると拡大します。

MT5のプラットフォーム(スマホ対応)をダウンロードしてログインします。プラットフォームにも口座番号とパスワードでログインすることになります。ここで注意することはXMTrading-MT5 3にログインすることです。メールにも記載がありますので確認して下さい。

確かに$30のクレジットが反映されています。この$30は直接引き出すことはできませんが、取引して利益が出ればその分は引き出すことができます。ノーリスクですので試してみて下さい。口座の通貨に関わらずロング(買い)とショート(売り)の概念は国内業者も海外業者も一緒です。

 

プラットフォームの使い方は後述します。私はEUR/JPYで0.05lotほどロング(買い)のポジションを取りました。見ていて何となく上がるような感じがしたからです。

 

しかし結果はすぐに下がってしまい。$1.31を残して強制ロスカットになってしまいました。

 

MT5プラットフォームの使い方

クリックすると拡大します。

番号と名称 機能
メニューバー カテゴリーの大本で、ここから何でもできます。
ツールバー 比較的よく使われる機能のアイコンです。新規注文、チャートをローソクにしたり、サポートラインを引いたりできます。
データウインドウ、気配値表示、ナビゲータ チャート上の為替値やペア通貨を表示できます。
チャート 為替の変動やインジケーターを表示できます。
ツールボックス、ストラテジーテスター 取引や口座情報、過去チャートに当てはめたテストができます。

実際によく使うのはメニューバー、ツールバー(新規注文)、気配値表示(ペア通貨)、チャート(値動きを見る)ぐらいです。

 

デモ口座

$100000の仮想残高で取引できますのでFXやMT4,5のプラットフォームに慣れていない方はこれを使ってみるといいです。どのように注文するのか、注文した価格はどれぐらい変動するものなのか、どれぐらい利益や損益が出るのかもわかります。入金した後何も分からず取引し、すぐにロスカットなんてさすがに心が折れますからね。MT5の使い方も色々試せます。

 

入出金

入金手段 入金額 入金額手数料 反映時間 確認
クレジットカード $5~ 無料 即時反映
銀行送金 ~$100000 $100以上は無料$100未満は$15 1時間以内で営業時間外は翌日

 

出金手段 出金額 出金手数料 反映時間 確認
クレジットカード $5~入金額 無料 最大2ヶ月
銀行送金 $100~ ※※ 2~5営業日

注)$1は100円相当です。マネーロンダリング防止上入金手段と出金手段は同じにしなければなりません。

クレジットカードで入金して利益が出た場合はその分は銀行送金で引き出すことになります。

※※国内銀行送金にて出金処理が行われた場合、決済会社に支払う手数料$25はお客様の負担となります。また海外銀行送金にて出金処理が行われた場合、ご利用の受取銀行側で発生する受取手数料やリフティングチャージ、中継銀行を介した際に発生する中継手数料はお客様の負担となります。

 

ボーナス

XMは以下のボーナスを貰うことができます。ボーナスは残高には表示されませんが、クレジットとして表示され、これで取引することができます。注文して決済し、利益が出ればその分は残高に表示されます。ボーナスは申請の必要は無く、口座を有効化したり、入金すれば自動的に反映されます。特に最初の頃は資金を倍にできますので貰っておいて絶対に損はありません。尚引き出す時ボーナスのクレジットが残っていればその分は消滅します。またボーナスを使い切ってしまった場合は一定期間でリセットされまた100%ボーナスから受け取れます。

 

入金不要登録ボーナス

XMに登録し口座を有効化すれば$30(3000円)のボーナスを受け取ることができます。

 

100%入金ボーナス

$500まで入金と同額のボーナスが貰えます。

 

20%入金ボーナス

100%ボーナスを使い切ってから更に$4500まで入金の20%ボーナスが貰えます。

 

ロイヤリティポイント(XMP)

これは取引すれば獲得できるコンプポイントで、XMPで表示され、ボーナスや現金に変換できます。1lot毎に獲得できるXMPはステータスによって異なり、ステータスはEXECUTIVEGOLDDAIAMONDELITEの4段階に分かれています。ステータスは継続して取引を行えば上がっていきます。逆に一定日数取引しなかった場合はEXECUTIVEにリセットされます。

