入金不要、登録だけで$30が漏れなくプレゼント!
登録後に申請すると、すぐにアカウントへボーナス$30が反映されます。
ベラジョンカジノ運営者の好意により特別に授かった限定プロモーションです。
ノーリスクでベラジョンカジノのプレイ資金にして下さい。


仮想通貨のビットコインも利用できます。

テキサスホールデムボーナスポーカーのルールと戦略

テキサスホールデムボーナスポーカーは、カジノゲームのポーカーの中で、比較的テキサスホールデムに近い形式です。違いはディーラーと1対1で勝負する点、ベット額が固定されている点、リバーでのベットが無い点です。逆に言えばプレイヤーに、プリフロップ、フロップ、ターンと3回のアクション権があり、選択の要素がある分戦略も練りやすいと思われます。

今回はEvolution Gamingのライブゲームにあるテキサスホールデムボーナスポーカーを使ってルールを説明し、性質を考えて戦略を練り実戦していこうと思います。

 

テキサスホールデムボーナスポーカーのルール

52枚1デッキのカードを使います。カードは毎回シャッフルされたカードを使います。勝負はプレイヤーの2枚とボードの5枚から3枚を取り最強の役を作り、ディーラーも同じように2枚とボードの5枚から3枚を取り最強の役を作り、どちらが強いか勝負します。流れは以下を見て下さい。

 

1)ANTEを置く

最初に参加料としてANTE(BLIND)を置きます。ベット額は$0.5~1,000です。

 

2)プリフロップのアクション

プリフロップにプレイヤーに2枚表向き、ディーラーに2枚裏向きのカードが配られます。プレイヤーは自分のカードを見て、ゲームに参加し続けるかどうかを決めます。参加し続けるならANTEの倍額をFLOPにベットしなければなりません。フォールドするならそこでゲームは終わります。

QJオフスーツはヘッズアップにはまあまあ強いカードなのでベットしました。

 

3)フロップのアクション

プリフロップでベットすると、フロップに3枚のカードが開きます。ここでベットをするかチェックをするかを決めます。ベットをするならANTEと等倍のベット額をTURNに置くことになります。チェックをするならベットしないでゲームに残ることになります。フォールドではないので勘違いしないで下さい。

Jがヒットしましたのでベットすることにしました。

 

4)ターンのアクション

ターンでまた1枚のカードが開き、フロップと同様のアクションを決めることになります。

♦7はこのボードで大きな影響を与えてるとは思えず、ベットすることにしました。

 

5)ショーダウンまで

ターンでアクションを決めると後はもう自動です。リバーで1枚のカードが開き、ディーラーのカードも表向きにされ、どちらが強いか決定します。プレイヤーが勝ちなら配当を受け、負けならベット額は没収されます。配当はFLOP、TURN、RIVERの等倍、ANTEはストレート以上なら等倍スリーカード以下なら配当無し(返金扱い)となります。

こちらのツーペアで勝ちなので、配当を受けます。この場合は1+0.5+0.5=$2の配当となります。ベット額はそのまま戻りますので$4.5のリターンとなります。

 

例1)

フラッシュで勝ちましたので、全て等倍配当で$2.5の利益、$5のリターンとなります。

 

例2)

スリーカードで勝ちましたので、ANTEだけは配当を受けず$2の利益、$4.5のリターンとなります。

 

例3)

どちらもボードにヒットせず、共通の2のペアAハイとなりましたが、2番目のキッカーがQ対Tでプレイヤーの勝ちとなりました。ベットしたFLOPだけ等倍配当で$1の利益、$2.5のリターンとなりました。

 

控除率

理論上の還元率はアンティベットは97.96%、合計ベットは99.47%です。このゲームの控除率の対象となっている所(ハウス側が有利な点)は、スリーカード以下でプレイヤーが勝った場合のANTEベットの無配当です。逆にプレイヤーにとって有利な点は、プリフロップ、フロップ、ターンと3回のアクション権がある所です。

 

サイドベット

アンティを置いた者のみBONUSにも置き、サイドベットをすることができます。サイドベットは勝負の結果に関わらず、プレイヤーの2枚のカード(AAプレイヤー,AAディーラーの場合のみ4枚のカード)で決まります。

