ワイルドジャングルカジノの登録方法

ワイルドジャングルカジノ(wildjunglecasino)をレビューします。(2013.7.1現在最新版)

ワイルドジャングルカジノはキュラソー政府より認可を受けているオンラインカジノで、ソフトウェアはプレイテックになり、24時間完全日本語対応もされています。

2012年に日本人が1億2700万円のジャックポットを引き当て週刊新潮にも掲載されて話題となったオンラインカジノです。

ワイルドジャングルカジノは40~50万円級のジャックポットは毎週のように出ており、サラリーマンの月給並みの金額なら頻繁に当たっているオンラインカジノです。

入出金は口座開設が簡単なWebanqにも対応しており、初回入金ボーナスは業界最高水準の$800になります。

 

 

ダウンロードと登録

ワイルドジャングルカジノで遊ぶためにソフトウェアをダウンロード(インストール)し、アカウント登録を済ます必要があります。

ワイルドジャングルカジノの利用可能なOSはWindowsのみでMacには対応していませんし、スマートフォンにも対応していません。

 

まずはワイルドジャングルカジノの公式ホームページにとびます。

別ウィンドウにて公式ホームページが開きますので、以下当サイトと見比べながら手順通りに進めて下さい。

 

中央の日本語版ダウンロードをクリックします。

 

ソフトウェアをセットアップするためのファイルを保存します。

 

保存したファイルを開きます。

 

実行をクリックします。

 

言語を選択し次をクリックします。

 

契約約款に同意し次をクリックします。

 

ソフトウェアのダウンロードが始まります。

 

インストールが完了し、完了をクリックするとソフトウェアが立ち上がります。

 

オンラインカジノ初心者の方は、まずは無料プレイから始めて下さい。

無料プレーをクリックするとメールアドレスを登録する画面が現れますから登録します。

すると無料プレー用のアカウントとパスワードが発行されます。

無料プレー用のアカウントとパスワードはメールにても届きます。

後はログインして無料プレーを楽しんで下さい。

どんなゲームがあるのか、どんな感じなのかが分かります。

但しライブゲーム等の一部のゲームはできません。

 

次に有料アカウントを作成しますので立ち上げの画面で有料プレイを選択して下さい。

 

新規登録画面がありますので必要事項を半角英数で入力して次をクリックします。

 

住所や郵便番号、携帯電話を持っている方はその番号も入力します。

次をクリックします。

 

パスワードとパスワード確認を入力し通貨を決め、諸条件を読んで以下に同意するにチェックし作成をクリックします。

パスワードはログインの際に必要ですので控えておいて下さい。

 

 

画面の見方

これがワイルドジャングルカジノの管理画面になります。

左よりゲームを選ぶことができます。

キャッシャーで入出金することができ、オンラインサポートより直接チャットを交わすことができます。

 

何か不明な点があれば遠慮なく聞いてみて下さい。

 

 

入出金

管理画面のキャッシャーより入出金することができます。

ワイルドジャングルカジノの入出金手段としましてはWebanq、ネッテラー、クレジットカード、Click2Payがあります。

Webanqは口座開設が簡単ですぐにできますが、おすすめはネッテラーです。

ネッテラーの方が為替手数料等が安くて、郵貯のATMでも引き落としができて便利だからです。

クレジットカードはカジノ側は使用を認めていても、カード会社側が認めてくれないところがほとんどで、大体は使えません。

また一番最初の出金の際には、パスポートや運転免許証などの身分証をスキャンしたものの提示が求められます。

最低入出金額は$20になります。

入金は即時反映されますが、出金は48時間以内の反映となります。

 

 

ボーナス

ワイルドジャングルカジノのボーナスには新規登録ボーナス、初回入金ボーナス、セカンド入金ボーナス、サード入金ボーナス、入金ボーナスがあり、初回入金ボーナス、セカンド入金ボーナス、サード入金ボーナスは入金した後にゲームを始める前にオンラインサポートかメールにてボーナスを申請して下さい。

すぐに対処してくれます。

 

