入金不要、登録だけで$30が漏れなくプレゼント!
登録後に申請すると、すぐにアカウントへボーナス$30が反映されます。
ベラジョンカジノ運営者の好意により特別に授かった限定プロモーションです。
ノーリスクでベラジョンカジノのプレイ資金にして下さい。


仮想通貨のビットコインも利用できます。

スイートボナンザの当たる確率を実戦より検証する

ボナンザ(Bonanza)と聞くと保木邦仁氏が開発した将棋のソフトを思い浮かべますが、これは当時従来のソフトより格段に棋力が高く、プロでもやられることがあると話題になっていました。2007年の渡辺明竜王との公開対局で、あと一手で投了というところまで渡辺竜王を追い込みましたが、最後の最後で間違えてしまい負けてしまいました。現在の将棋ソフトはもうプロを超えて、プロがツールとして使う時代になってしまいましたが、思えば将棋ソフトはこの時期から非常に早いスピードで進化していったと思います。

この名前を再び聞くようになったのは、Big Time Gamingのmegawaysスロット、Bonanzaが出た時です。そこで改めてボナンザの意味を調べてみると、スペイン語で良い天候、繁栄、豊かな鉱脈を意味し、思いがけない幸運、大当りの意味で19世紀前半ごろからアメリカでも盛んに使われるようになったようです。

今回また新たなボナンザが出てきました。Pragmatic Playのビデオスロットで、スイートボナンザ(Sweet Bonanza)という機種です。絵柄はフルーツでとても男性受けするようには思えませんが、フリースピンにマルチプライヤー乗数が適用され、とんでもなく投機性の高いスロットです。

今回はベラジョンカジノでスイートボナンザベラジョンに挑戦してみようと思います。

 

スイートボナンザの概要とルール

概要

プロバイダー Pragmatic Play
タイプ カスケード(落下)式
理論上の還元率 96.49~96.6%
ベット額 $0.2~50/1スピン
リール 6
レーン 5

ペイラインと言うものは無く、画面上どこでも同じシンボルが8つ以上出ると配当となり、その部分が消失して再抽選となります。これは$1賭けの配当です。

 

フリースピン

ベラジョンのスキャターが4つ以上出るとフリースピンとなります。フリースピンは10回で、絵柄にはマルチプライヤーシンボルが加わります。

マルチプライヤーシンボルには2x~100xまでの数が書かれており、落下の連続が終了するまで画面に表示されており、落下が終了すると配当が乗数化されます。例えば14x、9x、50xと現れ$5勝ちとしますと、5×14×9×50=$31,500の配当を受けることになります。とんでもない破壊力です。またフリースピンはベット額×100で購入することもできます。またベット額を1/4増やすだけで、フリースピン(機能)を獲得するチャンスが2倍になります。

 

操作

①フリースピン(機能)を購入することができます。但し賭け金$1.4(購入額$140)までしか購入できません。

②オンにすると賭け金が1/4増え、フリースピン獲得チャンスが倍増します。

③この機種のルールを見ることができます。

③賭け金を$0.2~$40まで設定できます。(ベラジョンカジノでは上限は$40でした。)またオートプレイは10~1000回転までの他、スピン速度を設定できます。

⑤この機種から離れてロビーに戻ることができます。

 

実戦と結果

ベラジョンカジノでスイートボナンザを400回回してみました。以下条件と結果です。

機種 ハワイアンドリーム
1回転のベット額 $0.25/1スピン(オン)
合計回転数 400スピン
合計ベット額 $100
結果 -$29.51
実戦の還元率 70.49%
フリースピンが当たった数 1回

この手のタイプ(フリースピンにマルチプライヤーが適用されるタイプ)のスロットは中々フリースピンを当てにくいです。これもやはり中々当たらなく、400スピンさせて1回しか当たりませんでした。ベット額の100倍払うとフリースピンが買えますが、そちらの方がコスパが良さそうです。フリースピンで獲得した金額は$9.17でしたので、期待値は購入額の半分以下だと思いますが、マルチプライヤーは破壊力がありますので、大勝する時は凄まじいと思います。

 

スキャターのベラジョンシンボルが4つ出るとフリースピンとなります。

 

これはフリースピンモードです。配当$0.4に対して、6x、6x、2xのシンボルが出ましたので計14倍となり、$0.4×14=$5.6の勝利となります。配当とマルチプライヤー乗数の合計が大きくなればなるほど勝利金額も大きくなり、ここが投機性の高い理由となります。

