入金不要、登録だけで$30が漏れなくプレゼント!
登録後に申請すると、すぐにアカウントへボーナス$30が反映されます。
ベラジョンカジノ運営者の好意により特別に授かった限定プロモーションです。
ノーリスクでベラジョンカジノのプレイ資金にして下さい。


仮想通貨のビットコインも利用できます。

ジパングカジノのプロモーションと評判

ジパングカジノとは

ジパングカジノとは2004年よりフィリピン共和国のBayview Technologies Limitedによって運営されいるオンラインカジノで、名前から分かるように完全に日本市場をターゲットにしています。昔からプレイテック社のソフトウェアを使用しており、スマホで利用できるようになったことを除いて、昔よりあまり変わらないオンラインカジノという感じです。

スマホが普及してからはブラウザーでもできるようになり、その場合はソフトウェアのダウンロードは不要です。ブラウザーでやる場合はライブゲームはプレイテックですが、スロットはプレイテックは非対応で、Quickspin等別の配信会社が入っています。

以前は日本人ユーザー数No1のオンラインカジノでしたが、ベラジョンカジノのようなブラウザーで利用できるタイプのオンラインカジノが出てきてからそちらの方に流れてしまった感じがあります。しかしプレイテック独自の良さはジパングカジノとウィリアムヒルカジノクラブでしか味わえませんので存分に堪能して下さい。

 

登録

アカウントの登録には名前、苗字、パスワード、性、メアド、生年月日、電話番号、住所、郵便番号が必要です。

 

入出金法

入金手段 入金額 入金額手数料 反映時間 確認
クレジットカード 即時反映
ペイトラ  $20~ 無料 即時反映
エコペイズ  $20~ 無料 即時反映 ○ 2020.6.22
ビットコイン  即時反映
アイウォレット $20~ 無料 即時反映
ヴィーナスポイント $20~ 無料 即時反映

ビットコインやクレジットカードで入金した場合はドルに換算されます。

 

プロモーション

 

初回入金ボーナスと条件

ジパングカジノの初回入金ボーナスは、$300までの初回入金同額ボーナスです。引き出し条件は(入金額+ボーナス額)×18倍となります。

例:$300入金すると$300のボーナスが貰え、計$600分プレイできる。但し引き出しには(300+300)×18=$10800分賭ける必要があります。

但し換算率は以下のようになり、除外ゲームと禁止ゲームもあります。

50%換算 パイゴウポーカー、カリビアンスタッドポーカー、カジノホールデム、すべてのスピンアウィン、ホイールオブライト、ウォールストリートフィーバー
25%換算 ライブを除くすべてのルーレット、バカラ、シックボ
10%換算 ブラックジャックスイッチを除く全てのブラックジャック、すべてのビデオポーカー、ポンツーン
除外ゲーム ライブハイロー、ハイロープレミアム、クラップス、ブラックジャックスイッチ、ビデオポーカーのダブルアップ、スロットゲームのギャンブル
禁止ゲーム ライブルーレット、ライブバカラ、ライブシックボ

除外ゲームはボーナス消化の対象にはなりません。また禁止ゲームはボーナス消化中にプレイしますとボーナスと勝ち金が没収されます。

ボーナスは手動ですので、貰いたい方は入金後(プレイ前)にカスタマーサポートへ申請して下さい。当然ながら禁止ゲームの対象になっているゲームでプレイしたいならボーナスは貰わないで下さい。ボーナス消化にクリアしますと引き出すことができます。

 

セカンド入金ボーナス

初回入金で残高が0になってしまった場合、再度セカンド入金で初回入金と全く同じボーナスが貰えます。つまり2回貰える権利があるということです。

 

入金ボーナス

入金額に対して10%のマッチボーナスが貰えます。但し1ヵ月の上限が計$2000までです。引き出し条件は(入金額+ボーナス額)×15倍となります。

例:$300入金すると$30のボーナスが貰え、計$330分プレイできる。但し引き出しには(300+30)×15=$4950分賭ける必要があります。

但し換算率は以下のようになり、除外ゲームもあります。

50%換算 パイゴウポーカー、カリビアンスタッドポーカー、カジノホールデム、すべてのスピンアウィン、ホイールオブライト、ウォールストリートフィーバー
25%換算 ライブを除くすべてのルーレット、バカラ、シックボ
10%換算 ブラックジャックスイッチを除く全てのブラックジャック、すべてのビデオポーカー、ポンツーン
除外ゲーム ライブハイロー、ハイロープレミアム、ライブルーレット、ライブバカラ、ライブシックボ、クラップス、ブラックジャックスイッチ、ビデオポーカーのダブルアップ、スロットゲームのギャンブル

 

コンプポイント

ジパングカジノにはコンプポイントがあり、$10賭けると1ポイント貯まり、95ポイント貯まりますと$1に換金することができます。換金はキャッシャーからいつでもできます。

 

その他のプロモーション

その他にもスロットのボーナスや負け金のキャッシュバックなど様々なプロモーションがあります。

ボーナスはユーザーのニーズに合わせて様々なものがあります。スロット専用のペイトラ入金限定の10%増量マンスリーボーナスや、除外ゲームや禁止ゲームのないテーブルゲームやライブゲームで活用できる現金チップボーナス、負けてしまった時のキャッシュバックボーナス、1日で消化しなければならない生ものボーナス、お誕生日ボーナス等です。入金後プレイ前に申請の必要のあるボーナスもありますので、ホームページで確認して下さい。勿論該当するものがあれば受け取った方が得です。

