テーブルゲームの還元率

ベラジョンカジノのテーブルゲームのプレイヤー還元率をまとめておきます。

還元率の高い順にまとめておきますので参考にして下さい。

 

  Black Jack Professional Series:99.60%

 

  Pontoon:99.59%

 

  Pontoon Professional Series:99.59%

 

  Single Deck Blackjack Professional Series:99.55%

 

  Single Deck Blackjack99.55%

 

  Double Exposure Blackjack:99.36%

 

  Punto Banco:98.94%

 

  Punto Banco Professional Series:98.94%

 

  TXS Hold’em Professional Series:97.96%

 

  TXS Hold’em:97.96%

 

  Casino Hold’em:97.84%

 

  French Roulette:97.30%

 

  Roulette Advanced:97.30%

 

  Red Dog Progressive:96.84%

 

  TREY POKER:96.63%

 

  HiLo:96.62%

 

  HiLo Switch:96.62%

 

  standard Caribbean Stud poker:94.79%

 

  Caribbean Stud poker:94.79%

 

  Triple Bonus Spin Roulette:公開なし

 

  Roulette:公開なし

 

  Double Bonus Spin Roulette:公開なし

 

  3 Wheel Roulette:公開なし

 

  POKER3 HEADS UP HOLD’EM:公開なし

 

  European Roulette:公開なし

  Caribbean Poker:公開なし

 

  SUPER:公開なし

 

  American Blackjack:公開なし

 

  21BURN:公開なし

 

  Single Deck High Draw Low:公開なし

 

  OASIS POKER:公開なし

 

  TOP CARD TRUMPS:公開なし

 

  PAI GOYY POKER:公開なし

 

  RIDE’M POKER:公開なし

 

  Baccarat:公開なし

 

  Pontoon:公開なし

 

  Triple Edge Poker:公開なし

 

  American Roulette:公開なし

 

以上全45種

 

ネットがあればいつでもどこでも利用可能!ベラジョンカジノを利用するならこちら!

PUNTOBANCO

ベラジョンカジノのテーブルゲームでPUNTOBANCOというゲームを見つけました。

 

こんな感じのゲームです。

何かバカラに似ていませんか?

調べてみたら、ルールもバカラと同じでした。

ただ違いはバンカーがバンコにプレイヤーがプントになっただけです。

呼び方が違うだけで同種のゲームでした。

BACCARAT

ベラジョンカジノのバカラについて説明します。

バカラは至ってシンプルなゲームです。

 

バカラは仮想のプレイヤーとバンカーが勝負をします。

あなたはどちらが勝つか或いは引き分けるかに賭けるだけです。

配当はどちらかの勝ちに当てることができれば2倍、引き分けなら9倍になります。

 

プレイヤーとバンカーに2枚ずつカードが配られることになります。

A~9は1~9として扱い10と絵札は0として扱い合計が9に近い方が勝ちとなります。

但し合計が10以上になった場合は1の位の数が合計数となります。

どちらかが8か9を出せばそれまでで、それ以外なら以下の状況に応じて3枚目のカードを引きます。

 

プレイヤーが0~5ならもう1枚カードを引き6、7ならスタンドとなります。

そしてバンカーですがプレイヤーとバンカーの合計数に応じて3枚目を引くかどうかが決まります。

少し複雑なので以下の表を参考にして下さい。

バカラはどちらが勝つか或いは引き分けるかに賭ける単純なゲームですがルールは奥が深いです。

個人的には5段階評価で3です。

HIGHLOW

HIGHLOWについて説明します。

ハイローも至ってシンプルなゲームです。

 

ベットすると3枚のカードが開きます。

3枚の中から好きなカードを選び、次にめくるカードが選んだカードの数より大きいか小さいかを当てるゲームです。

A~Kの順になります。(Aは1扱い。)

同じ数字のだったらダメです。

配当も当てにくくなるほど上がっていきます。

今回は手堅くQ♠のLoを選びました。

 

出てきたカードはA♣でした。

Qよりは小さかったので当たりです。

€1が€1.13になりました。

ここでCollectすると精算されます。

続行したければさらに続行することができます。

尚この場合Aより小さいカードはないのでA♣のLoという選択はありません。

つまりA♣ならHiしか選択の余地がなく、次のカードがA以外なら勝ちになります。

勝つ確率が高いため配当も低いです。

しばらくやってみると比較的上下に偏った当たカードばかりでしたので当たりやすかったです。

 

 

 

ここまできて外すリスクも大きくなってきたので精算しました。

 

ハイローは選べる余地があるので比較的勝ちやすいゲームです。

問題は勝ち続けた時、どこで止めるかです。

大体、上のプレイのように3枚ともカードが中央の数に近づいてきたら精算するといいと思います。

個人的には5段階評価で4です。

REDDOG

今回はものすごく簡単なゲームREDDOGを紹介したいと思います。

カードはジョーカーを除く52枚を使用し2~Aの順に大きい数として扱われます。

最初にプレイヤー2枚のカードが配られ、このカードによって以下の流れになります。

 

1、隣り合う数字

プッシュで引き分けとなり、賭けた金額が払い戻されます。

 

2、同じ数字

もう1枚カードを引きそれも同じ数字だったら配当が12倍となります。

異なる数字だったら引き分けとなり、賭けた金額が払い戻されます。

 

3、間隔の開く数字

もう1枚カードを引くことになります。

その時にレイズ(ベット金額と同額)するかどうかの選択肢が与えられます。

引いたカードの数字が最初の2枚のカードの数字の間だったらプレイヤーの勝ちとなります。

 

配当は最初の2枚のカードの数字がどれくらい開いているかによって決まります。

これをスプレッドと呼び、例えば2,6だった場合は3,4,5が間の数になるためスプレッド3となります。

スプレッドが1なら配当は6倍、2なら5倍、3なら3倍、それ以外は2倍となります。

 

この場合はスプレッドが1だから配当が6倍になります。

 

非常にシンプルなゲームですが、スプレッドが大きくても以外に当たらないものでした。

個人的には5段階評価で2です。