カリビアンスタッドポーカーの勝率を期待値から計算してみる

オンラインカジノのゲームの一つにカリビアンスタッドポーカー(Caribbran Stud Porker)というのがあります。

大体のオンラインカジノではテーブル&カードゲームに含まれています。

調べてみますとカリビアンスタッドポーカーは、元はカリブ海諸島域のカジノや遊覧船で行われていたゲームで、アメリカに1980年代の終わり頃に持ち込まれたようです。

 

Caribbean

 

ではルールを説明します。

カリビアンスタッドポーカーは、客同士の対戦ではなく胴元(カジノ側)対客(ユーザー)という形式になります。

カードはジョーカーを除く1デッキ(52枚)を使用します。

 

Caribbean1

ANTA(参加料)を払うと5枚のカードが表向き配られます。

ディーラー(カジノ側)にも5枚のカードが配られますが左端の1枚だけは表向きに配られます。

これでゲームを継続するかどうかを決めますが、継続するならANTEの倍の金額が必要でCallをクリックします。

このゲームを降りるならFoldをクリックしますが、ANTEは没収されます。

 

Caribbean2

Callするとディーラーの残りのカードがオープンされます。

ディーラーは5枚のカードにAとKが含まれているか、ワンペア以上の手がなければ失格となります。

その場合はユーザーがどんな手だろうとANTEに対して1倍の配当が行われます。

Callの分は返金されます。

ディーラーの5枚のカードにAとKが含まれているかワンペア以上の手があれば、ディーラーとユーザーは役の強さを競うことになります。

ディーラーが勝てばANTEとCallの分は共に没収されますが、ユーザーが勝てばANTEに対しては1倍の配当、Callに対しては役のランクに応じての配当が行われます。

ハイカードとワンペアが1倍、ツーペアが2倍、スリーカードが3倍、ストレートが4倍、フラッシュが5倍、フルハウスが7倍、フォーカードが20倍、ストレートフラッシュが50倍、ロイヤルストレートフラッシュが200倍の配当となります。

ここで注意がありますが、ユーザーが例えロイヤルストレートフラッシュだったとしても、ディーラーがクォリファイ(ディーラーの5枚のカードにAとKが含まれているか、ワンペア以上の手があること。)していなければANTEに対して1倍の配当のみしか与えられません。

ここら辺が少しストレスを感じるところかもしれませんが、ワイルドジャングルカジノウィリアムヒルカジノではジャックポットゲームもあり、ワンコインでユーザーの役に応じてジャックポットの一部が与えられます。

この時はディーラーのクォリファイの有無は関係ありません。

 

カリビアンスタッドポーカーにはカード交換とうものがないため、お互いに役ができるという機会はそんなに多くありません。

ユーザーから見たら、一旦ゲームに参加してしまえばCallかFoldかの選択しかないため単調なゲームです。

この2択だけのゲームで、果して利益が出るのかどうかも疑問とするところです。

そこでカリビアンスタッドポーカーの勝率を期待値から計算してみようと思います。

 

まず始めに52枚の中から5枚配られる組を計算してみます。

52C5=2598960通りとなります。

 

配られた5枚のカードの数が全て異なる組み合わせを求めます。

2~Aまでの13の数から5つを取る組み合わせに対してそれぞれの絵柄を決定させます。

13C5・4・4・4・4・4=1317888通りとなります。

 

5枚のカードが連番(ストレート)になる組み合わせを求めます。

連番になるハイカードは全部で10(5、6、7、8、9、T、J、Q、K、A)あります。

またその10の組み合わせに対して絵柄を決定させてやります。

10・4・4・4・4・4=10240通りとなります。

 

配られた5枚のカードの数が全て異なり且つ連番(ストレート)でない組み合わせは1317888-10240=1307648通りとなります。

 

更にこれらの組から5枚のカードが同スーツ(フラッシュ)の組を取り除きます。

1307648通りの中から任意の5枚のカードの数に対して同スーツの占める割合は4/4・4・4・4・4=1/256

つまり占めない割合は255/256となるため、1307648・255/256=1302540通りとなります。

 