 

スマホ

スマートフォンでやる場合はクローム推奨で、ブラウザーからログインして、ゲームのメニューをプルダウンして好きなゲームを選ぶことになります。ライブゲームはプレイテックでうが、スロットはQuickspin等別の配信会社が入っています。

 

動作は特に問題ありませんでした。

 

おすすめスロット

スロットはどの台も長くやれば必ず負けます。その日は勝っていい台だと思っても、別の日にやればやはり負けるということを幾度となく経験してきました。

スロットの特徴として、基本的にライン数が多くなればなるほど1スピンの最低ベット額が上がり、最大賞金が高ければ高いほど投機性(ギャンブル性)の大きい台ということになります。

ジャックポットを狙うなら別ですが、私のおすすめはライン数が25本くらいで、最大賞金が3000~5000倍くらいの台です。ライン数がまあまああるため当たりやすく、最低ベット額も$0.25とそれほど高くはありません。多少当たった時の獲得賞金は少なく感じるかもしれませんが、比較的長持ちして楽しめます。例えばHalloween FortuneⅡTM、Ice Runと言ったところです。Great Blue等で試しましたが、最大賞金10000倍までくると中々当たりにくくなり、毎回よく負ける感じでした。

 

25ライン、最大賞金3000倍のHalloween FortuneⅡTMです。フリースピンを当てました。

 

25ライン、最大賞金4000倍のIce Runです。これもフリースピンを当てました。

 

ウィリアムヒルカジノクラブとの違い

配信会社が同じプレイテックなので扱われるゲームも一緒ですが、全部のゲームを取り入れているわけではなく、一部のゲームは片方にしかないというのもありました。またゲームによってはベット額の範囲が異なるのもありました。しかしそれほど影響あるものではありませんので、基本的には同じと考えて差しさえありません。

 

イカサマはあるのか

ジパングカジノに関わらず合法的に運営されているオンラインカジノは正規の運営ライセンスを取得しており、ゲーム上のイカサマはありません。

元々どのゲームにおいても控除率というものがあり、還元率が100%を超えるということはありません。スロット、テーブルゲーム、ライブゲームに関わらず、大体どのゲームも95~99%の範囲に収まります。一時はユーザーが勝つことがあっても、長くやっていれば結局は控除率を免れないのです。よってイカサマをやらなくても、これらのゲーム自体カジノ側が少し有利にできており、ゲームを開放しているだけでカジノ側は利益を十分上げることができるのです。

そもそもイカサマをすればカジノ側も弱みを持たれることになり、内部告発をされないかイカサマを知っている従業員に対して怯えなければいけません。そしてばらされでもしたらカジノを運営できなくなります。運営するだけで利益を上げれるなら、そんなリスクを取る必要は全くないですよね。

 

ヘルプ

ジパングカジノへの問い合わせは電話かメールになっています。チャットはありません。私はメールを利用しましたが数時間後には返信がありました。分からないことは何でも聞いてみるといいです。ボーナス消化率はこのカジノでは分からない仕様になっていますが、その都度聞けば正確に教えてくれます。

 

評判

ジパングカジノに関しての評判はあまりいいものではありません。ボーナスが減った、対応が良くないといったものが目立ちます。しかしこれらは1919年以前のもので、私が2020年6月頃利用してみましたが、それほど酷いものでもありませんでした。ユーザーが離れたせいで危機感を覚え、対応を改めたのかもしれませんね。実際に利用してみて確かめて下さい。

 

感想

親切でとてもいいカジノです。それはサポートを利用してみたりやプロモーションを見れば分かります。ユーザーのことをよく考えており、気持ちよく利用してもらおうという気が伝わります。

Evolution Gamingが出てきてからプレイテックはやや下火となり、ゲーム市場から縮小される傾向にありますが、ジパングカジノは相変わらず踏襲し続けています。

今時結構珍しいカジノですが、人里離れた小さな憩い所といった風情がありますので利用してみて下さい。案外惹きつけられるものがあります。

 

ジパングカジノ

新型コロナが与えた社会への影響

新型コロナ感染による緊急事態宣言後の生活環境様式の変化を書き留めてみました。

 

雇用情勢の悪化

新型コロナウイルス関連による解雇や雇い止めが続き、6月4日時点で累計2万人を超え、2週間で倍増しました。リーマンショックの時は製造業を中心に派遣切りが相次ぎましたが、今回は小売り、宿泊、サービスなど幅広い業種に影響が出ているのが特徴です。

4月の完全失業率は2.6%で、有効求人倍率も1.32倍の低水準となりました。これは世界的に見ればまだ低い方ですが、企業が休業者を大量に抱えており、これらの潜在失業者を解雇した場合はさらに失業率が増加するのを避けれません。リーマンショックの翌年の2009年7月には失業率は5.5%と戦後最大の高水準となりましたが、今回はそれを上回る可能性が高く、6%を超えるのではと予想されています。現時点では完全失業者は189万人ですが、その場合は265万人にも上る計算になります。

尚アメリカの失業者は4日時点で4200万人を超えています。

 

雇用制度の変化

3蜜を防ぐために普及した在宅勤務により、雇用制度が見直されつつあります。今までは労働基準法より、時間に応じて手当を支払うメンバーシップ型でしたが、在宅勤務の場合は時間で管理をするのは難しく、職務内容を明確にした上で成果で評価するジョブ型に移行する企業が出てきました。資生堂、日立製作所、富士通等が導入するようです。

