ウィリアムヒルスポーツカジノレビュー

 

ウィリアムヒルとは

ウィリアムヒルとは1934年に設立された老舗のブックメーカーで、オンラインが普及する以前からイギリスの賭け屋として登場しました。初期の頃は実店舗は無く、賭けは直接買うか、電話や手紙などで受け付けていました。当時は法整備もなく賭けた金が返ってくる保証もなく世間からはどことなく怪しまれる存在でした。

1961年に漸くギャンブルが合法化されウィリアムヒルは実店舗を構えるようになりました。しかし当時はまだ一般的ではなくブラックなイメージでした。1994年になってから宝くじの普及と共にスポーツベッティングが受け入れられるようになり、大衆文化となってきました。

やがてオンラインが普及するにつれ世界中でベッティングが行われるようになり、会社もロンドン証券取引所(London Stock Exchange)で上場するまでに至り、信頼と実績を勝ち得るようになり、現在に至っているというわけです。2002年の日韓主催のワールドカップではウィリアムヒル内で1000億円もの資金が動いたと言われています。

ウィリアムヒルはジブラルタルに登記され、登記番号は99191です。

現在はサイトも日本語化され日本人限定のプロモーションなどもあり、日本人ユーザーからも多大な支持を集めています。

 

登録

今すぐ参加をクリックし以下の登録フォームに入力するだけです。

プロモーションコードはJP100とご記入下さい。フリーベット特典が与えられます。

 

入出金

入出金手段は2019.1.5現在はエコペイズしかありません。

エントロペイは日本在住者は使えなくなりましたし、クレジットカードは使えるものもあるかもしれませんが、私が三井住友VISAでやってみた時は拒否されました。

入金はエコアカウントと入金額を入力し以下誘導に従って入金するだけです。手数料0で即時反映です。

出金も同様ですが初めて出金する場合は本人確認書類(運転免許かパスポート)と住所確認書類(住所と氏名ほ入った公共料金の明細書等)が必要となります。手数料は0ですが反映には数日を要します。

 

プロモーション

JP100フリーベットボーナス

登録時のプロモーションコードにJP100と入力した者に限って、初回入金してオッズ1.5以上のマーケットに最初に$20~$100ベットした者は、そのベット金額分4回に分けてフリーベットが与えられます。(例:$100をベットすれば$25×4回分のフリーベットが与えられる。)これは最初のベットの結果が出た時点で反映されます。

このフリーベットを使って勝った場合はフリーベット額を差し引いた勝利金額のみがお客様のものとなります。(例:$20のフリーベットで5倍のものにベットし$100勝った場合、$100-$20=$80が勝利金額となり反映します。)この勝利金額に対しては賭け金条件は無くすぐに引き出すこともできます。

 

毎週最大$15のキャッシュバック

前回の出金から$500以上をスポーツベット、或いは$15000以上をカジノやライブカジノやベガス等でプレイしているプレイヤーがエコペイズで出金申請した場合、出金額に応じて最大$15のキャッシュバックを行っています。これは一人一週間に一回限りで毎週金曜日に進呈されます。当然進呈されたキャッシュバックに対して賭け金条件はありません。

出金額($) 進呈額($)
0~149 0
150~200 5
201~400 10
401 15

 

マーケットの特徴

ウィリアムヒルのマーケットはとにかく豊富です。ヨーロッパサッカーやMLBは勿論のこと日本のプロ野球やJリーグも含まれています。眼目なのが海外競馬にも対応されており凱旋門賞にも賭けれるのが魅力です。但しオッズは他のブックメーカーと比べて全体的に若干低い傾向があります。またキャッシュイン(ベットのキャンセル)機能もあるものとないものがあります。

 

テニス

これはテニスのライブの画像ですが、エース(こちらのサーブに対して相手がレシーブできずにポイントを取れた数)、ダブルフォルト(セカンドサーブの失敗数)、獲得ブレークポイント(ブレークした数/ブレークのチャンス数)、獲得サービスポイント(サービスの時ポイントが取れている割合)、試合の状況などの情報が分かります。

 

ベットの仕方は至って簡単で、賭けたいマーケットのオッズをクリックして金額を入力し、ベットを行うをクリックするだだけです。ワンクリックで確定します。ベットは試合が終了次第精算されます。

 

ウィリアムヒルカジノ

ウィリアムヒルにはスポーツベットの他にカジノが併設されています。キャッシュ(資金)はスポーツと一緒です。ウィリアムヒルカジノクラブと同様やはりプレイテックのゲームです。ソフトウェアをダウンロードすることも、ブラウザーで遊ぶこともできます。

またウィリアムヒルカジノはスポーツとは別にボーナスが用意されており、$300を上限に初回入金の100%ボーナスを貰うことができます。賭け金条件はボーナス額の40倍で7日間で消化しなければいけません。キャッシュとボーナスは別々に反映されます。この辺もウィリアムヒルカジノクラブと同様です。尚ボーナス消化期間中もキャッシュが残っている限りはスポーツベットもすることができます。

ライブゲームを楽しむこともできます。私が席についた時、ディーラーは欠伸をしてて眠そうでした。

 

その他のゲームやライブカジノ

ウィリアムヒルカジノとは別にゲームやライブカジノというカテゴリーもありましたが、ここではEvolution Gaming等プレイテック以外のゲームがあります。尚ベガスはプレイすることもできますが日本語には対応されていません。

StarburstやGonzo’s Questなど見覚えのあるものばかりです。

 

モバイル

ウィリアムヒルはモバイルにも対応されています。ただ画面が小さくタップミスもありますので気をつけてやって下さい。どのゲームも立ち上がるまで少し時間が掛ります。

私は普段PCでやていますので慣れていなく、スロットはうまくベット額を調節できませんでした。ライブカジノはEvolution Gamingが入っていました。試しにブラックジャックをやっていましたが、スタンドかドローか選択することができず、そのままスタンドしてしまう始末でした。PCなら難なくこなせているのですが、スマホは操作するところがはっきりしない感じした。慣れの問題もあるとは思いますが。尚ウィリアムヒルカジノのプレイテックの方はライブはディーラーが映りませんでした。

 

サポート

問い合わせはメールかチャットになります。チャットは私が利用した時は日本人担当がいませんでした。メールは24時間以内に返信がありました。

 

感想

いち早く日本語に対応されたブックメーカーで、サイトがコンパクトで見やすく、やり方も簡単です。若干オッズは他のブックメーカーに劣るものの、ボーナスやイベント事のプロモーションがあったり、また増強オッズ(特定のマーケットにオッズが増強されている)やブースト(ワールドカップなどの時自分の賭けたいオッズを増強できる)など、ユーザーを手放さない工夫が凝らされているのが伺えます。私は2012年より使っていますが、主に凱旋門賞やグランドスラム、ワールドカップ等で賭けることが多いです。標準的で最初にやるにはおすすめのブックメーカーだと思います。

 

ウィリアムヒル

コメントは受け付けていません。