オンラインゲーミングの基礎知識

オンラインゲーミングとは

オンラインゲーミングとはインターネットでお金を賭けて遊べるゲームのことを指します。ゲームは主にカジノゲーム、スポーツブック、ポーカー、麻雀等から成り立ちます。カジノゲームはランドカジノをオンライン化したようなもので、スポーツブックはスポーツの賭け、ポーカーと麻雀はユーザー間対戦型のスキルゲームです。

中でもオンラインカジノは1996年から誕生しており、今ではヨーロッパ市場を拠点に世界的にメジャーなエンターテインメント産業の地位を獲得しています。

しかしあくまでギャンブルサイトですので、勝手に運営するわけにはいかず、運営にあたっては合法国でその政府の許可が必要です。メジャーな国はどこも違法で、実際これらを運営しているのは小さな島国ばかりです。つまりオンラインゲーミングを産業とでもしない限り、資金の調達が難しい国ばかりなのです。ユーザーはこれらのサイトへアクセスして遊ぶことになります。

これらから日本でメジャーな課金ゲームとは一線をかすのが分かるかと思います。

スマホの普及により市場は一気に膨れ上がり、更にコロナ禍でランドカジノは閉鎖され、オンラインゲーミング市場は現在1000億ドル近いです。

日本からの利用者は2000年以降徐々に増えていったのですが、スマホが普及してからは一気に広がりました。日本人カスタマーサポートを提供するオンラインカジノが増えたのもそれを後押ししています。

 

オンラインゲーミングの違法性

オンラインゲーミングの運営自体は合法国で合法的になされていますので問題無いのですが、問題は賭博禁止国の日本から利用していいかです。結論から言えばグレーゾーンになります。と言うのは常識的にはダメですが、法律的には引っかかる部分が無いからです。当時現在の最新テクノロジーの進歩するスピードを予測することはできませんでした。法律による規制がこれに追いついていないのです。そしてこれがオンラインゲーミング業界の大成功の背景にあるものです。

しかし今後あまりにも日本からのユーザーが増えれば、法律で禁止になる可能性もありますので注意して下さい。2021.6.7現在は大丈夫ですが利用は自己責任でお願いします。オンラインカジノの違法性と逮捕もご参照下さい。

ここで少しアメリカの例を書いておきます。アメリカでは2000年初頭より長年にわたって、オンラインカジノとゲームに関する法律の見直しがなされてきましたが、2021年現在アメリカ連邦法の下では合法化されています。とは言ってもその決定は各州に委ねられていますので、ハワイ州とユタ州でオンラインカジノは禁止されています。

 

オンラインカジノの運営法

オンラインカジノを運営しているのは、大きなブランド会社やロンドン証券取引所に上場している会社から、それのみに特化した中小企業団体まで様々ですが、自分等の国では運営できないので、先に挙げたオンラインゲーミングを認めている国よりテナントを借りて、そこでライセンスを取って運営する形態がほとんどです。しかし実際そこに常駐している社員は少数で、サイト本来は母国で管理し、テナントにあるサーバーを経由してサイトを表に発信するという巧妙なやり方で運営しています。

オンラインカジノの中にあるゲームは、ソフトを自分等で独自に作ったものではなく、ゲーム毎にゲーム配信会社と契約して取り入れているものがほとんどです。その方が人件費が大きく削られるし、質もいいからです。よってゲーム配信会社もライセンスを持っています。当然他のオンラインカジノも同様の形態を取ってますので、オンラインカジノのゲーム自体はどこも似たり寄ったりになります。

ですので現在オンラインカジノで差がつくのは、ボーナスを含めたプロモーションの魅力、入出金手段とその円滑差の2点につきます。以前は日本語対応、スマホ対応といった部分もありましたが、今はほとんどが日本語とスマホに対応して日本人にとってやりやすくなっています。

 

オンラインカジノの利益の仕組みとゲームの公平性

オンラインカジノもランドカジノと仕組みは一緒で、ゲームはディーラー(カジノ側)対プレイヤー(ユーザー)という構図になります。しかしディーラーはプレイヤーを打ち負かすというわけではなく、ただ機械的に仕事をするだけです。カジノゲームには全て控除率というものがあり、プレイヤーが少し確率的に不利にできています。

例えばルーレットですと0がある関係で、赤黒ベットだったとしても、実際に当たる確率は1/2では無く18/37です。18/37=36/74<37/74=1/2となり当たる確率は1/2を下回っているのが分かります。しかし実際にリターンは2倍しかありません。(18/37)×2=36/37より、還元率は36/37、控除率は1/37となります。