このようなジョブ型というのは欧米では珍しくなく、職務遂行能力が足りないと判断されれば解雇もあり得ます。日本の場合は職務範囲が曖昧なことが長時間労働の温床となっていましたが、生産性が悪いため、元々成果主義を取り入れる傾向が出てきていました。

アメリカではツイッター社が全従業員の在宅勤務を恒常化したり、フェイスブック社が従業員の半数を5~10年の期間で在宅勤務に転換したり、在宅勤務の定着化が進んでいます。

働く人を選ばない在宅勤務が定着すれば、雇う側は地域に限定しない遠隔地の優秀な人材も採用できるメリットがあります。アンケートで在宅勤務に6割は満足していると回答していますが、通信環境の貧弱性から6割強は仕事の効率が落ちたと言っています。また時間で管理されていないと、返って長時間労働につながりやすい面もあります。コミュニケーション不足からメンタルを崩す例もあります。

18年の統計では在宅勤務の導入率が8割超とされるアメリカは時間当たりの労働生産性が日本の1.6倍で、フィンランドなどの他の国を見ても在宅勤務に積極的な国は生産性が高い傾向にあります。ただ本当に生産性向上につながるかは評価が分かれ、コロナでも対面型のコミュニケーションを重視する企業も多いです。

 

消費行動形態の変化

新型コロナウィルスは人々の消費行動形態へも大きな影響を及ぼしています。取り立て高齢者は重症化リスクが高いため、ECモール・通販の伸びが若者層に比べて著しく伸びてきました。中でもホームセンターやスパーで取り扱う生活必需品の購入が伸び、他にはペット関連や通信サービス、玩具やゲームのダウンロードといった、在宅時間の増加に伴う巣ごもり消費が増えています。またUber Eatsなどを利用した宅配を利用も増えてきました。一方一方でレジャー施設、旅行代理店、美術館・博物館、映画・劇場、交通関連などの落ち込みは激しいです。

 

観光産業や宿泊業

各国の渡航規制により外国人の訪日客が期待できないため、観光産業は日本人客に活路を見出すよりなく、大きな変化を迫られています。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は8日来場者を限定し、3カ月ぶりに営業を再開しましたが、来場者には検温やマスクの着用を義務づけ、アトラクションも間隔を空けて並ぶなど、感染予防に細心の注意を払う形となりました。

箱根をはじめとする温泉旅館でも再開はしたものの、大浴場は閉鎖し食事は全て部屋食にするなど、消費者の高いコロナ対策意識に添える形となっています。

国内旅行者も近隣の都道府県など1~2時間程度で行ける、マイクロツーリズムと呼ばれる近場の旅行が増えています。

 

ライブハウス

クラスター感染を出してしまったライブハウスは100~300人は収容できるハコ型で、地下にあったり防音のために3重の扉を設けるなど、換気がしにくい構造になっているため、営業の休止は続いております。元々大勢の人の一体感や熱気こそがライブハウスの魅力ですので、コロナとは最も愛称が悪い業種といっても過言ではありません。

仕方がないため、無観客ライブ配信やアーティストの演奏を週1で撮影して配信するなどをしていますが、収益は微々たるものでとなっています。

19日から再開は可能となりますが、出演者と客の間に2mの距離を取り、客同士は1mの距離を取り、観客が歌う行為は禁止などの新基準が盛り込まれるようです。

 

水商売系

ホストやキャバクラ、風俗といった水商売系も、当然ながらコロナの煽りをもろに喰らいました。しかし営業を止めてしまっては飯が食えない彼等は、自粛期間中も闇営業を続けていました。これが集団感染を引き起こし、6月14日に都内で確認された47人の感染者のうち18人は新宿エリアのホストクラブの従業員で、残り29人中14人も繁華街関係者でした。つまり感染者の2/3くらいは、それなりに感染リスクの高い所に身を曝しているというのが分かります。

 

プロスポーツ

プロ野球は3ヵ月遅れの6月19日に開幕し、サッカーJリーグは7月4日に再開されます。選手にPCRの検査を実施したり、当面の間は無観客でやる等細心の注意を払ってやる形となりましたが、収入の激減は避けられません。チケット販売や球場内の飲食物販が収入の柱となる球団にとって、無観客は負の影響が大きいです。何とか来場できないファンと接点を保とうとソフトバンクやDeNAは観客席に応援ボードを出す権利を売り出したり、ジャイアンツは公式戦で配布予定だった限定ユニフォームとタオルのセットを3000円で発売しています。

 

コロナ論文による知の共有

新型コロナウイルス感染症に関する研究が急速に増え、コロナに関する論文は既にSARSの100倍を超えています。これらは専門家による査読と呼ばれる検証を受ける前に成果が発表され、感染拡大阻止や治療薬の探索に向けていち早く公開する知の共有が世界で進んでいます。

薬やワクチン開発の鍵となる、ウイルス表面のたんぱく質構造が突然変異したことにより感染力が強まったと指摘した米ロスアラモス国立研究所の論文等は、閲覧数が27万回を超えています。

しかし査読前であるため、不正確な情報である可能性もある論文も出回ってしまうところが難点です。研究の高速化は進んでいますが日本の存在感は薄く、査読前論文は31本に止まり、首位の中国545本、2位のアメリカ411本に比べて1/10にも満たっていませんが、それほど症例数が多くないとも言えます。

 

地方の財源不足

新型コロナの影響で景気が悪化し税収が落ちこむ一方、検査や医療体制、休業協力金の給付や家賃補助といった支出は膨らむ一方で、財源不足はリーマン危機後の18兆円を超える恐れがあります。これまでは過去に積み立ててきた財政調整基金を活用していますが、取り崩し額は全体の7割にあたり、15年で積み上げてきた1兆円がコロナで丸ごと吹き飛んだ計算になります。