継続日数 ウェルカム 30日以上 60日以上 100日以上
ステータス EXECUTIVE GOLD DAIAMOND ELITE
獲得できるXMP 10XMP/lot 13XMP/lot 16XMP/lot 20XMP/lot
リセット期間 30日 60日 90日

注)XMPはスタンダードとマイクロ口座で取引した場合のみで、Zero口座で取引した場合は獲得できません。また上記のlotはペア通貨で取引した場合で、CFD商品(商品、株式指数、貴金属、原油)の場合は単位当たりのlot数が変わってきます。

獲得したXMPは、XMP/3でボーナス(クレジット)へ、XMP/40で現金(ドル)へ変換できます。

 

スプレッドとスワップポイント

スプレッドとスワップポイントは国内業者と比べてお世辞にもいいとは言えません。以下は代表的な通貨ペアのXMのスプレッドとスワップポイントです。

通貨ペア 平均スプレッド ロング(買い)スワップポイント ショート(売り)スワップポイント
USD/JPY 0.016(円) -1.72(百円) -4(百円)
EUR/USD 0.00017(USD) -5.7(USD) -0.7(USD)
EUR/JPY 0.023(円) -4.89(百円) -1.89(百円)
GBP/USD 0.00024(USD) -4.41(USD) -2.81(USD)
GBP/JPY 0.036(円) -3.18(百円) -4.38(百円)
EUR/TRY 0.0385(TRY) -417.84(TRY) 168.66(TRY)
EUR/ZAR 0.0182(ZAR) -389.74(ZAR) 112.66(ZAR)

詳しく見たい方はFX取引から見ることができます。またスワップ計算ツールを使うことで直接調べることもできます。

 

参考までに以下は国内業者DMMの値です。

通貨ペア 平均スプレッド ロング(買い)スワップポイント ショート(売り)スワップポイント
USD/JPY 0.002(円) 8(円) -11(円)
EUR/USD 0.00003(USD) -24(円) 21(円)
EUR/JPY 0.005(円) -12(円) 9(円)
GBP/USD 0.00006(USD) -7(円) -4(円)
GBP/JPY 0.01(円) 9(円) -12(円)

DMMは通貨ペアこそ少ないですが、スプレッドが狭くスワップポイントもいいです。特にスワップポイントはDMMですとどちらかのポジションでは利益が出ますが、XMは一部の通貨を除いて両方のポジションでマイナスになります。こうしてみますとXMはスキャルピングやスワップポイントを狙ったポジションの長期保有には向かないと言えます。

 

XMの取引時間

XMの取引時間は、10月の最終日曜日午前1時 ~3月の最終日曜日午前1時までは日本時間で月曜7:05~土曜6:50、3月の最終日曜日午前1時 ~10月の最終日曜日午前1時まではサマータイムが採用され、日本時間で月曜6:05~金曜5:50となります。またクリスマスと年末年始12月30日~1月2日は休場となります。この時間帯は売買も決済もできませんので注意して下さい。

 

その他のサービス

XMにはお客様に役立つ様々なサービスが用意されており、FXを学ぶで見ることができますが、デイリーマーケット分析ビデオは5~6分でまとめられたその日のFXに関するニュースを見ることができます。FXウェビナーではオンライン学習によってFXを学ぶことができます。プラットフォームチュートリアルではMT4の使い方をビデオで見ることができます。FXシグナルはライブ口座(デモでない方)を開設しますと無料のシグナル配信を見ることができます。MQL5では有料ではありますが、MQL5取引シグナルをプラットフォーム上で見ることができます。経済指標カレンダーでは消費者物価指数などのインジケーターを経時的に見ることができます。FX計算ツールでは通貨換算ツールや証拠金計算ツール、スワップ計算ツールなどを使うことができます。

 

サポート

何か分からないことがあればメールでもチャットでも問い合わせることができ、すぐに疑問を解決することができます。

 

XMの注意点

スタンダード口座では1lot=100000通貨というのをまずは注意しなくてはいけません。国内口座では大体1lot=10000通貨です。また90日間取引が無かった場合、口座は休眠状態となり一ヵ月につき$5の手数料が掛かります。残高が0になってしまうと凍結状態になります。凍結になってしまった場合は口座再開を申請し身分証明書と住所確認書類を提出すればまた再開します。

 