新規登録ボーナス

ワイルドジャングルカジノでは登録しただけで、入金なしで$30のボーナスを貰うことができます。

「新規登録したので$30を下さい。」とオンラインサポートかメールにて申請して下さい。

但しこのボーナスには出金条件が発生します。

$300以上を除外ゲーム以外のゲームでベットすること、30回以上を除外ゲーム以外でベットすること、 $30以上を入金し初回入金ボーナスを獲得しその条件をクリアすることです。

除外ゲームとはライブを含むすべてのルーレット、バカラ、クラップス、シックボ、 ブラックジャックスイッチ、ビデオポーカー・スロットのダブルアップになります。

 

ジャックポット専用初回入金150%ボーナス

最高で$500までの初回入金150%ボーナスを受け取ることができます。

例えば$300を入金しますとボーナス$450を足して$750からスタートすることができます。

受け取り方は入金後に「初回入金JPボーナス下さい」と申請するだけです。

出金条件は以下の通りです。

 

入金額+ボーナス額の20倍を以下のジャックポットゲームのみでベットすること

マーベルジャックポットスロット全種(場所: プログレッシブゲーム> マーベルジャックポット)

GOLD RALLY、 EVERYBODY’S JACKPOT、 MAGIC SLOTS、 WALL ST.FEVER、FRUITMANIA、SAFECRACKER、ビーチ・ライフ、DIAMOND VALLEY、ピラミッドの女王、CINERAMA、の10種類(場所: プログレッシブゲーム > スロットゲームの中で「DollarBall」表示の無いもの)

 

初回入金ボーナス

初回入金額に応じて最高で$800までのボーナスを受け取ることができます。

上表のようになっていますが、ボーナスを受け取ると引き出しまでに(入金額+ボーナス額)×18を消化しなければなりません。

しかもライブを含むすべてのルーレット・バカラ・シックボ、クラップス、ブラックジャックスイッチ、ブラックジャックサレンダーは、禁止ゲームとなっておりこれらで遊ぶとボーナスと今までの勝ち金が没収されます。

 

こんな感じで没収されてしまいますので気をつけて下さい。

 

またポンツーン、カジノウォー、サレンダーとスイッチを除くすべてのブラックジャックは賭け金額が50%として計算されます。

ビデオポーカーやスロットのダブルアップは対象外になります。

 

セカンド入金ボーナス

初回入金ボーナスを受け取って出金する前に残高がなくなってしまった場合は、$300を上限に100%マッチのセカンド入金ボーナスを受け取ることができます。

今度引き出し条件は(入金額+ボーナス額)×15の消化となります。

禁止ゲーム、50%相当ゲーム、除外ゲームは初回入金ボーナスの条件と一緒になります。

 

サード入金ボーナス

セカンド入金ボーナスも無くなってしまった場合、セカンド入金ボーナスと全く同じ条件でサード入金ボーナスを受け取ることができます。

 

入金ボーナス

毎月$2000を限度に入金額の10%をボーナスとして受け取ることができます。

入金ボーナスに関しましては、入金する前に申請する必要があります。

入金毎に貰いたい場合はそのような設定にすることもできますので申請して下さい。

引き出し条件は(入金額+ボーナス額)×15の消化となります。

禁止ゲーム、50%相当ゲーム、除外ゲームは初回入金ボーナスの条件と一緒になります。

 

 

プロモーション

ワイルドジャングルカジノでは毎月様々なプロモーションが行われています。

スロットやジャックポット専用のボーナス、キャッシュバックボーナス、コンプポイント2倍ボーナス、マンスリーボーナス等があります。

公式ホームページの下にある開催中のプロモーションを参考にして下さい。

 

 

退会

ワイルドジャングルカジノを退会したい場合は、オンラインサポートかメールにて「ワイルドジャングルカジノを退会したいのでアカウントを凍結して下さい。」と申請して下さい。

すぐに手続きをしてくれます。

凍結する前には残高を0にして下さい。

 

 

ワイルドジャングルカジノをお楽しみ下さい。

オンラインカジノで遊ぶと逮捕される?