国が低金利で財政融資する特例債や、市場への1年債を認める初めての措置で対応することになるようです。

 

オンライン生活ツール

テレワークや友人らとの交流にZoomなどのオンラインツールの利用が一気に広がりました。仕事だけでなく、飲み会や教育などオンラインを通じたやり取りが浸透しました。パソコン用カメラは前年の同月比で約5倍の売り上げとなっています。

 

自分の身の回りの変化

街行く人々はほとんど皆マスクを着用しており、レストランや食堂の利用者は明らかに減っているのが分かります。店側もテーブル間に敷居も設けたり、入店前のアルコール消毒をお願いしたり、セルフサービスの手で触れるところは手袋を着用してもらったり、コロナ対策をしっかり講じている姿勢が見受けられます。電車を利用する客も明らかに減っています。

緊急事態宣言が明けてから一度雀荘へ行ってみましたが、客は半分以下になったと店員は言っていました。マスク着用義務、ドリンクのサービスは無し、窓は全て開放といった感じでした。

最近はマスクも値崩れしてきましたが、3月下旬はマスクの相場は1枚100円で、私も丁度不足しており仕方無く購入したのですが、日本製ではなくMade in Chinaと書かれていました。

ビットコインが使えるビットカジノio

2020年6月5日00:00~7月5日23:9まで先着500名で、当サイトから登録したプレイヤーを対象に、ボーナスコード「SC100」を入力し、15000μ฿以上を入金し、スロットゲームで同額を賭けると、Yggdrasil社の人気ゲーム「Vikings go Berserk」のフリースピン100回分が進呈されます。フリースピンの勝利金に出金条件はありません。

 

ビットカジノioとは

ビットカジノ(Bitcasino.io)とはビットコインを標準通貨として使える世界初のオンラインカジノで、仮想通貨が普及してきた2014年1月より運営され2017年に日本へ上陸しました。ビットカジノは、mBet Solutions NVが所有し、カジノライセンス1668/JAZのもとオランダ領キュラソー政府からオンラインカジノ運営を行うことを許可されています。

Fun(楽しく)、Fast(早く)、Fair(公平に)を信条としているオンラインカジノで、2017年には業界のオスカー賞と言われているEGR賞を受賞しました。ビットコインが通貨ですので、ビットコインを持っていればそのまま入出金してプレイすることができるのが最大のメリットではないでしょうか。そしてビットコインは介在手数料が安いというメリットがありますからね。

Evolution GamingやNetEntと言った有名所の配信会社は一通り入っており、テーブルゲームはここにしかないOnetouchが入っています。

 

登録

これが登録フォームで15秒で完了します。

 

入出金と通貨

ビットカジノの通貨はビットコイン(μ฿)、円、$、その他の仮想通貨(ETH、LTC、TRX、XRP)があります。一つのアカウントで複数通貨を持つことが可能で、それぞれ別々に管理されます。しかし他の通貨に移行することはできません。

こんな感じです。私はビットコインを使っています。ちなみにμというのは10-6で、1μ฿は10-6฿に当たります。目安としては1฿が100万円ですと、1μ฿は1円となります。

 

残高を別の通貨に換算して見ることもできます。

 

入金をクリックするとビットカジノのビットコイン送付先アドレスが指定されますので、それへ送付することになります。(送付先アドレスは毎回変わります。)

 

私は仮想通貨交換業者にビットフライヤーを使っています。送付先アドレスをコピペ登録し、送付数量を指定します。1回送付すると手数料が0.0004฿かかります。大体400円くらいでしょうか。

 

送付を確定します。

 

送付が確定しました。

 

ビットコインの特質上即反映というわけにはいきませんが、それでも1分以内には反映されました。0.01฿送付しましたので、106を掛けて10000μ฿として反映されました。

 

ボーナス

ビットカジノには初回入金ボーナスというものはありません。しかしユーザーに合わせたボーナスというものがあり、ユーザーのプレイ履歴を見て提唱してくれます。例えばスロットが好きならスロットのボーナスを、ライブカジノが好きならライブカジノのボーナスをといった感じです。それはそれで有難いです。

その他にも以下のようなボーナスがありますが、得たボーナスに出金条件が無いというのがこのカジノの魅力です。この類のボーナスはビットカジノの他にカジノシークレットしか知りません。

 

ロイヤリティークラブ

一種のコンプポイントで€1相当を賭ける毎に5ポイント貯まります。必要なポイントが貯まればレベルが上がり、その過程でマイルストーン景品(フリースピン、トーナメントへの出場権、抽選会への招待状等)が貰えます。レベルにはビギナー、ファン、エキスパート、マスター、グル、レジェンド、ヒーローの7段階があります。しかし残念なのが月末にポイントはリセットされてしまうことです。頂いたマイルストーンも月末まで使わないと破棄されてしまいます。

 

ライブカジノ

ライブカジノにはEvolution Gaming、Ezugi、Super Spade Games、Asia Gaming、eBED、NetEntが入っていました。それぞれ通貨が異なりますがどれもプレイできます。しかしビットコイン(μ฿)でユーロ(€)やドル($)のゲームにつきますと端数が出てしまいきりよくならないので注意して下さい。

 