つまり長くやっていれば確率が収束し、自動的にプレイヤーが負けるようにできているのです。これはどんなカジノゲームでもそうです。そしてこの自然確率に基づいた控除率分が、カジノ側の利益となっているのです。

またオンラインカジノ運営会社や配信会社は、許可証発行政府機関や第三者監査会社からゲームの公平性、プレイヤーへの還元率、運営体制などの監査を受ける必要があり、プレイヤーの安全性を保障しています。よってイカサマをする余地は無く、やって見つかればライセンスを剥奪されるだけです。そんなことをしなくても淡々と運営していれば控除率の関係で、自然と利益は上がるのです。

 

オンラインカジノのペイアウト率

オンラインカジノのペイアウト率はゲームにもよりますが大体97%です。これは公営ギャンブルやパチンコ、宝くじに比べて圧倒的に高いのが分かります。上述したようにオンライン上で行えるので、場所の必要は無く、最低限の人件費で済み、集客率も高く、非常にコスパが良いから高還元率を提供できるのです。

具体的なゲームで見てみます。

ゲーム 還元率
ブラックジャック 99.29%
バカラ 98.94%
ルーレット 97.3%
スロット 96~97%
クラップス(パスラインベット、カムベット) 98.59%

メジャーなカジノゲームのメインベットですがどれも非常に還元率は高いのが分かります。還元率はゲームの説明に記載されていますので確かめてみて下さい。

 

どのようなカジノゲームがあるのか

カジノゲームは主に有人の(ディーラーがゲーム進行役を務める)ライブゲームと、スロットやテーブルゲームのようにゲーミングマシーンを使ったプレイヤーが一人でプレイするゲームに大別できます。

前者は日本人にとっては馴染みが薄いと思いますが、我々プレイヤーは画面越しにディーラーと対戦するタイプのものです。これは臨場感はありますが、他にもプレイヤーはいますし、ディーラーの動きは機械のように速くないので1ゲームのテンポがやや遅いです。ブラックジャック、バカラ、ルーレット、ポーカー、シックボー、ドラゴンタイガー等があります。

一方後者は日本で言うパチスロみたいなもので無味乾燥とはしていますが、テンポ良くサクサク進行してくれますので爽快感があります。またジャックポットのような一撃必殺の爆勝ちもありますので、ギャンブルの醍醐味を味わう事ができます。半面飲まれる時もまた早いです。スロット、テーブルゲームのブラックジャック、バカラ、ルーレット、ポーカー等があります。

 

バカラのライブゲーム

 

ジャックと豆の木をモチーフとしたスロット

 

サイドベットは控除率が悪い

ライブゲームやテーブルゲームにはサイドベットがついているものがほとんどです。これはメインベットの他にあるもので、メインベットをしなければ受け付けられないものから、メインベットをしなくても受け付けられるものまであります。しかし全てのサイドベットはメインベットに比べてペイアウト率が低く、個人的にはおすすめできません。オンラインカジノからしてみればついで賭けをしてもらって、その控除率分の上前をはねようという魂胆です。

ゲーム メインベットの還元率 サイドベットの還元率
ブラックジャック 99.29% パーフェクトペア:95.9%21+3:96.3%
バカラ 98.94% プレイヤー、バンカーペア:89.64%
ドラゴンタイガー 96.27% タイ:89.64%スーテッドタイ:86.02%

サイドベットはメインベットよりも大分還元率が悪いのが分かると思います。つまりやればやるほどカジノ側の思うツボに嵌るということですね。このサイドベットのついで賭けというのもカジノ側の大きなキャッシュポイントになっており、何も分からないユーザーがカモられてしまうのです。

 

オンラインカジノのボーナス

オンラインカジノはどこも新規ユーザーにボーナスがあります。しかしこのボーナスは言わばお試しみたいなもので、すぐにキャッシュとして引き出すことはできません。ある一定の消化条件を満たさないと出金できません。10年前はこの条件がとても厳しく、ボーナスを貰うのを躊躇うくらいでしたが、今は群雄割拠の如くオンラインカジノが出現して、ユーザー獲得に力を入れた結果ボーナス条件が大分緩和され、以前の半分ぐらいになっています。今は貰わないとハッキリ損です。ボーナスに関しては個別に見ていく必要があるため、新規ボーナス一覧に詳しくまとめました。

 