サイドベットの当たる確率と配当
ハンド 当たる確率 配当
A,A(プレイヤーとディーラー) 1/270,725 1000:1
A,A(プレイヤーのみ) 1/221 30:1
A,Kスーテッド 2/663 25:1
A,Qスーテッド、A,Jスーテッド 4/663 20:1
A,Kオフスーツ 2/221 15:1
K,K、Q,Q、J,J 3/221 10:1
A,Qオフスーツ、A,Jオフスーツ 4/221 5:1
2,2~10,10 7/221 3:1

必ずしも当たる確率の低さに対して配当が高くなるとは限らないようです。これはハンドランク(2枚のカードのランク)の高さと、それを配られる確率の低さが比例しないためと思われます。サイドベットの控除率は91.46%となります。サイドベットの控除率がメインベットのそれより低いのは他のゲームと同様です。つまりボーナスでも何でもないのですね。このワードは罠とも取れます。

 

ドローに対しての考え方

フロップでフラッシュドローになり、リバーまでに引ける確率は約35%(3回に1回くらい)です。フロップとターンのみのベットを考え、両方でベットをしたとすると、勝った時2倍の配当でペイオフされるところ、勝って得られる配当は1倍しかありません。よってフロップでフラッシュドローになった場合、フロップではチェックして、ターンで引けた時にベットするのが最適だと思われます。オープンエンドストレートドローは更に確率が低く31.45%(3回に1回以下)ですので、猶更チェックでいいと思います。

 

戦略を練る

プリフロップの戦略

このゲームで一番大事なのはプリフロップでのアクションです。テキサスホールデムの最初の2枚のカードにはハンドランクがあるのは、テキサスホールデムの優秀な戦略を編み出すで紹介しました。大部分のレンジでANTEの倍を払って参加することになりますが、どこのラインから切り捨てるか(フォールドするか)ということです。ハイカード2枚対アンダーカード2枚(例A,Kオフスーツ対9,4オフスーツ)のプリフロップディール勝率は前者が66.65%、後者が32.94%です。つまり後者でも3回に1回は捲れるのです。期待値で考えてみますと1/3×1-2/3×1.5=-2/3です。(ANTEベットを1/2とする。)-2/3<-1/2ですので、期待値が元々-でもフォールドした方が僅かに得です。そこでハンドランク90%以上のレンジでフロップを見に行くことにしました。

ハンドランク上位から5%刻み
スーテッドハンド
A K Q J T 9 8 7 6 5 4 3 2
オフ
スー
トの
ハン
A 5 5 5 5 10 10 15 15 15 15 15 20 20
K 5 5 10 10 10 15 20 20 25 25 30 30 35
Q 5 10 5 10 15 20 25 35 35 35 40 45 45
J 10 15 20 5 15 20 25 35 45 45 50 55 55
T 15 20 25 25 5 20 25 35 45 55 55 60 65
9 20 30 35 40 40 5 25 35 45 50 60 65 70
8 25 40 50 50 50 50 10 35 45 50 65 75 75
7 30 45 55 60 65 60 55 10 40 45 60 70 80
6 35 45 60 70 75 70 65 65 15 45 55 65 80
5 30 45 65 75 85 80 80 75 75 20 50 60 70
4 30 55 70 80 85 90 90 90 85 80 25 65 75
3 35 55 70 85 90 95 100 95 95 85 90 30 80
2 40 60 75 85 90 95 100 100 100 95 100 100 40

黄色の部分が上位95%以上のレンジで切り捨てレンジとなります。

 

フロップ、ターンの戦略

相手のハンドが見えていないものとし、プリフロップでペアでないカードが配られた時、ディールして手札と何もヒットしない確率は44/50×43/49×42/48×41/47×40/46=130,320,960/254,251,200。逆にヒットする確率は1-(130,320,960/254,251,200)=123,930,240/254,2512,00。よってヒットしない確率の方が僅かに高いので、ヒットした場合、ボトムペアのヒットであっても基本的にはベットしていくものとする。但しボードの結びつきが強くこちらにドローの目が無い場合はその限りでもない。(例えばフロップ♠T♠9♠8、ターンで♠が落ちた場合等は、Tがヒットしてもチェックに留める。)ドローはオープンエンドストレートフラッシュドローでない限りはチェックします。

 