配信会社 通貨 特徴
Evolution Gaming μ฿ ゲームはロビーで繋がっています。ゲームの種類が多く、最低100μ฿から賭けれます。オートルーレットは10μ฿から賭けれます。チップは置いただけで確定します。
Ezugi μ฿ ゲームはロビーで繋がっています。ゲームの種類はまま多く、最低200μ฿から賭けれます。チップは置いただけで確定します。
Super Spade Games ゲームはロビーで繋がっていません。バカラとルーレットがあります。最低€1から賭けれます。チップを置いて右のチェックをクリックして確定します。勝っても負けても派手な演出はありません。
Asia Gaming $ ゲームはロビーで繋がっています。バカラがあり、最低ベット額は$5と高めです。チップは置いてconfirmをクリックして確定します。
eBED ゲームはロビーで繋がっています。バカラ、ルーレット、シックボー、ドラゴンタイガーがあります。最低ベット額は€1です。チップを置いて右のチェックをクリックして確定します。
NetEnt ゲームはロビーで繋がっています。ルーレットとブラックジャックがあり、最低€1から賭けれます。オートルーレットは€0.1から賭けれます。チップは置いただけけで確定します。

できるだけ使う通貨は合わせる方がいいと思いますが、ビットコインを使うならやはりEvolution Gamingがゲームの種類が多く、様々なベット額に対応しておりおすすめです。

 

Evolution Gaming

 

Super Spade Games

 

スロット

スロットにはNetEnt、Play’n GO、Yggdrasil、Microgaming、Betsoft等様々な配信会社が入っています。通貨の単位はどれも€です。それぞれのスロットの下に還元率や、24時間、週、月の当たり具合が出ており、一目で分かるのがいいところです。

これはPlay’n GOのMoon Princessですが、還元率は96.5%、24時間の還元率が148.37%、週の還元率が92.84%、月の還元率が93.52%となっています。

 

テーブルゲーム

テーブルゲームの配信会社はOnetouchで、何とOnetouchはビットカジノにしか入っていません。通貨はμ฿でブラックジャック、ルーレット、バカラともに50μ฿から賭けれます。

これはバカラですが、Onetouchのゲームのレイアウトは非常にシンプルです。

 

スマホ

スマートフォンでやる場合はクロームでやって下さい。Firefoxでは作動しませんでした。タップミスには十分に気を付けて下さい。

ライブカジノは少し映りが悪かったです。けど操作に問題は無いと思います。最初のホームページに戻るにはどこをクリックすればいいのか分かりませんでした。

 

スロットは画面の映りもいいです。右下のメニューアイコンでベット額を設定してから回して下さい。

 

ヘルプ

分からないことがありましたら、メールでもチャットでも問い合わせることができます。

チャットの方が早いと思います。

 

二段階認証

Google認証システムより二段階認証を設定することができます。これはスマホアプリとして入れることになります。少しめんどくさいですが、やっておけばアカウントに勝手にログインされるということはまずありません。

 

評判

キャンペーンが意外なほど多く、やればやるほどメールがくる感じです。苦情処理も手際が良くセキュリティもしっかりしており、信じられるオンラインカジノです。出金も早く、いくつものオンラインカジノを試していきついたのがビットカジノでした。こんな感じの評判がかりで悪い評判は特にありませんでした。

 

感想

私は投資目的でビットフライヤーに少しばかりのビットコインを預けていますが、ビットコインの残高がある時はビットカジノに入金してよくライブカジノをプレイしています。ビットコインが直接使えますのでとても便利です。

またビットコインの性質上介在手数料が安いので、ガチで勝負するならこのカジノがおすすめになります。エコペイズですと、換金する時案外高い為替手数料が発生してしまうのです。初回入金ボーナスが無いのが残念なところですが、その分を他のボーナスに回しているようです。

貰えたボーナスには出金条件が無く、正々堂々とした本格的なオンラインカジノだと思います。コアなファンが多いのも頷けます。

以前は出金に身分証の提示が必要ない秘匿性の高いオンラインカジノだったのですが、最近はセキュリティの関係上必要となっています。

 

ビットカジノio

ウィリアムヒルカジノのボーナスと評判

 

ウィリアムヒルカジノとは

ウィリアムヒルカジノとはウィリアムヒルスポーツに併設された統合型オンラインカジノで、以前よりあったのですが、Evolution Gamingが入ってきてから急激に人気が上昇してきした。

以前はウィリアムヒルカジノクラブという同系列のカジノがウィリアムヒルカジノとして主軸だったのですが、現在プレイテックにしか対応していなく、サイトのデザインもスマホ以前のもので、現在はウィリアムヒルカジノが主軸となってきました。ウィリアムヒルスポーツに併設されているため、同じくジブラルタル登記で、登記番号は99191です。

 

ウィリアムヒルカジノの特徴

サイト上部のカテゴリーを見て分かる通りウィリアムヒルは総合サイトとして、スポーツ、ベガス、ライブカジノ、カジノ、ゲーム、スクラッチカード、ビンゴ、ポーカー、マカオに分かれています。これらは一つのアカウントで、一つの資金残高で遊ぶことができます。中でも日本語に対応されていますのは、スポーツ、ライブカジノ、カジノ、ゲームです。

スポーツはウィリアムヒルスポーツをご参照下さい。ライブカジノはEvolution GamingとNetEntが入っており、人気No1のウィリアムヒル限定テーブルが入っています。カジノはPlaytechが入っており、今までのウィリアムヒルカジノのゲームができます。ゲームはスロット専用サイトでMicrogamingやNetEnt、Big Time Gaming等が入っています。

それぞれにボーナスがあり併用することが可能です。

 