 

最初の100回転のプレイ動画です。3分35秒にフリースピンが当たりました。

 

検証

400回転では検証するには少ないですが、兎に角フリースピンが当たりません。練習モードでもフリースピンを購入してやてもましたが、勝つ時は確かにバカでかいです。しかしほとんどはフリースピン代の半分も元が取れませんでした。実戦の還元率は1回フリースピンを当てて70.49%だったため、$0.25賭け(オン)で、1分で$1無くなる計算になりました。

小勝ちが割と多いため、急激に飲まれるというスロットではありませんが、プレイヤーの大半の人は中負け、ごく一部の人が大勝ちという、分散になることが予想されます。小勝ちが割と多いというのは、プレイヤーを大負けさせてもう2度としたくなくなる気持ちにさせないための工夫だと思います。

ちなみにやるなら、オンにしてフリースピン抽選確率を倍にした方がいいと思います。

 

スイートボナンザができるオンラインカジノ

Pragmatic Playが入っているところはどこもできると思います。ベラジョンカジノは入金不要の$30ボーナスがありますのでおすすめです。

ログインしないでそのままクリックすれば、デモ機になります。

 

関連記事:ハワイアンドリームカジノスロットを500回回してみましたムーンプリンセスアプリスロットを回してみました

ハワイアンドリームカジノスロットを500回回してみました

カジノスロットのハワイアンドリームは、ハワイの州花であるハイビスカスが上に飾られている、3リールの3レーンのスロットです。プロバイダーはジャパン・テクニカル・ゲーム(JTG)で、ここは日本のパチスロによく似たスロットを出し、ハワイアンドリームもその類です。そのため日本人に人気があり、ホットなスロットランキングに上位しています。

今回はこれを回してみようと思います。

 

ハワイアンドリームの概要とルール

概要

プロバイダー ジャパン・テクニカル・ゲーム(JTG)
タイプ 回転式
理論上の還元率 97%
ベット額 $0.2~500/1スピン
リール 3
レーン 3
ペイライン数 5


  

7ラッシュを3つ揃えるとフリースピンとなります。

 

フリースピン

RESPINの柄が3つ揃うと再スピンになり、これが4回立て続けに出ればフリースピンとなります。RESPINの柄が3つ揃う毎に画面の色が青→緑→紫→赤の順に変化し、その度にRESPINは揃いやすくなります。

 

たまに無作為にハイビスカスが光ることがあり、そうすれば7ラッシュを3つ揃いフリースピンとなります。

 

フリースピンは3種類あります。いずれもフリースピンの最後は連荘モードとなり、そこで7が3つ揃うと連荘となります。つまり連荘するかどうかは相当大きな分かれ目となります。

ハイビスカスラッシュ

青い7が3つ揃うとハイビスカスラッシュになり、8回のフリースピンを得、フリースピン中はハイビスカスが光やすくなります。

 

ハイビスカスラッシュスーパー

赤い7が3つ揃うとハイビスカスラッシュスーパーになり、8回のフリースピンを得、ハイビスカスラッシュより連荘性能が高いです。

 

アルチメイトラッシュ

黄金の7が3つ揃うとアルチメイトラッシュになり、図柄が揃い続ける限り配当を獲得し、終了後はハイビスカスラッシュスーパーへ移行します。

 

 

ボーナス

 

ボーナスの絵柄が出ると、7つの中からいずれかのボーナスが抽選で当たります。

 

モードの変換

通常モードとフリースピンモードはこのように移行し合います。

 

ジャパン・テクニカル・ゲーム(JTG)のスロットの特徴と操作

ジャパン・テクニカル・ゲームとはJAPAN Technicals Games LIMITEDが提供しているスロットで、オンラインカジノのスロットとしては珍しく3×3の構成です。ここが提供するスロットは日本のパチスロに近く、演出やサウンドもパチスロをイメージさせます。JSTのスロットにはハワイアンドリームの他にオイランドリーム、ドリームオブゴールド等があります。

設定では、SE(効果音)、BGM、回転速度を調節できます。情報ではこのスロットのルールが見れます。連続回転では連続回転数を選べます。回転速度は亀、ウサギ、ロケットの3種類があります。個人的にはウサギがおすすめです。ベット額は$0.2~500/1スピンの範囲で選べます。最初は$1になっています。

 