実戦と結果

エンパイアカジノでやろうと思いましたが、カジノパリスにEvolution Gamingが入っているものの、テキサスホールデムボーナスポーカーはありませんでした。よってピナクルカジノでやることにしました。ANTEは$0.5の最小ベットで上述の戦略通りに実戦します。

 

2月24日の実戦

数ハンド後早くも間違えてしまいます。9,3オフスーツはフォールドに該当しますが、間違ってベットしてしまいました。しかしフロップで9がヒットし、そのまま押し切りました。結果的にはラッキーでしたが、戦略上は操作ミスです。

 

フロップでA,Qをヒットさせ、さすがに勝ちだろうと思っていましたが、何とフラシュで捲られてしまいました。この他にも相手によくストレートで捲られるケースが多かったです。

ここまで33ハンドやり、9勝23敗1分(13敗のうちフォールドは2回含まれる。)で-$22です。

 

2月25日の実戦

今日はKRISTINAという美人ディーラーと対戦です。相性良かったですね。何もヒットしないのに相手も何もヒットせずハイカード勝負になり、5番目のハイカード7で勝ちとなりました。

 

これはボトムヒットとは言え、ベットするのは嫌でしたね。しかしルール通りにベットしました。

 

ターンでAが落ちてツーペアになったと思いきや、リバーでKが落ちてボードでAKのツーペアができてしまいました。こうなると8のペアはまがい物になり、キッカー負けとなってしまいました。ポーカーをやっていると分かるのですが、ボトムツーペアというのは意外に捲られやすいです。

 

何も期待していなかったハンドが、ボードに4枚のクラブが出てフラッシュになったハンドもありました。向こうのテーブルに先程のディラーが行ってしまいましたが、見とれていました。

今日は35ハンドやり17勝18敗(18敗のうちフォールドは7回含まれる。)で+$5.5でした。

 

2月26日の実戦

このようなスモールペアのアクションは難しいです。しかしマイルール通りベットしていきます。

 

結果は相手がKをヒットさせて負けです。

 

このハンドはトップヒットでさすがに勝ちだろうと思っていたら、相手はストレートでした。本当のポーカーでもこのタイプのストレートは見えにくいので、難しい決断を迫られていたと思います。他にも4のポケットペアも配られましたが、やはり勝てませんでした。

今日は32ハンドやり12勝20敗(20敗のうちフォールドは4回含まれる。)で-$11.5でした。

 

3日トータルの結果は100ハンドやり38勝61敗1分(61敗のうちフォールドは13回含まれる。)で-$28でした。合計賭け額は$170.5でしたので、実戦の還元率は(170.5-28)/170.5≒0.836で約83.6%でした。

 

最初の数ハンドの動画です。

 

考察

作戦はお世辞にもうまくいったとは言えません。やっていて少々不運な展開が多いように感じがしましたが、やはりANTEがストレートより弱い役で勝った場合は配当が付かないというのが大きいと感じました。

勝つ時は1か2ドル、負ける時は1.5か2.5ドルというのが多く、これはANTEの分なのです。中々ストレート以上の役で勝つことは無く、やればやるほどANTEの分のロスは大きくなります。これをどれぐらい練り上げた作戦でカバーできるかが鍵でしたが、残念なことに実戦の還元率は理論上の還元率より悪いものとなってしまいました。100ハンドでは運が大きいためこ、れぐらいの負けはまだぶれ幅の範疇だと思いますが、それでも作戦が良かったとはお世辞にも言えません。今回は私の負けです。

このゲームはANTE配当の控除率が想像以上に大きく(それだけストレート以上の役で勝つことが少ない)、この控除率を上回る戦略は無いように思えます。つまりやればやるほど負けるということです。厳しいですね。

 

テキサスホールデムボーナスポーカーができるオンラインカジノ

最後にこのゲームができるオンラインカジノを載せておきます。このゲームはEvolution Gamingのライブゲームのポーカーにありますが、エンパイアカジノにはありませんでした。

オンラインカジノ ANTEのベット範囲
ベラジョンカジノ $0.5~1000
ラッキーニッキーカジノ $0.5~1000
カジノシークレット $0.5~500
ピナクルカジノ $0.5~500

2022.2.26時点

尚カジノゲームのポーカーでなく、ユーザー間の本物のポーカーを楽しみたい方はオンカジレコードを紹介しますのでご参照下さい。

稼げる可能性を秘めたオンラインカジノアプリは?