オンラインカジノ初心者の方の中には、国内でギャンブル行為をすると逮捕されるのではないか?という心配をされる方もいるかと思います。

結論から言ってしまえば逮捕されることはまずありませんし、過去にそういう例もありません。

 

オンラインカジノは運営にあたってその国の政府が認めた公認ライセンスを所持していなければならず、カジノ税も払っており正々堂々と運営しています。

問題は賭博禁止国の日本から、海外の公認ギャンブルサイトを利用するのは法に抵触するかどうかということですが、現状の日本ではまだオンラインギャンブルを取り締まる法律というものはありません。(2013.7.9現在)

これは日本人がラスベガスなどの海外のカジノで遊んでも逮捕されないのと一緒です。

 

そもそも賭博罪というのは相手がいなければ成立するものではなく、相手が海外のサイトでは立件のしようがないのです。

 

万が一逮捕される可能性があるとすれば、それはオンラインカジノで勝った金額に対して脱税をした時だけです。

 

オンラインカジノでの所得は、競馬やパチンコ、スロットと同じく一時所得にあたり確定申告の義務が生じます。

実際には税務署も個人のオンラインカジノでの所得をチェックするのは大変だと思いますが、申告の義務があるということだけは覚えておいて下さい。

 

現状で日本からオンラインカジノを利用するのは法的観念から問題はありませんが、ただ取り締まる法律がないというだけであって社会通念上は決して良いものではありません。

しかし今後は日本でもカジノ建設をする動きがみられるように、やがては大衆に受け入れられていく可能性も少なくありません。

 

いずれにしろオンラインギャンブルが禁止になる法律ができればその時は正式にアナウンスされますので、オンラインカジノは今のところはグレーゾーンということで、利用される方は個人の自己責任でお願いします。

オンラインカジノ麻雀

今回はオンラインカジノ系の中でも一際異彩を放つオンラインカジノ麻雀DORA麻雀を紹介します。

 

これは対人型のオンライン麻雀で、2011年頃日本に上陸した唯一お金を賭けれるオンライン麻雀サイトになります。

勿論違法ではなく、運営に必要なライセンスも所持しています。

運営側は場代によって利益を上げているため、ユーザー側がいくら勝っても運営側には影響しないところがオンラインカジノとは違うところで、ユーザーのスキル差が金額差に反映されやすいのが特徴です。

雀荘に比べて場代が非常に安く(10~15%)、腕のある人は稼ぎやすいです。

 

これがDORA麻雀の対局風景で、天鳳や雀龍門に比べますとグラフィックは落ちますが、お金を賭けたオンライン麻雀を楽しみたい方には絶好の場所となっています。

DORA麻雀でプレイされている方のDORA麻雀日記も参考にするといいです。

 

オンラインカジノの場合は宝くじのように運の要素が強く、相手が営利を目的としているオンラインカジノですから長くやっていると必ず負けます。

これはパチンコやスロットと一緒です。

しかし麻雀の場合は運の要素もあるもののスキルの要素も大きいため、長くやればやるほど実力を反映しやすいのが特徴です。

そこら辺がオンラインカジノのようなギャンブルとは似て非なるところです。

どちらかと言うとオンラインポーカーに近いです。

 

現状ではまだそれ程知名度がないためユーザー数は決して多くはないですが、それでも少しずつ増えてきており一部の人は常連化しています。

かくいう私も常連組の一人です。

 

四人麻雀と三人麻雀、東風戦と半荘がありますがDORA麻雀では三人麻雀東風戦が最も人気があります。

赤有なしが選べ東風戦では北抜き有になります。

最小レートは$0.5/$1で最高レートは四人麻雀が$192/$384、三人麻雀が$192/$288になります。

ワンポイントアドバイスですがDORA麻雀は順位ウマが大きく、着順を意識して打つといいです。

 

DORA麻雀では九種九牌や流し満貫が無かったり、サンマでは北を抜かなかったり、喰い替え有だったりとルールが少し特殊ですのでDORA麻雀をやる人は必ず公式ホームページでルールで確認しておいて下さい。

