スポーツベット最高オッズのピナクルスポーツ

 

ピナクルスポーツとは

ピナクルスポーツは1998年より運営されている老舗のブックメーカーで、業界の中で最高のオッズと賭け金上限額を提供し、アービトラージにも寛容な正々堂々としたブックメーカーです。20年以上培ってきた独自のアプローチはその後に出てきた他のブックメーカーの追随を許しませんでした。

ユーザーのニーズに合わせて大きなアップデートも行われ、日本人ユーザーが増えてきたためホームページも日本語対応になり、ホームページの形式も選ぶことができるようになりました。ピナクルスポーツはキュラソー政府のライセンス(8048/JAZ2013-013)を取得して運営されています。

他にもベッティングのプロをもうならせるブックメーカーに関しての魅力的な記事を提供し続けています。ベッティングからベッティングに必要な情報まで全てを取り揃えているブックメーカーはここしかなく、私もここ一番というベットの時はいつもピナクルスポーツを利用しています。

 

登録

登録フォームは4ページに渡ります。国籍、E-mail、パスワード、姓名、生年月日、通貨、住所、電話番号、セキュリティの質問と答えが聞かれます。通貨に関しては私の場合は他のブックメーカーやカジノと統合するように$にしています。


 

入出金

ピナクルスポーツの入出金手段には以下のものがあります。

 

入金手段 入金額 入金額手数料 反映時間 確認
AstroPay $10~50000 無料 即時反映
クレジットカード €20~€500 無料 即時反映
ビットコイン $5~$50000 無料 即時反映
エコペイズ  $10~ 無料 即時反映 ○ 2017.3.28

 

出金手段 出金額 出金額手数料 反映時間 確認
AstroPay $10~ 無料
ビットコイン $5~$50000 無料
エコペイズ  $15~ 無料 24時間以内 ○ 2017.3.3

1カ月に1回は出金手数料が掛かりませんが、2回目からは$15ほどの手数料が掛かります。

出金は入金額の3倍以上のロールオーバーが必要で、これを満たさなかった場合は3%の手数料が取られます。

 

ボーナス

ピナクルスポーツには残念ながらボーナスといったものはありません。その代わり高オッズを売りにしているというわけです。

 

ホームページの形式

ピナクルスポーツはホームページの形式を切り替えることができます。どの形式でもオッズは勿論変わりませんし、ベットの仕方も一緒です。他のブックメーカーを既に利用していて、その形式に慣れている場合はそれに合わせのがいいと思います。

 

フューチャービュー

一番オーソドックスで最初の設定になっています。最近のブックメーカーによく見かける形式です。

 

アジアンビュー

アジア系ブックメーカーの形式です。

 

クラシックビュー

ピナクルスポーツの以前の形式です。私は昔から利用していましたので、この形式を選んでしまいます。どこに何があるか分かってるというのが大きいです。

 

ベータビュー

以前からブックメーカーの中でよく見かける形式です。

 

ベットの仕方

賭けたいマーケットを見つけてベット額を入力し、賭けを送信をクリックします。これは2020の全豪オープン男子シングルの準決勝ですが、フェデラー対ジョコビッチの試合で、スプレッド(ハンディキャップ)にジョコビッチ-7.5に$10ほどベットしました。これはゲームハンディキャップで、結果からジョコビッチの獲得ゲーム数から7.5を引いてもジョコビッチが勝つという賭けです。

 

これが決定画面で、送信をクリックすれば賭けが確定します。

 

これが確定画面です。ジョコビッチがゲーム数で7.5ゲームのハンディを背負ってトータルゲーム数で勝った場合、オッズは2.02倍ですので$10.2の配当を受けるということになります。

 

ベットの確認

24時間に受け付けられた賭けより見ることができます。後は結果を待つだけです。

 

ベットの結果

結果は残念ながら負けベットになってしまいました。獲得ゲーム数をジョコビッチ-7.5のハンディで補正しますと13対11.5です。

 

 

ライブベット

ピナクルスポーツはライブベット(試合中の賭け)もできますが、マーケットがそれほど多くは無く、試合の状況は分かりません。ただオッズが更新していくだけのシンプルなものです。ウィリアムヒルのベットオプションに比べるとこの点は物足りません。

 

 

ピナクルスポーツのオッズの良さ

同じ日の同じマーケットでピナクルスポーツとウィリアムヒルのオッズを比較してみます。

 

ピナクルスポーツ

ウィリアムヒル

フェデラー対ジョコビッチ、ティエム対ズべレフのマネーライン(勝者予想)を見てみますと、いずれもピナクルスポーツの方が高いことが一目瞭然です。そんなに大きく変わるというものではありませんが、ベット金額が大きくなれればなるほど配当の差は大きくなります。

 

