ベラジョンカジノでDivine Fortuneをやってみました

WBCワールドベースボールクラシックが始まりましたが、日本は何か余裕ですね。

いよいよ2次リーグですが、明日は東京ドームへ日本対キューバ戦を観に行こうと思っています。

ところで、1回戦はホームランボールをフェンスの手前でグラブを持った少年がキャッチしてしまいましたが、何とも言えないハプニングでした。

個人的には可笑しかったです。

滅多にあることではないですし、子供のすることなんですからまあ目くじら立てずに許してやりましょう。

 

ところで私パチンコやスロットは実はあまり好きではないのです。

勝ったこともありますが、基本は負けます。

音はうるさいし、タバコは煙いし、お金は湯水の如くなくなるし、何もいいことはありません。

スロットといえば精々家でオンラインカジノのビデオスロットを回すくらいです。

むしろ麻雀のような対人ギャンブルの方が好きで、よく雀荘には行くのです。

雀荘も煙いですが、私が良く行くのは禁煙雀荘です。

禁煙雀荘は意外に固定客が多く、ほとんどの客は顔なじみになります。

大体皆強いですね。

 

今日はベラジョンカジノへログインして Divine Fortuneという新しいスロットを試してみました。

このゴールデンペガサスのアイコンになります。

 

20ラインのスロットで、絵柄にメデューサやミノタウロス?などがあり、古代ギリシャ風です。

 

なんでこのスロットを選んだのかといますと、ベラジョンカジノ歴がたった2ヶ月の日本人プレイヤーがたった10ドルのベットで3750万円という高額賞金を引き当てたからです。

これは試してみない手はありません。

 

ペガサスの絵柄が出ると、ペガサスの絵柄が一回回る毎に一段落ちるフリースピンが始まり、下へ下がって見えなくなりまでフリースピンは続きます。

つまり上段の場合は3回、中段の場合は2回、下段の場合は1回のフリースピンが得られます。

その間にもう一度ペガサスの絵柄が出るとそれもフリースピンの対象になりますので、当分フリースピンが続くことまあり、確かに美味しいスロットです。

フリースピン中はペガサスの部分がワイルドとなり一気に資金を増やすことが可能です。

感覚的になりますが、20~30回回転させてフリースピンが得られれば、大体投資資金は回収できるのではないでしょうか。

 

時にはワイルドがこんなペガサスになることがありますが、このリールがワイルドとなるため、相当当たる確率が高くなります。

 

これがジャックポットゲームとなります。

これは無料ゲームで見たものですが、一列揃うと小ジャックポット、二列揃うと中ジャックポット、三列揃うと大ジャックポットとなります。

 

結果は$20ほど投資して$12回収といった結果でした。

そう簡単には勝てませんね。

Golden JungleとGoldenに挑戦

アメリカではいよいよトランプ氏が大統領に就任しました。

大統領選では最終的にはヒラリーが勝つかなと、私も大衆派に漏れず思っておりましたがまさかでした。

イギリスのEU離脱といい、ここ一年は自分にとっては意外な方向に世の中が進んでいます。

トランプ氏は就任早々TPP離脱も表明しており、何か自国のことしか考えていない印象です。

そもそも政治も外交も経験なしで、ただの事業家にすぎなかったトランプがよく選ばれたなっと、それだけアメリカの労働者階級の苦しさが伝わってくる感じです。

ワシントンでは反トランプデモも止まらないみたいです。

 

そんなことを尻目に、私は今日もベラジョンカジノで遊んでいました。

最近はライブディーラーゲームに嵌っており、ブラックジャックやバカラをするのですが、何か今日はスロットがやってみたくなりました。

そこで選んだのがGolden JungleとGoldenです。

二つとも新しいスロットです。

 

Golden Jungleですが、こんな感じです。

50ラインのスロットです。

トラがワイルドになります。

 

4レーンのお釈迦様みたいな絵柄が出ると上にカウントされ、4つ貯まると3回転ほどそのレーンがワイルドになります。

 