更にこれらの組み合わせからA、Kを含む組みを取り除きます。

A、Kは固定されているため残りの3数の組み合わせは11C3でそのうちストレートの組は取り除くため11C3-1=164、更に絵柄を決定してやっるため164・4・4・4・4・4、更に同スーツの組合わせを取り除くため、164・4・4・4・4・4・255/256=167280通り。

よって1302540-167280=1135260通り

 

以上より1/3<1135260/2598960<1/2の確率で何も揃わないということになります。

 

逆に考えるとディーラーのクォリファイは与えられない確率が高いということですが、ANTEとCallを含め1/3のリターンでは、勝率2/3以上はほしいところですからやはり元は取れない計算になります。

実際には役が揃うとその配当が与えられるため期待値の計算はもう少し高くなりますが、それでもディーラーがクォリファイするという条件なのでやはり確率は低そうです。

 

結論をいいますとカリビアンスタッドポーカーは利益の出ないゲームということになります。

ポーカーで利益を出したければ、オンラインカジノポーカーでも書いたようにオンラインポーカー(人対人)の方がよほど利益は出ると思います。

オンラインカジノポーカー

今回はオンラインカジノポーカーについて説明しようと思います。

オンラインカジノのポーカーには大きく分けてビデオポーカーとテーブルゲームのポーカーがあります。

ここで注意する点はいずれもプレイヤー対オンラインカジノで、プレイヤー対プレイヤーではありません。

よってプレイヤーはオンラインカジノと勝負するという形になります。

プレイヤー対プレイヤーはオンラインポーカーになります。

 

ビデオポーカーはゲーム機器をそのままオンラインの画面にしたような感じです。

日本のゲームセンターでよく見かけるようなポーカー台になります。

ルールは普通のファイブカードポーカーで一回だけ交換することができ、出来上がった役によって配当が決まります。

一人ポーカーという感じです。

Jokerが含まれているものと含まれていないものがありますが、Jokerはワイルドカードになるために役がで出来やすく、Joker有りの方が同じ役でも配当は低くなります。

当たった後に、ダブルアップするかどうかの権利を選べるのもこのポーカーの特徴です。

ビデオポーカーはオンラインカジノゲームの中ではブラックジャックに次ぐ還元率の高さを誇ります。

 

ダブルアップは裏になっている四枚のカードから一枚を選び左の数字より大きければ成功となります。

 

ビデオポーカーはシングルラインだけでなく、複数ラインのものもあります。

こちらの方がリスク分散にはなります。

 

 

テーブルゲームのポーカーはカリビアンスタッドポーカー、テキーラポーカー、カジノホールデン、パイゴォポーカー等日本には馴染みの薄いルールになります。

これらのポーカーをやる前には一度無料プレイでルールを確認することをおすすめします。

対戦形式はプレイヤー対コンピューター(オンラインカジノ)になります。

ダブルアップというのも無くなりますが、よりカジノに近い感じです。

リアルカジノではプレイヤー対ディーラーという対戦になりますので、これからカジノへ行かれる方は予行練習にもってこいです。

 

 

ポーカーはブラックジャックやバカラ、ルーレット等に比べると知的な感じのするゲームですが、オンラインカジノを相手に勝つのはやはり難しいと思います。

プレイヤーに毎回勝たれていたらオンラインカジノ側は潰れてしまいますからね。

本当に稼げるの可能性があるのは、オンラインポーカーです。

これは人対人で運営側はハウスレーキ(場代)によって利益を上げているからです。

 

これはハイステークスのテーブルですが、上のプレイヤーは一瞬にして物凄い金額を稼いでいます。

これは日本のファイブポーカーではなく、世界で最もメジャーなテキサスホールデムになります。

テキサスホールデムは自分だけ見れる2枚のカードとテーブルに置かれていく5枚のカードの中から3枚を選び最強の役を競うゲームですが、ベットする金額を自分で調節できるためスキルの差が表れやすいゲームです。

またコンピューターと違って相手が人間ですから間違えも起こしやすいです。

 

実際にオンラインポーカーで年間一億円以上稼いでいるプレイヤーもいますし、海外ではオンラインポーカーで食っている人も珍しくありません。

オンラインカジノのポーカーに興味持ったのなら、オンラインポーカーの方がおすすめです。

運に頼らずスキルで稼いで下さい。