オンラインカジノは何に役に立つ?

実際にオンラインカジノは何に役立つかをお話します。

オンラインカジノは海外へカジノ旅行に行く際の事前準備に役立ちます。

カジノにはどういったゲームがあるのか?

それらはどういうルールなのか?

こう言ったことを抑えておくのにオンラインカジノは役に立ちます。

何の予備知識もないとカジノには入りにくい雰囲気ですが備えあれば憂いなしです。

またオンラインカジノの中でも、ライブゲームなどは極めてリアルカジノに近いのでカジノ旅行に行く前には是非体験しておいて下さい。

インターカジノなどが美人ディーラーが多くておすすめです。

ベラジョンカジノにはライブゲームがないのが痛いところです。

オンラインカジノの始まり

オンラインカジノが出てきたのはココ最近で1995年頃です。

インターカジノが世界初のオンラインカジノとして誕生しました。

競馬は1540年頃から、パチンコは1930年頃から始まったと言われているのでまだ歴史は浅い方です。

しかしインターネットが普及するのつれて、その気軽さから近年急激にユーザー数が増加しました。

世界中のプレイヤー数は3000万人を越すと言われています。

最初のころはオンラインであるのをいいことに、詐欺的なオンラインカジノもあったみたいですが、今はライセンス取得制になったことと第三者が監視していること、またきちんと運営されているオンラインカジノだけが淘汰されているということにより大体どこも安心して遊べるようになりました。

ペイアウト率も非常に高くこれから益々広まっていくことが予想されます。

ベラジョンカジノを他のオンラインカジノと比較して

今日はベラジョンカジノを他のオンラインカジノと比較してみた感想を書こうと思います。

まず他のオンラインカジノよりいいところは、完全日本語対応、クレジットカード決済が可能、スマートフォンにも対応といった三拍子が揃っているところです。

この三拍子が揃っているオンラインカジノはベラジョンカジノをおいて他にありません。

PCとスマホで同一アカウントでできるというのは非常に便利です。

通勤中はスマホ、自宅ではPCと使い分けることができるからです。

 

一方デメリットとしては他のオンラインカジノよりゲームの機種が少ない感じです。

例えばオンラインカジノの花形ともいうべきライブベットやブラックジャック、バカラがないのです。

これでは正直少し物足りなしです。

スロットではどんどん機種が増えているので、そのうちライブベットやブラックジャック、バカラもできるようになればいいと思っています。

ベラジョンカジノの公平性

オンラインカジノを運営するにあたっては、その国の政府公認のライセンスを発行する必要があります。

さもなければゲームの公平性が確保できないからです。

オンラインではユーザーは画面でしか見れないため、カジノ側が自分達が勝つように細工をしてないとも限らず、少なくとも確認する術がありません。

よってこのような制度があるのです。

ベラジョンカジノも例外ではなくlicenseを所有しています。

LOTTERIES&GAMING AUTHORITY MALTです。

The Lotteries and Gaming Authority (LGA) というのはマルタでゲーミングの全てを統括する最高機関です。

これによってベラジョンカジノの公平性は保証されているので安心してプレイすることができます。

オンラインカジノの還元率

今日はオンラインカジノの還元率についてお話します。

還元率とは使った金額の何%が戻ってくるかということでペイアウト率とも言われています。

オンラインカジノの場合は何と97%と異常に高い数値です。

 

日本の公営ギャンブルに比べると圧倒的に高いのが分かると思います。

これはオンライン上で全てが完結できるため、人件費や場所代といった経費が掛からないためです。

つまり100万円分遊ぶと平均97万円分が戻ってくるというわけです。

勿論ゲームの機種にもよりますが他のギャンブルに比べると勝ちやすいのは分かると思います。

オンラインカジノは勝てない!

オンラインカジノは長くプレイしていると必ず負けます。

理由は簡単で、オンラインカジノ側が赤字になってしまうからです。

 

確かにマーチンゲール法やブラックジャックのベーシック・ストラテジーといった有力な攻略法はありますが、経験上最終的には負けてしまいます。

それなら絶対に勝てないのか?と言われるとそんなこともないのです。

むしろ途中までは勝っていたというケースが多いです。

要は切り上げ時が重要なのです。

ですので自分の中でルールを決めてやるといいです。

例えば資金の20%黒字或いは赤字になったらもう止めるといった具合です。

そうすればリスクも低くなり利益も上げやすくなります。

 

誰しも経験があると思いますがパチンコやスロットで勝った時、止めずに続けてしまい最後には飲まれてしまったというこはよくあることです。

この例も自分の中でルールを決めなかったというのがまずかったのです。

 

もう一度言います。

オンラインカジノは長くやっていると必ず負けます。

そしてオンラインカジノで勝っている人は切り上げ時も見事です。

よく覚えておいて下さい。

オンラインカジノの違法性

オンラインカジノを運営するにあたっては国から許可を得る必要があります。

国が許可をするということは一応その国で楽しむ分には問題ありませんが、果たして海外でそれをやっていいかです。

特に日本のような賭博禁止国ではどうなのか気になるところです。

 

結論から言ってしまえば2012.12.4現時点では問題ありません。

一見だめそうですが、現状ではオンラインカジノを取り締まる法律が日本にはないのです。

日本人がマカオやラスベガスへ行ってカジノで遊んでも逮捕されないのと一緒です。

 

しかしグレーゾーンであることには変わりがありません。

ただ法律がないだけであって、日本の文化としてはお世辞にも受け入れられているとは言い難いです。

 

日本ではカジノ法案やカジノの設置について議論されているところですが、今後どうなるかは分からないところです。

オンラインカジノを利用するならくれぐれも自己責任でお願いします。

常に世状に目を向けておいて下さい。