今回は稼げる可能性のあるおすすめのオンラインカジノアプリについて説明します。

同じ配信会社の同じゲームでも、実はオンラインカジノによってMaxベット額は異なります。このMaxベット額は、それだけ支払い能力が無いと上げることはできません。つまりこのMaxベット額こそオンラインカジノの規模と財力を表す指標なのです。

そして稼ぐには当然Maxベット額も高くなければなりません。それだけ最大勝利金額が大きくなるからです。大王製紙前会長の井川意高も、社長就任した時限られた時間でバカラをやらねばなかったため、2011年頃マカオ(ベット上限2000万円)よりも大きなMaxベット額で勝負できる、マリーナ―・ベイ・サンズ(ベット上限3900万円)へ鞍替えしたと言っています。井川さんはどっぷり嵌ってしまったため、最終的には106億8000万も溶かしてしまったそうですが、一時は数百万を5憶円、7憶円どころか、時には12億円、15億円にしたことも経験済みだそうです。

大きく張るということは当然負けた時のリスクも大きくなりますが、大きなリスク無くして大きく稼げることはありません。これは投資の世界でも同じです。稼ぐという言葉自体、大金を勝ち取るということを意味しますので、稼ぐにはそれなりの大きな場で勝負する必要があります。

そこで今回は当サイトで紹介しているオンラインカジノのMaxベット額比較をしてみました。全てのゲームというわけにはいきませんが、大体他のゲームも比例していますので参考にして下さい。今回比較の対象ゲームとしたのはJapan Technicals Gamesのハワイアンドリーム、Play’n GOのムーンプリンセス、Evolution Gamingのスピードバカラです。

 

ハワイアンドリーム

 

ムーンプリンセス

 

スピードバカラ

 

同じゲームのオンラインカジノ毎のベット額範囲
オンラインカジノ ハワイアンドリーム ムーンプリンセス スピードバカラ
ベラジョンカジノ $0.2~1,000 $0.2~400 $1~50,000
カジノシークレット $0.2~200 $0.2~100 $1~5,000
ラッキーニッキーカジノ $0.2~150 $0.2~40 $1~10,000
エンパイアカジノ $0.2~100 $1~5,000
888カジノ $0.2~50 $5~10,000
ビットカジノ €0.2~100 €0.2~100 μBTC50~3,000,000
ウィリアムヒルカジノ $1~5,000
ピナクルカジノ $0.2~100 $0.2~100 $1~5,000

※ビットカジノのスピードバカラは円換算しますと290円~1740万円となります。(2021.12.7現在1BTCが約580万円)

 

こうしてみますとMaxベット額は、スロットはベラジョンカジノが群を抜いており、ライブバカラはビットカジノが群を抜いているのが分かります。但し仮想通貨は価格の変動が激しく、それを通貨として取り扱うビットカジノを抜いて考えたら、やはりベラジョンカジノのMaxベット額は他より一桁違います。

つまり一番大きく稼げる可能性を秘めたオンラインカジノはベラジョンカジノにあたります。新規ボーナスや条件がいいのも、この大きな規模のためです。

 

ベラジョンカジノは今年の11月、花魁ドリームの最大ベット額が$500から$750へと上がり、最大勝利金額も$1,250,000から$1,875,000へと上がりました。日本円に換算すると2億円を超えます。またPlay’n GOのトーム・オブ・マッドネスでは最大勝利金額が$200,000から$2,000,000へ、一気に十倍も引き上げられました。他にはRed Tiger社の全スロットが最大ベット額、最大勝利金共に2倍以上に引き上げられました。大勝を狙うならやはりここのカジノしかないと言えそうです。

 

関連記事:オンラインカジノスマホ比較

ドリームオブゴールド(金蛙神)の確率、継続率、スペックを実戦から調べてみました

中国の妖怪に青蛙神(セイアジン)というヒキガエルをモデルにした3本足の霊獣がいます。天災を予知する力を持ち、大変に縁起の良い福の神とされ「青蛙将軍」、「金華将軍」などとも呼ばれ、道教徒の間で特に信仰されていました。金蛙神(キンアジン)はこれにならったものと思われますが、今回はジャパン・テクニカル・ゲーム(JTG)の生み出したパチスロ風本格スロット、ドリームオブゴールド(金蛙神)に挑戦してみようと思います。

