なぜ人間はギャンブルを好むのか

全てのギャンブルにはテラ銭というものが存在します。

宝くじ、競馬、パチンコ、フリー麻雀、どの勝負をとっても当たる確率とリターンを掛けて、1以上になることはありません。

1からこの値を引いたものが控除率といって胴元の利益になるものです。

宝くじなんかは控除率は54%と異常に高く、つまるところ1000円の宝くじを買うという行為は長い目で見たら、1000円で460円を買うようなものなのです。

カジノも例外ではなく、自然確率と大数の法則で、長くやれば必ず誰でも負けるようにできています。

 

しかし例年ラスベガスを訪れる日本人は後を絶たず、スマホを含めたオンラインカジノの日本人ユーザーは増加傾向にあります。

古今東西なぜこれほどまでに、理論的には負けると分かっているギャンブルというものが廃れることはないのでしょうか?

今回はこの点を深く考えてみたいと思います。

 

まず誰もがギャンブルをやろうとする時、負けようと思ってプレイする人はいるでしょうか?

いやいませんよね。誰もが勝つつもりでやり、負けた自分をイメージする姿なんて考えていませんよね。

そこには必ず大小の期待があり、それに伴うリスクを承知の上で決断しているのです。

これは人生やビジネスも一緒で挑戦には必ずリスクを伴います。

人間の本能には面白いことに、自分の都合よく解釈してしまうところがあり、人間は僅かな控除率を差し引いても自分は負けないはずだと思ってしまう生き物なのです。

頭の中の期待値と実際の期待値には差があり、やらないことは損だと考えてしまうのです。

 

また長くやっていると流れを読み、今度はこれがきそうだと思ってしまうのです。

流れがあるのかどうかは別として、確かにダイスやルーレットの目には流れがあるように見えます。

競馬の予想なんかもこれと一緒です。

パチンコなども一時的に勝つ時はざらです。

勝ったり負けたりを繰り返しながら、勝っている瞬間の喜びは脳に鮮明に刻まれ、自分は勝つ能力があると信じてしまうのです。

 

別の要素としてはエンターテイメント的な体験をしたいという要求も含んでいます。

ようは楽しさで、そのギャンブル空間のデザインや付随したサービスに心地の良さを求めてしまうといったものです。

たった数百円~数千円の宝くじを買っただけで3億円が当たる可能性を買うというのも、「夢」を買うと思えば確かにその効用は値段以上だと思います。

負けてもその効用が価格に相当するものだと考えれば、やはり次もドキドキしながら挑戦するのです。

 

どうやら人間の遺伝子には「ハイリスク・ハイリターン」への永遠の憧れが埋め込まれているらしいですね。

ギャンブル依存症というのはこれらの本能が覚醒してしまった状態といえそうです。

もう一度言いますが、ギャンブルは誰がやっても長期的には必ず胴元が勝つようにできていますからほどほどに付き合って下さい。

 

Gambling Therapyとは

オンラインカジノの公式ホームページの下によく以下のマークを見かけます。

これについて説明します。

これはGambling Therapyという団体で、ギャンブルに関して問題を抱える人、或いは他人のギャンブルに関する問題が自分に悪影響を及ぼし悩んでいる人を対象にグループセラピーやEメールアドバイス、カウンセリングを行っている慈善団体です。

ギャンブルの対象は勿論オンラインに止まりません。

GAMCARE保証とよく似ていますが、Gambling Therapyは会員制で、日本語を含めて39カ国語に対応しています。

現在は数千名が会員になっており支援を受けています。

勿論無料で登録して会員になることができます。(カウンセリングは有料。)

 

これに登録すると同じようにギャンブルに悩みを抱えている人達とチャットしたり、書き込みを見ることができるようになります。

Gambling TherapyにEメールで連絡すると、24時間以内に返答があります。

 

ギャンブルは中毒性があるために、分かっていても止められずに自己嫌悪に陥っている人は多いです。

そういったギャンブル依存症の人達はこういったところを利用してみるのもいいのではないでしょうか。

悩みを打ち明けるだけでも気が楽になると思います。

 

当サイトで紹介するGambling Therapyのシールが貼ってあるオンラインカジノはベラジョンカジノウィリアムヒルカジノインターカジノ888カジノになります。

GAMCARE保証とは

オンラインカジノの公式ホームページの下のところによく以下のマークを見かけます。

これはGAMCARE保証といいまして、ギャンブルに関して問題を抱えている人々をサポートしたり、情報やアドバイスを提供している英国の慈善団体です。

無料のカウンセリングも行っております。

 

かといってギャンブルを否定しているのかと言えばそうではなく、娯楽の一つであるギャンブルの機会を権利と認めて、侵害しようとしているわけではありません。

ようはユーザーに、ギャンブルが社会に与える悪影響や自己責任性をよく理解して貰った上で判断してもらおうということです。

サポートにはオンラインサポートと電話サポート、カウンセリングサポートがあります。

 

活動資金は政府の政策の後押しを受けて、ギャンブル産業から発生させています。

その資金の一部は、ギャンブルに関しての教育やギャンブル依存の治療に使われています。

こうした背景には英国では24歳未満のギャンブルに問題を抱えている人が推定127500人もいるという事情があります。

 

当サイトで紹介するオンラインカジノでGAMCAREへ献金しているところは、ベラジョンカジノウィリアムヒルカジノインターカジノ32レッドカジノ888カジノになります。