インターネットギャンブルの種類

インターネットギャンブルとは、インターネットを通じてお金のやり取りを行うギャンブルのことです。

賭博禁止国の日本でやるのはグレーゾーンですが、個人でインターネットを通じてやる分には、まだ検挙や逮捕をされた例はありません。

個人で海外のサーバーへアクセスできることより、第三者の目がなくて、やったことを立証するのがほぼ不可能なのです。

とは言うもののグレーゾーンですので、やるなら自己責任でお願いします。

 

インターネットギャンブルには大きく分けて2種類あります。

一つはギャンブルサイトが賭け会社(胴元)としてユーザーと対戦する形式のものと、一つはユーザー同士が対戦するものです。

前者はユーザーが勝てば当然ギャンブルサイトは赤字になります。

後者は場代(レーキ)によって利益を挙げるため、ユーザーにいくら勝たれようがギャンブルサイトが赤字になることはありません。

 

いずれもやるなら、信用できるギャンブルサイトを選ばなければならなく、その条件は以下の通りになります。

一、ギャンブルサイトが、その国の運営で必要な政府公認のライセンスを取得していること。

二、ペイアウト率を公開していること。

三、長年の運営実績があり、ユーザーから信頼されていること。

四、サポート体制が万全なこと。(できれば日本語対応化されているところ。)

 

以下に出てくるおすすめサイトは、いずれもこれらの条件を満たしています。

 

オンラインカジノ

対戦形式は、オンラインカジノ対ユーザーになります。

オンラインで楽しめるカジノで、スロットやルーレット、ポーカーやブラックジャック、ライブゲーム等を楽しむことができます。

KRISTIANA1

ステークスは自分で選べますが、最低ステークスは日本円で大体数十円~百円です。

ゲームによってもペイアウト率は異なりますが、ブラックジャックが一番高い(98%以上)です。

オンラインカジノは大体どこでも初回入金すると、その金額に応じてボーナス金額を貰えます。

中には登録するだけでボーナス金額を貰えるところもあります。(勿論引き出しには条件があります。)

条件のいい、おすすめのオンラインカジノはベラジョンカジノです。

 

ブックメーカー

対戦形式は、ブックメーカー対ユーザーになります。

ブックメーカーとは、スポーツの結果やイベント事、選挙の結果などに賭ける胴元です。

ワールドカップやオリンピックでは、1000億円以上の資金が動きます。

結果だけはブックメーカーの力ではどうにもならないので、勝つ人と負ける人は必ず出てきます。

最近では凱旋門賞のレースに対して、日本人ユーザーが殺到しました。

恐らくオルフェーブルに賭けた人が多かったのではないかと思いますが、結果はご存知の通り・・・・

またノーベル賞を誰が受賞するのか、賭けの対象になっているところも面白いところです。

おすすめのブックメーカーはウィリアムヒルです。

 

オンラインポーカー

対戦形式は、ユーザー対ユーザーになります。

日本では5カードポーカーが一般的ですが、世界的にはテキサスホールデムがメジャーで一番ユーザー数が多いです。

テキサスホールデムのルールは、手持ちの2枚のカードと場の5枚のカードの計7枚のカードから、5枚のカードを選んで最強の役を作り競うゲームです。

上の例では、Aのワンペア対Jのスリーカードとなって後者が勝っています。

相手が人ですから当然ミスもします。

ゲームの性質さえ飲み込んでしまえば、一番稼ぎ安いオンラインギャンブルとも言えます。

ギャンブルというよりはむしろスキルがものをいうゲームで、これで年間数億円を稼いで生計を立てているプレイヤーもいます。

おすすめのオンラインポーカーサイトはポーカースターズ
オンライン麻雀

対戦形式は、ユーザー対ユーザーになります。

日本でもお馴染みの麻雀で、これが一番馴染み易いかもしれません。

このサイトを利用することで、自宅で賭け麻雀ができてしまいます。

頻繁にトーナメントも開催されています。

麻雀も当然スキルがものをいうゲームです。

なぜか三人麻雀のユーザーが圧倒的に多いです。

唯一お金の賭けれる麻雀サイトはDORA麻雀です。

 

バイナリーオプション

対戦形式は、バイナリーオプションサイト対ユーザーになります。

trendoption

バイナリーオプションとはFXに似ていますが、単に貨幣の価値が上がるか下がるかだけの二者一択しかありません。

FXのようにレバレッジなどなく、ただ賭けた金額に対しての配当のみとなります。

一口100円から賭けれます。

一見当てれそうですが、素人では中々当たらないものです(笑)

 

以上がインターネットギャンブルの種類になります。

オンラインカジノは勝てない負ける

オンラインカジノで本気で勝て稼いでやろうと考え、逆に失敗して大金を飲み込まれてしまう例はよくあります。

こういうパターンは大体途中まではむしろ勝っており、徐々に負け越して熱くなっていくケースがほとんどです。

このページに辿り着いた人の中には心当たりがある人もいるのではないでしょうか?

 

以前オンラインカジノでは稼げないということを記事にしました。

私自身もオンラインカジノを試しましたがハッキリ言って赤字です。

勿論勝ている人もいると思いますが、憶測で大体全体の1.5割くらいなのではないでしょうか?