ピナクルカジノ

ピナクルスポーツにはカジノも入っており、カジノゲームも楽しむことができます。配信会社としてはYggdrasil、NetEnt、Quick Fire(Micrigaming)、Pragmatic Play、Big Time Gaming等が入っていました。ライブゲームの配信会社にはNetEntの他、Evolution Gaming、Ezugiが入っていました。これだけ揃えば立派なオンラインカジノとしても機能していると思います。但しやはりボーナスが無いのが痛いところですので、スポーツベットの息抜きに利用するのが丁度いいと思います。尚スポーツブックの残高とカジノの残高は別になっていますが、スムーズに送金できます。

 

Big Time GamingのBonanzaです。

 

NetEntのバカラです。

 

Evolution Gamingのライブゲームのロビーです。

 

バーチャルスポーツ

バーチャルスポーツとは架空のスポーツベットで、要はゲームセンターのコインを賭けたレースゲームみたいなものです。どちらかと言うとスポーツベットというよりはカジノゲームに近く、カジノ残高から賭けることになります。競馬やサッカー、バイクレースやオートレースなどがあります。完全に運ですので、いろいろな情報から予想を立てる実際のスポーツベットに比べると面白味がありません。

 

eスポーツ

ここ最近出てきたeスポーツも取り扱っており、これは電子機器上の対戦ゲームながらスポーツとして公認されており、スポーツブックの対象にもなっています。プロゲーマー同士の対戦にベットしたい方はここからマーケットを選んで賭けることができます。

 

スマホ

ピナクルスポーツはスマホにも対応してスマホからもベットすることができます。ブラウザーはクロームを使うことを推奨します。Fire Foxでは重かったです。画面が小さくタップミスもありますので、慎重にベットして下さい。

 

ヘルプ

分からないことがあればホームページの下にあるお問い合わせより聞くことができます。メールもチャットもできますが、英語での対応となります。

 

感想

ピナクルスポーツは大体のマーケットでオッズが他のブックメーカーよりも高くて、事前にある程度情報が分かっている時はこのブックメーカーを利用するようにしています。逆にその時の調子を見て賭けるライブベットは、すぐオフラインになって受け付けてくれなかったり、試合の状況も伝えてくれなかったりここでは向かない感じです。繰り返しになりますが、ボーナスも何もないこのブックメーカーの良さはオッズの良さにつきます。また興味深い記事も提供してくれますので、賭けなくても定期的にログインしています。その時はカジノやバーチャルスポーツを楽しんでいます。

 

ピナクルスポーツ

ウィリアムヒルスポーツでフリーベット

 

ウィリアムヒルとは

ウィリアムヒルとは1934年に設立された老舗のブックメーカーで、オンラインが普及する以前からイギリスの賭け屋として登場しました。初期の頃は実店舗は無く、賭けは直接買うか、電話や手紙などで受け付けていました。当時は法整備もなく賭けた金が返ってくる保証もなく世間からはどことなく怪しまれる存在でした。

1961年に漸くギャンブルが合法化されウィリアムヒルは実店舗を構えるようになりました。しかし当時はまだ一般的ではなくブラックなイメージでした。1994年になってから宝くじの普及と共にスポーツベッティングが受け入れられるようになり、大衆文化となってきました。

やがてオンラインが普及するにつれ世界中でベッティングが行われるようになり、会社もロンドン証券取引所(London Stock Exchange)で上場するまでに至り、信頼と実績を勝ち得るようになり、現在に至っているというわけです。2002年の日韓主催のワールドカップではウィリアムヒル内で1000億円もの資金が動いたと言われています。

ウィリアムヒルはジブラルタルに登記され、登記番号は99191です。

現在はサイトも日本語化され日本人限定のプロモーションなどもあり、日本人ユーザーからも多大な支持を集めています。

 

登録

今すぐ参加をクリックし以下の登録フォームに入力するだけです。

プロモーションコードはJP100とご記入下さい。フリーベット特典が与えられます。

 

入出金

入出金手段は2019.1.5現在はエコペイズしかありません。

エントロペイは日本在住者は使えなくなりましたし、クレジットカードは使えるものもあるかもしれませんが、私が三井住友VISAでやってみた時は拒否されました。

入金はエコアカウントと入金額を入力し以下誘導に従って入金するだけです。手数料0で即時反映です。

出金も同様ですが初めて出金する場合は本人確認書類(運転免許かパスポート)と住所確認書類(住所と氏名ほ入った公共料金の明細書等)が必要となります。手数料は0ですが反映には数日を要します。

 

プロモーション

JP100フリーベットボーナス

登録時のプロモーションコードにJP100と入力した者に限って、初回入金してオッズ1.5以上のマーケットに最初に$20~$100ベットした者は、そのベット金額分4回に分けてフリーベットが与えられます。(例:$100をベットすれば$25×4回分のフリーベットが与えられる。)これは最初のベットの結果が出た時点で反映されます。