 

トーナメントも開催されており無料と有料のものがありますが、有料の方が参加人数が少なくて賞金も高いです。

無料のものでも中には$1200に達する高額賞金のものまであります。(ワンシーズンに一回くらい。)

 

尚当サイトはDORA麻雀運営者の好意により特別に授かった有料トーナメントチケットがあり、これを使うことで一回無料で有料トーナメントに参加できます。

暗刻戦という参加料$10のトーナメントで総称金額は$111になります。

隔週火曜日22:00に開催されており、参加人数が極端に少ないため一回勝てがほぼ賞金が確定します。

参加費は自費で払うことになりますが、トーナメント終了後$10は返金されます。

このチケットは当サイト経由でDORA麻雀に申し込まれた方全員が対象になります。

ノーリスクでDORA麻雀のプレイ資金を作って下さい。

 

オンラインカジノとは一味違ったオンラインカジノ麻雀DORA麻雀をお楽しみ下さい。

ジパングカジノの評価と登録法

ジパングカジノ(zipangcasino)をレビューします。(2013.7.4現在最新版)

ジパングカジノは2005年からフィリピン共和国のBayview Technologies Limitedによって運営されいるオンラインカジノで、名前から分かるように完全に日本市場をターゲットにしています。

日本人で特にオンラインカジノ初心者の方に馴染みやすいのか、去年の登録率は全オンラインカジノ中No1でした。

ソフトウェアはプレイテック社のものを使っており、フィリピン共和国政府発行のオンラインゲーミングライセンスを所持しています。

スマホでプレイすることはできませんが、完全日本語対応で24時間中メールでも電話でもサポートしてくれるので安心して遊ぶことができます。(スマホに対応した日本語対応オンラインカジノはベラジョンカジノになります。)

またプロモーションもユニークなものが多く、手厚いサポートと共にジパングカジノの大きな売りになっています。

 

 

ダウンロードと登録

ジパングカジノでプレイするためにはソフトウェアをダウンロードしてアカウント登録を済まさなければなりません。

 

以下がシステム条件になります。

  • OS: Windows XP / Windows Vista / Windows 7
  • CPU: Pentium 4 – 2GHz 以上
  • メモリ:2GB以上
  • ビデオカード:32 ビット/ 256 MB( 1024 x 768 高解像度モード)
  • HDDの空き容量:1 GB 以上
  • WEBブラウザー:Microsoft Internet Explorer 6.0 以降
  • インターネット接続環境:750Kbit/s 以上のブロードバンド接続 (ライブゲームご利用時)

 Macには対応していません。

 

まずはジパングカジノの公式ホームページにいきます。

別ウィンドウにて公式ホームページが開きますので、以下の手順に沿って登録して下さい。

 

今すぐ無料ダウンロード!をクリックします。

 

ファイルを保存をクリックします。

 

保存したファイルを開きます。

 

実行をクリックします。

 

言語を選択し、次をクリックします。

 

契約約款に同意し、次をクリックします。

 

ダウンロードが開始されます。

 

インストールが終了し、完了をクリックするとソフトウェアは立ち上がります。

 

オンラインカジノ初心者の方は、まずは無料プレイから始めて下さい。

無料プレーをクリックするとメールアドレスを登録する画面が現れますから登録します。

すると無料プレー用のアカウントとパスワードが発行されます。

無料プレー用のアカウントとパスワードはメールにても届きます。

後はログインして無料プレーを楽しんで下さい。

 

次に有料プレイのアカウントを作成しますので、上の立ち上げ画面で有料プレイをクリックします。

 

新規登録画面が現れますので必要事項を半角英数字で入力し次へをクリックします。

 

こんな感じで入力し次へをクリックします。

 

パスワードと通貨を決め、利用規約に同意し、口座の作成をするをクリックします。

これにて登録は完了します。

パスワードは次回ログインの際に必要となりますので控えておいて下さい。

 

 