 

オンラインカジノ側も商売ですので普通に勝たれていたら潰れてしまいます。

かといってあまりにも勝てないとユーザーに離れられてしまいます。

結局ユーザーを楽しませながら利益が出るラインはこんなところだと思います。

 

オンラインカジノをプレイしていますと勝ったり負けたりを繰り返しますが、勝ってるところで止めてしまうのが一番いいです。

勿論私もそういうタイミングはありました。

しかし勝つとどうしてもまたやりたくなってしまうのが人間の性なのですね^^;

 

オンラインカジノは稼げません。

長くやっていると必ず負けますよ。

 

オンラインカジノに関わらず、パチンコや競馬などのギャンブル業界は本当にうまい人間の心理状態に付け込んでいると思います。

 

大体一つの目安としては$1600です。

最初に$800負けて次に$800を入金し$1000勝ったことがあります。

しかしそれから続けてしまったのがまずかったです。

$1600を投下して負けてしまったらもう取り返すのは難しいと考えた方が良さそうです。

 

余談ですが私はパチンコで一週間で80万円勝ったことがあります。

しかしそれ以上は明らかにつぎ込んでいます。

 

オンラインカジノはパチンコよりかは還元率がいいと思いますが、稼ぐ手段と捉えるよりも娯楽と捉える方がいいいかと思います。

オンラインカジノで遊ぶと逮捕される?

オンラインカジノ初心者の方の中には、国内でギャンブル行為をすると逮捕されるのではないか?という心配をされる方もいるかと思います。

結論から言ってしまえば逮捕されることはまずありませんし、過去にそういう例もありません。

 

オンラインカジノは運営にあたってその国の政府が認めた公認ライセンスを所持していなければならず、カジノ税も払っており正々堂々と運営しています。

問題は賭博禁止国の日本から、海外の公認ギャンブルサイトを利用するのは法に抵触するかどうかということですが、現状の日本ではまだオンラインギャンブルを取り締まる法律というものはありません。(2013.7.9現在)

これは日本人がラスベガスなどの海外のカジノで遊んでも逮捕されないのと一緒です。

 

そもそも賭博罪というのは相手がいなければ成立するものではなく、相手が海外のサイトでは立件のしようがないのです。

 

万が一逮捕される可能性があるとすれば、それはオンラインカジノで勝った金額に対して脱税をした時だけです。

 

オンラインカジノでの所得は、競馬やパチンコ、スロットと同じく一時所得にあたり確定申告の義務が生じます。

実際には税務署も個人のオンラインカジノでの所得をチェックするのは大変だと思いますが、申告の義務があるということだけは覚えておいて下さい。

 

現状で日本からオンラインカジノを利用するのは法的観念から問題はありませんが、ただ取り締まる法律がないというだけであって社会通念上は決して良いものではありません。

しかし今後は日本でもカジノ建設をする動きがみられるように、やがては大衆に受け入れられていく可能性も少なくありません。

 

いずれにしろオンラインギャンブルが禁止になる法律ができればその時は正式にアナウンスされますので、オンラインカジノは今のところはグレーゾーンということで、利用される方は個人の自己責任でお願いします。

オンラインカジノで稼げるか?

今回のテーマは「オンラインカジノは稼げるか?」です。

結論から言ってしまえば稼ぐことはできません。

オンラインカジノのペイアウト率は97%と他のギャンブルに比べたら一見高いように感じますがこれには訳があります。

 

少し分かりやすいように説明しますと$1賭けのゲームを100回プレイしたとします。

ペイアウト率が97%なら$97が戻ってくることになります。

もうお分かりだと思いますが、これではやればやる程損するのが目に見えています。

 

オンラインカジノは何も慈善事業ではなく利益を上げることを目的に運営されている訳ですから、長期的にやれば必ずユーザーが損をするようになっているのです。

これはパチンコやスロットと一緒です。

 

ではオンラインギャンブルの全てが勝てないのかと言われますと決してそうではありません。

オンラインカジノ対ユーザーというのが問題なのであって、ユーザー対ユーザーのギャンブルにしてしまえばいいのです。

これですと運営側は場代によって利益を上げますので、ユーザーがいくら勝っても運営側は損をしません。

ユーザー対ユーザーのオンラインギャンブルとしてはオンラインポーカーやオンライン麻雀があります。

 

私自身もオンラインカジノの損益は赤字になっていますが、オンラインポーカーやオンライン麻雀の損益が赤字になったことはありません。

オンラインカジノは運による要素が強いですが、オンラインポーカーやオンライン麻雀はスキルの要素が強くゲームの性質を理解すれば勝ちやすいです。

 

またスポーツやイベントの結果を賭けるブックメーカーというものもありますが、これはブックメーカー側が結果を左右できるものではなくスポーツに詳しい人にとっては相性がいいのではないかと思います。

 

しかしオンラインカジノが絶対に稼げないのか言われると決してそうではありません。

例えばブラックジャックはルール上ユーザーの方が有利ですしペイアウト率もオンラインカジノのゲーム中では一番高いです。

またバカラやルーレット、シックボーみたいに運営側の取り分が少ないゲームでは、場代が無視できるくらいの短期決戦に持ち込み一回の賭け金を大きくし、勝ったら止めてしまうという攻略法も有効だと思います。

 

まとめますがオンラインカジノはあくまでもギャンブルであり必勝法は存在しません。

もしオンラインカジノに必勝法があればオンラインカジノはやっていけませんからね。

そう言うことを踏まえオンラインカジノはあくまで娯楽の一種と考える方が良さそうです。