コンプポイントとキャッシュバック

オンラインカジノの中には、プレイをすればするほど貯まるコンプポイントを採用しているところがあります。このコンプポイントは勝っても負けても貯まるというのがミソで、仕組みとしてはカジノゲームはプレイヤーの方が控除率分不利にできているため、その一部をプレイヤーに還元しようというわけです。

なぜこのような制度があるのかといいますと、カジノ側にとってはライトユーザーよりヘビーユーザーの方が歓迎ですので、より利用して下さった後者ほど厚くもてなしてまた利用してもらおうというわけです。

コンプポイントは直接キャッシュバックの他、フリースピン等の商品として提供しているところもあります。またVIPクラスになりますと豪華旅行の航空券とホテル代を提供何て言うのもあります。コンプポイントの内容はカジノによって異なりますのでオンラインカジノ比較をご参照下さい。

 

プロモーションとトーナメント

 

オンラインカジノを利用する上での注意点

 

ルーレット、バカラ、ブラックジャック、ビデオポーカーやスロットゲームなどの定番カジノゲームの他、実際のディーラーのライブ映像が配信される「ライブゲーム」やユーザー同士がプレイできる「マルチプレイヤーゲーム」など、ゲームの種類が豊富です。

 

 

 

オンラインゲーミングの市場

オンラインゲーミングの市場は日本ではまだマイナーですが、世界で見たらラスベガスを抜いて世界一に躍り出たマカオの約2兆6000億円の売り上げに匹敵します。

日本市場では過去5年の推移を見ても今後どんどん伸びてくると思われます。

 

オンラインカジノの違法性

オンラインカジノを運営するには正式に発行された政府の許可証が必要です。

ジパングカジノはフィリピン共和国政府発行のオンラインゲーミングライセンスを取得しています。

ワイルドジャングルカジノはキュラソー政府よりオンラインカジノライセンスの認可を受けています。

ジャックポットシティカジノはマルタのLotteries and Gaming Authorityのライセンスを取得しています。 (LGA/CL1/542/2008 , LGA/CL3/542/2008共に2010年6月16日発行)

運営している国が認めているためその国でやること事態に問題はないのですが、賭博行為を禁止している日本でやっていいかどうかです。

結論から言えばグレーゾーンです。

法的には現状でオンラインゲーミングを取り締まるものはありません。

ですからオンラインカジノを利用しても逮捕されることはありませんし、逮捕された事例もありません。

一応、オンライン上ではそのサイトが運営している国の法律が適応されているというのが現状です。

これは日本人が海外のカジノで遊んでも日本の法律で罰せられないのと一緒です。

しかし今後はどうなるか分かりませんので目を見張っておく必要があります。

ちなみにアメリカでは去年オンラインギャンブルは禁止されました。

利用される方はくれぐれも自己責任でお願いします。

 

オンラインカジノの公平性

オンラインカジノ運営会社やオンラインカジノゲームメーカーは、許可証発行政府機関や第三者監査会社からゲームの公平性、プレイヤーへの還元率、運営体制などの監査を受ける必要があり、プレイヤーの安全性を保障しています。

第三者監査会社の例としましては、eCOGRATSTが挙げられます。

これによってオンラインで見えないのをいいことに、絶対にユーザーに勝てないような設定になっているとかはまずあり得ないので安心して遊んで下さい。

オンラインカジノ側もライセンスを剥奪されては運営できなくなってしまいますのでその辺はシビアです。

 

オンラインゲーミングのペイアウト率

ペイアウト率とは還元率のことで、オンラインカジノのペイアウト率は大体97%です。

信じられない数字かもしれませんが、競馬やパチンコ、宝くじと違って場所を選ばなく人件費も最低限で済んでしまうというオンラインの性質がこのような数字を生んでしまうのです。

逆に日本国内の公営ギャンブルのペイアウト率はいかに低いかが分かるかと思います。

これではパチンコや宝くじで勝てる人が少ないと言うのも頷けます。

余談ですがラスベガスやマカオなどのカジノではペイアウト率を公開することが義務付けられています。

しかし日本ではこの義務がないのが、何の疑問も抱かない常連の客を引き寄せているというのが現実です。

 

対象年齢

オンラインカジノの対象年齢は18歳以上です。18歳未満の場合はご利用になれません。

 

税金

オンラインカジノで勝ったお金に関しては所得税の対象になります。円に換算して確定申告をしなければなりません。これはパチンコやスロットで勝ったお金が所得税の対象になるのと一緒です。

 

コメントを残す