評判

ボーナスが手厚いのでこれを利用して少額資金からトレードできる。レバレッジの高さが魅力的。ロスカット水準が国内業者よりも低い。追証無しのゼロカットシステムを採用しているためマイナスになることがない。入金はスムーズでタイムラグがほとんど無く、出金も銀行口座への着金が3~4日と他と比べて格段に速く、XM側の手数料は一切無し。日本語に対応しており日本人スタッフも数十人常駐している。これらの良い評判が圧倒的に多いです。一方スプレッドが広いためスイングやデイトレには向くが、スキャルピングにはおすすめしないようです。

 

XMTrading

Golden Ticket 2のレビューと実戦

Play’n GOのGolden Ticketは人気のあるスロットでしたが、Golden Ticket 2が今年になって出てきました。今回はこのGolden Ticket 2をレビューして実戦してみたいと思います。

 

ルールと特徴

このスロットはカスケード式(落下式)のスロットで、グリッド(絵柄)が縦か横に3つ以上揃うと配当となり、またその部分が消去され上からズレ落ちてくるという仕組みです。

これは1スピン$2となっていますが、これが倍率と配当となっています。

 

シンボルが3つ揃うとその真ん中がWILDとなり、両端の2つが消えて2回目の抽選に入ります。4つ、5つの揃いはただそのシンボルが消えるだけでWILDは出現しません。この辺はGolden Ticketと一緒です。違う点はシンボルがキャラクターだった場合は3列なら1つ、4列なら2つ、5列なら3つのセクションを左下のメーターに与えます。

 

メーターが満たされると×1か×2か×3のマルチプライヤーWILDを開放してグリッドに追加されます。

 

また2回目、3回目、4回目、5回目、・・・・と抽選を受けれに従って×2、×3、×4、×5、・・・・とマルチプライヤー乗数が与えられます。この辺もGolden Ticketと一緒です。要は投機性が激しいということです。抽選が終わったところでメーターはまた0に戻り次のゲームが始まります。

 

BONUS列は上から3段目以内を移動しますが、グリッドの消去によってこれを出現させればフリースピンとなります。BONUS列はセクションメーターを一杯にしてWILDを開放させなければ出現させにくいです。

 

フリースピンは3つの中から選択できますが、一番右がおすすめです。破壊力が桁外れです。

 

フリースピンではメータのセクションが5つになりますが、それでも開放しやすいです。解放しますとこのようなとてつもないWILDが出現します。ペイアウト率は96.5%です。

 

Golden Ticketとの違い

元祖Golden Ticketは同じカスケードマルチプライヤー式ですが、BONUS列は縦になっており最大4つ出てくることもあります。体感的にフリースピンを当てれる確率はGolden Ticket 2と大差無い感じです。またメーターセクションはありません。

 

フリースピンは非常にかわいくてシンプルです。全体的に取り組みやすく、好感が持てるスロットとなっています。ペイアウト率は96.69%です。

 

Golden Ticket 2の実戦してみて

4:30と8:00のところにフリースピンがあります。10分程度で2回もフリースピンが当たりましたので悪くないと思います。たまに当たる高マルチプライヤーはフリースピン以上に破壊力があって面白いです。ユーザーのツボを押さえてよく考えられたスロットだと思います。要は飽きさせず時たま爆発力もあるということです。収支は最低ベット額$0.2で回してみて30分で$20ほど溶けました。ペイアウト率96.5%は妥当そうですので、ボーナス消化に向く(ゆっくり消費していくタイプ)と思います。

ベラジョンカジノビットカジノカジノシークレット等Play’n GO社が入っているならどのオンラインカジノでもできます。

 

欠点

日を改めてやってみましたら重くて内部エラーが度々出ることがありました。

 

折角セクションメーター一杯にしてWILDを開放させてもシンボルが揃わないこともあります。

 

注意点

最初ベット額が$2になっていますので注意して下さい。これはベラジョンカジノですが、ベット額は$0.2、0.4、0.6、0.8、1.0、2、5、10、20、40、60、80、100でした。左下の?をクリックすればゲームのルールや配当を見ることができますので最初に確認しておいて下さい。

また当然ですが飲まれる時は飲まれます。最低ベット額$0.2で10分で$27ほど溶けました。フリースピンが一回も当たらないときついです。