この黄金の門の絵柄が3つ出るとフリースピンの権利を得ます。

 

ぶんぶん回していきましたが中々フリースピンにはなりません。

結局15分ほど遊んで$30ほど消えました。

スロットって負けると何かもの足りないのです。

ただ画面を見ているだけで何も考えず楽ですが、麻雀やポーカーのように負けても、やったという実感が湧かないのもこのゲームの特徴です。

当たった時は嬉しいですが、負けてる時はどんどん資金を溶かしてしまうので、最初に使う額を決めておくといいです。

何$以内に出なかったらダメという具合にです。

普段はあまりやらないスロットですが、この日はやはり大統領就任式も影響を与えていたのだと思います。

今後の日本を占ってやろうという具合にです。

負けてもの足りなかったので次はGoldenに台を換えてみました。

 

25ラインのスロットで、ほのぼのとした音楽が流れます♪

 

ニワトリがワイルド、中央下のスキャッターを3つ出すと10回のフリースピンが与えられます。

スロットで勝つにはフリースピンを出すよりないのですが、大体資金の方が先に尽きてしまいます。

2つまでは出せたものの、結局やはり$30と溶かして終了です。

フリースピンの時ワイルドとなる黄金のニワトリは結局おがめませんでした。

その後、無料ゲームでこのスロットを試したみましたが、30分プレイしたもののフリースピンには行き着きませんでした。

 

スロットでは勝てそうにないので、明日はフリー雀荘で麻雀でも打ちに行こうと思います。

結局それも負けるのですが(笑)

トランプさんTPPの離脱は考えようによっては日本にもいいのかもしれませんが、とりあえず米軍を撤退させてくださいね。

あなたの言うとおり日本もこれからは自国で防衛しますから。

ブラックジャックのステークスと注意点

ベラジョンカジノのブラックジャックのステークスと注意点をまとめておきます。

ブラックジャックはカジノゲームの中では一番勝ちやすく、最も人気のあるゲームです。

プレイヤーだけブラックジャックなら配当が1.5倍になるのと、ディーは16以下なら強制的にもう1枚カードを引かなければならないなどの制約があり、プレイヤーの方が有利なゲームだからです。

ブラックジャックの基本的なルールは、こちらで御確認下さい。

ベラジョンカジノのブラックジャックには、ライブブラックジャックとテーブルゲームのブラックジャックがあります。

 

ライブゲームにはカジノパリスとカジノシンガポールがあるのは前回話した通りです。

テーブルゲームのブラックジャックは幾つか種類があり、特殊なものもあります。

 

 

カジノパリス

カジノパリスのブラックジャックのルールはオーソドックスな通常ルールで、カードは8デック使用となります。

カジノパリスのブラックジャックの特徴は、何と言ってもテーブル(ステークス)の種類が多いことです。

14テーブルあり、$5~5000までのベットが可能です。

パーフェクトペア、21+3のサイドベットもあります。(メインゲームは必ず賭けなければならなりません。)

サイドベットの配当は、パーフェクトペア25:1、カラーペア12:1、ミックスペア6:1、スーテッドトリップス100:1、ストレートフラッシュ40:1、Kのスリーカード30:1、ストレート10:1、フラッシュ5:1になります。

1テーブル7人までしかプレイできませんが、ビハインドベット(他のプレイヤーに便乗して賭けること)ができます。

 

blackjack1

こんな感じですが、注意点はチップを置いただけでベットが確定してしまうことです。

取り消しができませんので、慎重にベットして下さい。

 

blackjack2

操作は特に問題ありません。

 

blackjack3

ディーラーはバーストしやすいので、13、14くらいでもスタンドしてしまうのが攻略のカギです。

 

 

カジノシンガポール

カジノシンガポールには3テーブルありますが、最低ベット額が$25、最高ベット額が$5000で結構ハイステークになります。

blackjack4

1テーブルは7人までプレイできますが、いつも満席です。

 

blackjack5

素晴らしく綺麗なディーラーさんが相手をしてくれます。

オーソドックスな8デッキ使用で、サイドベットもビハインドベットもありません。

それぞれのプレイヤーの最新の10回の成績が出目表として表示されます。

 