このフリーベットを使って勝った場合はフリーベット額を差し引いた勝利金額のみがお客様のものとなります。(例:$20のフリーベットで5倍のものにベットし$100勝った場合、$100-$20=$80が勝利金額となり反映します。)この勝利金額に対しては賭け金条件は無くすぐに引き出すこともできます。

 

毎週最大$15のキャッシュバック

前回の出金から$500以上をスポーツベット、或いは$15000以上をカジノやライブカジノやベガス等でプレイしているプレイヤーがエコペイズで出金申請した場合、出金額に応じて最大$15のキャッシュバックを行っています。これは一人一週間に一回限りで毎週金曜日に進呈されます。当然進呈されたキャッシュバックに対して賭け金条件はありません。

出金額($) 進呈額($)
0~149 0
150~200 5
201~400 10
401 15

 

マーケットの特徴

ウィリアムヒルのマーケットはとにかく豊富です。ヨーロッパサッカーやMLBは勿論のこと日本のプロ野球やJリーグも含まれています。眼目なのが海外競馬にも対応されており凱旋門賞にも賭けれるのが魅力です。但しオッズは他のブックメーカーと比べて全体的に若干低い傾向があります。またキャッシュイン(ベットのキャンセル)機能もあるものとないものがあります。

 

テニス

これはテニスのライブの画像ですが、エース(こちらのサーブに対して相手がレシーブできずにポイントを取れた数)、ダブルフォルト(セカンドサーブの失敗数)、獲得ブレークポイント(ブレークした数/ブレークのチャンス数)、獲得サービスポイント(サービスの時ポイントが取れている割合)、試合の状況などの情報が分かります。

 

ベットの仕方は至って簡単で、賭けたいマーケットのオッズをクリックして金額を入力し、ベットを行うをクリックするだだけです。ワンクリックで確定します。ベットは試合が終了次第精算されます。

 

ウィリアムヒルカジノ

ウィリアムヒルにはスポーツベットの他にカジノが併設されています。キャッシュ(資金)はスポーツと一緒です。ウィリアムヒルカジノクラブと同様やはりプレイテックのゲームです。ソフトウェアをダウンロードすることも、ブラウザーで遊ぶこともできます。

またウィリアムヒルカジノはスポーツとは別にボーナスが用意されており、$300を上限に初回入金の100%ボーナスを貰うことができます。賭け金条件はボーナス額の40倍で7日間で消化しなければいけません。キャッシュとボーナスは別々に反映されます。この辺もウィリアムヒルカジノクラブと同様です。尚ボーナス消化期間中もキャッシュが残っている限りはスポーツベットもすることができます。

ライブゲームを楽しむこともできます。私が席についた時、ディーラーは欠伸をしてて眠そうでした。

 

その他のゲームやライブカジノ

ウィリアムヒルカジノとは別にゲームやライブカジノというカテゴリーもありましたが、ここではEvolution Gaming等プレイテック以外のゲームがあります。尚ベガスはプレイすることもできますが日本語には対応されていません。

StarburstやGonzo’s Questなど見覚えのあるものばかりです。

 

モバイル

ウィリアムヒルはモバイルにも対応されています。ただ画面が小さくタップミスもありますので気をつけてやって下さい。どのゲームも立ち上がるまで少し時間が掛ります。

私は普段PCでやていますので慣れていなく、スロットはうまくベット額を調節できませんでした。ライブカジノはEvolution Gamingが入っていました。試しにブラックジャックをやっていましたが、スタンドかドローか選択することができず、そのままスタンドしてしまう始末でした。PCなら難なくこなせているのですが、スマホは操作するところがはっきりしない感じした。慣れの問題もあるとは思いますが。尚ウィリアムヒルカジノのプレイテックの方はライブはディーラーが映りませんでした。

 

サポート

問い合わせはメールかチャットになります。チャットは私が利用した時は日本人担当がいませんでした。メールは24時間以内に返信がありました。

 

感想

いち早く日本語に対応されたブックメーカーで、サイトがコンパクトで見やすく、やり方も簡単です。若干オッズは他のブックメーカーに劣るものの、ボーナスやイベント事のプロモーションがあったり、また増強オッズ(特定のマーケットにオッズが増強されている)やブースト(ワールドカップなどの時自分の賭けたいオッズを増強できる)など、ユーザーを手放さない工夫が凝らされているのが伺えます。私は2012年より使っていますが、主に凱旋門賞やグランドスラム、ワールドカップ等で賭けることが多いです。標準的で最初にやるにはおすすめのブックメーカーだと思います。

 

ウィリアムヒル