画面の見方

プレイテックのソフトウェアになります。

非常にシンプルで、キャッシャーで入出金し、左からやりたいゲームを選びプレイするだけです。

何か不明な点があれば、カスタマーサービスへ行けばメールか電話でやり取りができます。

 

 

入出金

管理画面のキャッシャーより入出金することができます。

ジパングカジノの入出金手段は、Zbanc、ネッテラー、entropay、クレジットカード、Click2pay、Skrill、I-BANQ等がありますが、クレジットカードは全てが通るわけではなくむしろ使えないものがほとんどです。

ジパングカジノに関わらず、カジノ側がクレカの使用を認めていてもクレカ会社側が認めてくれないのです。

口座開設が簡単なのがZbancI-BANQで、すぐに開設することができますがおすすめはネッテラーです。

ZbancとI-BANQは使える対象があまりにも少なく、反面Netellerは全てのオンラインカジノやブックメーカー、オンラインポーカーサイトで使うことができる上に為替手数料が一番少なくて済むからです。

その上ネッテラーは郵貯のATMで引き出すことができてとても便利です。

 

ここで注意点がありますが、一つ目は入出金手段は同じになり、入金する時登録する口座でしか出金できません。

二つ目はジパングカジノでは入金時に自動的にボーナス金額を受け取ることになりますが、これを受け取るとプレイできるゲームと出金に条件が課されてしまいます。

よってボーナスを受け取りたくない場合は、入金前に管理画面のカスタマーサービスより「これから入金しますがボーナスはいりません。」と伝えて下さい。

メールですと30分くらいで返信があり対処してくれます。

三つ目はボーナスを受け取らなかった場合でも、出金する時は入金額と同額程度プレイする必要があります。

例えばボーナスなしで$1000を入金した場合、勝ち負けに関わらず合計$1000をプレイすれば$1000を引き出せると言うことになります。

 

 

ボーナス

ジパングカジノは初回入金ボーナス、セカンド入金ボーナス、入金ボーナスがあります。

 

初回入金ボーナス

初回入金しますと、最高$300までの初回入金同額ボーナスを受け取れます。

例えば$300を入金しますと$600と自動的に反映されます。

これを受け取ると除外ゲームと禁止ゲームを除き、(ご入金額+ボーナス額)の18倍分の金額を勝ち負けに関係なくプレイする必要があります。

但し、ブラックジャックスイッチとブラックジャックサレンダーを除く全てのブラックジャック、全てのビデオポーカーおよび、カジノウォー、スピンアウィン、パイゴウポーカー、カリビアンスタッドポーカー、カジノホールデムは1/2の計算になります。

 

除外ゲーム
ライブを含むすべての、ルーレット、バカラ、クラップス、シックボ、ブラックジャックスイッチ、ビデオポーカーでのダブルアップ、スロットマシーンでのギャンブル、ポンツーン、ブラックジャックサレンダー(2012年10月16日15:00 GMT+8よりポンツーン、ブラックジャックサレンダーが追加されました。)

 

禁止ゲーム
ライブルーレット、ライブバカラ、ライブシックボ

 

除外ゲームは計算の対象外で、禁止ゲームはボーナスと勝ち金が没収されてしまいます。

 

セカンド入金ボーナス

初回入金ボーナスを獲得されて引き出す前に残念にも残高が無くなってしまった場合、初回入金ボーナスと全く同じ条件でセカンド入金ボーナスを受け取ることができます。

この場合は入金前にカスタマーサービスより「セカンド入金しますのでボーナスを申請します。」と申告する必要があります。

でないと普通の入金ボーナスになってしまいます。

 

入金ボーナス

ジパングカジノに入金する毎に、毎月最高$2000までの10%マッチボーナスを受け取れます。

これを受け取ると除外ゲームを除き、(ご入金額+ボーナス額)の15倍分の金額を勝ち負けに関係なくプレイする必要があります。

但し、全てのブラックジャック、全てのビデオポーカーおよび、ポンツーン、カジノウォー、スピンアウィン、パイゴウポーカー、カリビアンスタッドポーカー、カジノホールデムは1/2の計算になります。