 

もうお馴染みのタイプです。見ただけでJTGのものと分かりますね。このタイプのものはハワイアンドリームと花魁ドリームで経験済みです。それでは早速今回も実戦からこのスロットの確率、継続率、スペック等を割り出してみたいと思います。

 

ドリームオブゴールドの概要

プロバイダー ジャパン・テクニカル・ゲーム(JTG)
タイプ 回転式
理論上の還元率 96.41%
ベット額 $0.2~500/1スピン
リール 3
レーン 3
ペイライン数 5

 

ルール

 

カエルが光れば8が3つ揃ってラッシュ(フリースピン)を獲得します。

 

 

たまにグッデスチャレンジが当たりますが、これはボーナスで3つのタイプの蛙から好きなのを選び、何が当たるか抽選を受けます。

 

RESPINの柄が3つ揃うと再スピンになり、これが3回立て続けに出ればフリースピンとなります。RESPINの柄が3つ揃う毎に画面の色が緑→紫→赤の順に変化し、その度にRESPINは揃いやすくなります。この辺は花魁ドリームと一緒です。

 

まとめるとこんな感じです。

 

フリースピン

フリースピンモードにはフロッグラッシュ、ビッグウィンラッシュ、ヘイブンモードがあります。フロッグラッシュでビッグウィン(×15以上の配当)が3回当たるとビッグウィンラッシュへ突入します。フリースピン中は複数ラインで当たりやすいので、×15以上の配当は割と出ます。そして最後の一回転は連荘機能で8が揃いやすいです。ビッグウィンラッシュはビッグウィンが50%で当たります。そしてカエルが光れば連荘です。ヘイブンモードはビッグウィンラッシュの上位版で更に継続率が大幅にアップします。つまりこれを引き当てれば大勝ちということになります。

 

操作

右の3つのアイコンは左から順に連続回転、回転速度、ベット額を調節できます。

 

実戦と結果と検証

カジノシークレットでドリームオブゴールドを500回回してみました。以下条件と結果です。

機種 ドリームオブゴールド
1回転のベット額 $0.2/1スピン
合計回転数 500スピン
合計ベット額 $100
結果 -$78
実戦の還元率 22%
リスピンが当たった数 17回(緑9、紫5、赤3→フリースピンへ)
フリースピンが当たった数 3回($5.02、$7.4、$1.04)
ビッグウィンラッシュが当たった数 0回
最高連荘数 2回
グッデスチャレンジが当たった数 0回

やってみてこれほど当たりにくいスロットは久しぶりです。500回転というのは決して多いとは言えませんが、グッデスチャレンジ0、ビッグウィンラッシュ0で、実戦の還元率は22%と過去一出の悪いスロットでした。小当たりも少なく、どんどん飲まれる感じで途中で止めたくなりました。逆に言うと投機性が非常に高く、ビッグウィンラッシュを引き当てるとまあまあの収入が期待できそうですが、それを引き当てるまでに費やした資金はそれを遙かに超えそうです。フリースピンの当たる確率は3/500(0.6%)でした。

 

これが3回のフリースピン(フロッグラッシュ)の結果です。2回目のフリースピンでビッグウィンが後一回出ればビッグウィンラッシュでしたがおしかったです。継続チャンスが6回あって3回が成功していますので、継続率は50%と言えます。

 

リスピンの緑、紫、赤、フロッグラッシュの場面です。どんどんカエルが増えていき、個人的にはかわいくて気に入っています。しかし実際は勝者に優しく敗者に厳しい鬼畜仕様のスロットです。スペックは決していいとは言えません。今回は当てることができませんでしたが、ビッグウィンラッシュ、ヘイブンモードでどれぐらい勝てるかですね。

 

今回試しにFirefoxを使ってみましたが、たまにつっかえる感じでした。3分30秒過ぎにフリースピンが見れます。
 

ドリームオブゴールドができるオンラインカジノ

ジャパン・テクニカル・ゲーム(JTG)が入っているところはでこでもできます。カジノシークレットの他、ベラジョンカジノやラッキーニッキーカジノには入っていました。

 

関連記事:花魁ドリームは勝てないか確率から検証してみますスイートボナンザの当たる確率を実戦より検証する