登録

私はウィリアムヒルスポーツより登録してしまいましたが、カジノも大体一緒だと思います。

 

入出金

日本からはエコペイズ、クレジットカードが対応していますが、拒まれるクレジットカードも結構あります。私の場合は拒まれるクレジットカードに該当しており入金できませんでした。よってエコペイズで入出金しています。

 

ボーナスと条件と貰い方

カジノ、ゲーム、ライブカジノでそれぞれボーナスを貰えます。同一アカウントのため残高は一緒ですが、それぞれのボーナスを貰うには、それぞれに入金する必要があります。(例カジノでボーナスを貰うには残高があってもカジノで改めて入金しなければいけません。)

 

カジノ

ウィリアムヒルカジノ初回ウェルカムボーナス

$300を上限に初回入金に対して100%のボーナスが貰えます。最低$30からの入金になります。(例$300入金するとボーナスと合わせて$600分プレイできる。)

条件はボーナス額をスロットで20倍ロールオーバーすることです。有効期限は7日です。残高にはリアルマネーとボーナスが一緒に表示されますが、残高をクリックするとその内訳を見ることができます。その時残りの有効期日と、どれぐらいロールオーバーしたかも見ることができます。

ボーナスを貰った場合は最初はリアルマネーよりボーナスの方から優先的に賭けられ、期日までに条件を満たすとリアルマネーに繰り越されます。

ボーナスの貰い方は、入金の時に申請画面が出ますので、そこで申請することになります。

 

2回目のウェルカムボーナス

2回目の入金で7日以内に全額を損失すると、$500を上限に入金額の50%キャッシュバックを受け取ることができます。最低$30からの入金になります。(例$1000セカンド入金して負けた場合$500のキャッシュバックを受けれる。)

翌日にキャッシュバックとしての振り込みになり、そのまま引き出すこともできます。

ボーナスの貰い方は、初回ウェルカムボーナスと同様になります。

 

3回目のウェルカムボーナス

3回目の入金で$200を上限に入金額の50%ボーナスが貰えます。最低$30からの入金になります。(例$400入金するとボーナスと合わせて$600分プレイできる。)

条件はボーナス額をスロットで25倍ロールオーバーすることです。有効期限は7日です。後は初回ウェルカムボーナスと以下同文です。

 

4回目のウェルカムボーナス

4回目の入金で$30以上入金するとGreat Blue Jackpotのフリースピン50回分が貰えます。

条件はフリースピンで獲得した金額の25倍をロールオーバーすることです。最大引き出し額は$100ですが、プログレッシブジャックポットが当たった場合は全額貰えます。

貰い方は初回ウェルカムボーナスと同様で、Great Blue Jackpotを開きフリースピンを承諾すると始まります。

 

ゲーム

ウェルカムボーナス

$500を上限に初回入金に対して100%のボーナスが貰えます。最低$30からの入金になります。(例$500を入金するとボーナスと合わせて$1000分プレイできる。)

条件はボーナス額を25倍ロールオーバーすることです。有効期限は7日です。後はウィリアムヒルカジノ初回ウェルカムボーナスと以下同文です。

 

ライブカジノ

ウェルカムボーナス

初回入金後7日間で損失を出した場合、その損失額に対して最大$200の50%キャッシュバックを受け取ることができます。最低$50からの入金となります。(例$1000入金し$400負けてしまった場合$200が戻ってきます。)

翌日にキャッシュバックとしての振り込みになり、そのまま引き出すこともできます。

ボーナスの貰い方は、ウィリアムヒルカジノ初回ウェルカムボーナスと同様になります。

 

カジノ

カジノはPlaytech専用で、スロットやテーブルゲーム、ライブディーラーをプレイできます。要はウィリアムヒルカジノクラブのブラウザーバージョンですが、ウィリアムヒルカジノクラブに比べてスロットの台やライブディーラーのテーブルが少なくなっています。スロットは台が一面に表示されるだけでカテゴリー分けがされおらず目当てのスロットが見つけずらいです。またライブディーラーの最低ベット額がテーブルに着くまで分からなかったり、正直かなりやりにくいです。もしPlaytechのゲームを楽しみたいならPCでウィリアムヒルカジノクラブからソフトウェアをダウンロードしてやることをおすすめします。これらのやりにくさはありません。

 

これはウィリアムヒルカジノクラブのソフトウェアで、今スロットを選んでいるところですが、テーマ毎に分かれていますので目的の台を見つけやすいです。

 

これはウィリアムヒルカジノのブラウザーのGREAT BLUEです。

 

これはウィリアムヒルカジノクラブのソフトウェアのGREAT BLUEです。こちらの方にはダブルアップ機能(ギャンブル)がついています。

 

これがライブディーラーです。カテゴリー分けはされていますが、そのテーブルの最低ベット額は分かりません。

 

このようにテーブルについてはじめて最低ベット額が分かります。ブラックジャックの最低ベット額は$10からでが、Evolution Gamingのライブカジノに比べて最低ベット額が高いです。

 

ゲーム

ゲームにはMicrogamingやNetEnt、Big Time Gaming等の台がありますが、種類はあまりにも少ないです。有名な台としては、BonanzaやStarburstがありました。

 

お馴染みのNetEntのStarburstです。

 

ライブカジノ

ライブカジノにはEvolution GamingとNetEntが入っていますが、Evolution Gamingはライブカジノに最も人気のあるプロバイダーで、ここが入っているがゆへにウィリアムヒルカジノクラブの人気を抜いてしまったのです。ウィリアムヒルカジノクラブはPlaytechオンリーでここを入れる仕様にはなっていないのです。