 

除外ゲーム
ライブを含むすべての、ルーレット、バカラ、クラップス、シックボ及び、ビデオポーカーでのダブルアップ及びスロットマシーンでのギャンブル

 

除外ゲームは計算の対象外で、入金ボーナスに禁止ゲームはありません。

 

 

プロモーション

ジパングカジノでは常時ユニークなプロモーションが開催されています。

お誕生日に$20が受け取れるという珍しいものまであります。

プロモーションは月毎に変わりますので、公式ホームページの開催中のプロモーションで確認しておいて下さい。

 

 

退会

ジパングカジノを退会したい場合は、残高を0にしてからカスタマーサービスに「退会したいのでアカウントを凍結して下さい。」と申し出て下さい。

すぐに凍結してもらえます。

 

 

ジパングカジノをお楽しみ下さい。

オンラインカジノポーカー

今回はオンラインカジノポーカーについて説明しようと思います。

オンラインカジノのポーカーには大きく分けてビデオポーカーとテーブルゲームのポーカーがあります。

ここで注意する点はいずれもプレイヤー対オンラインカジノで、プレイヤー対プレイヤーではありません。

よってプレイヤーはオンラインカジノと勝負するという形になります。

プレイヤー対プレイヤーはオンラインポーカーになります。

 

ビデオポーカーはゲーム機器をそのままオンラインの画面にしたような感じです。

日本のゲームセンターでよく見かけるようなポーカー台になります。

ルールは普通のファイブカードポーカーで一回だけ交換することができ、出来上がった役によって配当が決まります。

一人ポーカーという感じです。

Jokerが含まれているものと含まれていないものがありますが、Jokerはワイルドカードになるために役がで出来やすく、Joker有りの方が同じ役でも配当は低くなります。

当たった後に、ダブルアップするかどうかの権利を選べるのもこのポーカーの特徴です。

ビデオポーカーはオンラインカジノゲームの中ではブラックジャックに次ぐ還元率の高さを誇ります。

 

ダブルアップは裏になっている四枚のカードから一枚を選び左の数字より大きければ成功となります。

 

ビデオポーカーはシングルラインだけでなく、複数ラインのものもあります。

こちらの方がリスク分散にはなります。

 

 

テーブルゲームのポーカーはカリビアンスタッドポーカー、テキーラポーカー、カジノホールデン、パイゴォポーカー等日本には馴染みの薄いルールになります。

これらのポーカーをやる前には一度無料プレイでルールを確認することをおすすめします。

対戦形式はプレイヤー対コンピューター(オンラインカジノ)になります。

ダブルアップというのも無くなりますが、よりカジノに近い感じです。

リアルカジノではプレイヤー対ディーラーという対戦になりますので、これからカジノへ行かれる方は予行練習にもってこいです。

 

 

ポーカーはブラックジャックやバカラ、ルーレット等に比べると知的な感じのするゲームですが、オンラインカジノを相手に勝つのはやはり難しいと思います。

プレイヤーに毎回勝たれていたらオンラインカジノ側は潰れてしまいますからね。

本当に稼げるの可能性があるのは、オンラインポーカーです。

これは人対人で運営側はハウスレーキ(場代)によって利益を上げているからです。

 

これはハイステークスのテーブルですが、上のプレイヤーは一瞬にして物凄い金額を稼いでいます。

これは日本のファイブポーカーではなく、世界で最もメジャーなテキサスホールデムになります。

テキサスホールデムは自分だけ見れる2枚のカードとテーブルに置かれていく5枚のカードの中から3枚を選び最強の役を競うゲームですが、ベットする金額を自分で調節できるためスキルの差が表れやすいゲームです。

またコンピューターと違って相手が人間ですから間違えも起こしやすいです。

 

実際にオンラインポーカーで年間一億円以上稼いでいるプレイヤーもいますし、海外ではオンラインポーカーで食っている人も珍しくありません。

オンラインカジノのポーカーに興味持ったのなら、オンラインポーカーの方がおすすめです。

運に頼らずスキルで稼いで下さい。