実戦と結果

ベラジョンカジノでハワイアンドリームを500回回してみました。以下条件と結果です。

機種 ハワイアンドリーム
1回転のベット額 $0.2/1スピン
合計回転数 500スピン
合計ベット額 $100
結果 -$45.92
実戦の還元率 54%
フリースピンが当たった数 5回
最高連荘数 5回
ボーナスが当たった数 2回

リスピンは比較的よく当たりましたが、4連続のリスピンでフリースピンに到達できたのはたった一回だけでした。一回到達(青)16回、二回到達(緑)7回、三回到達(紫)10回、四回到達(赤)1回、フリースピン到達1回。他にリスピン中の7ラッシュが3回、通常モードの7ラッシュは1回で、500回回してフリースピンは計5回(7ラッシュ4回、7ラッシュスーパー1回)得ました。最高連荘は5回でした。

 

プレイ動画です。速度はウサギで回し、最後の100回転です。2分30秒辺りから連荘モードが始まります。

 

感想

リスピンはよく当たるのですが、4連続引かねばならないため、中々フリースピンまでは到達しずらいです。しかしリスピン中は7ラッシュが揃いやすいです。フリースピンの連荘というのは確かに日本のパチスロ感覚で面白いです。今回は最高5連荘でしたが、無料プレイで試した時は最高23連荘というのがありました。ボーナスは2回引きましたが、×5、×20と7ラッシュは引けませんでした。比較的投機性の高い台で、計$100回して-$45.92という惨憺たる結果でした。体感ではハワイアンドリームは当たりにくいスロットです。

 

攻略法

ただ回しているだけなので工夫の余地は無く、残念ながら攻略法はありません。強いて言えばこのスロットはキャンペーンの対象になりやすいので、それを利用すれば多少の期待値を上げることはできると思います。

 

ハワイアンドリームができるオンラインカジノ

ハワイアンドリームは大体どのオンラインカジノにも設置されていますが、ベラジョンカジノは入金不要の$30ボーナスがありますのでおすすめです。

ログインしないでそのままクリックすれば、デモ機になります。

 

関連記事:ムーンプリンセスアプリスロットを回してみましたGolden Ticket 2のレビューと実戦

ムーンプリンセスアプリスロットを回してみました

セーラームーンを主題としたようなムーンプリンセスのアプリスロットをベラジョンカジノで回してみました。どうしてこのスロットをする気になったのかと言いますと、グーグルの広告に出てきたのを見かけ、懐かしくてやってみる気になったというわけです。

このスロットはPlay’n GO社のカスケード式(落下式)のスロットで、形式はGolden Ticketに似ています。5×5のグリッドでプレイされ、縦か横に3つ以上シンボルが揃うとそこの部分が消え、真ん中がワイルドとなって落下して再抽選を受けます。4つの場合ワイルドは出現しません。1ゲームで全部のグリッドを破壊しますと、ベット額×100のボーナスが貰えます。このスロットの還元率は96.50%です。

 

これが$1賭けの配当です。

 

マルチプライヤー式ですので、抽選毎に倍率は上がっていきます。このタイプはハイリターン型ですが、反面中々当たらないため以前Gonzo’s Questで痛い目に遭ったことがあります。このマルチプライヤーというのは曲者で、勝つ人は大きく勝てる分、負ける人も多いのが特徴です。

そしてセーラームーンを思わせる3人の美女キャラが登場します。彼女達はガールズパワーを持ち、勝利以外のゲームラウンドで能力がトリガーされます。

 

Love:1セットのシンボルが選ばれて、別のシンボルに変換されます。

 

Star:1つあるいは2つのワイルドシンボルがグリッドに追加されます。

 

Storm:2セットのシンボルが破壊されてグリッドから取り除かれます。

 

3セクションのメーターがあり、ガールズが3つ揃うと一つ、4つ揃うと二つ、5つ揃うと三つのメーターを満たし、1ゲーム中に3つのメーターを満たすとガールズ3人の能力が順番に発揮されます。

 

結果:15分ほど$0.2で回してみて$23ほど溶かしてしまいました。彼女達の能力が発揮されても配当にならないことも多く、残念ながら勝てるイメージがありませんでした。現実はこんなもんですよ(笑)。しかし負ける人がいれば勝てる人もいますので、あなたも挑戦してみて下さい。以下プレイ動画です。

 

 

ベラジョンカジノ

 

関連記事:Golden Ticket 2のレビューと実戦Bonanzaでボーナス消化に挑戦