 

テーブルゲームのブラックジャック

テーブルゲームのブラックジャックには、ブラックジャックプロ、があります。

ライブブラックジャックとは異なり、マルチプレイヤーでありませんから、自分のペースでできるのがいいところです。

またライブブラックジャックと違い、1ゲーム毎に全カードシャッフルになります。

 

blackjack6

これがブラックジャックプロです。

サイドベットもない通常のオーソドックスなブラックジャックで、4デック使用となっています。

ベット範囲は$1~40です。

ブラックジャックプロはハイリミットのテーブルもあり、そのベット範囲は$25~500になります。

 

blackjack7

これがシングルデックブラックジャックです。

その名の通り、52枚の1デック使用となっています。

ベット範囲は$1~40ですが、これのハイリミットテーブルでは$25~500まで賭けれます。

 

blackjack8

これがアメリカンブラックジャックです。

6デック使用でベット額は$1~100になります。

基本的なルールはブラックジャックプロと同じです。

 

blackjack9

これがダブルエクスポーザーブラックジャックになります。

ベット額は$1~40です。

このルールだけちょっと特殊で、最初からディーラーのカードが見れる点が異なります。

この場合は絶対にスタンドですね。

もしプレイヤーが19だったとしても、ディーラーが20だったらもう1枚捲くらないと負けになってしまいます。

 

blackjack10

ディーラーの2枚目のカードが見れる分、同点の場合は負け扱いになってしまいます。

 

blackjack11

またプレイヤーのブラックジャックは1倍の配当になってしまいます。

 

以上ダブルエクスポーザーブラックジャックにはメリットとデメリットがありますが、私見ではデメリットの方が大きいような気がします。

またダブルエクスポーザーブラックジャックにはプロバージョンもあり、そのベット額は$25~500です。

 

 

スマートフォンのブラックジャック

最後にスマホのブラックジャックについて説明します。

スマホのブラックジャックにはライブブラックジャック(カジノパリス)、ブラックジャックタッチ、通常のブラックジャックがあります。

 

blackjack12

ライブブラックジャックは画面が真っ暗で、ディーラーを見ることができません。

ゲームの進行しか分かりませんので、あまりおすすめはできません。

 

blackjack13

これがブラックジャックタッチです。

ベット範囲は$1~40になります。

サイドベットのないオーソドックスなブラックジャックで、操作はタッチパネルにて行われます。

ルールは右上のメニューアイコンをクリックすれば見ることができます。

 

blackjack14
blackjack15
blackjack16

これが選択の記号ですが、最初に覚えてしまいましょう。

記号の意味が分からないと、最初は戸惑ってしまいます。

 

blackjack17

これが通常のブラックジャックです。

サイドベットも何もなく、ベット範囲は$1~100です。

やはりタッチパネルになりますが、選択に日本語の表示があるため分かりやすいです。

ブラックジャックタッチより画面が鮮明で分かりやすくおすすめです。

 

 

まとめますとベラジョンカジノのブラックジャックのステークスは以下の通りとなります。

カジノパリス $5~5000

カジノシンガポール $25~5000

テーブルゲーム $1~100

スマホ $1~100

ハイステークスをご希望の方はライブゲームでプレイして下さい。

バカラのステークスと賭けの種類に関して

今回はカジノの王様と言われる、ベラジョンカジノのバカラのステークスと賭けの種類に関して説明します。

まずはライブバカラについてです。

ベラジョンカジノのライブカジノにはカジノパリスとカジノシンガポールの2種類があります。

livebaccarat1

 

 

カジノパリス

empirecasino34

カジノパリスのバカラのテーブルは2テーブルが用意され、賭け金の範囲はそれぞれ$1~1000、$2~2000です。

 

empirecasino35

通常のテーブル

カジノパリスのバカラは一回チップを置くと、取り消しができませんので注意して下さい。

 

empirecasino36

VIPテーブル

 