ルーレット、ブラックジャック、バカラ等がカテゴリー分けされており最低ベット額やテーブル状況が一目で分かります。この辺がカジノのライブディーラーと違うところです。また$1から賭けれるテーブルがあるのも大きいです。

 

Evolution Gamingのこの高級感あるテーブルや雰囲気は、他のライブゲーム配信会社の追随を許さず、王者の貫禄がありますね。

 

スマホ



スマートフォンでやる場合はブラウザーはクロームにして下さい。PCに比べて映りが悪い時があります。画面が小さくてタップミスもしやすいですので気をつけて下さい。1枚目の画像はブラックジャックで20でスタンドするところを間違ってヒットしてしまったところです。また反応が遅いと何度もタップしがちですが、それも絶対やめて下さい。2度賭けになってしまいます。少し慣れがいりますので、初めてスマホでやる時は最低ベット額で慣らしてコツを掴んで下さい。

 

ヘルプ

画面右上のヘルプ及びサポートより、チャットやメールで日本語で問い合わせることができます。以前利用したことがありますが、スムーズでした。

 

評判

ウィリアムヒルカジノはエボリューションゲーミングのライブカジノの評判がよく、ウィリアムヒルカジノユーザーのほとんどがここに集中しています。実際ウィリアムヒルカジノクラブと比較しても、その売り上げは10倍以上あるそうです。

 

感想

ウィリアムヒルカジノは、ブックメーカーからカジノを併設していった統合型のオンラインカジノですが、このカジノの目玉はやはりEvolution Gamingのライブカジノだと思います。ブックメーカーとオンラインカジノ間のユーザーも良く移行しあっている感じも受けました。ピナクルスポーツもそうですが、今オンラインカジノを併設してEvolution Gamingを取り入れているブックメーカーが増えてきています。逆にオンラインカジノから立ち上げた場合は、ブックメーカーを併設するのはハードルが高い思われます。

またスポーツ、カジノ、ゲーム、ライブカジノにそれぞれウェルカムボーナスがあり、それぞれ併用できるのも素晴らしいところです。難点は入金の時対応していないクレジットカードが多いことと、プレイすればするほど溜まるコンプポイントといったものがないところでしょうか。以前はPlaytechオンリーでしたが、今はEvolution Gamingを始めとしたいろいろな配信会社が入っていますので規模が大きくなった感じです。

 

ウィリアムヒルカジノ

888カジノ入金不要ボーナス

 

888カジノとは

888カジノはVirtual Global Digital Services Limitedが運営するオンラインカジノであり、ロンドン証券取引所上場している888 Holdings plc の全額出資子会社にあたります。 1997 年より創業を開始し20年以上に渡る実績があり、世界中で2500 万人以上のユーザーに支持されています。ジブラルタルとマルタ(MGA/B2C/543/2018)の両方に拠点を置き、またeCOGRAの創設メンバーでもあります。

昔はソフトウェアをダウンロードしていましたが、スマホが出てきた今はブラウザーのみとなっています。このカジノにはsection8 studioから配信されている独自の台がありここでしか遊べません。

ボーナスはとても良心的で消化が現実的です。画面は日本語に対応していますが、サポートは英語のみとなっています。業界老舗のオンラインカジノですので、それだけ安心して安全に遊べます。

ブラウザーはクローム推奨です。Fire Foxですと問題が発生したとかでログインできないことがりました。たまに重い時があります。

 

登録

画面右上のサインアップをクリックし必要事項を入力します。登録ページは3ページあります。

入金

888カジノへの入出金手段には以下のものがあります。

入金手段 入金額 入金額手数料 反映時間 確認
エコペイズ  $10~$10000 無料 即時反映 ○ 2020.4.18
AstroPay  $10~$5000 無料 即時反映
PurplePay  $12~$700 無料 即時反映
アイウォレット $15~$3000 無料 即時反映

 

出金

出金は入金と同じ手段になります。私は2020.4.28にエコペイズで出金を依頼し、身分証の提示を受けました。

身分証とはマイナンバーカード、パスポート、運転免許等顔写真入りの証明書となります。私はパスポートのスキャンを提出しました。それから暫く保留になり、5月1日に引き出しの時に届いた確認メールに、どうなっているのか問い合わせました。そうしたらその日のうちに処理してくれました。結果的に4日ほどかかりましたが、何も言わなければもっと処理が遅れたと思います。本当は何も言わなくても迅速に処理して欲しかったです。

 

ボーナスと条件と受け取り方

 

入金不要ボーナス

888カジノの様ご好意により、当サイト経由で特別なボーナスを頂けることになりました。まず無料登録をするだけで$20を貰うことができます。条件は初回入金ボーナスと同じく、受け取ったボーナス額の30倍を90日以内で賭けることです。以下をご参照下さい。

 

初回入金ボーナス

888カジノの初回入金ボーナスは$200を上限に入金額の100%ボーナスとなります。例として$50を入金した場合$50のボーナスで$100分プレイ、$200を入金した場合$200のボーナスで$400分をプレイ、$250を入金した場合$200のボーナスで$450分をプレイできます。

絶対損はないので必ず貰うことをお勧めします。できれば$200を入金して$200のボーナスを貰った方がいいです。

 

ボーナスの貰い方は入金した後、ボーナスを請求をクリックします。するとすぐにメールが届きますので、メールに記載されているClaim my 100% bonusのリンクをクリックするだけです。後は888カジノのページにとんで反映されます。