支払いは以下の通りです。

プレイヤー 1:1

バンカー 0.95:1

タイ 8:1

プレイヤーペア 11:1

バンカーペア 11:1

右の数字が賭け金、左の数字がそれに対しての配当となります。

 

 

カジノシンガポール

livebaccarat2

カジノシンガポールのバカラは3テーブルあり、3人のディーラーさん達が待機されています。

ステークスは3種類で、$1~100、$10~1000、$50~5000です。

 

livebaccarat3

テーブルにつくと、座席が指定されます。

いろんな種類の出目表を見ることができます。

カジノパリスに比べて少し凝った感じがします。

賭ける時はチップを置いてベット送信をクリックして下さい。

 

livebaccarat4

賭け自体はカジノパリスと変わりません。

 

支払いは以下の通りです。

プレイヤー 1:1

バンカー 0.95:1

タイ 8:1

プレイヤーペア 11:1

バンカーペア 11:1

右の数字が賭け金、左の数字がそれに対しての配当となります。

 

 

テーブルバカラ

livebaccarat5

これがテーブルゲームのバカラですが、一番左のはカジノパリスのライブバカラになります。

 

tabelbaccarat1

これはプロバカラです。

ステークスは$1~100で、プレイヤー、バンカー、タイにしか賭けれず、サイドベットはありません。

プロバカラのハイリミットは$10~1000まで賭けることができます。

 

tabelbaccarat2

これがゴールドバカラです。

プロバカラと同様ステークスは$1~100で、プレイヤー、バンカー、タイにしか賭けれず、サイドベットはありません。

 

テーブルバカラの支払いは以下の通りです。

プレイヤー 1:1

バンカー 0.95:1

タイ 8:1

右の数字が賭け金、左の数字がそれに対しての配当となります。

 

 

スマホのバカラ

sumahobaccarat

これがスマートフォンのバカラになります。

ミニバカラで、やはりプレイヤー、バンカー、タイにしか賭けることはできません。

ステークスは$1~100で、チップを置いてから送信するとベットが確定します。

スマホでライブバカラ(カジノパリス)もできないことはないのですが、ディーラーが映らなく、画面が真っ暗でおすすめできません。

 

 

まとめますと以下になります。

 

賭け金

カジノパリス $1~2000

カジノシンガポール $1~5000

テーブルバカラ $1~100

スマホバカラ $1~100

 

おすすめはカジノシンガポールのバカラです。

ベットする時、チップを置いてからベットを送信するのワンクッションがあり安心できますし、賭け金の範囲も広いからです。

ベラジョンカジノのバカラはシンプルですので、純粋にバカラをお楽しみ下さい。

ルーレット攻略

ベラジョンカジノのライブゲームの一つルーレットを紹介します。

ルーレットの起源は19世紀のフランスで、見た目も高貴な印象があり、その優雅さからカジノの女王と言われています。

37区分(1から36、0)のヨーロピアンスタイルと38区分(1から36、0、00)のアメリカンスタイルがあり、控除率はそれぞれ2.7%、5.3%です。

アメリカンスタイルは控除率が高く、アメリカのカジノでも人気がないようです。

ベラジョンカジノではヨーロピアンスタイルとなります。

 

ルーレットも控除率があるため当然カジノ側が有利なゲームですが、プレイヤー側は賭け金を調節できる利点がありますので、分散を変化させることによってその不利さを補うことができます。

ルーレットは一回一回が独立しており目の出方に規則性というのはないので、結局は勘の勝負ということになります。

 

しかし目の出方が極端に偏ってくる時があります。

これは確率的に見ても起こりえることなのです。

逆にどのスパンを取っても赤と黒の確率が同じくらいだったらその方が不自然ですからね。

そのように偏ってきた時は、連続して同色が現れた時は次も高確率で同色が出る確率が高いです。

 

逆に赤と黒の目が均等に出てきた時は3連続で同色というのも少ないため、連続して同色が出てきた後の切り替わりを狙うといいです。