 

条件は受け取ったボーナス額の30倍を90日以内で賭けることです。例として$50のボーナスを受け取った場合は$1500分を90日で消化しなければいけません。ゲームのカウント率は以下のようになります。

ゲームの種類 カウント率
スロット、インスタントゲーム、スクラッチゲーム 100%
ルーレット、ポーカー 20%
ブラックジャック、 ビデオポーカー、バカラ、ライブゲーム全般 10%
クラップス 5%

※ルーレット、ポーカー、ブラックジャック、バカラはテーブルゲームになります。

 

ボーナスは資金として現金残高と一緒に表記されますが、マイアカウントのボーナスよりその内訳(現金残高とボーナス残高)を見ることができます。最初はボーナス残高でプレイすることになり、期限と消化具合もこのページで確認できます。

 

他のプロモーション

888カジノには定期的なプロモーションや日替わりプロモーションが用意されています。その多くは入金時にプロモーションコードを使って、プレイ条件を満たしフリープレイを貰うものです。その他にも様々なプロモーションがあります。

 

定期的なプロモーション

毎月1日:毎月1日にログインするだけで、26名のプレイヤーに総額$888のボーナスが提供されます。2名へ$188、4名へ$88、20名へ$8。

毎月21:毎月21日に入金し、入金額を10 回賭けますと、最大$300の20%のMultihand Blackjackでのフリープレイが貰えます。プロモコード [Blackjack20]

 

日替わりプロモーション

日曜日:日曜日に入金して賭けるだけで、合計100名(1等$500、2~10等$50、11~100等$20)にフリープレイが与えられる抽選を受けることができます。プロモコード [fun88]

月曜日:月曜日に入金して3倍賭けるだけで、5つの人気ジャックポットスロットで使える最大 $150の30% フリープレイが貰えます。プロモコード [JPMon]

火曜日:火曜日に入金してヨーロピアンルーレット、マルチハンドブラックジャック、カジノReelsのいずれかに5倍賭けるだけで、最大$150の30%FreePlayが貰えます。プロモコード [TableTues]

水曜日:水曜日に入金して任意にプレイして負けてしまったとしても、最大$20の20%キャッシュバックを受けれます。プロモコード [WinWed]

木曜日:木曜日に入金して3倍賭けるだけで、Café de Paris、ヴィバ・リタリアで使える最大$100の20% フリープレイが貰えます。プロモコード [TravelThurs]

金曜日:金曜日に入金して3倍賭けるだけで入金額に応じてフリープレイが貰えます。$20~49入金は$8、$50~119入金は$25、$200~入金は$60分のフリープレイとなります。プロモコード [FreakyFri]

土曜日:土曜日に入金して3倍賭けるだけで、ライブゲームで使える最大$100の20% フリープレイが貰えます。プロモコード [SNL20]

日替わりプロモーションの内容は時期によって変わります。

 

コンプポイント

888カジノにはコンプポイントがあり、現金を使ってプレイすればするほどたまります。コンプポイントはマイアカウントより見ることができます。$10賭けると1.5コンプポイントが貰え、100コンプポイントで$1に換金できます。

 

ゲーム

スロット

NetEnt、Yggdrasil、Big Time Gaming、Microgaming等のスロットがりましたが、一つの配信会社の全てのスロットができるわけではなく、一部のスロットしかできない感じで、他のオンラインカジノに比べて全体的に数が少ないと感じました。例えばNetEntでもStarburstはあるのに、Jack and the Beanstalkは無い感じです。888カジノ限定スロットもありました。全体的に投機性の高い台が多い感じを受けました。

 

テーブルゲームや他のカジノゲーム

888カジノ独自の台が多く、大体$1から賭けれます。ビデオポーカーは$0.1から賭けれました。スピード感もありますし、絵柄などかなり独特です。スクラッチカードもありましたが、888カジノ限定スロットと同じモチーフのものも見受けられました。ちなみにこのスクラッチカードは秒速で資金が溶けていく感じです。他にはEvolution Gamingのテーブルも入っていました。

 

ライブカジノ

ライブカジノにはEvolution GamingとNetEntが入っていました。

 

スマホ

スマホでやる場合はやはりクロームでやる方がいいです。Fire Foxですとログインの前に固まりました。ログインできればゲームは作動しました。

 

ヘルプ

サポートは基本メールでの英語のみの対応となっています。

 

感想

888カジノは昔からあるオンラインカジノでしたが、他のオンラインカジノが乱立するようになってから、日本人ユーザーはめっきり減ってしまった感じです。それはホームページやサポートを見ても分かります。しかし888 Holdings plcのブランドは大きく、老舗のカジノだけあって入出金はしっかりでき、ボーナスも申し分無かったです。

またコンプポイントを採用しているのも公平でいいと思いました。カジノシークレットなどは負ければキャッシュバックが生きますが、勝てばあまり意味は無く、勝っても負けてもコンプとして溜まるのはランドカジノに通ずるところがあると思いました。そこら辺はさすがに業界を理解しています。

ゲームは全体的に、投機性(ギャンブル性)の大きい台が目立ちました。スロットの種類は他に比べると少ないと感じました。たまにサイトが重い時があります。

出金は保留にされたまま数日が経ち、こちらから要求したら処理してくれましたが、本当は何も言わなくても迅速に処理して欲しかったです。全体的には悪いカジノではありませんでした。

 

888カジノ

 

こちらは以前のホームページです。こちらの方が日本人によく対応されていると思いませんか。

888casino